Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ

ダブルアサインメントとは1つの業務を2人で担当する働き方です。仕事の権限や責任を2分するダブルアサインメントには、たくさんのメリットがあります。その中から7つのメリットと、マルチタスクとダブルアサインメントとの併用についてご紹介していきます。

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ

ダブルアサインメントとは

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
ダブルアサインメントとは、1つの業務に2人以上の人員を配置して不足の事態に備える人材配置のことです。

ダブルアサインメントにより2人の担当者が業務に関する情報や知識を共有することで、緊密な連携が保てるようになります。問題となることが多い仕事の属人化という、特定の人しかその業務ができない状態に陥いらないようにすることが狙いです。

安心して仕事と子育て・介護・療養などを両立できると、注目を集めています。

ダブルアサインメントの目的

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
ダブルアサインメントの目的は仕事の属人化を防ぐことです。

誰か1人しかできない仕事を減らすために、ダブルアサインメントが有効です。専門の社員が休みだと業務が滞ってしまう・物の位置すらわからないなどの現象を防ぐために、ダブルアサインメントが提案されています。

残業が社会問題化されている現代で、休暇も取れない状態に陥る前に、ダブルアサインメントで業務改革を行っていきましょう。

ダブルアサインメントのメリット7つ

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
ダブルアサインメントのメリット7つについてご紹介していきます。

2人で1つの業務を担当するダブルアサインメントには、数々のメリットがあります。

業務を2人で行うということは、社員1人1人の仕事量が減り、身体的・時間的な負担を減らすことができるということです。休暇も収得しやすくなり、リフレッシュする機会が増えればストレスも軽減されて職場環境も良くなります。

ダブルアサインメントのメリット1:仕事と育児や介護との両立をはかれる

ダブルアサインメントのメリットに、仕事と育児や介護との両立をはかれることがあります。

ダブルアサインメントにより、時間や体力に余裕が持てます。現在、社会問題となっている、仕事と育児や介護との両立にダブルアサインメントはたいへん効果があります。特に子供や、介護が必要な家族がいる働く女性たちにとって、ダブルアサインメントの導入はとても重要です。

ダブルアサインメントのメリット2:個人の精神的負担の軽減

ダブルアサインメントのメリットに、個人の精神的負担の軽減があります。

ダブルアサインメントは社員のストレスを軽減して健全な職場づくりに一役買ってくれます。ダブルアサインメントにより、1人1人の責任が分散されるからです。

1人で行う業務の重圧と重い責任感から、大きなストレスを抱えてしまう労働者は多くいます。仕事による精神的な負担は大きく、個人の一生を左右しかねません。このような問題に対応するためにも、ダブルアサインメントの導入が必須です。

ダブルアサインメントのメリット3:不測の事態に対処しやすい

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
ダブルアサインメントのメリットに、不測の事態に対処しやすいことがあります。

ダブルアサインメントを導入していれば、もしもの場合に1人ではなく2人で対処できる強みがあります。間違いや大きなミスも、2人で修正すれば短時間で解決できる可能性が高まります。

また、互いにフォロー・指摘し合うことでミスも軽減されます。ダブルアサインメントは不測の事態から組織と個人を守る重要なリスク対策として、有望視されています。

ダブルアサインメントのメリット4:仕事の属人化が起こらない

ダブルアサインメントのメリットに、仕事の属人化が起こらないということが挙げられます。

ダブルアサインメントを行うと、その仕事が1人の人間にしか達成できない・わからないなどの事態に陥らないで済みます。

仕事の属人化は個人の神経や健康を蝕み、有給を取りにくいなどの悪影響を及ぼします。不測の事態に担当者がいないと対処できないなど、企業全体の流れを止める働きもあります。ダブルアサインメントで食い止めましょう。

ダブルアサインメントのメリット5:有給が取りやすい

ダブルアサインメントのメリットに、有給が取りやすいということがあります。

ダブルアサインメントは常に相手の仕事を共有しているため、休みを取りやすい環境を作り出すことができます。休暇中にストレスを発散してリフレッシュできたり、旅行や趣味などで私生活を充実させることができます。家庭サービスもできます。

私生活が円満だと仕事にも良い影響があります。ダブルアサインメントが生活と気持ちに余裕を与えてくれます。

ダブルアサインメントのメリット6:スキルアップしやすい

ダブルアサインメントのメリットに、スキルアップができることがあります。

ダブルアサインメントの導入で、仕事を丁寧に、2人で試行錯誤しながら効率よく進めていくことができます。業務の効率アップが見込めるので、スキルアップも期待できます。

ダブルアサインメントにより精神的にも時間的にも余裕が出るので、残業が無くなる分、自身の学習時間にあてることが可能です。スキルアップによる転職の可能性も広がっていきます。

ダブルアサインメントのメリット7:信頼関係を築くことができる

ダブルアサインメントのメリットに、信頼関係を築くことができるということがあります。

ダブルアサインメントには仕事上のパートナーが存在します。そのパートナーと同じ業務を行うことで、仕事を通して共感しながら信頼関係を築いていくことができます。

1人で仕事を行うよりも、2人で業務をこなしていく方が精神・身体的にも負担が少なく、またやりがいがあります。達成感も2人で共有できるので、仕事が楽しくなります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ダブルアサインメントとマルチタスクの関係性

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
ダブルアサインメントとマルチタスクの関係性についてご紹介していきます。

マルチタスクとは1人で複数の担当や業務を請け負うことです。仕事量が多いと業務を抱え込んでたいへんな事態に陥りますが、1業務2人体制のダブルアサインメントと組み合わせることで適度な仕事量に抑え込むことができます。

それだけでなく、ダブルアサインメントとマルチタスクで多角的に仕事ができるやるがいのある職場へと変えていくことができます。

マルチタスクとは

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
複数の業務や取引先を担当するマルチタスクとは、同時にいろいろな仕事を短期間に並行して行うことを指す言葉です。

マルチタスクの最初の記述は、複数の作業を同時処理するコンピュータの能力を示すものでした。人間はコンピュータのように脳の各部分を同時に動かすことはできません。

しかし同時にさまざまな作業を行うマルチタスクは、脳や精神に刺激を与えて人間を活性化する、画期的なシステムでもあります。

マルチタスクとダブルアサインメントの併用

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
マルチタスクとダブルアサインメントの併用の利便性についてご紹介していきます。

ダブルアサインメントとマルチタスクの相性は良いとされています。マルチタスクのメリットは、小さな達成感を次々と得られることです。しかし、仕事が多すぎて達成できない部分も次々と出てくるというリスクがあります。

それをダブルアサインメントで補うことで、仕事にやりがいが生まれて業務全体が活性化する可能性が広がります。

コストが増えるのを抑える

マルチタスクとダブルアサインメントの併用で、コストが増えるのを抑えることができます。

マルチタスクは1人で多くの仕事を抱えるたいへんな作業ですが、人員削減にはたいへん有効な方法です。

マルチタスクによる人員コストの削減を永続的に成功させるために、ダブルアサインメントを取り入れましょう。1人1人の責任や負担を軽減させて、作業効率のアップが期待できます。

急な欠員にも対処できる環境作り

マルチタスクとダブルアサインメントの併用で、急な欠員にも対処できる環境作りができます。

マルチタスクとダブルアサインメントを併用すると作業の共有化ができるので、退職や休暇などの欠員時にも、誰かがフォローに回ることができてたいへん便利です。

ダブルアサインメントを活用しよう

ダブルアサインメントとは?ダブルアサインメントのメリット7つ
ダブルアサインメントを活用して、社員に働きやすい環境を提供していきましょう。

ダブルアサインメントで社員1人1人の負担を減らしながら、業務の能率・効率アップを図っていくことができます。ダブルアサインメントで子育てや介護をフォローして、より良い社会造りに貢献していきましょう。

Related