Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ

近年日本政府が推し進めている働き方改革について、どの程度ご存じでしょうか。今回の記事では、働き方改革とそれに伴う生産性向上についてなぜ必要なのか、働き方改革をどう推進していくのか、生産性向上の方法について解説しています。ぜひご覧になってみてください。

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ

働き方改革

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
現在、日本で盛んに言われている「働き方改革」というのは、簡単に言えばこれまで長年続けてきた日本の労働者の働き方を見直し、生産性向上することを目的としています。

これまでの日本の職場というと、「終身雇用」や「年功序列」を思い浮かべる方が多いでしょう。それと共に、労働生産性が低いということも、長年日本の問題点となっていました。

生産性向上が残業の抑制につながる

労働生産性向上が残業を抑制することにつながるのは、就業時間内だけでしっかりと成果をあげることで、残業をしなくてもよくなるからです。

一般的に、日本の企業では残業は悪しきものではなくすべきもの、として受け入れられてきました。定時で帰る社員は白い目で見られるなど、残業することこそが正義のようになっていました。

しかし、残業しなくても生産性向上をすれば、同じだけの仕事をすることができるでしょう。

なぜ働き方改革が必要なのか

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
そもそも、なぜ今更長年続いてきた日本人の働き方を否定し「働き方改革」と言っているのかというと、現在の日本の置かれている少子高齢化という大問題が根底にあります。

これまでは、生産性が低くても労働時間を長くし労働者も多く確保することでなんとかなっていました。しかし、少子高齢化の社会ではそんなにたくさんの労働者は確保できません。残業代を支払うほど、企業が人件費をかけられないといった問題もあります。

労働生産性

こちらも長年言われてきたことですが、公益社団法人日本生産性本部によると、日本の労働生産性は先進国で最下位な上、OECD加盟国36カ国中で20位でした。

しかも、この労働生産性の低さは長い間続いているものであり、その間ずっと先進国でワースト1であり続けました。日本の労働者の働き方が、生産性の低いものであったのでしょう。そのため働き方改革では、労働生産性を見直し生産性向上をすることを目的としています。

働き方改革の目的を共通化することが重要

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
働き方改革の目的は、生産性が低く画一的だった労働者の働き方を改革し、一人ひとりの生活スタイルや個人の事情を重んじた働き方を推進することで多様な働き方を受け入れる、労働者にとって働きやすい社会の実現が目的です。

働き方改革の目的を達成するには、現在の働き方を見直して改革の目的を共通化し、多くの人が認識して実行していくことこそが重要となっています。

働き方改革を上手に推進するポイント7つ

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
働き方改革が重要だといっても、そう簡単に生産性向上したり働き方を変えるのはなかなか大変なことです。ここからは、働き方改革を上手に推進するためのポイントについて、7つほど解説していきますのでぜひチェックしてみてください。

働き方改革推進のポイント1:多様な働き手を理解する

働き方改革推進のポイント、1つ目は「多様な働き手を理解して受け入れる」ことです。

生産性向上のために働き方改革をするには、労働者の意識改善と経営者の意識改善は必須の課題となってきます。9時から17時まで働き、さらに残業もするのが当然という働き方は改めて、さまざまな種類の働き方があることを理解しましょう。

日本は外国人労働者受け入れを推進しているため、多様な働き手はこれから増えていくでしょう。

働き方改革推進のポイント2:働く場所と時間をフリーにする

働き方改革推進のポイントとしては、自宅で働く人や自分の好きな時間帯に出社できるように「働く場所と時間をフリー」にすることも重要です。

ずっと会社にいたからといって、生産性向上する訳ではありません。自宅で勤務が可能な仕事ならば自宅勤務とすれば、通勤の必要がなくなります。

フレックスタイム制を導入し働く時間をフリーにすることで、自分の体調や予定に合わせて働くことができますし満員電車問題も解決するでしょう。

働き方改革推進のポイント3:マネジメントは個別最適化へ

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
働き方改革推進のポイント3つ目は、これまでの画一的なマネジメント手法を改めて「マネジメントは個別に最適化する」こととなります。

生産性向上のためにどうしたらよいのか、マネジメントは個人個人の働き方についてそれぞれに最適化し対応していく必要があります。単純にマネジメントする側の負担は増えてしまうのですが、働き方改革では避けては通れないでしょう。

働き方改革推進のポイント4:非正規活用はコストカットだけではなく再定義へ

働き方改革だけでなく、非正規雇用は今や社会問題となっており、非正規と正規の格差是正が行われることが予想されるため、今から備えておく必要があるでしょう。

現在、同じ労働をしても正規か非正規かで賃金が違う、などの状態になっています。これを問題視されているため、働き方改革の推進と共に非正規という在り方も変わってくる可能性が大きいです。コストカットで非正規を雇うという定義は、今後廃れる可能性があります。

働き方改革推進のポイント5:働き方改革の弊害を意識しよう

働き方改革は良い面ばかりではなく、弊害となることもしっかりと意識しておく必要があるでしょう。

多くの人が働き方改革により働きやすい社会が到来すると予想されますが、働きやすい=生産性向上につながる、という訳ではありません。むしろ、生産性が下がってしまうリスクもあります。

働きやすい社会を目指しつつも、生産性向上のための取り組みも必要です。ITの活用などがこれにあたるでしょう。

働き方改革推進のポイント6:テクノロジーを積極的に活用して労働生産性を向上しよう

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
働き方改革を推進しつつ労働生産性向上のためには、「ITツールなど新たなテクノロジーの積極的な活用」が重要となってくるでしょう。

ITツールにはチャットやWeb会議のシステムなど、遠隔地との連絡を取りやすくする機能があります。ITツールを使うことで情報の共有化もスムーズに行うことができます。

クラウドシステムを活用した勤怠管理ではどこにいても報告ができ、企業側の管理も手軽だというメリットがあります。

働き方改革推進のポイント7:最終ゴールは知的生産性の向上であることを意識しよう

働き方改革推進のポイントの最後は、働き方改革の「ゴールは労働生産性の向上だけでなく、労働者の知的生産性向上にある」ということです。

これまでの日本の働き方のように、上から言われるがままに働く姿はもはや求められるものではありません。労働者自身が自らさまざまな情報を取捨選択し、これからのことを考えること、労働者自身の知的生産性向上が最終目標となるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

生産性向上

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
生産性向上というのは、持っている最小の力で最大の利益を得られるようにすることです。

働き方改革での生産性向上は、働く時間を減らしながらもその短い時間でより高い成果をあげることです。成果があがったとしても、長く時間をかけて成果をあげたのでは、生産性向上したとは言えません。

生産性向上と業務効率化の違い

「生産性向上」がより少ない投資で成果をあげることを言うならば、「業務効率化」は無駄なコストカットをして業務を効率的にしていくこと、というように2つは大きく違います。

生産性向上と業務効率化は、時々混同されて用いられていることがあります。しかし、最小の投資で最大の成果を導くことを目的とした生産性向上と、コストカットとしてコスト重視で効率化していく業務効率化はまったく違う意味をもつ言葉です。

生産性向上が必要な理由

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
生産性向上や働き方改革を言われ出したのは最近のことなのですが、どうしてそんことを言われるようになったのでしょうか、その理由も見ていきましょう。

日本は何十年も先進国で一番労働生産性が低い、という状況にあまんじてきました。ここにきて生産性向上を言い出したのは、避けて通れない問題が発生しているからです。

労働人口の減少

すでに前述しているように、日本は現在少子高齢化で労働可能年齢の人口はどんどん減少しているため、生産性向上をして少ない労働力を最大限活かす、という方向転換をしようとしています。

これまでは労働人口の方が老人よりも多かったため、とくに問題になってきませんでした。しかし、ここ最近の日本で人手不足が深刻なように、すでに労働人口よりも老人の方が増えてきており、働く人自体が減っているという問題があります。

グローバル競争の激化

近年グローバル化が進んできていることから日本企業も海外企業と争う機会が増えており、労働生産性が低いままでは競争に負けてしまいかねないことから生産性向上することが求められています。

こちらもすでに紹介したことですが、日本の労働生産性は先進国でワーストです。このままでは、グローバルな競争に生き残っていくことが難しいでしょう。働き方改革を急ぎ、生産性向上をしていかなければならない状況にあります。

生産性を向上させるアイデア4つ

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
実際に働き方改革のため、生産性を向上させるにはどうしたらよいのか、ここではおすすめのアイデアを4つ解説していきます。

生産性向上にはアウトプット、社員の生産性を上げる必要があります。必要なスキルを研修などを行って身に着けることや社内のコミュニケーションを活性化させることも効果があるでしょう。

生産性向上のアイデア1:生産性を向上させるためのマップを描く

生産性向上をさせるためには、余計な時間をくっているような仕事がないかどうか把握すること、業務上必要のないことなどを抜き出して生産性向上に向けたビジョンを描いておきます。

日本の企業では、意味のないことでも昔からやっていることだからと今でも続けている、といったことがよくあります。本来やるべき業務にかかる時間は仕方ありませんが、生産性を落とす部分がどこなのかを見つけることが大事です。

生産性向上のアイデア2:ITツールを活用する

昔にはなかったけれど今は便利なツールとしてITツールがあるため、ITツールを使って業務にかける時間を改善できないかを考えましょう。

社内連絡などはITを使って行うなど、ITツールで行えることがないか確認してみることがおすすめです。

生産性向上のアイデア3:オンラインアシスタントを使う

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
とくに支障がない部分にはオンラインアシスタントを使うなどして、生産性のない仕事については社員の時間を使わないようにすることも、生産性向上に役立つでしょう。

オンラインアシスタントでは、電話受付や経理や事務といった仕事をネット上で依頼することができます。任せて大丈夫だと判断できる部分は、思い切ってオンラインアシスタントを使ってみましょう。

生産性向上のアイデア4:国の補助を利用する

生産性向上のため国から助成金が出ています、これを利用して企業の生産性向上を推し進めることもできるでしょう。主な助成金は以下のとおりです。

・人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)
・IT導入補助金
・キャリアアップ助成金
・人材開発支援助成金
・労働移動支援助成金
・中途採用等支援助成金

働き方改革と生産性向上について理解を深めよう!

働き方改革を上手に推進するポイント7つ|生産性を向上させるアイデア4つ
働き方改革は、日本の従来の働き方を見直して生産性向上をし、少ない人材でもグローバルに戦っていける企業となるために必須となってきています。働き方改革と生産性向上について理解を深め、新たなツールやサービスの利用を検討してみましょう。

Related