Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月01日

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?

企業が求めている人材とは何なのかを伝え、この企業なら仕事してみたいというような気分にさせるのが採用キャッチコピーです。コピーの文句一つで、応募者がかわってきます。今回は採用キャッチコピーを作成する時の注意点、方法やコツをまとめてみました。

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?

採用キャッチコピーとは?

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
キャッチコピーの「キャッチ」というのは、耳に残りやすい、一瞬で惹きつけられるという意味です。会社が作った新商品を売りたい時、書店で新しい本が並んだ時など様々な部分で「キャッチコピー」を目にします。

採用キャッチコピーは、企業がほしい人材を採用するために、的確な人材を探すために「その企業がどんな会社か」を、そして「どのような人材を欲しい」かを端的に伝えるのに大変役立ちます。

採用キャッチコピーの必要性

採用キャッチコピーの必要性は、的確な人材を企業が探しやすいということと、職を探している人にとっても、企業がどんな人材がほしいのか、そして企業の色を短時間で知ることができることです。

的確な採用キャッチコピーを作ることで、売り手優位の採用市場が続く昨今では、他の企業との違いを瞬時に打ち出すことができる採用キャッチコピーは、企業が人材を探す時に役立ちます。

採用キャッチコピーの作り方手順6つ

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
企業にとって良い人材を確保するのに役立つ採用キャッチコピーですが、どのようなキャッチコピーを作るといいのでしょうか。ここからは企業にとってメリットを生む採用キャッチコピーの作り方に注目して採用キャッチコピーをみていきます。

ここでは採用キャッチコピーの作り方を大きく6つの項目に分けました。それでは採用キャッチコピーの作り方手順をみていきましょう。

採用キャッチコピーの作り方手順1:ターゲットを明確にする

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
素敵な採用キャッチコピーであったとしても、企業が欲しい人材でなければ意味がありません。まず、最初の採用キャッチコピーの作り方として注目したいのは「ターゲット」です。

企業がどんな人材がほしいのかがわかる採用キャッチコピーの作り方ですが、人物像が手に取るように伝わってくるというのが、作り方のコツです。

職を探している方も人物像が目に浮かぶと、会社が求めている人材を理解しやすいです。

採用キャッチコピーの作り方手順2:ターゲットが欲している情報を具体化する

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
採用キャッチコピーの作り方の2は、具体的な情報をキャッチコピーにして開示することです。欲しい人材が手にとって見えるのと同じように、職を探している人たちが簡単にこの企業はどんな会社なのかが瞬時でわかる採用キャッチコピーが必要です。

企業がもっとも売りにしたいことを具体的に採用キャッチコピーに反映させることがポイントです。例えば、駅から近い、女性が多いなどです。

採用キャッチコピーの作り方手順3:伝えたいイメージの設定

採用キャッチコピーの作り方3として、大事になってくる企業の伝えたいイメージの設定です。若いスタッフが多い、明るい職場、人間関係がよい、オフィスが新しいなどを盛り込みましょう。

伝えたいイメージの作り方を考える時は、企業風土を反映させることがポイントです。全く違うイメージを採用キャッチコピーにして作ると、採用時にミスマッチがおきてしまうので、注意しましょう。

採用キャッチコピーの作り方手順4:どのようなビジュアルイメージにするか

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
採用キャッチコピーの作り方として大切なもののひとつにビジュアルイメージがあります。伝えるべきイメージを効率よく相手に届けるのに、言葉の力だけでなく、視覚を使います。

ウェブデザインなどが採用キャッチコピーの言葉のもつイメージとマッチしていることが、企業が求めている人材と出会うことに繋がります。

ビジュアルデザインをないがしろにしないことが、企業にとってよい採用キャッチコピーの作り方のコツです。

採用キャッチコピーの作り方手順5:実際に原稿に起こす

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
採用キャッチコピーの作り方ですが、頭の中でイメージしていてもしかたありません。具体的にどんな人材がほしいのか、単語の状態で問題ないので、リスト化していきましょう。

とにかく、まずは、原稿にしてみることが採用キャッチコピーを作る時のコツです。その単語から肉付きしてよりよいキャッチコピーを作っていきましょう。

採用キャッチコピーの作り方手順6:伝える方法の選択

採用キャッチコピーの作り方のコツは、企業を一言でPRできるかということになります。伝える方法はいろいろあるけれど、個人に置き換えてみると一言で自分を紹介できるかということが、企業における採用キャッチコピーと考えて良いでしょう。

この企業は一言で言うならば○○ですと、伝えることができるか、が採用キャッチコピーの作り方の伝える方法ということになります。

対象者によって採用キャッチコピーのポイントは違う!

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
採用キャッチコピーの作り方のところでも述べましたが、ターゲットは大変重要です。ターゲットが異なると、キャッチコピーの作り方に沿って作っていても、最初の軸が変わってしまいます。

そのようなことになると、会社側も、職を探している人にとっても、お互いにミスマッチな結果に終わるでしょう。採用する側が求める人材と出会うためにはターゲットを明確にしましょう。

新卒採用の場合

新卒者にむけて採用キャッチコピーを作る時のポイントですが、いかにその時代の風潮にあった心に響くコピーを考える事ができるかにかかっています。インパクトにあふれていても、嘘を書くことはできません。

企業にとって、今これから社会人として初めて働いて行こうと考えている人にむけての優しい声かけや挨拶がキャッチコピーだと捉えると、どのような言葉を会社として打ち出したいのかが見えてくるでしょう。

中途採用の場合

中途採用者にむけての採用キャッチコピーは、難しいものがあるでしょう。中途採用者がやめた経緯によって、コピーの受け止め方が変わってくる場合があります。

社会人一年生は、熱意ややる気に満ちている人が多いでしょう。そのような人材に向けての言葉と、すでに社会をしっていて、なにかのきっかけで仕事を転職しようと考えている人への言葉かけは変わってきます。

中途採用のメリットの部分を全面に出すのがおすすめです。

アルバイトの場合

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
正社員一年目、中途採用とちがってアルバイトは、空いている時間に労働をしてお金がほしい学生もしくは主婦の方が多いでしょう。または、定年後もう少し働きたい人や、家の事情、健康面での事情で短時間しか働けない人という場合もあるでしょう。

アルバイトのキャッチコピーは多種多様な条件の元で働く人向けとなるため、特定の誰かというよりも、どの人が読んでも自分に語りかけていると感じるキャッチコピーを考えます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

採用キャッチコピーを作る際の注意点3つ

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
今までは採用キャッチコピーの作り方やポイントをみてきましたが、ここからは、採用キャッチコピーを作る時に、最も注意しておきたい点を3つにまとめてご紹介します。

採用キャッチコピーを作る際に、この3つの注意点を頭に入れてつくりましょう。作り終えた時に、この3つのポイントに即しているか、確認もしてみるとよいでしょう。

採用キャッチコピーを作る際の注意点1:他社の模倣になっていないか

どんなに素晴らしいキャッチコピーだとしても、他社のキャッチコピーをそのまま利用している場合は、問題です。自分たちらしいキャッチコピーを作るように、最新の注意を払いましょう。

似たような内容のコピーになってしまうことは、多々あったり、同じ言葉を採用している場合もあるでしょう。作る前に他社を参考とするのは良いですが、盗難はしてはいけません。

また模倣した会社から訴えられることもありえます。

採用キャッチコピーを作る際の注意点2:ただの説明文になっていないか

端的にわかりやすいのが、採用関係なしにキャッチコピーの良い点です。ダラダラと長文になっているようでは、相手の心にささりません。

かといって、語だけを区切って並べてもだめです。説明文にならないよう、かと言って、短くならないように、声に出して読んで、語呂の感じ、リズム感なども確認しながら作りましょう。

採用キャッチコピーを作る際の注意点3:伝えたいポイントを絞る

イメージばかりが先行して、結局このキャッチコピーは何がいいたいのだろう、というのでは、困ります。企業にとって一番いいたいことをズバリ的確にまとめて書きましょう。

伝えたいことをキャッチコピーに書くことで、企業のイメージも伝わり、求めている人材と出会う率も高まります。

採用キャッチコピーの作り方を理解しよう

採用キャッチコピーの作り方手順6つ|作成の際の注意点3つとは?
採用キャッチコピーは、企業にとっても就職先を探している人にとっても、とても大切なものです。求めている人材とまるっきり違う人が応募してきても、困りますし、全く誰も応募に来ないのも困ります。

キャッチコピーを見て応募したはいいものの、全く違う企業だったら、就職を探している人にも時間のロスです。

採用キャッチコピーの作り方、ポイントそして注意点を抑えながら、ミスマッチのない素敵なコピーを作成しましょう。

Related