Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

誤るとトラブルに!アルバイトの雇用契約書で注意すべき4つのポイント

みなさんは、アルバイトを雇う時、きちんと雇用契約書を作成し提示していますか。なんとなく必要だとはわかっているけど、本当に雇用契約書って必要なのか、労働条件通知書との違いは何かなど、いまさら誰にも聞けない、アルバイトを雇う際に必要なことを簡単にご紹介します。

誤るとトラブルに!アルバイトの雇用契約書で注意すべき4つのポイント

雇用契約書とは

雇用契約書とは会社経営者と従業員の間で労働条件を明らかにするための契約書です。雇用契約書には勤務時間や休日、給与といった労働条件が書かれており、労働者が雇用契約書に捺印をすることで労働契約が成立します。

雇用契約書を作成する人は、契約書の内容や労働条件を明確にしておき、従業員の捺印をもらうようにしましょう。

雇用契約書は絶対必要?

雇用契約書は絶対必要になります。雇用契約書を交わさなければ、どのような労働条件で仕事をしていくか契約することができないので、経営者と従業員の間で雇用契約書を交わす必要があります。

雇用契約書を作成する人は、アルバイトを雇う際には雇用契約書を作成して、労働者の同意を得て捺印をもらい雇用契約を成立させましょう。

雇用契約書と労働契約書の違い

雇用契約書と労働契約書はほとんど同じです。雇用契約書は民法の623条の規定に基づき、経営者の下で仕事をすることを約束し、雇用主は労働に対しての対価を従業員に払うことになっています。

また、労働契約書は労働契約法の第6条に従い、従業員が経営者の下で働き、対価の支払いを約束するための契約書となります。

会社を経営する人は、雇用契約書と労働契約書どちらで契約した場合でも内容を明確にし、捺印をもらいましょう。

アルバイトの雇用契約書に明記するべきこと

アルバイトの人を雇う際に雇用契約書に明記するべきことがあります。

勤務時間や勤務地などの他に契約更新の基準や、契約自体を結ぶ期間を明記する必要があり、また、勤務の際に着用するユニフォームにもどのようなものを着用するか条件を明記するようにします。

アルバイトの採用を担当する人は、仕事をしていくための基本的な条件を明記するようにし、従業員から雇用契約書について質問があった場合は明確に答えるようにします。

アルバイトの雇用契約書の必須項目

アルバイトの雇用契約書を作成する場合、必ず入れておかなくてはならない項目があります。労働者の労働環境に必要な情報であったり、契約更新や雇用形態についても示しておく必要があります。

アルバイトの雇用担当をする人は、勤務時間、休日、賃金の支払い方法、業務内容を明記しておき、雇用契約を結ぶようにしましょう。

アルバイトの雇用契約書に必須項目

  • 業務内容
  • 勤務時間
  • 休日、休暇
  • 給料の支払い方法
  • 雇用形態
  • 契約期間
  • 契約更新するための基準

必須ではないが明記するべき項目

アルバイトの雇用契約書を作成する場合、必須ではないが明記するべき項目があります。

会社が従業員として働かせる場合、常識がある社会人として扱うつもりでいるので髪型や服装、言葉遣いについては雇用契約書に明記しないので労働者自身が気をつける必要があります。

アルバイトの雇用担当をしている人は、面接の段階で業務中にふさわしい身だしなみや服装を伝えておき、仕事をする際の注意点を雇用契約書などに明記しておきます。

印鑑の押印は必要?

アルバイトの雇用契約書を作る場合、従業員として働く人の捺印が必要です。経営者と労働者の間で雇用契約を結ぶ場合、アルバイト従業員が雇用契約書に同意して捺印することで、雇用契約を交わしたことになります。

会社を経営する人は、アルバイト従業員に雇用契約書の内容を確認してもらい、同意を得れたら、シャチハタや三文判ではなく認印や銀行印で捺印をもらうようにしましょう。

アルバイトの雇用契約書作成で注意すべき4つのポイント

アルバイトの雇用契約書を作成するときに注意すべきポイントが4点あります。アルバイトという非正規労働の扱いになっても雇用契約を結ぶことに変わりはないので、試用期間の労働条件や給与の面などを明確にすることが大切です。

アルバイト従業員の採用を考えている人は、労働者に労働条件や業務内容を確認してもらい、同意を得て捺印をもらうことや雇用契約書の控えを渡すことを忘れないようにしましょう。

アルバイトの雇用契約書作成で注意すべきポイント1:試用期間であっても雇用契約書を作成する

試用期間であっても雇用契約書を作成し、渡しておくこともアルバイトの雇用契約書作成時に注意すべきことです。

試用期間であっても仕事に従事することには変わらないので、雇用契約書を作成して試用期間内の勤務時間や賃金の支払い方法を明確にしておきましょう。

アルバイトの雇用を担当する人は、雇用契約書に試用期間中であっても勤務時間や給与を明記しておき、労働契約を交わしてアルバイト従業員を働かせるようにしましょう。

アルバイトの雇用契約書作成で注意すべきポイント2:雇用契約書の控えを必ず労働者へ渡す

雇用契約者の控えを必ず労働者へ渡すこともアルバイトの雇用契約書作成時に注意すべきポイントになります。アルバイトをする人に労働条件を把握してもらうためにも、雇用契約書の控えを渡し、目を通す機会を増やす必要があります。

アルバイトの雇用を担当する人は、アルバイト従業員に雇用契約書の控えを必ず渡し、仕事をする際に注意すべきことを伝えておきましょう。

アルバイトの雇用契約書作成で注意すべきポイント3:雇用契約書に明記する条件を必ず確認する

雇用契約書に明記する条件を確認することも、アルバイトの雇用契約書作成時に注意すべきことになります。労働者へ控えを渡す契約書なので、雇用契約書に書かれている雇用条件が適切かどうかを確認して渡すようにします。

雇用契約書を作成する人は、経営者が定める労働条件を再度確認しながら、雇用契約書を作成するようにしましょう。

アルバイトの雇用契約書作成で注意すべきポイント4:労働者の同意を得て捺印をもらう

労働者の同意を得て捺印をもらうこともアルバイトの雇用契約書作成です。雇用契約書は労働者となる人が労働条件に納得し、捺印をしなければ雇用契約書に同意したことにならないため、必ず押印をもらう必要があります。

雇用契約書を作成する人は、クラウドサインのような契約書でない場合、労働条件に同意したことの証として捺印をもらいましょう。

アルバイトの雇用契約書の作成例

アルバイトの雇用契約書を作成する場合、注意すべきポイントを抑えながら項目を盛り込む必要があります。

先述の見出しでご紹介した雇用契約書の必須項目を盛り込みながら、日付や正式な会社名、採用担当者の名前を入れてアルバイトの雇用契約書を作りましょう。

アルバイトの雇用契約書を作成する人は、経営者と労働条件を見直して書面を作成し、明記する項目を確認することでトラブルを避けるようにしましょう。

あなたの会社の仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

誤るとトラブルに!アルバイトの雇用契約書で注意すべき4つのポイント
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

アルバイトの雇用でよくある違反とは?

アルバイトの雇用でよくある違反があります。アルバイトという雇用形態であるにも関わらず、重い責任を負わせたり、労働契約者に書いてあることを守らない場合は違反となります。

経営者でアルバイト従業員を働かせる人は、労働契約書に書いてあることを守るとともに残業代の支払い方法なども明確にしておきましょう。

アルバイトの雇用でよくある違反1:残業代が出ない

残業代が出ないこともアルバイトの雇用でよくある違反です。経営者はアルバイト従業員が働いた分賃金を支払う義務があり、残業で働いた分の給与を払わない場合違反になります。

アルバイトをする人は、労働契約を結ぶ際、残業代の支払い方法を明確にしておきましょう。また、残業代を請求しても支払われない場合は労働基準監督署などに通告して対処するようにします。

アルバイトの雇用でよくある違反2:罰金制度がある

罰金制度があることもアルバイト雇用でよくある違反です。アルバイト従業員という雇用形態で仕事をしているのに厳しいノルマを科せたり、遅刻をすることで罰金を取ることは違反となります。

アルバイト従業員として働く人は、厳しい罰金制度を設けていても、その制度に従わない勇気を持ちましょう。また、経営者となる人は厳しい罰金制度を設けることが必ずしも、会社の利益にならないことを認識しておきます。

アルバイトの雇用でよくある違反3:ペナルティーが重い

ペナルティーが重いこともアルバイト雇用である違反です。

アルバイト従業員という雇用形態で仕事をしてるのに業務上の責任を負わせたり、重い罰金やノルマ、労働条件が悪くなるようなペナルティーを科せることは違反です。

会社を経営している人は、重いペナルティーを科せることで生産性やモチベーションが下がることを認識しておきましょう。また、アルバイトとして働く人は、労働条件を確認して雇用契約を結ぶようにします。

アルバイトの雇用契約書の注意点を把握してトラブルをなくそう

雇用契約書を作成する人はトラブルをなくすためにも、アルバイトの雇用契約書の注意点を把握しておきましょう。

トラブルが起きれば会社の利益が減り、従業員を集めることが難しくなります。また、トラブルが社会問題に発展することで会社自体が再起できなくなります。

アルバイトの雇用契約書を作成する人は、アルバイト従業員の立場に立って労働条件を定めて雇用契約書を作成し、働きやすい職場を作りをしましょう。

Related