Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介

あなたは「圧迫面接」を見たことがありますか。わざと求職者にいじわるな質問をしたりして、ストレス耐性を確かめるのが圧迫面接ですが、なかには圧迫面接と誤解されてしまうケースもあります。圧迫面接のリスクを回避して優秀な人材を確保しましょう。

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介

圧迫面接とは

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
圧迫面接とは、面接官が面接を受ける人に対して、いじわるな質問をして困らせたり、威圧的な態度で接したり、ことごとく否定を繰り返すなどの行為をする面接のことです。

「圧迫面接」という言葉は就職面接のマニュアル本で使われたのがはじまりで、その後一般的に広まりました。圧迫面接の目的は、面接を受ける人を窮地に立たせることによって、どのような反応をするかを見てストレス耐性などを判断することです。

今も残る圧迫面接

圧迫面接という言葉はかつてはよく聞かれた言葉でしたが、最近では以前ほどは聞かれなくなりました。その背景には圧迫面接をすることによるいろいろなリスクがあります。

しかし圧迫面接がまったく無くなったのかというと、そういうわけではありません。就職面接の現場においては、今も依然として圧迫面接が残っているのが現状です。

圧迫面接のリスク4つ

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
圧迫面接をすると求職者は不愉快な思いをしますが、実は企業側にとってもリスクがあるということをご存知でしょうか。

では圧迫面接がもたらす企業側のリスクとはどのようなものなのかについて、見ていきましょう。

圧迫面接のリスク1:企業イメージの低下

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
圧迫面接のリスクでまず考えられるのは、圧迫面接を受けた人の口コミによって「企業イメージが下がる」ということです。

しかも現代社会はネット社会ですので、WebサイトやブログやSNSに圧迫面接を行った企業の悪口を載せられてしてしまうと、最悪の場合はその情報が拡散される可能性があり、企業イメージを下げるリスク要因になります。

圧迫面接のリスク2:内定辞退

また圧迫面接をすると、優秀な人材を採用できないリスクもあります。面接を受けに来た人に対して、全否定したり威圧的な態度で接するということは、面接官の落ち度でもあります。悪く言えば企業が面接官を教育できていないということにもなります。

優秀な人材であればあるほど、企業のそういった体質を見抜くことでしょう。「この会社に就職すると良い扱いをされないのでは」と不安に思い、内定を辞退するリスクがあります。

圧迫面接のリスク3:求職者の能力が測れない

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
圧迫面接を受けることで慣れない状況に置かれると、求職者は十分に実力を出しきれません。

人は自分を全否定する相手に対しては警戒する傾向があります。圧迫面接で求職者が答えたことを全否定すると、「何を言っても否定されるのでは」と思い、積極的な自己アピールを控えることでしょう。

圧迫面接では、求職者の本来の能力を測れないというリスクもつきまといます。

圧迫面接のリスク4:訴訟のリスクがある

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
圧迫面接をすることで一番怖いリスクは「訴訟」です。圧迫面接での行き過ぎた態度や求職者への人格否定は、名誉棄損や侮辱罪に問われる可能性もあります。

圧迫面接を行う企業は求職者の能力をみるために威圧的な態度で接しますが、求職者は精神的に大きな苦痛を受けることでしょう。圧迫面接を求職者の能力をみるためではなく悪意だと受け取られると、最悪の場合は訴訟につながりかねません。

圧迫面接のリスク回避方法3つ

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
圧迫面接にはさまざまなリスク要因があることがわかりました。企業としても無駄なリスクは避けたいのが本音です。

では圧迫面接のリスクを回避するにはどのようにすればよいのでしょうか。

圧迫面接のリスク回避方法1:人事担当者への社員教育

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
求職者に圧迫面接だと受け取られないようにするためには、人事担当者への社員教育は欠かせません。

面接をどのように行うべきなのか、聞いてはいけない質問は何なのかなど、正しい面接のやり方をガイドラインとしてマュアル化し、リスク回避することが重要です。

圧迫面接のリスク回避方法2:友好的な態度

圧迫面接のリスクを回避するために、友好的な態度で求職者に接することも重要です。威圧的な態度で求職者に接したのでは、面接を受ける側は警戒して圧迫面接だと感じます。

なれなれしい態度は禁物ですが、「面接官は敵ではない」ということを明確にするためにも、求職者と適度な距離感を保ちながら、できる限り友好的な態度で面接を行いましょう。

圧迫面接のリスク回避方法3:ストレス耐性を確認したい場合の方法

圧迫面接なしでストレス耐性を確認するには、「求職者が困難な状況に置かれたときにどのように対処するのか」ということを確認すればいいでしょう。

例えば、「今までの人生で困難を乗り越えてきた体験談を教えてください」など、失礼にならない質問のしかたをすれば、トラブルを回避するときにポジティブな方法で回避できる人材かどうかを見極めることができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

圧迫面接と勘違いされてしまうパターン

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
面接官にとって納得できないのは、面接を受ける人に対して圧迫面接と勘違いされてしまうパターンです。では圧迫面接と誤解されるパターンはどのようなケースなのでしょうか。

そしてそのような勘違いを招かないためには、どのようにすればいいのかについて考えてみましょう。

タメ口で話す

面接でタメ口で話すのは避けた方が良いでしょう。

面接を受けに来た求職者は、もし入社すれば同じ会社の仲間という関係になりますが、面接の段階ではまったくの他人です。人事担当者としては優秀な人材を前にすると、つい親しみを込めてタメ口で話したくなることもあります。

しかし面識もない人間に対してタメ口で話すと、威圧的な態度だと受け止められるだけではなく、会社としてのイメージも損なわれてしまいかねません。

無意識に説教している

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
面接官の方が日ごろから「人に何かを教えるのが好きだ」という方でしたら、面接の場において無意識に説教してしまうこともありますので注意が必要です。

入社前の段階では、求職者は面接官の性格まではわかりません。たとえ悪意ではなく無意識に説教していたとしても、悪意だと誤解され圧迫面接だと受け止められるリスクがあります。

反応が異常に薄い

日ごろから他人に対して関心が薄い方が面接官を担当する場合には、求職者に対して反応が薄くならないように気をつけましょう。

求職者が何をアピールしても関心のない態度を繰り返していたのでは、無視されていると誤解されるリスクがあります。

圧迫面接のリスクを理解して正しく適性を見極めよう

圧迫面接の4つのリスクとは?|圧迫面接のリスク回避方法3つを紹介
面接を行うときにストレス耐性やトラブル回避能力を見極めたいと思うのは、企業としては当然のことです。

しかし従来から行われてきた圧迫面接では、求職者の十分な能力が測れないだけでなく、さまざまなリスクがつきまといます。面接では困難の乗り越え方やストレス解消法を聞くなどして、正しく適性を見極めて、ポジティブで優秀な人材を確保しましょう。

Related