Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月16日

未経験の転職でも高収入は得られる?正社員の転職で高収入を得る方法

未経験の転職でも高収入は得られるのかどうか、正社員の転職で高収入を得る方法あるのかどうか、転職で高収入を得やすい資格とは?転職で高収入を得やすい職種はなにがあるのか転職を考えているあなたに高収入の転職先を紹介していきたいと思います。

未経験の転職でも高収入は得られる?正社員の転職で高収入を得る方法

未経験の転職でも高収入は得られる?

未経験の方でも転職した時に高収入になる転職先はどういったものがあるのか見ていきましょう。
コールセンターや営業職は未経験でも高収入の場合があります。

未経験の転職でも高収入を得たいならコールセンター!?

コールセンターで言えば元々の時給が高く高収入になりやすく、転職先としても人気です。スタートから時給1,300円の所や未経験からでも時給1,500円の転職先も沢山あります。アポイントを獲得するようなコールセンターは未経験でも高収入になりやすく、獲得をどのくらいできるかによっても歩合が発生したりするので収入が変動する事もあります。時給1,500円で1日8時間勤務で月21日間働いたとしたら月給が250,000円を超えます。

なので高収入を目的とした転職先としてはコールセンターを選ぶ方が多いです。契約自体も派遣社員やアルバイトといった形態があり、シフトや出勤時間も自由に選ぶことができます。結果を出せば歩合によっては、月収300,000円も軽く超えることができます。なので自分がどのくらいスキルがあるのかによっても収入を決めることができます。

未経験の転職でも高収入を得たいなら営業職!?

営業職で多いものは不動産の営業が多いです。不動産の営業に関しては、単価が数千万円と高いので、歩合も高くなってきます。一件決めるだけで100,000円や200,000円といった歩合が入ってくる企業もあります。基本給は一般的なサラリーマンと同じで20万円前後になりますが歩合があるので上限に限りはなくなってきます。

なので人によっては住宅の販売等で年収1000万円を超える方もいます。自信のある方は未経験でも転職先としては高収入を得ることができる業種なのでお勧めです。

正社員の転職で高収入を得る方法

転職で高収入を得られる仕事について

今の会社を辞めたいと転職を考える時にまず考えるのは給料面でしょう。実際に安月給だから転職をしたい、給料の割に仕事量が多いなどと言う意見も沢山ある位です。なので高収入を取りたいと転職を考える人も多いはずです。では実際にどういった職業が高収入になれるのか見ていきましょう。

是非転職の際に参考にして見てください。

転職先として安全管理者は高収入なのか?

安全管理者 推定年収500万円、月給約43万円
建築物や建設の作業場所などの作業をしていくのに、危険がないかをチェックして、危険がある場合は危険に対しての事故の防止や応急措置などを行う仕事です。

例えば、安全装置の点検や保護具の点検などを定期的に行ったり、作業員に対して作業の安全性や危険性についての教育や訓練などをします。もし、火災などがあった場合はその原因の調査や対策を考えたり、消防や避難の訓練もします。現場を仕切っている、作業主任者や主任などの安全に対しての補助者の監督をし、安全に対しての資料作成や情報収集、重要な事を記録したりします。

安全管理者は、総括安全衛生管理者が行っている業務の中の1つの、安全に関わる技術的事項を管理し、作業現場などを巡回し管理し危険がないかをチェックして、危険がある場合はすぐに、危険防止の為の対処を行います。とても責任のある仕事で、場合によっては人の命も関わってきます。

なので職務違反などをしたものは50万円以下の罰金がかせられます。安全管理者は、労働安全衛生規則の改正によって、新たに安全管理者を選んだ時には、安全管理者選任時研修の受講を受ける必要があります。安全管理者になる為には、厚生労働大臣の定める研修を修了した者でなければならず、大学や専門学校の理系の課程をクリアした者で、2年間実務で産業安全の実務を積んだ者か、産業安全の4年以上実務経験をしたものなどと言う条件があります。

現場の安全管理などを行う人が安全管理者になり、研修をしっかり受ければ仕事は出来ます。

転職先としてトレーニングスペシャリストは高収入なのか?

トレーニングスペシャリストは人材育成などをしていきますが、業務内容は企業によって変わります。例えば、コールセンターだとしたら、スタッフの電話対応やリーダーなどに教育や指導をしていきます。研修などを行う時にその研修内容の計画や、実施、個別などでも指導し、対応に対する品質や、顧客の満足度を向上をはかります。

具体的な仕事内容で言えば、新人に対する研修や新人研修の計画立てをし、実施をし、管理などもします。どんな研修方法が効果的なのかを考えた、改善提案などをしていきます。つまり、企業の人材に対しての育成のプロという事です。

転職先としてウェブアプリ開発は高収入なのか?

ウェブアプリ開発 推定年収730万円、月給約60万円
ウェブアプリ開発とは、ウェブのアプリケーションを開発する仕事になります。インターネット自体や、企業の中でのソフトウェアをアプリケーションと言います。ウェブブラウザをインターフェースとして動くソフトウェアのいい、一般ユーザーが操作をするブラウザのインターフェースとデータベース間の繋がりとして行う所をアプリケーションと言います。

その開発をするのがウェブアプリ開発になります。一般的にwebアプリケーションが指すものはオンラインショップや一般ユーザー向けのサイトなどをいいます。webアプリケーションの開発はサイト自体の目的をしっかり理解して、ユーザーの為に、使いやすい様に作っていくお仕事です。なので、クライアントとSEと協力しながら仕事をしていきます。

webアプリケーションを開発していくのに主になってくる言語などを知っておく必要があります。ウェブサーバー上で使う言語は、javascript、CSS3、HTML5がメジャーになってきます。アプリケーションサーバー上で使われる言語は主にJAVAやPerl、PHP等があります。
最近はシステムを簡単にしていくのが流行っています。なのでアプリケーションの実装をwebサーバー上で開発する事がメインになってきています。

アプリ開発のツールを使ったwebアプリケーションがおおくなっています。このアプリケーションの開発は最近出来た分野で、未経験の人でも参入しやすい業種の為オススメではあります。開発する為にツールなどもある為、よりやりやすい仕事となってきてます。

転職先としてソフトウェアエンジニアは高収入なのか?

ソフトウェアエンジニア推定年収830万円、月給約70万円
ソフトウェアエンジニアとは家電や携帯電話、テレビ、自動車や、医療関係の機器などの電気で動く機械を制御する為のシステムの開発を行う事が仕事になります。ソフトウェアとは、ハードウェアのメモリが入っているソフトで、容量が決められている状態で、今までよりもいいものを開発することが仕事になります。

この仕事はクライアントから受注内容を聞いて依頼を確認し、その後、ソフトの設計をし、プログラミングの作業を始めます。プログラミングにミスがないかを確認した時に、動作のテストをして、バグなどの修正を行い、システムの運用を始めます。ミスがない様に、しっかりと動くものを作る為にも念入りなテストが必要になり、完璧なものを作りあげる必要があります。

システム開発のソフトウェアエンジニアにはどんなスキルが必要かまず、第一にクライアントの依頼を聞く為のコミュニケーション能力が必要になります。スキルの面では、開発言語が必要になりC++は基本となります。その他にも、javaを覚えておくと出来る幅がひろがります。OSはLinuxで実装される事が多い為に、unixの知識が必要になってきます。ソフトウェア開発のエンジニアはソフトウェアのプログラミングだけでなく、クライアントとの企画の打ち合わせなど全体的にしていくのが仕事です。

転職先として電気主任技術者は高収入なのか?

電気主任技術者推定年収850万円、月給約72万円
転職などで有利にする為にも資格を獲得する方も多いと思います。その中でも特に電気系統の資格をは求めている企業も多いので、電気系統の資格を取る方も多いです。では、電気系統の中でも受験する為の資格が必要以ものは電気主任技術者はお勧めです。

次に、電気主任技術者とはどの様な仕事なのか見ていきましょう。電気主任技術者は、事業で使う電気工作物の工事や維持そして運用に関わる監督をする仕事になります。要は一般家庭では使われない様な事業用電気を言います。パチンコ屋や、コンビニ、スーパーの様な店舗や発電所などの施設まで様々な所がありますが事業用電気は一般の家庭よりも高い電圧になります。

もし、万が一にも事故などが起きた時に沢山の犠牲者が出てしまう可能性もあります。なので、しっかりと電気系統が問題なく正常に動作しているのか常に確認しているのかを確認しておく必要があります。電気主任技術者の他にも、電気工事士という仕事があります。この仕事は点検や保守などは出来ませんが、工事を行う事が出来ます。この二つは全く違う仕事なので間違えない様に気をつけてください。

電気主任技術者は事業用の電気系統の工事などをする上での現場責任者で、国家資格になりますが、受験資格はないので、誰でも受験する事が可能になります。国家資格になるので勿論簡単ではないですが、専門知識をしっかりと詰め込んでいれば合格する事も可能です。試験を受けて合格する他にも、所定の時間で講習を受ける事でも資格を取る事も可能です。

ただし、講習の方は受験資格が必要になってきます。受験資格がないとはいえ、合格率は10パーセントをきりますので、簡単ではありません。もっとも簡単な第3種であってもいきなりトライして合格できるものではありませんので、しっかりと勉強していきましょう。

転職先としてシステムエンジニアは高収入なのか?

システムエンジニア推定年収865万円、月給約73万円
システムエンジニアはSEと言われています。システムエンジニアはシステムを作る人と思われている人も多いですが実際は少し違います。どの様な仕事なのか見ていきましょう。

まずは、クライアントとのシステム開発の打ち合わせをします。業務内容を聞いたり、今の改善したい点、どういったシステムを求めているのかを確認して、問題解決の提案をしていきます。人によっては新規顧客の開拓の為に営業をする人もいます。システムエンジニアはパソコンに向かっているというイメージを持っている人も多いと思いますが、実際は打ち合わせをしたり、電話やメールなどでのやりとりなどの方が多かったりもします。その後、実装をします。

設計したものを元にシステムを作っていきますが、ここの工程はプログラマーがしていきます。システムエンジニアはプログラマーに対しての指示や進行状況の確認をし、プログラマーからの連絡などを対応していきます。

そして、システムが完成したらテストをし、しっかりと動作するかの確認テストなどをしていきます。納品をし、リリースしていく訳ですが、その後のアフターケアもしていきます。プログラミングだけしゃなくクライアントのニーズを考え設計を考えていく仕事になります。

転職先として航空宇宙工学技術者は高収入なのか?

航空宇宙工学技術者の業務内容は技術開発のお仕事になります。飛行機やロケットなどの設計をします。人の命に関わる分野で、とても責任も重く、専門的な知識が必要になります。なので、高収入になってきます。

転職先として化学工学技術者は高収入なのか?

化学工学技術者推定年収920万円、月給約76万円
化学プラントの運転や設計をする仕事になります。基本的に化学製品の製法を考えたり、開発をしたりします。

転職先としてwebデザイナーは高収入なのか?

webデザイナー推定年収917万円、月給約75万円
ホームページなどのデザインを行う事仕事になります。CSSやHTMLなどを使えるようにしておいた方がいいでしょう。webのコーティングや、デザインをしていく上で必要になってきます。最近では、在宅での仕事も増えてきていて需要が高い仕事です。Webデザイナーになるためには、資格などは必要はないです。スキルや知識を持っていれば誰でも出来ます。IllustratorやPhotoshopも使えるようにしておけば、幅が広がり高収入にも繋がってきます。

転職先として建築家は高収入なのか?

建築家推定年収950万円、月給約78万円
建築家は資格が必要な仕事になってきます。住宅設計から、ビル、商業施設などの建物の構造面やデザインまで多岐にわたって仕事があります。見習いの時期は給料は安いかもしれませんが、自分の事務所を持って仕事を受注すると単価が高いので高収入にもなります。社団法人日本建築家協会によって建築家としての定義があります。

例えば建築家認定協議会に登録建築家として認定された建築士であったり、一級建築士の資格を取得し、3年以上設計業務を行った者や、一級建築士の受験資格を得た後に5年以上設計の業務を行った者などといった条件があります。

転職で高収入を得やすい資格

どういった資格を持っていると高収入の得られる転職先に就職する事ができるのでしょうか。

高収入を得られる転職で有利な資格ファイナンシャルプランナー

個人の資産の運用や金融のアドバイスをしていく仕事になります。クライアントの収入や出費、家族構成や、資産などから将来的なライフプランを考えて、資金の計画を提案していく仕事です。ファイナンシャルプランナーの資格は大きく分けると3つに分かれ、1つはファイナンシャル・プランニング技能士の資格です。

この資格はファイナンシャル・プランニング技能検定を合格すると得られる資格で1級から3級技能士まで分かれます。他にも、日本ファイナンシャルプランナー協会が認定を出している民間資格としてAFP(国内資格)とCFP(国際資格)があります。保健の営業は結果主義なので、年収の幅は300万円から1000万円以上と幅がかなり大きいです。資格を持っていれば手当が企業から出る事が多いので給料もアッブします。

高収入を得られる転職で有利な資格社会保険労務士

社会保険労務士は人事労務、社会保険のプロです。年金や労務管理、就業規則の作成をします。例えば、企業内の労働保険や社会保険の書類をつくったりする事も仕事の一つです。労働の保健に関しては法律や手続きがとても大変になってくるので知識を求められる事も多いです。社会保険労務士は独立している人と就職している人に分かれます。

就職した場合は自分の勤めている会社の社会保険などの労務の仕事をするので給料も格段と安くなります。独立した場合は、顧問報酬と手続き報酬、労務管理報酬などありますが、顧問報酬が多くを占めています。本人の実力や知識量、営業努力などによって年収に大きな差があります。年収250万円から3000万円まで差が開きます。平均して、年収500万円が多いです。

高収入を得られる転職で有利な資格中小企業診断士

中小企業診断士の資格は中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する国家資格となっています。経営状況などの診断をしたり、経営に対して助言をする業務となっており、中小企業に対して経営の問題解決の為にコンサルティングをしていきます。中小企業の数は日本はとても多く、需要のある資格ともなっています。平均的な年収も800万円から1000万円と高収入となっています。

ただ、合格率は10パーセント前後となっています。もし、転職を考えて合格を狙うのなら本気で勉強しないといけません。

転職で高収入を得やすい職種とは?

高収入になれる職種はどういったものがあるのでしょうか。実際に見ていきましょう。

転職で高収入な職種として総合商社はどうか?

総合商社は5大商社と呼ばれている、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅や豊田通商や双日などがあります。30代になってくると、年収1000万円を超える人も多く、高収入にはありますが、仕事内容は激務で、転勤や赴任などはざらにあります。特に治安の悪い海外に飛ばされたりしたら大変です。億を超えるお金を動かすのでそういった事をしたい人からすれば楽しいでしょう。

転職で高収入な職種としてコンサルタントはどうか?

コンサルタントは高収入ではありますが、商社と同じく激務で転職を考える人も少なくないと聞きます。コンサルタントはクライアントからのニーズに答える仕事です。外資のコンサルタントになると1000万円から2000万円と高収入になりやすいです。

転職で高収入な職種としてメガバンクはどうか?

メガバンクといえば、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行銀行をさします。キャリアを積み上げていけば1000万円に40代くらいでなります。なので確実にキャリアを上げていく事が大切です。

自分にあった転職を!

高収入な転職先は色々な所があります。どれも高収入で、転職してお金に困ることはないでしょう。ただ、高収入だからこそ大変な仕事も沢山あります。高収入になりたくて転職したが、今度は忙しくて時間が欲しいとなったら折角、高収入の仕事に転職した意味がありません。

仕事に対してのやりがいも大切なのです。自分にとってどのくらいの高収入が欲しいのか、その仕事にやりがいを感じられそうなのかをよく考えて転職するといいです。あなたにあった高収入な転職先が見つかる事を祈ってます。

Related