Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ

適性検査は採用試験に導入されることが多いですが、従業員の方にも活用することができます。適性検査にはさまざまな種類が提供されているため、用途に合った適性検査を導入するようにしましょう。ここでは、適性検査について詳しく紹介しています。

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ

適性検査とは

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査とは、求人者を選ぶ際に企業が行う審査の一つであり、求人者の内面的な要素を把握することができます。履歴書や面接などではわからない情報を入手することができる方法でもあるため、多くの企業が実施しています。

当初は新卒者向けに適性検査が行われていましたが、最近では中途採用時にも行われることもあります。自社に適している人材を採用したい際に適性検査を導入しましょう。

適正検査の目的

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査の目的は自社に合った人材を確保することです。適性検査では、求人者の性格や向いている職業まで検査結果にあらわれるため、自社の職種に適性があるか判断する際の材料にすることができます。

離職率が高い企業や仕事内容に合わない人材ばかりを雇い入れてしまっている際は導入することを検討してみましょう。離職率を下げる効果も期待できるため、採用試験にかかる費用を削減することも可能です。

適性検査の導入効果

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査を導入することで、自社に適した人材を雇い入れることができる割合を大幅に高めることができます。適した人材を雇い入れることで長期間働いてくれることが期待でき、離職率を下げる働きもあります。

普段の面接や履歴書ではわからない求人者の一面を把握することで、採用するかしないかの判断材料にすることも可能です。適性検査を導入すると費用がかかってしまいますが、長期間採用試験を行うより費用を削減することができます。

適性検査の種類

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査には、2種類のタイプに分けることができます。
一つ目は性格検査であり、面接などではわからない内面的な部分を知ることができ、さまざまな角度から分析することで自社に適している性格か判断が可能となります。

もうひとつは能力検査であり、基礎知識や倫理的かどうかを検査することができます。それぞれの検査結果が自社の仕事内容とマッチするなら採用することをおすすめします。

導入におすすめの適性検査23選

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査を採用試験に導入しようと考えているものの、どの適性検査を導入すればよいのか判断できないことも多いです。その理由は、さまざまな適性検査が用意されているからです。

次に、おすすめの適性検査23選を紹介します。適性検査はそれぞれ特徴があるため、知りたい情報を知ることができる適性検査を導入することをおすすめします。適性検査を導入して適した人材を雇い入れましょう。

導入におすすめの適性検査1:キミスカ

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
キミスカは企業側からスカウトする採用方法を採用している適性検査であり、企業側が気になる求人者に声をかけることで面接などを行うことができます。比較的求めている人材を確保することができるメリットがあります。

求人者は不合格になってしまうと落胆して終わりではなく、不合格になった理由まで知ることができ、今後の転職活動に活用可能です。

導入におすすめの適性検査2:適性検査Compass

Compassは受講者のストレス耐性分析することができる適性検査です。ストレスがたまりやすい企業におすすめの適性検査であるため、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ストレスをためやすい人材ではうつ病などの病気になってしまいやすく、企業側だけではなく求人者側も求めている状況ではありません。Compassを導入することでストレスに耐性がある人材を選考することができ、離職率を大幅に低下できます

導入におすすめの適性検査3:tanθ

tanθは採用試験に活用できる適性検査ですが、現在働いている従業員にも受講させることが可能です。現在働いている従業員に対して実施することで適材適所で働いてもらうことができ、企業側と従業員側で得られるメリットが大きいです。

また、利用料金方法が2種類用意されている特徴があるため、自社に合った利用料金方法を選ぶようにしましょう。自社に合った利用料金方法を選ぶことでコストパフォーマンスにもつながります。

導入におすすめの適性検査4:HRアナリスト 人材分析

HRアナリスト 人材分析は他の適性検査とは異なり、より具体的な分析結果を知ることができます。また、分析結果をもとに受講者に対してどのようなアプローチをすればよいのかも表示してくれるため、人事部に人のとってはありがたい適性検査です。

自社に適している人材でもアプローチの仕方を間違ってしまったり、適した部署に配置しないと分析結果を台無しにしてしまいます。

導入におすすめの適性検査5:PETⅡ

雇用情勢は時代の流れとともに変化するため、時代に適している適性検査を導入することが好ましいです。しかし、時代が変わるごとに導入している適性検査を変えることは手間がかかってしまいます。

PETⅡでは、時代の流れにも対応することができるように定期的にアップデートします。同じ適性検査を導入し続けたい企業におすすめであり、さまざまな手間を省くことも可能です。

導入におすすめの適性検査6:不適性検査スカウター

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査が自社に適した人材かどうかを確認することができるサービスですが、不適性検査スカウターは自社にあっていない人材を知ることができます。逆の考えのもと開発されていますが、基本的に適した人材を選考するさいに活用することが目的です。

さまざま開発されている適性検査ですが、早く分析結果を納品できることでも有名です。できるだけ早く分析結果を知りたい場合に導入しましょう。

導入におすすめの適性検査7:CUBIC適性検査

適性検査を一人の求人者に実施したいと考えている人もいるのではないでしょうか。CUBIC適性検査は一人でも対応してくれる特徴があるため、導入することをおすすめします。また、お試し期間として1社につき3人まで無料で実施できる特徴もあります。

比較的他の適性検査と比べると低価格で利用することができ、できるだけ採用試験にかかる費用を削減したい場合におすすめです。

導入におすすめの適性検査8:SCOA総合適性検査

SCOA総合適性検査は30年以上の実績がある適性検査であり、分析結果に対して信頼することもできます。また、過去30年分のデータを用いて分析しているため、より正確な分析結果を表してくれます。

分析結果は30分で程度で納品してくれるため、できるだけ早く採用試験に活用したい企業におすすめです。信頼できる適性検査を行いたい企業は利用してみてはいかがでしょうか。

導入におすすめの適性検査9:TAP

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
TAPは中途採用や新卒者向けに開発された適性検査です。新卒者や中途採用を行う機会が多い企業は利用してみましょう。初期費用はかかりますが、一人1000円の費用で済むため、低コストですませることも可能です。

タブレットで検査できるウェブ型とマークシート型の二つの方法から選ぶことができ、企業にあった方法を選びましょう。約60分の試験時間が必要になり、スケジュールが組みやすいメリットもあります。

導入におすすめの適性検査10:SPI3

SPI3はリクルートが提供している適性検査であり、多くの企業が導入しています。リクルートは転職サイトの大手であるため、適性検査の分析結果に対しても信頼することができます。

初めて適性検査を導入する場合は使い方が分からないことも多いですが、サポーターが一から教えてくれるため、安心できます。利用費用はやや高めに設定されていますが、細かく分析してくれるため、導入して満足するという評判が多いです。

導入におすすめの適性検査11:EQ検査

適性検査を導入する際にいきなり有料のサービスを利用することに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。そのような不安を抱えている場合はEQ検査を導入することをおすすめします。

EQ検査では、無料体験を行っているため、費用なしでEQ検査のことを知ることができます。EQ検査は個人の弱みと強みを知ることができたり、本来の姿と現在の姿のギャップを知ることができ、従業員の質を高めれます。

導入におすすめの適性検査12:どこより正確な職業適性診断

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
どこより正確な職業適性診断は100問用意されている適性検査ですが、全て2択で答えることができ、比較的短時間で検査を終わらせることができます。また、ゲーム感覚で行えるように工夫されているため、受講者は楽しんで適性検査を行えます。

大企業よりも中小企業に選ばれている適性検査であり、アットホームな企業であることを印象付けたい際に利用しましょう。

導入におすすめの適性検査13:適性検査対策WEBテスト

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査対策WEBテストは企業が採用試験に導入するための適性検査ではなく、求人者が採用試験の際に行われる適性検査に向けて準備する際に利用されます。そのため、企業が導入していることはありません。

800問という膨大の問題が用意されているため、検査を受けることであらかじめ苦手な適性検査問題を把握することができます。また、年に10回全国一斉にテストが実施されている特徴もあります。

導入におすすめの適性検査14:適職診断VCAP

適職診断VCAPは無料で適性検査を受けることができるメリットがあります。また、5分で検査を終えることができるため、ちょっとした合間でも適性検査を受けれる特徴もあります。

200タイプの分析結果が用意されているため、細かく自身のことを理解することができます。分析結果は面白いタイプに分けられているため、楽しみながら適性検査を受けることが可能です。

導入におすすめの適性検査15:職場適応性テストDPI

職場適応性テストDPIの特徴は能力診断と性格診断以外に対人能力も検査することができます。どのような職種にも言えることですが、良好な人間関係を築くことができないと離職率を低下させることができず、作業効率にも影響が出てしまいます。

職場適応性テストDPIでは、対人能力についても分析してくれるため、労働環境の人間関係をよい雰囲気にしたい場合は積極的に導入しましょう。

導入におすすめの適性検査16:V-CAT

V-CATは50年以上にわたり、適性検査のサービスを提供している実績があり、安心して導入することができます。また、今までに1000万に以上の適性検査を行っており、多くのデータの分析をしているという特徴があります。

採用試験だけではなく、昇格試験や人材の育成にも活用することが可能です。ストレス耐性や持ち味を分析することができ、適材適所の配置分けができるようにもなります。

導入におすすめの適性検査17:3Eテスト

3Eテストは受講時間が短いにも関わらず、多くの分析結果を知ることができます。性格分析や能力分析だけではなく、創造的思考性・コミュニケーション力・エネルギー量・ストレス耐性・キャリアタイプ指向性・職務適性・総合特徴なども同時に分析可能です。

受講時間が短いことで受講者だけではなく、企業側も負担がかかりにくく、採用試験に長い時間を確保することが難しい場合に導入しましょう。

導入におすすめの適性検査18:CUBIC

適性検査の中には、利用できない地域がある場合もあります。そのような地域に住んでいる場合は、なかなか適性検査を受けることができなかったり、導入することが難しくなりがちです。

CUBICは沖縄から北海道まで取引をしてくれるため、適性検査を利用地域外が原因で導入できなかった際に利用することをおすすめします。英語版の問題用紙も用意することが可能で、海外の求人者を雇用する企業にもおすすめです。

導入におすすめの適性検査19:内田クレペリン

内田クレペリンは一般的な適性検査とは異なり、簡単な計算を永遠と行う検査です。言語を必要としない適性検査であるため、海外の求人者にも適性検査を行うことができます。

また、受講者が意図的に結果をコントロールすることがほぼ不可能であるため、より正確な分析結果を導き出すことが可能です。しかし、情報の処理能力などを分析することはできますが、性格など一部測定することができないデメリットがあります。

導入におすすめの適性検査20:GROW360採用

GROW360採用は使いやすさを追求した適性検査であるため、初めて導入を考えている企業や機械の扱いに自信がない場合に導入することをおすすめします。優れた機能の適性検査を導入しても正しく使うことができなければ、ただの宝の持ち腐れです。

そのような状況に陥らないためにも正しく使うことができる自身がない場合は、シンプルな適性検査を導入しましょう。分析結果には、面接時の質問までも用意してくれます。

導入におすすめの適性検査21:ASK ver.4

さまざまな仕事内容に求められる能力がトラブル時の判断能力です。普段の業績が優れていてもトラブル時に正しく判断できないのでは、優秀な人材とは言い切れません。

ASK ver.4では、トラブル時の判断能力も分析することができる適性検査です。トラブルが発生しても速やかに対処することができる人材とわかれば、将来優秀な人材になりえるため、積極的に採用するようにしましょう。

導入におすすめの適性検査22:ダイヤモンドシリーズ

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
ダイヤモンドシリーズは営業職や販売職の企業におすすめの適性検査です。営業や販売職ように開発されている適性検査であるため、適した職種が決められている適性検査でもあります。他の職種の企業が導入してしまうと最大限活かすことができません。

営業職や販売職の企業で適性検査を導入しようと考えている場合は、まずダイヤモンドシリーズを導入することをおすすめします。

導入におすすめの適性検査23:玉手箱Ⅲ

玉手箱Ⅲは9つに分けられた分析結果を知ることができ、受講者にバイタリティやチームワークの高さなどをあらかじめ把握することが可能です。料金プランに年間プランも用意されているため、幅広い期間で採用試験を行う可能性がある企業におすすめです。

また、定期的に従業員に適性検査を導入している企業にも適しています。主に、企業の規模が大きいほど低コストですませれる特徴があります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

適性検査導入のメリット4つ

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査を導入することでどのようなメリットがあるのか把握していない人もいるのではないでしょうか。ただ費用がかかってしまうと考えている人も少なくなく、適性検査を導入するメリットを把握することで考えを改めることもできます。

次に、適性検査を導入することで得られるメリットを4つ紹介します。適性検査を導入するか検討中の場合やメリットを知りたい人は参考にしてください。

適性検査導入のメリット1:候補者の資質の見える化

適性検査を導入する一番のメリットは、候補者の資質を見える化することができることです。試験官は候補者と合う機会は試験の際だけであるため、資質を把握することは非常に困難です。そのため、資質がある人材と思い採用したものの期待はずれな人材の場合もあります。

そのような採用の仕方を行っていると企業にとって不利益になるため、候補者の資質が見えるようになることは採用する際の大きなメリットです。

適性検査導入のメリット2:客観的な評価ができる

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
採用試験や面接試験、内定を決めるのは全て人であるため、どうしても面接官の性格や考えが評価に反映されてしまいがちです。そのような採用方法では、正しい審査を行っているとは言い切れず、優秀な人材を不合格にしてしまうリスクがあります。

適性検査ではシステムが分析するため、客観的分析を行うことが可能です。その結果、平等な検査を行うことができ、優秀な人材を不合格にしてしまうリスクを軽減できます。

適性検査導入のメリット3:候補者の理解が深められる

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性審査を行うことで候補者のことをより理解することができるため、企業に適しているかを判断することが可能です。上記でも紹介したように候補者とは初対面の可能性が高く、多くのことを理解することは難しいです。

しかし、適性検査を行うことで履歴書や面接などでは知ることができない一面を把握することができ、より理解を深めれます。

適性検査導入のメリット4:評価のばらつきがでなくなる

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査はシステムが候補者の能力を分析するため、評価にばらつきが出ることがありません。そのため、適した評価を下すことができ、企業側だけではなく、候補者側も正しく評価してくれるメリットがあります。

評価にばらつきがないことで適性検査を導入している企業には、多くの求人者が応募するケースが多いです。

適性検査を導入しよう

導入におすすめの適性検査23選を紹介|適性検査導入のメリット4つ
適性検査を導入する際に費用や使い方を習う必要がありますが、採用試験において判断材料を増やすことができます。その結果、より適した人材を採用することができ、長く勤務してくれる人材を多く雇い入れることもできます。

離職率が高い企業や採用した人材が想像していた人材と違い、戸惑った経験がある人は適性検査を導入してみてはいかがでしょうか。

Related