Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ

新卒の採用活動にはさまざまな方法があります。人事担当者が、企業の求める優秀な人材を確保するには、これらの採用活動を理解し、適切な方法を選ぶことが大切です。そこで、新卒採用における採用方法や採用活動を成功させる秘訣について紹介します。

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ

新卒採用

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
新卒採用は、企業の経営基盤を盤石にすることにおいて重要な役割を果たしています。

新卒採用とは、文字どおり、就業経験のない、教育機関を卒業したばかりの学生を企業が採用することです。

つまり、優秀な人材の確保が企業の最重要課題であり、新卒採用は、将来の幹部候補生を確保するためにも重要な役割を果たしています。

新卒採用と中途採用の違い

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
中途採用は就業機経験のあるスキルの高い人材を確保する制度です。

日本社会における終身雇用制が、崩れつつある状況下で、各企業における労働力不足はとても顕著になっています。そのため、新規採用だけでは十分なスキルを持った要員の確保が難しくなっています。

中途採用は、新卒採用とは異なり、就業経験のある人材を確保する制度です。そのため、一定のスキルや経験をもった人材を募集するのが一般的です。

新卒採用における採用方法12

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
各企業ではさまざまな方法で新卒採用を実施しています。

バブル崩壊後の不況期においては「就職氷河期」と呼ばれたように、新卒採用枠が極端に少なく、多くの学生は就職できないまま、アルバイトや非正規社員で過ござるを得ませんでした。

しかし、最近では新卒を募集しても、定員に満たないことも少なくありません。そこで、各企業ではさまざまな方法で新卒採用を実施しているのが実態です。

新卒採用における採用方法1:自社ホームページ

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
自社ホームページの強みは自社に興味のある優秀な人材が集まりやすいことです。

自社のホームページに新規採用にかかる情報や、すぐに応募できる独自のシステムを導入している企業が多く見受けられます。

この採用方法の強みは、事業内容を理解した優秀な人材が集まりやすいことです。また、元々、自社のファンも多く、内定後に辞退される確率が低いのも大きな強みです。

新卒採用における採用方法2:インターシップ

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
早期離職を防ぐためにもインターシップは有効な採用方法です。

インターシップとは、職場の雰囲気や業務内容を知るために、内定者が入社前にその会社で仕事をする制度です。新規採用の早期離職が増加傾向にある中で、入社後のミスマッチを防ぐことが大きな目的です。また、内定者が他社に流出することの防止にも効果を発揮しています。

新卒採用における採用方法3:大学の就職課

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
就職課に求人票を提出する採用方法は、大学との信頼関係の構築がポイントです。

大学の就職課に求人票を提出する採用方法は、何といっても大学との信頼関係の構築がポイントです。採用実績を積み重ねることで、継続的な採用へつながるだけでなく、コストがほとんどかからないのも大きな魅力です。

新卒採用における採用方法4:縁故採用

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
縁故採用も古くからある採用方法ですが、そのメリットは優秀な人材の確保にあります。

縁故採用の場合、面接試験を行わなくとも、新卒者の人物像や仕事に対する考え方は、ある程度わかっているので、大きな失敗がありません。

また、就活生も会社の雰囲気や業務内容を詳細に聞くことができることは、大きなメリットです。ただし、縁故の場合、入社後に注目を集めることを覚悟しておかなければなりません。

新卒採用における採用方法5:合同説明会

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
合同説明会では企業の特色をいかにアピールするかがポイントです。

合同説明会には、多くの就活生や競合他社が集まりますから、採用担当としても非常に重要視している採用方法です。したがって、いかに自社の特色をアピールするか、また、優秀な人材は他社に取り込まれないよう、しっかりと囲い込むことが大切です。

新卒採用における採用方法6:就職サイト

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
就職サイトは就活生にとって利便性の高い就活方法です。

最近では、テレビCMなどの露出も増えてきた就職サイトですが、スマホなどで簡単に求人情報が確認できることから、就活生にとっては利便性の高い就活方法です。

企業としては、数多くの求人情報の中から、いかに自社の情報を就活生の目にとめるかがポイントです。ただし、就活サイトに集まる就活生の質を見極めることも非常に重要です。

新卒採用における採用方法7:求人誌(紙媒体)

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
求人誌(紙媒体)は、他の採用方法を補助する役割として有効です。

求人誌(紙媒体)は、古くからある採用方法であり、不特定多数の就活生にアピールするには最適です。そのぶん、さまざまな就活生が応募してくるので、人材の「質」という点では課題が残ります。したがって、他の就活方法を補助する役割と割り切るのがよいでしょう。

新卒採用における採用方法8:ソーシャルリクルーティング

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
ソーシャルリクルーティングはソーシャルメディアを活用した採用方法です。

ソーシャルリクルーティングとは、Facebook、Twitterといった、ソーシャルメディアを活用した採用方法です。企業情報や企業理念、就職説明会情報など、さまざまな情報が発信できるのが特徴です。

また、ウェブサイトとは異なり、就活生からの反応がダイレクトで伝わったり、就活生からの質問にリアルタイムで応えられるのも大きな魅力です。

新卒採用における採用方法9:リファラル採用

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
リファラル採用はより優秀な人材を集める方法として注目されています。

リファラル採用は、社員や社員の知人などの紹介を通して採用する方法です。縁故採用と似ていますが、縁故採用が血縁関係がある人を紹介するのに対し、リファラル採用では、血縁関係はありませんから、よりシビアに人材を厳選して採用できるのが強みです。

新卒採用における採用方法10:新卒紹介

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
新卒紹介は、新卒に特化した人材紹介サービスです。

人材紹介サービスと同じ仕組みで、新卒に特化したサービスが「新卒紹介」です。企業からの条件に見合った新卒性を厳選して紹介することから、入社後のミスマッチが少なく、優秀な人材を確保できる点から、非常に注目されている採用方法です。

就活生の側からしても、自分の求める条件に合致した企業が紹介されるので、大きなメリットがあります。

新卒採用における採用方法11:逆求人

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
逆求人は、企業側からアプローチする採用方法です。

逆求人とは、就活生が自らのアピールポイントや、職場に求める情報を逆求人サイトに掲載することで、企業側からスカウトされる採用方法です。

従来の採用方法だと、就活生側から企業にアプローチするのが一般的でしたが、企業側からアプローチされることで、内定される割合も高くなります。また、就活生が企業探しに無駄な時間を費やすことがなくなりますので、効率的に就活が進められます。

新卒採用における採用方法12:ハローワーク

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
全都道府県にある新卒応援ハローワークでは、ワンストップで新卒者の就活を支援しています。

ハローワークは、中途採用に傾注しているイメージがあります。しかし、最近では地元の高校や大学と連携しながら、新卒採用のサポートに重点を置いています。

企業側もジョブサポーターとの連携を密とすることで、採用したい人材を確保することができますから、今後、さらに注目を集める採用方法だと言えます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
新卒採用の優秀な人材を確保するには、各段階においてさまざまな問題をクリアしなければなりません。

新卒採用の目的は、会社に有益な人材を確保することですが、採用までの各段階(=フェーズ)で人事担当はさまざまな課題を抱えています。ここでは、人事担当が抱える、各フェーズにおける新卒採用の悩みを紹介します。

人事担当者が抱える新卒採用の悩み1:母集団形成フェーズの悩み

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
母集団を形成するには、さまざまな採用方法を取り入れつつ、応募者の質を高めることが大切です。

母集団形成とは、採用候補なる就活生を集めることを示します。少子高齢化の影響で、就活生が集まりにくいのは、各企業に共通の悩みですが、とりわけ中小企業では深刻です。母集団形成を円滑に進めていくには、さまざまな採用方法を取り入れながら、「数」より「質」を意識することです。

人事担当者が抱える新卒採用の悩み2:選考・面接フェーズの悩み

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
選考・面接の段階では人材の「質」の見極めが大切になります。

選考・面接のフェーズでは、人材の「質」をいかに見極めるかが、非常に重要です。しかし、筆記試験や面接試験で、人材の質を完璧に見極めることは極めて難しい作業です。

そこで、各企業では選考試験の内容を専門業者に発注したり、面接官の育成を行うなど、より高度な選考・面接を行うことが急務となっています。

人事担当者が抱える新卒採用の悩み3:内定者フォローフェーズの悩み

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
内定者フォローのフェーズでは、内定辞退者をいかに出さないかが大きなポイントです。

内定者フォローのフェーズでは、内定者の内定辞退対策が、大きな課題となっています。せっかく、内定を出しても直前で辞退されると、新卒就活生の確保は非常に難しくなります。

そこで、各企業では内定式を実施したり、事前研修を行うなどして、内定者の囲い込みに力を注いでいます。

人事担当者が抱える新卒採用の悩み4:採用プロセス全般の悩み

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
人事担当者においては、少ない新卒就活生の中から、いかに優秀な人材を選考し、確保するかが大きな課題です。

少子高齢化が改善される見込みはなく、今後、労働人口はますます減少します。そういった状況下で、競合他社に打ち勝ち、優秀な人材を確保することは至難の業です。

とりわけ、若い人の仕事に対する意識や考え方が変化する中で、時代にマッチした採用方法を取り入れられるか否かがポイントです。

新卒の採用活動を成功させる秘訣3つ

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
新卒の採用活動の成功が、企業の経営基盤を盤石にすることにつながります。

企業の経営基盤を支えるのは人材です。とりわけ、新卒は長い期間にわたって会社に貢献してもらわなくてはならない人材ですから、「量」だけでなく「質」も求められるところです。ここでは、新卒の採用活動を成功させる秘訣について紹介します。

新卒の採用活動を成功させる秘訣1:ターゲット・目的を明確にする

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
企業が求める人材を明確にすることで、新卒の採用活動を成功に導くことができます。

新卒の採用を募集しても、応募者が集まりにくいのが現状ですが、闇雲に応募しても人は集まりません。新卒採用のターゲット・目的を明確にすることで、採用方法を絞り込んだ効率的な採用活動が可能です。

また、応募内容にも具体性が出てきますから、少数でも企業が求める優秀な人材が集まりやすくなります。

新卒の採用活動を成功させる秘訣2:採用管理システム・ツールの導入

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
採用管理システム・ツールは、採用活動の迅速性と正確性を高めます。

採用管理には、正確性と迅速性が求められます。例えば、面接試験終了後、内定通知を出すタイミングが少しでも遅れると、他社に先を越される場合もあります。

採用管理システム・ツールは、こういったミスが起きないよう、また、効率的に採用業務が行えるよう開発されたシステムですから、自社の採用方法に応じて積極的に取り入れるとよいでしょう。

新卒の採用活動を成功させる秘訣3:今の学生に最適な採用方法を理解する

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
新卒の採用活動を成功させるには、さまざまな採用方法を理解して取り入れることが必要です。

企業において優秀な人材の確保が重要視されるにつれ、さまざまな採用方法が構築されます。その全てを取り入れる必要はありませんが、今の学生に最適な採用方法を理解し、取り入れることは、優秀な人材の確保に大きく貢献します。

新卒の採用方法について理解を深めよう!

新卒採用における採用方法12|人事担当者が抱える新卒採用の悩み4つ
人事担当者は新卒の採用方法について理解を深め、自社に適した方法を取り入れることが大切です。

少子高齢化の影響などから、新卒の採用活動は年々、難しくなっています。また、それと同時にさまざまな方法が出てきます。企業の人事担当者は、冷静に労働市場を分析するとともに、これらの方法を理解することが大切です。

その上で、自社が求める人材を明確にし、最も適した採用方法を取り入れることが大切です。

Related