Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント10個|辞める理由

せっかく採用活動を行っても、中途採用者がすぐに仕事を辞めると、その労力やコストが無駄になってしまいます。なので、もし、中途採用者がすぐに辞めることが続いている場合は、まず環境改善のために、その原因を把握する必要があります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント10個|辞める理由

中途採用の社員がすぐに辞める理由

ステップアップや、新しい職場環境を求めて転職する人は増えています。しかし、希望する企業へ転職が成功して、中途採用されたにもかかわらず、すぐに退職をしてしまう人がいます。

企業は採用した社員がすぐに辞めてしまうと採用活動の労力やコストが無駄になってしまいます。なので、企業は社員に長く働いてもらうためにも、中途採用の社員がすぐに辞めないように、その理由を把握して、辞めないように対処をする必要があります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにする10個のポイント

上記で述べた通り、中途採用者がすぐに会社を辞めてしまうと、採用活動でかけた労力やコストが無駄になってしまいます。

そのため、企業は中途採用者がすぐに辞めてしまわないように、いくつか注意するべきポイントがあります。また、その注意するべきポイントは入社前と入社後で異なります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント(採用前)

中途採用者がすぐに会社を辞めると、採用活動での労力やコストが無駄になってしまいます。なので、中途採用者を採用する際には事前に注意しておくべき点があります。

採用前から意識しておかないと、採用後になってから問題点が発生して、採用後すぐに会社を辞める原因に繋がってしまうことがあります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント1:仕事内容を明確にする

中途採用活動を行う際には、面接などのときに仕事内容を把握して応募をしてきているか、必ず確認しましょう。同業界や同業種への転職であっても、会社によって仕事内容や仕事範囲などが異なります。

なので、仕事内容については明確に把握しておいてもらわないと、入社後に思っていたような仕事内容ではなかったと思われてしまい、すぐに仕事を辞めることがあります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント2:必要なスキルや待遇を具体的・正確に明確にする

入社前に仕事内容について明確にしておかないと、入社後に思っていたような仕事内容ではなかったと思われてしまい、仕事を辞める人もいます。

また、仕事内容が思っていた内容であっても、会社から求められるスキルが思っていたよりも高い場合や、入社後の待遇で把握できていない部分があったりなどした場合も入社後に思っていたような仕事内容ではなかったと思われてしまい、仕事を辞められてしまうことがあります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント3:安易に「未経験歓迎」を使わない

応募者をできるだけ多く集めるために、「未経験者歓迎」と求人情報に記載してしまう企業があります。本当に「未経験者歓迎」でもできる仕事であれば問題ありません。

しかし、本当は未経験者では難しい仕事であったり、未経験者の場合は最初に仕事を覚える負担が大きいことを伝えていないなどの場合、入社後に未経験であることによる負担を大きく感じてしまい、すぐに会社を辞める人もいます。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント4:面接で直属の上司と対面させる

職場の雰囲気など、実際に仕事をしてみないとわからないこともあります。なので、実際に一緒に仕事をすることになるであろう直属上司から、現場の説明をしてもらったり、どのような人と一緒に仕事をすることになるかなど、できるだけ事前に知ってもらうようにしましょう。

実際に働き出してから、職場環境や人間関係でミスマッチを感じてすぐに会社を辞める人もいます。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント5:社内見学

上記で述べた通り、仕事では実際に働いてみないとわからないこともあります。なので、直属の上司になるであろう人から仕事の説明をしてもらったり、どのような人と一緒に仕事をするようになるのか、実際に接してもらうことは重要です。

また、できればどのような職場環境で仕事をするようになるかをイメージしてもらうために、社内見学も行いましょう。その際に、働いている社員の姿も見てもらいましょう。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント(入社後)

中途採用者がすぐに仕事を辞めてしまわないようにするためには、入社前に注意しておくべき点がいくつかあります。

しかし、入社前にさえ注意を払っておけば安心できるわけではなく、入社後にも注意しなければ、中途採用者がすぐに会社を辞めてしまうこともあります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント6:早期の段階で入社教育の時間を作る

入社をしてすぐは社内のこともよくわからず、できる仕事も少ないため不安が多いです。そのため、少しでも早く不安を減らすために、早く仕事を覚えてもらえるように、入社後に研修や教育の時間を確保するようにしましょう。

不安を長く抱えたまま仕事を続けて、心身の負担を感じてしまうことで、すぐに仕事を辞める原因となてしまうことがあります。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント7:中途採用者でも同期を作る

上記で述べた通り、仕事に対して不安を抱えたままの状態で仕事を続けていると、心身の負担となってしまい、すぐに仕事を辞める原因になってしまうことがあります。入社後すぐの仕事に対しての不安を取り除く方法の1つに早く仕事を覚えてもらうということがあります。

その他にも、中途採用をする際には同期を作っておくということも重要です。中途採用の同期がいることで、お互いが頼れる関係になり、不安を軽減できます。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント8:現場でウェルカム感を出す

入社後すぐの中途採用者は職場や仕事に対して大きな不安を抱えています。不安を抱えたまま仕事を続けることで、すぐに仕事を辞める原因となってしまうことがあります。

仕事に対する不安は早く仕事ができるようになるために、教育や研修などの環境を整えることが有効です。また、職場で安心して働けるように、ウェルカム感を出して、働きやすそうな職場という第一印象を持ってもらうようにしましょう。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント9:メンター制度の導入

中途採用者は入社後すぐの時期は仕事に対して不安を抱えています。仕事のへの不安が続くと、仕事を辞める原因になってしまいます。なので、メンター制度で仕事をフォローして、仕事に対する不安を軽減してあげるようにしましょう。

メンター制度は指導、相談役に年齢の近い先輩社員に入社後すぐの中途採用者のような新入社員をサポートする制度です。メンター制度を導入すると、仕事と人間関係の両方をフォローすることができます。

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント10:人事担当者からのフォロー

中途採用者が入社してからは、仕事をするようになる部署で上司などによって管理されながら仕事をすることになります。しかし、現場だけでは中途採用者が抱える不安をフォローできない部分もあります。また、同じ職場の人には相談しにくい悩みも出る場合があります。

なので、中途採用者のフォローは現場にだけ任せるのではなく、人事担当者などからも不安や問題点がないかなど、確認してあげるようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

中途採用者がすぐに辞めることがないようにするポイント10個|辞める理由
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

中途採用は人材戦略においてますます重要になる

若い世代の人材が確保しにくくなってきているため、即戦力となる中途採用を行うkとが人材戦力として重要度が上がってきています。

しかし、せっかく労力とコストをかけて中途採用をしても、入社後すぐに仕事を辞めると、それらが無駄になってしまいます。また、優秀な人材が他に流れてしまうことにもなります。

なので、計画的に中途採用を行い、すぐに中途採用者が仕事を辞めることの内容に、定着率を上げていくことが重要です。

中途採用者がすぐに辞める環境を改善しましょう!

せっかく採用活動を行っても、中途採用者がすぐに仕事を辞めると、その労力やコストが無駄になってしまいます。なので、もし、中途採用者がすぐに辞めることで悩んでいるのであれば、早急に中途採用者が辞める原因を把握して、環境を改善するようにしましょう。

Related