Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月25日

転職に有利な資格おすすめ18選|いま企業から求められている資格はこれ!

転職を有利に進めていくには資格の所持が必要になります。資格や免許はさまざまな種類があり、自分に向いている資格を選んでいくことが大切です。転職をすることになったらこれまでの職務経験を活かして資格を取得し、転職活動を有利に進めるようにしましょう。

転職に有利な資格おすすめ18選|いま企業から求められている資格はこれ!

資格があれば転職は有利になる?

転職に有利な資格おすすめ18選|いま企業から求められている資格はこれ!
資格があれば転職を有利に進めることができます。転職をする際に職歴を重視する傾向がありますが、取得が難しい資格を持っていることで転職を有利に進めていける場合があります。そのためには、自分の能力を発揮できる資格を取得していくことが大切です。

転職を有利に進めたい人は、これまでの仕事での経験を活かせる資格を取得し、転職を希望している会社でどのように活躍していきたいか考えていきましょう。

転職に必須の資格

転職に必須になる資格があります。車の運転をする場合ならば、大型自動車第一種普通免許や第二種自動車免許、またデスクワークならばパソコンなどの資格が必要になり、転職を希望している業種によって求められる資格が違ってきます。

資格を活かして転職を有利に進めたい人は、転職したい業種に合わせて資格を選び、これまでの業務経験で得たことを活かしながら転職を有利に進めていきましょう。

転職に有利に働く資格

転職に有利に働く資格があります。取得自体が難しい資格を取得した場合、職場でも重宝されるので仕事を有利に進めていくことができます。また、ニュースやラジオ雑誌などで社会情勢を見極め、時代の流れを読みどのような資格が必要とされているのか知るようにしましょう。

資格を取り転職を有利に進めたい人は、取得が難しい資格や免許を取っておき、AIやコンピュータに仕事を取られないような職業を選ぶようにしましょう。

転職に有利な資格おすすめ18選

転職を有利に進められる資格が18種あります。転職先を探す場合、職歴をそれなりに積んでいても資格自体がなければ携われない仕事もあるので、転職する業種によって必要な資格や免許を取っておきましょう。

資格を使って転職を有利に進めたい人は、就きたい仕事の業種や職種に合わせて必要な資格や免許を取り、面接官に会社でどのように活躍していけるかアピールするようにしましょう。

転職に有利な資格1:ファイナンシャルプランナー

転職に有利な資格の一つにファイナンシャルプランナーの資格があります。ファイナンシャルプランナーの仕事は金融のアドバイスをしていく仕事なので、日本FP協会の資格を取っておく必要があります。

ファイナンシャルプランナーの資格で転職したい人は、個人のファイナンシャルプランナー事務所での仕事が見つからなくても、個人事務所を開設して独立系FPを目指しましょう。

転職に有利な資格2:社会保険労務士

転職に有利な資格の一つに社会保険労務士の資格があります。社会労務士は、会社で働く人たちの失業保険や社会保険手続きの代行を生業としているので、比較的仕事が途切れることがありません。

社会保険労務士の資格を取って転職する人は、転職をスムーズに進めるためにも法律の知識をつけておき、いずれは特定社会保険労務士として活躍できるように多くの経験を積むようにしましょう。

転職に有利な資格3:TOEIC

転職に有利な資格にTOEICがあります。TOEICとは英語を母国語としない人を対象にしたコミュニケーション能力テストなので、大手企業の転職を目指していく場合、TOEICで700点以上のスコアを取っておく必要があります。

TOEICで高得点を取りたい人は、英会話教室に通うことでリスニング力をつけたり、可能ならばアメリカ本土に渡り本場の英語に触れ、英語を聞き分ける力をつけるようにしましょう。

転職に有利な資格4:大型自動車第一種普通免許

転職に有利な資格に大型自動車第一種普通免許があります。トラックや大型車両を運転するためには大型自動車第一種普通免許が必要となるので、大型車両を扱う仕事をしていく場合には必須の免許となります。

大型車両を扱う仕事に転職を考えている人は、大型自動車第一種免許だけでなく、けん引や玉掛けの資格を取って仕事の幅を広げるようにしましょう。また、安全な運転をしていくためにも必要な免許は取得しておきましょう。

転職に有利な資格5:第二種自動車普通免許

転職に有利な資格に第二種自動車普通免許があります。タクシーや介護で車に人を乗せる場合、安全面などの配慮が必要となり、第二種自動車普通免許を取っておく必要があります。また、二種免許取得の際は人命救助の知識を深く学ぶことになっています。

二種免許を取り転職活動する人は、できるだけ早く通常の運転免許を取得しておき、運転スキルを積むようにしましょう。また、タクシー会社の給料システムを熟知しておきましょう。

転職に有利な資格6:税理士

転職に有利な資格に税理士の資格があります。税理士は確定申告や青色申告を申告するための書類を作成したり、依頼者から依頼があれば税務署に不服申し立てをすることもあります。また、それだけではなく依頼者に節税のアドバイスをすることも仕事としています。

税理士事務所に転職を考えている人は、会計士の資格をとっておき、法律の知識を多く学んでおくことで希望する税理士事務所への転職を目指しましょう。

転職に有利な資格7:整備士免許

転職に有利な資格に整備士の免許があります。不景気になっても車やバイクは必要となるので、整備士の免許を取っておけば転職を有利に進めることができます。また、整備士免許は国家資格となっているので、高度な免許を取っていけば仕事を有利に進めていくことができます。

整備士免許を取って転職先を探す人は、2級自動車整備士免許を取り、自動車整備主任者の取得を目指し、転職を有利に進めていきましょう。

転職に有利な資格8:調理師免許

転職に有利な資格に調理師免許があります。調理師は食に関する知識が高いため高級ホテルや料亭などに転職しやすく、また、高度な調理師の資格を取得していけば転職活動を有利に進めていくことができます。

調理師免許を取得して転職活動をしていく人は、家庭でも調理をする機会を多く持つようにし、調理師免許を取得した後も調理の知識を高めておくようにしましょう。

転職に有利な資格9:ウェディングプランナーアシスタントブライダルコーディネーターABC検定

転職に有利な資格にウェディングプランナーアシスタントブライダルコーディネーターの資格があります。

ウェディングプランナーアシスタントブライダルコーディネーターABC検定は日本ブライダル文化振興協会が認可している資格で日本での結婚式の仕事に関わる人には必要な資格となっています。

ウェディング業界で活躍していきたい人は、世界水準で通用する文章や言葉遣いを身につけ、コーディネートの知識を高めておきましょう。

転職に有利な資格10:宅建士資格

転職に有利な資格に宅建士の資格があります。宅建士の資格は国家資格となり、不動産の取り引き業務に欠かせない資格となっています。また、宅建士の資格を持つことでさまざまな知識を身につけられるので金融機関や建築会社への転職を有利に進めることができます。

宅建士資格を取って転職を勧める人は、法律の知識を高めておくようにし、いずれは管理業務主任者の資格を取ることで仕事を有利に進められるようにしましょう。

転職に有利な資格11:電気工事士

転職に有利な資格に電気工事士の資格があります。店舗や会社の電気機材の管理には専門の技師が必要となるので、電気工事士の資格を取得しておけば転職を有利に進めることができます。また、電気工事に詳しくなれば個人が持つ電気製品の管理もしやすくなります。

電気工事士の資格を取り転職を進めたい人は、第二種電気工事士の資格を取っておき、知識を身につけることで第一電気工事士の資格取得を目指しましょう。

転職に有利な資格12:マンション管理士

転職に有利な資格にマンション管理士の資格があります。マンション管理士はマンションの住民に代わって会計処理やコスト削減のアドバイスをしたり、場合によっては住民に代わって申し立てをすることもあります。

マンション管理士の資格を取って転職する人は、マンション管理士の資格だけでなく、管理業務主任者や宅建士の資格を取得し転職や仕事を有利に進めていきましょう。

転職に有利な資格13:色彩検定

転職に有利な資格に色彩検定の資格があります。色彩の知識を持つことでアパレル販売や美容師、ネイリストの仕事に活かすこともでき、また、左官や内装職人などの作業にも色彩の資格を活かしていくことができます

色彩の資格を取って転職活動していく人は、3級の資格を取得しておき、多くの知識をつけることで2級や1級の資格を目指すようにしましょう。

転職に有利な資格14:危険物取扱者乙種4類

転職に有利な資格に危険物取扱者乙種4類があります。危険物取扱者乙種4類の資格は短期間で取得できるだけでなく、即座に仕事に活かしていくことができるので人気のある資格となっています。

そのため、ガソリンスタンドの勤務やタンクローリーのドライバー、整備士をしていくには必要な資格になっています。

危険物取扱者の資格で転職を考えている人は、安全を第一に考えて仕事をしていくことを会社側にアピールしていきましょう。

転職に有利な資格15:司法書士資格

転職に有利な資格に司法書士の資格があります。司法書士は司法に関わるトラブルを法的に解決していくことを仕事にしており、主に登記や法律関連の書類作成・提出を行います。また、訴訟当事者の代理を行うため民法その他の専門知識が必要になり、国家資格の一つである司法書士の資格が必須になります。

司法書士として仕事をしていく人は、司法書士としての経験を多く積むようにし、法務大臣に認定されることで大きな仕事をしていくようにしましょう。

転職に有利な資格16:看護師資格

転職に有利な資格に看護師の資格があります。看護師の仕事は人の健康や安全に関わっていく仕事なので、時代が変わっても必要になる仕事です。また、昨今は災害や震災が増えているため看護師の方たちの活躍が期待されています。

看護師として転職活動をしていく人は、看護学校を卒業し免許を取り、自身の生活や家族構成を受け入れてくれる勤務先を探すようにしましょう。

転職に有利な資格17:介護職員初任者研修

転職に有利な資格に介護職員初任者研修の資格があります。介護職員初任者研修は介護の仕事をしていくために最初に必要となる資格で、この資格を持っておけば資格手当を支給してもらうことができます。

介護の職場に転職を考えている人は、介護職員初任者研修の資格を取っておき、多くの経験を積むことで介護福祉士や認定介護福祉士を目指しましょう。

転職に有利な資格18:土木工事施工管理技士

転職に有利な資格に土木工事施工管理技師の資格があります。土木工事施工管理技士は河や橋、道路やトンネルといったインフラの土木工事の管理をする仕事です。

また、土木工事施工管理技師して仕事をする場合、主任技術者や監理技術者の資格を取ることで仕事の幅を広げていくこともできます。

土木工事施工監理技師として転職先を探す人は、大型第一種免許やクレーンの資格を取っておくことで、希望する会社の採用を目指しましょう。

資格を取って転職を成功させるための3つのポイント

資格を取って転職を成功させるためのポイントが3つあります。転職をする場合、時間が限られることが多くなるため、時間を有効に使い、効率的に動いていく必要があります。また、自分の能力を見極め取得すべき資格を選んでいくことも大切です。

資格を取って転職を成功させたい人は、これまでの仕事の職務経験を振り返ったり、自分の長所を見つめ直すことで取るべき資格を選んでいきましょう。

転職を成功させるためのポイント1:勉強は効率的に

効率的に勉強をしていくことも転職を成功させるためのポイントです。転職をすることになった場合、時間や資金が限られていることがあるので、効率的に勉強をしていく必要があります。

転職のために資格を取得する人は、怠惰な生活にならないためにも一日の生活を自身で管理し、資格取得のための時間を確保するようにしましょう。また親しい人の意見を求め、常に自分を客観視しながら勉強のモチベーションを保つようにしましょう。

転職を成功させるためのポイント2:資格取得は長引かせない

転職を成功させるためのポイントに資格取得は長引かせないことが挙げられます。資格取得が長引くとモチベーションが下がるだけでなく資格自体の取得が難しくなり、その後の転職活動を有利に進めていくことができません。

資格を取って転職を考えている人は、自身で資格を取る期限を決めながら資格取得に励み、適度に気分転換をして効率を上げるようにしましょう。

転職を成功させるためのポイント3:本当に必要な資格かを見極める

転職を成功させるためのポイントに本当に必要な資格かどうかを見極めることが求められます。取得が簡単な資格を取っても転職活動に活かせなければ時間の無駄になってしまうので、希望する職場で重宝される資格を選び取得していくことが大切です。

転職を成功させたい人は、取得を考えている資格がどのように活用できるかを調べておき、取得すべきかどうか考えるようにしましょう。

自分に合った資格を手にして転職を成功させよう!

自分に合った資格を手にして転職を成功させましょう。これまでの職務経験を振り返ったり、既に手にしている資格を発展させることで新たな資格を取得することもできるので、自分にどのような免許や資格が向いているのか考えてみましょう。

資格を手にして転職をしていく人は、今までの仕事を振り返ることで、自身に合った職業を見つけ、新しい仕事をしていくための資格や免許を取得していくようにしましょう。

Related