Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ

皆さんこんにちは、今回は「採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ」と題し、「採用活動に失敗しない方法10個」をピックアップし、その際に見られる採用活動に失敗してしまう原因3つを具体的にご紹介します。ぜひご参考下さい。

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ

採用活動の失敗は会社のダメージ

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
企業というのは主に「採用する社員の数・質」によって将来設計が成り立ち、その際に必要となる採用条件の設定やキャリア形成の捉え方、さらには、採用フローの具体的なあり方や採用期間の掛け方などにおいて、ムダな部分があればその点を省く必要があります。

採用において失敗する原因の多くは、ターゲット層を具体的に決めていないこと・適切な採用手法を選択できていないことなどが見られ、その場合は抜本的な改革が必要です。

採用活動に失敗しない方法10個

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
さてここからは「採用活動に失敗しない方法10個」と題し、実際に企業が求職者を採用していくにあたって必須となる、「採用活動に失敗しない方法」のハウトゥを具体的にご紹介していきます。

企業にとって求職者の採用というのは「将来ビジョンを想定する上での重要なフロー(流れ)」となるため、事前に失敗しないために必要なスキル・環境設備を設けておき、円滑な採用フローを用意することが大切になるでしょう。

採用活動に失敗しない方法1:ターゲットを具体的に決める

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
まず「どのような社員が欲しいか」といった具体的な(求職者に求める)ターゲット層を決めておくことが大切です。これによって「今この企業に必要な人材」が一目でわかり、それによって採用基準の設定が的確に行なえ、採用時の失敗を防ぐことができるでしょう。

採用の失敗を防ぐためには「段階的な準備」が必要となり、その中でも特にこのターゲット層を決定しておくことは初歩的な土台となります。

採用活動に失敗しない方法2:複数の社員と話しをさせる

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
企業にとって必要な人材となる第一条件の1つに、「コミュニケーション能力をしっかり持っていること」が含まれます。このコミュニケーション能力によって、他職種との円滑な協働作業が可能となり、将来的には企業利益に直結させられる具体的な指標が仕上がります。

そのため、採用募集に応募してきた求職者にまず「既存の社員と対話させ、どの程度のコミュニケーション能力・専門性スキルを持っているか」を十分確認しましょう。

採用活動に失敗しない方法3:企業の情報を発信する

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
これは採用の失敗を防ぐための事前段階での努力になりますが、企業独自に立ち上げている公式ホームページや関連SNSツールなどにおいて、企業がウリにしている魅力や特徴をはじめ、「どのような人材を必要としているか」について具体的に明記しておきましょう。

それによって採用募集に応募する人材があるていど「企業ニーズを踏まえた人材」で埋め尽くされることになるため、採用の失敗が確率的に低くなります。

採用活動に失敗しない方法4:入社の本気度をチェックする

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
次に「入社の本気度をチェック」についてですが、これについて具体的に確認する方法は主に「面接時の質疑」において「自社のどの辺りに魅力を感じましたか」などの応答内容の確認に見られてきました。

しかしその場合は、いわゆる「その場しのぎ的な回答」が得られることが多いため、ここでも採用に失敗しないための良法としてSNSなどの、個別サイトの活用が(最近になって)見られ始めています。

採用活動に失敗しない方法5:採用フローの見直し

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
「なぜ自社はその人材を採用するか」、「その人材を採用して、どのような職種に就かせたいか」といった基本的な見直しを行ない、企業と人材採用との相対的な関係をもう一度じっくり検討してみることが大切になります。

その求職者にとってどのような職場環境が最適なのかを問う上で、就業システム・シフト体制、在宅ワークの有無などをはじめ、企業利益を伸ばすための再考につなげてみましょう。

採用活動に失敗しない方法6:求める人材像を変えてみる

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
企業としては「いろいろ仕事ができるオールラウンダーな人材像」を念頭に置きがちで、実際にそんな人材はいないのに、そのパーフェクト像をいつまでも追って採用に失敗しているケースがよくあります。

このような基準をまず捨てておき、ビジネス規模を拡大して利益を得る上で、「本当に必要な人材とは何か」ということを一から考え直してみることが(場合によっては)重要です。これも採用に失敗しないための秘訣となるでしょう。

採用活動に失敗しない方法7:仕事内容の変更

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
一度採用を決めたのに、さらにその後で別の企業へ平気で流れて行ってしまう求職者も(転職市場を眺める上では)非常に多く見られます。

この理由は主に、実際に自分に課される仕事内容・求められるノルマや実績のあり方が、少しでも楽な企業を見付けてそちらに魅力を感じる点にあります。

つまり、従来の仕事内容をもう一度再確認して、できるだけ多くの求職者にとって「快適な仕事内容」を課すことも大きなポイントになります。

採用活動に失敗しない方法8:連絡の遅延をなくす

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
就職・転職活動の期間、採用期間においては、どうしても企業側は多忙になってしまい、つい採用・不採用の連絡が滞りがちになったり忘れていたりすることも実際にあります。

これは意図的ではない不可抗力的な経過となるため、まずその「多忙な時期に、どのようにして円滑に(求職者と企業との)連絡交換を進めていくか」という点を再構築する必要があります。それによって、内定後フォロー時の採用失敗も軽減されるでしょう。

採用活動に失敗しない方法9:離職の原因を調べる

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
現代ではかなり高い離職率が見られており、採用の失敗を防ぐためには、まずこの点をじっくり検討する必要があるでしょう。離職率が高いというのは、主に以下の理由が見られます。

・企業側が課す就労条件がきつすぎる
・人材像にパーフェクトを求めすぎる
・賃金が安すぎる(安価でこき使われる感が大きく出てしまう)


これらの検討課題をもう一度検討しておき、求職者にとって納得のいく形での採用条件を用意しましょう。

採用活動に失敗しない方法10:スカウト制を設ける

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
転職エージェントを活用する場合によく見られるこの「スカウト制」ですが、これは「できるだけ理想に近い人材を確保する際に最適の採用方法」となります。

さらにスカウト制によってオファーを受けた求職者にとっては「大勢の中から自分が認められて採用される」といった感覚が大きく残るため、その印象によって入社を決め、採用の失敗を未然に防ぐことも(多くの場合で)可能になるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

採用活動に失敗してしまう原因3つ

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
先述では「採用に失敗しないための方法やコツ」についてご紹介しましたが、ここからは「採用活動に失敗してしまう原因3つ」と題して、実際に人材採用をする上で「どうして失敗してしまうのか」といった根本的な失敗原因をご紹介していきます。

この場合は主に3つの原因が見られ、求める人物像の不明瞭、適切な採用方法が取られていない、自社にとって必要な人材を見極められていない、といった人事側の問題になります。

採用活動に失敗してしまう原因1:求める人物像を定義できていない

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
まず人材を採用するにあたって、「自社にとってどんな人材を採用すべきか」という一応の定義(基準付け)があいまいな場合、どんなに良い人材が集まっても採用には失敗するでしょう。

この場合で重要な点は、「現在において必要となる人材」と「将来的に必要となる人材」の識別で、この2点を個別に分けて採用基準を決めておき、自社にとって個別で理想的な人材の確保を進めてみることが大切です。

採用活動に失敗してしまう原因2:適切な採用手法を選択できていない

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
次に「適切な採用手法を選択できていない点」での失敗ですが、これは主に採用フローに見られる従来の採用環境の見直しが必要になる場合です。

一般的な採用フローでは「書類選考」と「面接」という支柱を軸に、そのオプションの方法としてスカウト制による採用や転職エージェントからの紹介、コネ、人脈による採用などがありますが、自社にとってどの採用パターンが最も適切かを選定することが必要です。

採用活動に失敗してしまう原因3:正しく候補者を見定められていない

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
これは人事担当者に課される責任になりますが、「本当はその企業にとって実に有能な人材」であるのに関わらず、簡単に何らかの理由で足切りにして不採用としてしまう、将来像への視点や感覚が乏しいことによる採用失敗となります。

この場合はまず、人事担当者の変更が必要となる上で、人材を見図る将来像設定の(認識に関する)変更が必要となり、的確に企業に利益をもたらす人材像の発掘から始める努力が重要になるでしょう。

適切な対策で採用活動の失敗を防ぎましょう

採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ
いかがでしたか。今回は「採用活動に失敗しない方法10個|採用活動に失敗してしまう原因3つ」と題し、「採用活動に失敗しない方法10個」をピックアップし、その際に見られる採用活動に失敗してしまう原因3つを具体的にご紹介しました。

人材採用というのは、企業利益・将来ビジョンを図るための重要な基礎となるため、まず効率的に採用を達成するための環境設定が必要となります。離職率を考えた上で採用を検討しましょう。

Related