Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

採用代行のメリット・デメリット3つ|おすすめの採用代行サービス5選

近年、日本の企業では採用代行が利用されています。採用代行とはどのように委託して業務が行われるのでしょうか。さらに、採用代行に委託するメリットとデメリットも考えたい点です。この記事では、採用代行について、そしてメリット・デメリット3つもご紹介します。

採用代行のメリット・デメリット3つ|おすすめの採用代行サービス5選

採用代行とは

採用代行とは、企業側が採用に関わる業務の一部または全てを外部に委託して行えるサービスです。RPOとも呼ばれ、人材不足あるいは人材の採用率が低い企業での対策となっています。

例えば、企業側は採用代行にすると、面接までのプロセスを省略して採用するかどうかだけを決定できます。

採用代行は、企業に適切な人材を確保するための採用のプロです。プロの視点で行うなら、企業では採用率が高くなることが多くあります。

採用代行の流れ

採用代行全て任された場合、採用代行では最初に募集活動をして、その後1次2次面接と進み、採用決定まで行われます。

募集活動では、募集後に応募者への対応を行います。そしてスクリーニングされ、残った応募者を面接で選考して、採用決定・入社までを請け負います。

企業では採用代行から情報を得た上で、最終的な採用決定をします。ですから、最後の入社前の最後の業務だけを企業は行うだけで済みます。

採用代行と人材紹介会社の違い

採用代行と人材紹介会社は似ていますが、業務内容は全く違います。採用代行は、募集から面接・採用までのプロセスの業務を外部で代行しますが、人材紹介会社は圧政労働省の認可を受けており、人材の選考ではなく企業への紹介だけを行います。

そのため、人材を推薦してもらうだけではなく、一部や全ての採用までを委託できるのは採用代行になります。

採用代行は企業に最適な人材を選考するための助けとなり、活用例が増えています。

採用代行のメリット3つ

ここで、採用代行に業務を委託することのメリットを3つ挙げます。メリットはどれも大きいため、日本では採用代行に委託する企業が増え続けています。

・業務に集中できる
・採用のプロなので安心できる
・管理コストの削減

ぜひ、企業で採用代行を委託するメリットを考慮してみましょう。企業にとって業務の進捗に関わるポイントが大きい点ばかりです。

採用代行のメリット1:業務に集中できる

採用代行に委託するなら、企業の人事では採用に関わる業務が大幅に減るため企業内の重要な業務に集中できます。

採用代行が行なう業務は、応募者を順次選考していくという採用までの多くの工程があります。それを人材募集の都度人事が行うという負担を軽くできます。

人事では、人事に関わる業務が多様化し携わる時間と業務量も増えていますが、採用代行によって人材の戦略や採用の最終決定をするといった業務を集中して行えます。

採用代行のメリット2:採用のプロなので安心できる

人材不足が続く中で、企業間の人材獲得の競争も課題となっており、その対策としてプロに採用を委託する企業が増えています。

プロに委託するなら、人事の経験が不足している対処法となりますし、第3者の視点から企業に適している人材を的確に選べるというメリットがあります。

企業の人事で選考が成功しなかった例もあり得ますが、採用代行では安心して任せることができます。

採用代行のメリット3:管理コストの削減

採用代行は自社で募集から採用までの労力と時間を削減でき、応募者の管理をするためのソフトも必要ないというコスト削減というメリットが大きいです。

中小企業を始め、多忙な業務が大きな企業では採用代行が大変助けになります。情報を共有し、採用に関わる業務全体を把握できます。

次回からの採用業務の見直しに役立てることができますし、採用代行自体で費用を削減できるため、今後の企業にとっても大幅なコスト削減となります。

採用代行のデメリット3つ

採用代行のメリットが大きいことを取りあげましたが、ここからは考えておきたいデメリットも3つ挙げておきます。

・代行コストの増加
・ノウハウがたまらない
・応募者との関係性が希薄になる

メリットとデメリットを両方考慮した上で、採用代行を委託しましょう。事前にデメリットも確認しておくなら、満足した採用代行の委託ができます。

採用代行のデメリット1:代行コストの増加

まず、採用代行を外部に委託する分のコストがかかるというデメリットがあります。委託を依頼する都度にコストが発生します。

しかし、応募者の人数が多い場合には自社で行うよりコストは低いので、大きなデメリットとは言えません。

採用代行のデメリット2:ノウハウがたまらない

企業では採用までの業務を行うとノウハウが蓄積されていきますが、採用代行では専門の方法で行われるため企業ではそのノウハウが蓄積されないという点があります。

ノウハウは蓄積されませんが、採用代行によって企業では今後の参考にできる点も見えてくるので、デメリットがあまり強調される点ではないとも言えます。それでも企業が、今後のために採用代行のサポートを受け入れるメリットの方が大きいかどうか考慮できます。

採用代行のデメリット3:応募者との関係性が希薄になる

採用代行では、企業と直接応募者とコミュニケーションを取りながら選考するわけではないので、応募者との関係性が希薄になるというデメリットもあります。

応募者が経営者を知り一緒に仕事をしたい、またこの企業で働きたいという入社する動機を持つことも、企業側が応募者の特技や特性などを知る機会も、入社直前に決定するまでお互いに知る機会が少なくなります。

全てを専門の採用代行に信頼して任せるかを決める必要があります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

おすすめの採用代行サービス5選

ここまで、採用代行サービスの特徴とメリット・デメリットを3点ずつ取り上げました。ここからは、おすすめの採用代行サービスを5選ご紹介します。

・ネオキャリア
・アデコ
・テンプグループ
・キャリアマート
・トライアンフ

それぞれの特徴を取り上げますので、こちらをご覧になって企業に合う採用代行サービスを選ぶことをお勧めします。

おすすめの採用代行サービス1:ネオキャリア

情報管理を徹底した上で、採用活動を成功に導くサービスを行っています。1万社を超える実績があります。

企業のニーズや課題に合わせたサービスを提供し、コスト削減や業務の最適化につながります。採用ツールの作成などのサービスも充実しています。

おすすめの採用代行サービス2:アデコ

アメリカ、ヨーロッパなど海外で活用されている採用代行サービスです。長年蓄積されたノウハウと品質管理を合わせた質の高いサービスを提供しています。

多様な職種や業種・雇用形態に対応していて、即戦力となる専門性の高い人材を採用しています。専門知識やキャリアのある人材をご紹介しています。

企業の要望にも応える体制が整っています。

おすすめの採用代行サービス3:テンプグループ

全面的なサポートをする採用代行サービスで、人材派遣40年・業務委託18年の実績があります。人材獲得の質・量を高めるコンサルティングです。

新卒の社員からパート・派遣まで、異なる雇用形態でも高品質のサービスを提供します。個人面接でもグループディスカッションでも、面接を委託できます。

大勢の採用や新拠点地での採用にも支援しています。

おすすめの採用代行サービス4:キャリアマート

新卒者からの採用代行業務を行います。企業のニーズに対応できる「オーダーメイド自動化システム」で行われています。

人事の時間を生み出すため、全てのプロセスをサポートするといったサービスを提供しています。ロボットのアウトソーシングで、企業のマンパワー不足やルーチンワークの対策ができるよう目指しています。

おすすめの採用代行サービス5:トライアンフ

トライアンフは、企業の組織力を向上するためにサービス提供しています。組織・人事・採用エリアでのコンサルティング・アウトソーシングを行います。

人事の経験を積んだ社長が立ち上げた採用代行サービスで、人事や組織の問題や課題を解決するのに役立ちます。採用と人事・組織のノウハウはリンクしている必要があるとして、人材開発につながる採用アウトソーシングを提供しています。

採用代行のメリット・デメリットを知ろう

採用代行は、企業側の組織・人事・業務にとって大変効率的な方法です。委託する前に、メリットとデメリットを確認しておくことは、企業が最適な人材を確実に確保しトラブルを回避するための助けとなります。

ぜひ、採用代行サービスに関する情報を得たら、企業に合うサービスを受けましょう。企業が必要とする人材を採用できるでしょう。

Related