Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

女性が理想的に働くための6つの要素|働き方改革から考察するポイント

平成も終わりを迎えて「女性社会進出」という言葉も耳に馴染んできた近頃。出産・育児との両立やキャリアアップ、男女の賃金格差など問題は様々ですが、平成という時代に「働く女性」が増えたことは確かです。ではそんな女性が求める理想の職場とはどのような場所でしょうか。

女性が理想的に働くための6つの要素|働き方改革から考察するポイント

女性が理想の職場に求める条件の上位3つとは?

女性にとっての働きやすさとは一体なんでしょうか。

政府が掲げる「働き方改革」では、女性が活躍しやすい環境整備も議論のテーマの一つとなっています。では、女性が働きやすい環境のためには一体何が必要なのでしょうか。

ここでは、女性が理想の職場に求める条件についてご紹介します。

1:職場内の雰囲気

女性にとって職場の雰囲気は重要です。

一般的に、社員同士のコミュニケーションが取りやすい職場は、会社全体の雰囲気も良くなる傾向にあります。

また、そういった職場は信頼関係が築けているので、忙しい同僚を手伝ったり弱点をカバーし合って助け合うことができるため、働きやすい職場であるといえるでしょう。

2:適正かつ柔軟な労働時間

女性にとって残業がない、適正な労働時間であることは重要です。

子育てをしている女性の場合、フレックスタイム制や時短勤務が認められている職場の方が仕事と子育てのワークライフバランスがとれるでしょう。また、残業時間が少なく、長時間労働になっていない職場であることも重要なポイントです。

3:休暇の取りやすさ

女性にとって休暇がとれる職場であることは重要です。

有給休暇が取得しやすい職場環境であることは重要です。有休の制度がしっかりと整っていても、誰も休まなければ休みたくても休めません。

また、子供がいる女性なら、子供の急な発熱などで休まなければいけないときもあります。そういった場合に気兼ねなく休める体制となっているかは、女性にとっては重要なポイントです。

女性が理想的に働くための6つの要素

女性にとって理想的な働き方となる要素とは何でしょうか。

女性にとって理想的な働き方は、充実した私生活とのワークライフバランスも重要な要素になります。ここでは、女性が理想的に働くための要素についてご紹介します。

1:スキルアップやキャリアアップにつながるか

女性にとって理想的な働き方は、スキルアップやキャリアアップができる職場であることです。

職場での自身のキャリアアップを求める人の割合は、男性に比べると女性は少ない傾向にあります。それでも、働く以上はキャリアアップをしたいという女性も大勢います。

そのため、女性にとって理想的な働き方を実現するためには、企業も自社の社員に対するスキルアップ体制を整備していくべきだといえるでしょう。

2:自分がやりたい仕事かどうか

女性にとって理想的な働き方は、やりたい仕事であることです。

楽しく仕事をしている人の特徴として挙げられるのは、やりたい仕事に就いていることです。自分が好きな分野の仕事であれば、楽しみながら仕事に取り組むことができます。

また、いい仕事をするためにはモチベーションも重要です。高いモチベーションを維持するために、自分も楽しめる働き方を目指しましょう。

3:仕事の達成感や成果を得られるか

女性にとって理想的な働き方は、達成感や成果を得られる職場であることです。

仕事において成果や達成感が得られなければ、モチベーションはどんどん下がります。また、精神的にも働きにくい状況に陥ることがあります。

女性が理想的な働き方をするためには、企業でもキャリアに応じた研修を設けることも大切です。研修を行うことで自分に必要なスキルを身につけられると、仕事の質や効率も高まり、達成感が得られやすくなります。

4:ワークライフバランスの充実

女性にとって理想的な働き方は、ワークライフバランスの充実した職場であることです。

仕事と家庭生活を両立させることは、女性にとっての理想的な働き方の中でも大変重要なポイントです。仕事最優先であっても、一人にばかり負担がかからないように対処する必要があります。

また、残業時間が少ないことも重要です。残業することを前提とした仕事の進め方は見直しを図る必要があるでしょう。

5:職場内の協力体制や円滑な人間関係

女性にとって理想的な働き方は、職場での協力体制ができている人間関係の良い職場であることです。

職場の雰囲気が良ければ、自然と社内での協力体制はできあがります。日頃から挨拶をするなど日頃言葉をかけ合えるような職場であれば、小さな疑問や不安なども伝えやすく、その場で解消できます。

また、企業にとっても信頼関係ができていれば重要な相談がしやすく、出産や退職に関しても早めに対応できる効果が見込めます。

6:給与・待遇面で不平等感はないか

女性にとって理想的な働き方は、給与や待遇について不公平ではない職場であることです。

仕事の成果が公平に評価されることは、女性にとって働きやすさに繋がります。上司が私情を含めずに評価することや、客観性を重視した評価であることは重要なポイントです。

例えば、企業も上司のみではなく同僚や部下など立場の異なる人を含めた多面評価を取り入れるなどすると、公平の度合いを高めることが可能となります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

働き方改革から考える女性活躍推進の流れとは?

女性活躍推進とは、働く場面で活躍したい女性が能力を発揮できる社会実現のための政策です。

2016年4月から「女性活躍推進法」が施行となりました。簡単に説明すると、少子高齢化で労働人口が減っていく社会で、働く女性の活躍を後押ししようという法律です。

ここでは具体的な女性活躍推進の流れについてご紹介します。

育児と介護に関する環境整備

育児や介護のための環境を整備することで、女性が活躍できる社会にします。

子育て世代の女性に対してこれまで実施されてきた制度は、単純に育児休業の延長や時短勤務の延長などでした。しかしこれは仕事と子育てを両立させるための対応で、女性の活躍を推進することにはなりません。

そのため、今後企業は単純な育児休暇だけでなく、子育て中の女性が働きたいと思うような制度を整えていく必要があります。

長時間労働の見直し

長時間勤務を是正することで、女性が活躍できる社会にします。

長時間勤務のせいで子供の世話をしたり、家事をしたりする時間がないという状況もあります。そのため、まずは勤務時間を働き方改革で是正しようという動きがあります。

例えば業務時間外に会議を行わない、残業をしないなど、企業は長時間勤務にならないようにするための改善策を実施していくことが必要です。

夫の育児参加促進

夫の育児参加を推進することで、女性が活躍できる社会にします。

女性が子供を生み育てやすい環境をつくるためには、男性を含めた働き方の見直しを進め、仕事と生活の調和に取組んでいく必要があります。例えば男性でも育児休暇を取りやすいような環境整備を行うことは、今後の企業にとっては必須課題といえるでしょう。

一人一人の女性が自分らしく輝ける働き方を手に入れる時代へ

すべての女性が輝ける社会づくりのために環境を整える必要があります。

女性にとっての働き方は人によってさまざまです。それでも評価について男女の不公平さがなく、男女平等にキャリアアップのチャンスがあり、男女ともに家庭と仕事との両立ができれば理想的な職場であるといえます。

女性一人一人が自分らしく働ける理想的な社会のために、企業は環境整備を含めて推進していく必要があるでしょう。

Related