Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状

皆さんこんにちは、今回は「人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状」と題して、「人材採用成功のために押さえておくべきポイント」をはじめ、その際に役立つ人材採用の現状の把握方法・ポイントなどについてご紹介していきます。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状

人材採用の現状

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
現代の人材採用の現状についてですが、これは「採用難」と言われる大きな過渡期に迫っていることもあり、多くの企業にとっては「理想的な人材が集まらない」といった、過去に見られた就職氷河期の逆パターンになっている傾向が強くあります。

この大きな理由には「少子高齢化による労働人口の不足」が見られ、その影響によって単純に「人材不足」を呼び込んでしまう側面が(特に日本では)見られています。

人材採用難の原因3つ

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
さて先述の続きのようになりますが、ここからは「人材採用難の原因3つ」と題して、人材採用が困難とされる理由を具体的に見ていきましょう。

この人材採用難の大きな理由には「生産人口の減少」、「企業が求める人材要件が高すぎること」、「業務内容や時間と賃金が見合っていないこと」などがあげられ、現実的な人材採用の基準と企業が独自に掲げている理想とのミスマッチが、その理由として大きく見られます。

人材採用難の原因1:生産人口の減少

生産人口というのは一般的に「労働によってあらゆる企業利益を促進させる人口領域」のことを指し、つまり働くことによる利益をそのまま企業利益に結び付けることができる労働人口のことを言います。

これも少子高齢化によってその生産人口(労働力)が自然に損なわれていく現象にあるため、多くの企業にとっては、独自に掲げた理想的な労働者像との比較以前の問題となり、労働力そのものを確保できないことが懸念されます。

人材採用難の原因2:企業が求める人材要件が高すぎる

従来の企業は人材採用の基準(ハードル)をかなり高い位置に認めるクセがありましたが、その傾向は(特に一流企業・大手企業において)現代でも引き続き見られています。

先述しましたように、労働力そのものが損なわれ始めている現代であるため、いくら理想が高いと言っても、その理想を当て付ける人材採用候補者そのものがいないことになり、企業にとってはお先真っ暗状態の傾向が見られています。

人材採用難の原因3:業務内容や時間と賃金が見合っていない

最近は派遣社員やパート、アルバイト、在宅ワーク労働者に対する、企業の怠慢・狡猾さ・ブラック企業のような実体が公にピックアップされており、「いかに安く使う上で、破格の労働力を押し付けるか」といったひどい現状が見られやすくなっています。

この背景には、少人数の人材採用をしておき、その少人数で多人数の労働力をそのまま課す企業が増えたことが原因としてあります。そのため過労が増えてきています。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
さて、ここからは「人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ」と題して、人材採用を円滑に行なう上で、企業・社員ともどもそれなりの利益を獲得し、ともに繁栄していくための方法をポイントごとにご紹介していきます。

このためには企業側と被雇用者側との認識の一致がまず必要となり、どちらか一方だけが努力してみても無駄(徒労)に終わるでしょう。この辺りをポイントごとに押さえておきましょう。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント1:働き方の多様化を理解する

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
これらのポイントは主に企業側が心得ておくべき人材採用・考査法になります。まず人材採用時には「求職者各自の働き方の多様性」を理解しておき、それぞれの仕事環境をいかに充実させていくか、という点に焦点を絞っておく必要があります。

社員各自の能力を存分に引き出すことで企業利益も伸びることになるため、これは結果的に企業側の大きなメリットにもなります。その点から再考しておきましょう。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント2:求める人物像を再考する

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
どうしても企業側としては「あの仕事もこの仕事もできる、オールマイティ(パーフェクト)な人材像」を念頭に優先して掲げ、その採用基準に満たない人材は即切り捨ての形でフィルターにかける方針が定着しがちです。

この基準をまず捨てる必要があります。主に、人材採用時に「企業側が求める人材像に満たない」から捨てるというのは、その企業に人材育成をするための環境設備・方針がそろっていないことの表れとなります。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント3:採用業務の見直し

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
「なぜ人材を採用するか」、「人材を採用して、どのような職種に就かせるか」といった基本的な原則に従い、その上で「人材採用というのは企業にとってどのような意味があるか」という点を、もう一度じっくり検討する必要が(多くの企業にとって)見られます。

これは一般の組織企業の場合もそうですが、在宅ワークや就労支援を受け持つ施設も同じく、人材採用を経て企業利益をどのように引き上げるかの再考につながります。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント4:離職の原因を洗い出す

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
現代の日本では、特に「離職率が破格的に多い」という現状があるため、すべての企業にとってこれは円滑な人材採用を検討する際の大きな課題として認められます。

離職率が高いというのは、主に以下の理由が見られます。

・企業側が課す仕事のノルマがきつすぎる
・求める人材像が高すぎる
・賃金が低すぎる(格安で人材をこき使っている)


これらの検討課題をもう一度再確認し、まずは社員各自にとっての快適を求めることが必要です。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント5:採用の幅を広げる

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
特に大手企業・一流企業などをはじめ、外資系企業やググローバル化を目指す企業などでは「その専門領域に達している人材採用」をメインに検討する傾向が見られます。

この方針にも抜本的な改革が必要で、その理由は、専門領域だけの人材確保では「掘り出し物的な人材採用ができない点にあります。学際的に人材採用の幅を広げることにより、想定外の領域から人材採用ができる場合もあり、その点への視点を持つことが重要です。

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6:会社に合った採用ツールを利用する

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
特定企業では人材採用時に使う「採用ルート」があらかじめ決められている場合が多く見られますが、これは「自社で行なっている仕事・職種に、専門的に従事できる人材を確保するためのルート」となり、多くの企業が独自に提携して持つ傾向があります。

この場合でも、確実に採用基準を満たすルートを確保しておく必要があり、そのためには先述のように「多彩な領域から人材採用を検討すること」が大きな課題となるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人材採用を成功させるための求人方法7つ

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
企業にとって人材採用というのは、その企業利益を伸ばすための直接的な資本となり、またその企業の将来安定を図るための土台となります。そのため、すべての企業にとって人材採用を円滑かつ効率よく行なう必要があり、そのための方法は多彩にあります。

ハローワーク、大学、専門学校、就職サイト(転職サイト)、人材紹介所、SNS、知人からの人材紹介などを踏まえ、それぞれの用途に見合わせたルートの確保が必要です。

人材採用を成功させるための求人方法1:ハローワーク

多くの企業は人材採用を円滑に進めるために、このハローワークとの提携をしています。ハローワークに求人をかけるための手続きを済ませておき、その専属のハローワークから人材を直接紹介してもらえるルートを確保します。

ハローワークというのは、一般的に最も多くの人材が集まる職業斡旋所となるため、このハローワークを円滑に活用することこそが、まずは人材確保・採用の第一歩となるでしょう。

人材採用を成功させるための求人方法2:大学や専門学校の学内システム

次に「大学や専門学校の学内システム」を活用する上での人材採用についてですが、この場合は主に「専門的な能力・技術を持つ人材を採用できる」といった利点はもとより、それによって得られる関連情報などにも、人材採用時の大きなメリットが潜んでいます。

大学・専門学校というのは、基本的に「就職させることによって知名度・実績を大きく引き上げること」になるため、その相乗効果によって関連分野からの人材採用も可能です。

人材採用を成功させるための求人方法3:就職サイト

就職サイト・転職サイトというのも先述のハローワークや大学と同じように、主に就職・転職を斡旋することによって実績を上げ、それによって信頼度を引き上げることができます。

そのためこの場合も、人材採用において関連分野からの人材採用が可能になり、1人の人材の確保をする上でさらにもう1人の人材採用も可能になるなど、場合によっては相乗効果的な採用数が約束されることがあります。

人材採用を成功させるための求人方法4:人材紹介

転職サイトやハローワークもこの人材紹介所と同じ機能を持ち合わせますが、人材紹介所というのは、それぞれの企業にとって本当に必要な人材だけを率先して紹介してくれます。

そのため、企業にとっては当たりはずれが少ない人材採用が可能となり、それによって確実かつ円滑・効率的な人材の確保が可能になります。

人材採用を成功させるための求人方法5:人材派遣

人材派遣の場合でも人材紹介所の場合と同じく、その企業向けの専門的な人材をあらかじめ用意しておき、必ずその企業の利益促進を約束できる人材を紹介・派遣してくれます。

そのため多くの企業はこの派遣会社を利用している事実があり、その上でさらに低賃金で採用できるという(企業側にとって)大きなメリットも得られます。しかし、あまり安価な賃金では離職率も増えるため、適度な賃金体制を図ることは重要です。

人材採用を成功させるための求人方法6:SNS

現代では転職サイトや人材紹介所の機能がネットビジネス的に派生していることもあり、インターネットを通じて、専門的な人材派遣・採用がなされる機会が増えてきました。

Web履歴書を半永久的に提示しているIndeedなどをはじめ、随時に人材(採用)情報を確認できることによって、企業にとっては「いつでも欲しい時に人材を確保できる」といった夢のような採用環境も整い始めてきています。

人材採用を成功させるための求人方法7:知人の紹介

これはいわゆるコネや提携企業・施設からの紹介を含め、企業が個別で獲得できる人材採用の機会・チャンスとなります。ただしこの場合でも、安すぎる賃金では離職率が上がるため、その点には配慮が必要です。

顔の広さによって企業も存続を図ることが可能になり、その上で企業利益を着実に伸ばすことができる人材を、低コスト・労力・時間の削減を経て、しっかり斡旋することができるようになります。

人材採用の現状を理解しましょう

人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状
いかがでしたか。今回は「人材採用成功のために押さえておくべきポイント6つ|人材採用の現状」と題して、「人材採用成功のために押さえておくべきポイント」をはじめ、人材採用の現状の把握方法・ポイントをご紹介しました。

企業にとって人材採用というのは、企業利益・将来ビジョンを図るための基本的な土台となり、どうしても円滑かつ効率的に達成するべきポイントとなります。離職率を抑える形での採用を検討しましょう。

Related