Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月16日

転職による引っ越しのタイミング|費用は自己負担?

引っ越しをするきっかけの1つにもなる転職。転職により勤務地が変わることで、引っ越しを余儀なくされる方もおられるでしょう。でも、転職先が決まったらどのタイミングで引っ越しをするのがベストなのでしょうか?転職にまつわる引っ越しについての話を紹介していきます。

転職による引っ越しのタイミング|費用は自己負担?

転職による引っ越しはどのタイミングで動き出せばいいの?

転職先が決まるとこれまで以上にやらなければいけない手続きが増えてきます。
その1つが引っ越しです。勤務先が今住んでいる住居から通うことが不可能な場合、転職先に通勤しやすい土地へ引っ越しをする必要があるでしょう。
いざ、引っ越しを行うにあたっていつ不動産屋を訪れたり、内見をすればよいのでしょうか。まずは、転職による引っ越しのステップについて紹介していきましょう。

初出勤日を確認しましょう

転職先が決まると、まずは「いつから出勤ができるのか?」と確認があります。
引っ越しをする必要がなく、またすでに前職との契約が満了していれば内定をいただいてから、約1か月以内に初出勤日を設定するのが無難でしょう。
しかし、転職をきっかけに引っ越しをする際は、引っ越しの作業を見越して2週間は余裕を見て時間を確保しておくことがおすすめです。
このような相談は主に、最終面接で結果を報告してくれる企業はその時に。最終面接が終了して改めて電話で結果連絡を受ける際は、再び会社を訪問した際にされる質問となります。そのほとんどは、内定承諾書を受け取り、入社前の提出に必要な書類を受け取る際にされることでしょう。
内定が決まった後ですので、これまでと異なり具体的な内定後のスケジュールや今後の研修プランなども話してくれるなどざっくばらん話が主になります。
ぜひ、この機会に聞きたいことはしっかりと質問しておき、初出勤日に不明な点を抱えたまま迎えないようにしておきましょう。特に引っ越しが関わる転職の場合は、初出勤日は会社の都合と自己都合を相談の上で決めなければいけません。
ついつい印象を大事にして会社の要望のまま受け入れていると準備不足で大変な思いをするのは、承諾した自分自身にもなりかねませんので注意が必要です。

引っ越しは時間がかかる

転職による引っ越しは、通常の引っ越しよりも多くの時間がかかることを覚悟しましょう。それは、引っ越しの際に記載する書類に時間がかかったり、区役所などへの転入届を行うなど、すべてなれない土地でなおかつ限られた時間内でおこなわなければいけないからです。
新居の土地勘がないため、どこにいけば必要な道具が売っているのかがわからないため、一つ一つ自分で調べながら店探しをしなければいけないのです。今の時代はスマホがありますがかといって調べるのは苦労しますし、集中力にも限界がありますので毎日がクタクタになります。
引っ越しに必要な書類には、新しい勤務先の住所や電話番号を記載しますので、入社が決まった時点では、名刺はおろか住所も電話番号も覚えていないため、いちいち調べて書かなければいけないという点でも時間が余計にかかってしまいますので、イメージしているよりも圧倒いう間に時間が経つことを計算して初出勤日を決めておきましょう。

転職が決まったらすぐ引っ越し準備

引っ越しはとにかく時間があるうちに動き出すことがベスト。
特に内定が出た翌日には部屋探しをはじめることがおすすめです。
季節にもよりますが、春先には人が多く動く時期なので、希望する地区が定まっている場合でも、気に入ったお部屋が見つからなければ時間がどんどんかかっていきます。
とにかく、勤務地が決まればすぐに引っ越し先探しを始めておきましょう。

転職による引っ越しは費用負担してくれるの?

引っ越しを要する転居が発生する場合、求職者にとっては大きな金額負担となります。
できることなら企業から補助があればうれしい限りですが実際のところはどうなのでしょうか。
転勤とはことなり、転職が理由の引っ越しにおける費用の負担についてご紹介していきたいと思います。

転職による引っ越し費用負担は?

転職による引っ越しは、残念ながらほとんどの会社で費用の負担はないでしょう。
企業の規模によっては、一部負担をしてくれるところもあるようですが、大企業でもわずかな数でしか転職者における引っ越し費用の負担というのはないというのが現実のようです。
中小企業以下の会社であれば引っ越し費用の負担はほぼないとみて間違いありません。
あらかじめ引っ越しの必要のない企業を選択する余地が求職者に与えられていることから、このような対応となっているかもしれませんね。

転職面接中に勤務地が変更したときは?

選考が進んでいくと、会社も具体的に転職希望者の採用方針を固めていきます。これまでの経歴や面接での雰囲気や特性などを考慮して、どの部署に配属すれば一番力を発揮してもらえるのか。と考え始めます。
時には、募集要項にはなかった職種や勤務地へ採用を前提に考えていると打ち明けられることもあります。そんな時は、会社の都合で当初予定していた勤務地と異なる場所へ勤務することになるため、この場合に限り引っ越し費用を一部会社が負担してくれる場合があります。
選考途中に職種や勤務地が変更されることは稀ですが、このような条件下に限った理由の上では引っ越し費用の負担が軽減されることでしょう。

引っ越しを勧められたら?

職種によっては、勤務体系が昼夜逆転になるところがあります。
当初は、実際の労働時間や残業時間の長さなど想像がつきずらいことにより、入社してから「もっと会社の近くに引っ越しておくべきだった」と感じる時も出てくることでしょう。
転職面接をしていると、必ず「今日はどこから来たの?」とか「今どこに住んでいるの?」といった質問があります。もし内定を出した場合、通える範囲なのかを確かめているとみてよいでしょう。
もし、人事の方が「うちは残業があるときは終電に乗れない日もあるからできるだけ会社から近いところのほうがいいよ」と言われたら引っ越すことも考慮にいれておきましょう。
こういった当初から、引っ越しを考えていない場合にふと転職をきっかけに引っ越しをしなければいけなくなったときは、その意思を伝えたうえで一度会社都合による引っ越しの必要性を伝え、費用の負担を相談してみるのがよいでしょう。

お金は貯めておきましょう

いよいよ引っ越しをしなければいけないという状況になった場合、引っ越し費用の負担は重くのしかかることでしょう。
せっかく良い物件が見つかっても頭金や敷金、礼金など実際に発生する家賃以上の金額が入居前には必要となります。
前職を辞めてから自分で国民年金や健康保険などを支払っているだけでも月数万円は飛んでいきますので、さらに引っ越し費用で大事な貯金を切り崩して生活費をしなければいけません。
転職はお金がかかりますので、貯めれるうちにお金は貯金しておくことをお勧めします。

転居の有無は履歴書へ記載するの?

転職の際の履歴書には、新居への引っ越し予定は記載したほうがいいのでしょうか。まだ、新居に移り住むことが予定の場合と内定後には移り住むことが確定している場合の履歴書への書き方をご紹介します。

転居を入社意欲につながるかも?

転職先へ履歴書を書く際にどうしても備考欄などに記載する内容が見つからないときは、転居の予定を書いておくとよいかもしれません。
採用担当者は、履歴書を隅々までチェックしています。そこに記載されている情報は貴重な採用動機となる情報源になりますので、見落としがないようにくまなくチェックされています。
そこでせっかくの記載項目があるのに空欄で提出したり、特になしと記載してしまうのはもったいないことです。
書くことがない時、本当に引っ越しをするのであれば「入社後に転居予定」と記載しておきましょう。自分にとっては気にならない情報かもしれませんが、採用する側は貴重な採用動機の1つなるのです。

会社の近くに引っ越しが良い

引っ越しをするなら会社の側であれば好感を持ってもらえる可能性が高いでしょう。
会社は原則として交通費を負担することとなります。必然的に職場からの距離が遠くなると利用する交通機関の料金は高くつくことになります。
もし、内定を出そうと迷っているときには、引っ越しにより通勤時間や通勤にかかる費用が少なることは非常に好ましい情報となりますので、採用により積極的にプラスに働く効果が期待できます。
もちろん嘘はいけませんが、引っ越し予定であれば記載してもよい内容だといえるでしょう。

引っ越し先が決まっていない場合はどうすればいい?

引っ越しの予定があっても、あくまで内定が本決まりになってからでないと動けないのが正直なところ。また、いい物件だと目星をつけていてもほかの人に取られてしまうことはよくあることです。
そのため、引っ越し先が決まっていないけど引っ越しの予定や意思があるときはかける範囲までで結構ですので記入することがおすすめです。
記載した内容に嘘偽りがあれば、問題となりますので話を盛るようなことをして入社前から自分の首を絞めてしまうことがないように気を付けましょう。

転職による引っ越しの審査は大丈夫?

転職により新しい住居に引っ越すことに決めた際、気になることは審査が無事に通るのかどうかという点です。
勤続年数が長いことや年齢など総合的な要素を考慮して審査が行われるわけですがやはり転職となると審査が厳しくなるのではないかと心配になる人も多いようです。
ここでは、転職による引っ越しをする際に審査が無事に通るのかどうかについて紹介してきたいと思います。

内定が出ていれば問題なし

不動産会社にもよりますが、大方内定が出ている状況であれば審査についてトラブルとなることはほとんどないようです。
大事なのは、内定が出ておりなおかつ実際にその会社で働くことが決まっているのかを重要視しているため、その証明ができれば審査に対して通過できないということはないようです。
内定をしている企業の名前、住所、電話番号を申し込み用紙に記載する必要があるので契約をする際には必ず記入を求められるでしょう。
そして、多くの不動産会社は正しく在籍しているのかどうかについて問い合わせなどをして確認作業を行なっているのです。そのため、内定が出ていれば安心して契約を済ませておくと良いでしょう。

もし審査が通らなければ?

審査で最も重要なことは、「支払い能力の有無」と「定職に就いている人材であるかどうか」についてです。
特に、いま支払い能力がなくても定職についていることで今後安定した給与を手にする見込みがある場合は審査にも通ることができます。なので、本当に内定がもらっているのかどうかについては厳しくチェックするようになっています。
多くの場合、転職による引っ越しではまだ勤務が始まっていない状況では、在籍状況を確認しづらいため、事前に「内定通知書」や「採用通知書」などを提出するように求められることがあります。
このようなもの多くの企業で内定が正式に決まればA4サイズの用紙で受け取ることになるでしょう。通常であればそれほど必要のない用紙になる場合が多いでしょうが歴とした証明書になりますので、引っ越しの際などは必ず破棄してしまわないように注意して取り扱うようにしましょう。

転職活動の後は、余裕を持った引っ越し先探しをしましょう

転職活動は、求人情報を見て履歴書を作り、面接を受けに行くというサイクルの繰り返しです。最近では、転職活動をすること自体が世の中に受け入れらてきているため、キャリアアップを目的として優秀な人材も多く転職を求めて活動をしています。
そのため、転職活動市場自体が優秀な人材の宝庫となり新卒採用時よりも能力や経験が求められてきており、なおかつ採用される人数も少数と激戦になっています。
なんとかしてきびしい転職活動を乗り越えた後は、ゴールは内定ではありません。内定をもらった企業でしっかりとスキルを磨き、企業の業績に貢献していける人材になり、有意義な人生を過ごすことがゴールなのです。

内定後の方がやることが多い

無事に内定をもらってもひと息つく間もありません。引っ越しをする場合はなおさら新居探しや保証人へ手続きの譲歩や引っ越し業者の選定や生活に必要な家具や家電製品の購入などいろんなお店に足を運び生活の礎を築いていかなければいけません。
また、市役所や区役所などで転入届や住民票など必要な手続きもありますし、免許書の住所更新などもありますので、あっという間に初出勤を迎えるようになるでしょう。
だからこそ、引っ越しだけ済ませればいいと軽く考えているとあっという間に時間に追われ全てが後手後手に回ってしまう恐れがあるのです。
しっかりと計画を立てて、内定後に何をしなければいけないのかを十分整理しながら初出勤日の朝を余裕を持って迎えられるようにしておきましょう。

転職での引っ越し

いかがでしたか?
転職をきっかけに引っ越しをする人は実は多くいるのですが、通常の転勤や転校などの引っ越しと異なり、務める企業が決まったところなど何もかもが決まりたてほやほやの状態で行う引っ越しほどどこから手をつけて良いのかわからなくなるものです。
ぜひ、本編を参考にして引っ越しでどのようにしたら良いのかわからなくならないように頭にいれていただければと思います。

Related