Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ

Facebookを活用して優秀な人材を探し出すことができます。初めての人のために、Facebookの機能を利用する方法や費用、利用することのメリット・デメリットをご紹介しましょう。さらに、Facebookで求人を行う際のポイントや注意点もお伝えします。

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ

Facebookの求人機能とは

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
Facebookの求人機能とは、運営するFacebookページに企業が求人情報を載せて応募者の中から理想的な人を選び、採用候補となった人の良さやスキルをチェックするためにメッセージをやり取りする機能です。

24時間いつでも簡単に求人を連載できますし、管理も簡単と話題の機能であるFacebookページでは企業が候補者に対して採用活動の状況を伝えたり、候補者が自ら状況をチェックすることができます。

Facebookで求人機能を利用する方法

Facebookで求人機能を企業が利用するには、企業向けのFacebookページから入り求人タブをクリックします。求人タブから求人連載し、役職から職種ごとに作成していき、投稿すれば採用ページの完成です。

この採用ページはFacebookページに連動していますから、簡単にいつもFacebookにログインしてチェックしたりメッセージを送ることが可能となります。

Facebookの求人にかかる費用

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
Facebookの求人にかかる費用は、使いやすくて便利な求人機能を利用できる求人連載であれば無料で利用可能です。

もう一つ、Facebookに求人広告を出して応募する場合は、費用がかかります。この費用の相場は広告のサイズによって変わりますので、利用する際はサイト運営会社に問い合わせてみるといいでしょう。

Facebookで求人を行うメリット

Facebookで求人を行うメリットは、全世界に向けて求人募集ができることです。アジア圏全体、アメリカから欧米諸国、南米の人など幅広く募集できます。

逆に公開するエリアを絞り、求人内容に見合う国の人を募集することも可能ですし、国外採用は簡単に展開できるFacebookページでできます。

また、求めるスキルや資格も連載する広告を配信できますし、アカウントから応募者の人柄を読めるのがメリットです。

Facebookの求人を行うデメリット

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
Facebookの求人を行うデメリットは、応募者が多いと対応しにくいことが挙げられます。Facebookを利用している人にしか求人を見せられず、利用しない年代にはアプローチしにくいでしょう。

また、Facebookは若い年齢層が友人作り、異性との出会いの場として利用することが多いので、求人自体に関心がないから上手くターゲットを募集できず時間ばかり過ぎてしまうのもデメリットです。

Facebookで求人を行う際のポイント6つ

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
Facebookで求人を行う際は、どのようなポイントを取り入れればより質のいい優秀な人材を募集することができるのか気になる人も多いでしょう。では、Facebookで求人を行う際のポイント6つをご紹介します。

Facebookで求人を行う際のポイント1:求人情報を詳しく記入する

Facebookで求人を行う際のポイントは、求人情報を詳しく記入することです。求人情報を満たすことで応募者により企業の魅力や収入、社風、営業状態などを詳しく伝えることができます。

また、応募者に不安を与えないように、福利厚生や労働時間を分かり易い言葉づかいで記入することが求人を行う際では大切です。

Facebookで求人を行う際のポイント2:返事はすぐにする

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
返事を早くすることがFacebookでの人材獲得のポイントです。求職者は早く企業から返信をもらうことで精神的に落ち着き、次のステップはどうすればいいか冷静に考えられます。

FacebookであればMessengerを使い、求職者からの応募を簡単にトラッキングすれば確認することが可能です。

素早く応募者に採用審査の状況を連絡して、今後行う面接の予約日時を決めたり、やり取りをして適宜通知をしましょう。

Facebookで求人を行う際のポイント3:求人広告を宣伝する

求人広告をFacebookで宣伝することが求人を行う際のポイントです。企業がこのような求人を投稿しましたと宣伝することで、多くの人の目に触れることになります。

多くの人が求人を見ることにより、高いスキルや企業が必要とする資格を持つ優秀な人材にリーチすることが可能です。

求人広告はFacebookのビジネスページからいつでもアクセスし、企業の個性と魅力を宣伝できる求人広告を公開してみましょう。

Facebookで求人を行う際のポイント4:追加の質問を設ける

Facebookで求人を行う時は、追加の質問を設けましょう。初めてやり取りをする応募者の情報を知ることで、初めてやり取りをする人でも採用する条件に合うかチェックすることができます。

そのため、応募者が答えやすいように分かりやすく、簡単に追加の質問を幾つか考えてまとめてアップしてみましょう。

Facebookで求人を行う際のポイント5:情報を整理する

情報を整理して、応募者のステータス管理をFacebookで行うことが求人を行う際のポイントです。Facebookで気軽に利用できる求人管理ツールを使い、応募者のステータス管理を行うことが質のいい応募者を集めるポイントになります。

Facebookであれば求人管理ツールで今後の面接の管理まで行えるので、応募者の状況を賢くトラッキングしてみましょう。

Facebookで求人を行う際のポイント6:重要な詳細情報を掲示する

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
重要な詳細情報をFacebookで掲示することが、人材獲得のための注意ポイントになります。役職名や勤務地を正確に示すことで関連性を持たせれば、多くの求人の中からより企業が希望する役職と勤務地から求職者は求人を早く見つけることが可能になります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

Facebookで求人を行う際の注意点

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
Facebookで求人を行う際は、どのような注意点に気を付ければいいか分からない人も多いのではないでしょうか。では、連載期間や宣伝のターゲットなどの課題を取り上げてそれぞれ紹介します。

掲載期間は30日間

Facebookで求人を行う際の注意点は、掲載期間が30日間であることです。それ以上の期間が過ぎると、連載が自動終了してしまうので注意することが必要です。

また、有効期限前になるとリマインダーが送信されることになりますので、よくチェックしてみましょう。自動的に延長することも可能なFacebookは、再投稿ボタンをクリックすると求人を簡単に再投稿します。

宣伝のターゲット指定はできない

宣伝のターゲット指定はできないのがFacebookで求人を連載する際の注意点です。ターゲットを地域から絞って募集したいとの設定はできます。

しかし、ユーザーの性別や年齢、住む場所などプライバシー侵害になる設定では広告を表示できないようになっているので利用の際には注意しましょう。

Facebookの活用で優秀な人材を獲得しよう

Facebookの求人機能を徹底解説!人材獲得のためのポイント6つ
Facebookの活用で優秀な人材を獲得しましょう。全世界の人に求人アピールができるFacebookは、連載だけであれば多くの人にアピールでき、さらに無料で利用できるのが最大のメリットです。

インパクトを出すために、色々な機能を利用して求人内容を魅力的に伝えてみれば、もっと才能ある人材を集めることができるでしょう。スマホでも簡単に求人をアップし、Facebookページで管理してみるといいでしょう。

Related