Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ

皆さんこんにちは、今回は「採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ」と題し、「採用競合への対策15選」をピックアップし、採用競合を知る方法や採用できない原因を6つの形で具体的にご紹介します。ぜひご参考にしてみて下さい。

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ

採用競合とは

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
採用競合というのは一般的に「人材採用の際に、その理想的な人材像を各社によって奪い合うことになる競合企業」を具体的に指しており、その人材をどうしても採用したい場合などに、その人材が他にどのような職種・企業を希望しているかなどが調べられます。

つまり、「同じ求職者を複数の企業が採用したい」とした場合に採用競合が起こり、その2社以上の競合企業にとっては採用において1人の求職者を奪い合うことになります。

採用競合になる企業とは

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
先述でもご紹介しましたように、採用競合になる企業というのは「1人の求職者を採用において奪い合う企業すべて」を指すことになり、その企業数は2社の場合もあれば複数になることがあります。

求職者を採用できる企業はこの場合でも1社だけとなるため、各社はその求職者のことを事前に調べて把握しておき、その求職者の理想となる職場環境・条件、また過去にどのような職種分野を希望していたかなどを調査する必要があります。

自社の採用競合を知るには

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
先述の採用競合を現状からしっかり把握するためには、主に「自社の状況を把握すること」、「面接で求職者から直接ヒアリングすること」、「複数の新入社員からヒアリングすること」、「転職エージェントから情報を集めること」などがあり、随時その方法は分かれます。

採用競合というのはリアルタイムで確認できる現状調査による対象となるため、随時に確認するためのツール・環境を整え、自社にとって実益のある方法を確認します。

採用競合への対策15選

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
さてここからは「採用競合への対策15選」と題し、理想的な人材・求職者を確実に自社へ採用するための15個のハウトゥを具体的にご紹介していきます。

採用競合を経て理想的な人材を確保するためには、事前にその対策を練っておくことが必要で、その対策が自社にとって本当に価値のあるものかどうか、また現実的に見て通用する対策であるかどうかを、随時において再確認しておくことが必須となります。

採用競合への対策1:自社のイメージを具体化する

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
まず採用競合を具体的に理想の形に終わらせるためには、自社が「どのような人材を理想としているか」を明確にしておき、その理想の人材像をしっかり念頭に置いて人材確保・採用に当たる対策が必要になります。

この(下準備ともなる)対策をしっかり行なっておくことにより、面接でヒアリングする際や新入社員からヒアリングする場合、また自社の状況を具体的に把握する場合に大いに役立つ土台になってくれます。

採用競合への対策2:適切な求人内容にする

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
求職者というのは就活・転職活動をする場合、どの場合でも「その企業がどのような人材を求めているか・どのようなスキルや能力、また社会的ステータスをニーズにしているか」を具体的に確認した上で採用応募をします。

そのため、採用競合を経て理想的な人材を確保するために企業は、まず自社がどのような人材を求人内容にするかという対策を具体的に練っておき、求職者の理想への実現を支援する必要があります。

採用競合への対策3:選考スピードを速くする

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
採用競合となる場合には「複数の企業によって1人の求職者を奪い合う形」となるため、その内の1社ができるだけ早期にその求職者の採用を決め、求職者による了承を得ることができれば、その採用競合からいち早く抜け出すことができます。

このための対策には、「その企業に求職者が入社する」という確約を取り付けるための対策が必要となり、そのために求職者にとっての理想をサポートすることが重要になります。

採用競合への対策4:求める人物像の明確化

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
どの企業にとっても、具体的に「求める人物像の明確化」への対策がなされていなければ、採用競合になった場合に迅速な採用・対応を取ることができません。

これも事前対策の類に含まれますが、この採用競合に打ち勝って理想の人材を確保するためには、他の多く見られる(採用競合に参加している)企業を出し抜いてでも採用を決めておく必要があるため、その理想の人材像を明確にしておく対策が必須となります。

採用競合への対策5:いつまでにどの程度採用するなどの計画

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
これは一般の採用フローなどに見られる公式的な対策となりますが、各企業によって設けられる採用順序において「採用期間をいつまで設けておくか」という点は初めから具体的に設定しておく必要があります。

この対策によって求職者の理想像を明確にする上で、自社にとっての採用競合に掛けられる時間・期間・対策の範囲なども十分見定めることができるため、これは非常に重要なスポットになります。

採用競合への対策6:適切な採用手法の選択

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
これも各企業にとっては初歩的な採用手順に含まれますが、理想的な求職者を確実に確保し、その入社を確約しようとする場合、企業・求職者にとって適切な採用方法(手順)を、それまでの事前対策によってしっかりサポートしておく必要があります。

その求職者がどのような職場環境を期待しているか・得意分野は何かなどを事前に把握しておき、それに配慮した採用対策を適切に選定し、入社の確約に結び付けましょう。

採用競合への対策7:自社だけの強みを洗い出す

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
自社にはどのような「強み」があるのかを調べる場合、これは主に求職者から見たその企業の魅力ともなり、また一般に世間で評価されているその企業の実績・ブランド・事業規模・ビジネス発展の勢いなどに置き換えられます。

この「自社だけに認められる強み(魅力)」を事前対策によってしっかり打ち出しておくことによって、採用競合になった場合でも「求職者のほうから選んでくれる」という強みを得ることができるでしょう。

採用競合への対策8:業界内での立ち位置を知る

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
これは主に「その企業の職種分野における市場価値」ともなりますが、求職者は一般的に転職サイト・エージェント、またハローワークなどで、この「企業価値・その企業の(特定の職業分野での)市場価値」を参考にして採用応募に参加する形になります。

そのため企業はそれに向けての事前対策として、現在自社がどのような立ち位置にあるか・その業界内での位置付けを十分把握し、採用競合に成果を得ることが必須です。

採用競合への対策9:採用手法を絞らない

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
現代の採用フロー・採用方法には実に多くの環境設定がなされており、スカウト制やWeb履歴書を参考にした上での採用、また転職サイト・エージェント、ハローワークなどによって紹介された上での採用、非公開求人による採用など、それぞれの採用方法があります。

採用競合になった場合でも、できるだけ多くの採用方法・分野を広げる対策を取っておくことが勧められ、それによって掘り出し物的な採用成果を得られることがあります。

採用競合への対策10:福利厚生の見直し

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
福利厚生の充実というのは、ほとんどの求職者にとって非常に重要なポイントになります。そのため採用競合になった場合を事前に想定しておき、その福利厚生面での充実をしっかりアピールしておくことにより、求職者のほうで採用を決める土台にすることができます。

少しでも自社にとって「求職者側へのアピールできる側面」を掲げられる対策をしておき、採用競合に打ち勝てる方法や環境設定を十分しておくことが必須になるでしょう。

採用競合への対策11:新入社員から多彩にヒアリングしておく

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
新入社員から「他社の採用応募に参加した際に、どのような環境・採用に関する設定やデザインがなされていたか」を具体的に確認しておくことで、他社の採用状況の「いい所取り」をすることができるという、採用競合においては実益の高い対策が得られます。

他社への採用応募した際に印象的なホームページのデザインや、会社説明会での環境設定、また求人サイトの魅力やSNSの活用性など、なるべく多彩に調べましょう。

採用競合への対策12:提携先の転職エージェントから情報を収集する

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
企業というのはある程度の採用ツール・転職ツールを確保しておくことが望ましく、それぞれのサイトから就活状況・転職情報などを的確に確保することによって、採用競合になった場合の事前対策に生かすことが可能になります。

この場合でも他社の採用に関する具体的な情報をはじめ、現在の就職・転職状況をリアルタイムに確認することができ、その点での実践的な対策を練ることができるでしょう。

採用競合への対策13:面接で求職者からヒアリングする

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
これは一般的に多く取られている「採用競合への事前対策」になりますが、求職者1人ずつからその面接時にヒアリングをしておき、その際に「他社と自社との採用フローの違いやその差異によって感じる魅力の違い」などを具体的に調べておくことが重要になります。

面接時間では求職者のリアルな声や思惑を確認することができるため、採用競合を勝ち抜くための実践的な対策を練られるだけでなく、企業の今後の躍進にもつながります。

採用競合への対策14:他社の求人広告の内容を調査し研究する

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
この場合も「他社の採用環境からのいい所取り」をするための対策になりますが、他社の採用環境やフローに見られる(求職者にとって)魅力的とされる内容を事前に見定めておき、その1つ1つの点を自社の採用フローに取り入れていく対策はかなり効果的です。

この場合、求職者・自社にとってのメリットをまず想定しておき、一方のメリットだけに偏らないようバランスを図ることが大切で、その後の採用基準に生かすことができます。

採用競合への対策15:ネットの口コミサイトなどを調査しておく

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
インターネットツールを利用した「採用競合への事前対策」になりますが、この場合もネットで多数の企業採用情報への口コミ(求職者によるリアルな評価)を確認しておき、自社の評価と照らし合わせる形での採用環境の改善案・今後の躍進につなげることができます。

できるだけ多くの情報・評価を集めることによって、採用競合になった際の具体的な対策を立てることができ、その際には求職者側の魅力を想定することができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

採用競合に後れを取る原因6選

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
さて、ここからは「採用競合に後れを取る原因6選」と題して、なぜ採用競合になった場合に失敗するのかについて、その具体的な背景な理由・原因をご紹介していきます。

採用競合になった場合に特に大事な点は、的確な対策によって求職者確保を行ない、その方法が求職者にとって将来を約束してくれる程の魅力があるかどうかよります。選考スピードを速め、さらに採用フローの円滑化を図ることがこの場合は重要になるでしょう。

採用競合に後れを取る原因1:選考のスピードが遅い

これは採用競合になった場合に失敗する大きな理由になりますが、選考のスピードがちまちまとした形で進まなければ、求職者にとっては「反応が鈍いから、どうせ不採用になる」と勝手に決め込んでしまい、そのまま他社に採用されるという結果になりがちです。

企業としては、少しでも早期に「理想的な人材」を着実に確保することが重要となるため、採用そのものにムダな時間を掛けていてはいけません。

採用競合に後れを取る原因2:採用担当者のスキル不足

これもよくある例ですが、採用競合になった場合にその採用担当者の(人事における)スキル不足によって、本当に理想的な人材を確保できないことや、その求職者を着実に確保するための対策が大幅に固められていない場合がよく見られます。

これは人事ミスと言われる程の配属ミスにつながるもので、企業側がもっと採用者のスキルアップに尽力し、採用競合に打ち勝てる対策を実践的に練ることが求められます。

採用競合に後れを取る原因3:求職者の意向に沿っていない

いくら一流企業であっても、またブランドを持ちながら勢い付いた新興企業の場合でも、理想的な人材・求職者を確実に採用する場合には「その求職者にとってその企業が理想的などうか」をしっかり確認させておかなければなりません。

これは企業(自社)アピールの高低・充実度によって変わりますが、採用競合になった場合にはこの差異によって大きく成果が変わるため、そのための事前対策は十分練る必要があるでしょう。

採用競合に後れを取る原因4:内定の時に需要がうまく伝わっていない

「あなたは自社にとって確実に必要な人材です」という旨が企業側から求職者に上手く伝わっていない場合、内定後フォロー時において、その求職者が他社へそのまま流れていくことも多々見られます。

これは入社後の生活を想定した場合の不安によるもので、求職者にとっては少しでも自分が必要とされる企業へ行くほうが結果的に楽で安泰するという、将来ビジョンによる採択になります。このための事前対策も十分しておきましょう。

採用競合に後れを取る原因5:内定後フォローが適切でない

先述の続きになりますが、内定後フォローというのは「採用を決定した後の、企業からその求職者に対する(入社を確約させるための)事後対策」となり、この点が充実していない、あるいは適切でない場合、その求職者は他社への入社に変更することがあります。

この場合に大きな理由になるのは「企業ブランドや企業カラー」また「その企業へ入社した後の福利厚生面での充実性」で、この点への対策を十分することが必須になります。

採用競合に後れを取る原因6:内定者同士の交流不足

これも現代では比較的増えてきている理由・原因になりますが、内定後に「内定者同士の交流が不足している・コミュニケーションが乏しい状況」によって、入社後の生活に安定しない予感を持たされ、そのまま内定後からでも他社への入社を決める場合が出てきます。

この場合でも企業による内定後フォローの充実が問われますが、企業はできるだけ入社を確約させるための対策を練る必要があり、入社までのルートを整える義務があります。

採用競合への対策を万全にして採用力を高めよう

採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ
いかがでしたか。今回は「採用競合への対策15選|採用競合を知る方法や採用できない原因6つ」と題し、「採用競合への対策15選」をピックアップし、採用競合の方法や採用できない原因を6つの形で具体的にご紹介しました。

採用競合への対策において大事な点は、「求職者の理想を把握するための具体的な評価・情報収集」となり、求職者が何のために就活するかえの視点の持ち方になります。事前対策を十分打ち出しましょう。

Related