Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介

皆さんこんにちは、今回は「従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介」と題して、「従業員の意味・従業員とその他の呼び名の意味の違い」についての詳細情報のご紹介をはじめ、さまざまな場面で使われる「従業員」の表現法についてご紹介します。

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介

従業員の意味とは?

従業員の意味というのは基本的に「特定の企業に雇用され、そこで与えられた業務に従事する人」のことを指します。その意味合いは職種分野・企業市場において多岐に渡る場合があり、単に「従業員」という呼称においても給料をもらわない人を指すことがあります。

従業員のそもそもの意味は「仕事をする人」を指し、給与をもらう・もらわないというのは雇用契約の範疇の意味合いとなるため、切り離して理解されることがあります。

従業員の範囲

次に「従業員の範囲」についてですが、一般的には「雇用関係にあり、そこで与えられた任意の仕事に従事する人」のことを従業員と呼びますが、先述でもご紹介したように、「特定の仕事をしている人」を指して言われることもあり、給与の関係で意味が違ってきます。

つまり、ボランティア活動している場合でも「従業員」の呼称が付けられる場合があるため、その場合は給与をもらわないで働く人の従業員と呼び、その範囲は広がります。

正社員の意味

一般的に従業員と言えば「正社員」から「準社員」、「契約社員」、「派遣社員」、また「アルバイト・パート」などを指して言われますが、このようにいろいろな雇用関係が認められるため、その「従業員」という言葉の意味が指す範囲もかなり広がることになります。

基本的には「正社員」から「契約社員」までを指す意味合いが多く、正社員の場合は主に「社員」、「職員」などの呼び名で通用する場合も普通にあるでしょう。

契約社員の意味

契約社員の意味についてですが、契約社員というのは「あらかじめ決められた短期間での労働を課された社員」という意味合いになるため、ずっと勤続できる正社員の意味合いとは大きく違ってきます。

しかし、この場合でも正社員と同じく「従業員」の呼称で契約社員も呼ばれることになるため、しっかりその雇用形態・契約内容を確認することが必須となり、その上での正確な認識が大事になります。

アルバイト・パートの意味

アルバイト・パートの意味合いについてですが、基本的に「アルバイト・パート」というのは派遣社員や契約社員とも違い、その雇用形態・契約内容において「給与が安価で従事させられる」といった、あらかじめ決められた規定に則って働く従業員の形になります。

この場合でも「従業員」という呼び名が冠されることには変わりなく、たとえば求人票や履歴書においても「従業員」という表記で示されることが一般的です。

従業員の労働保険適用範囲

次に「従業員の労働保険適用範囲」についてですが、これは福利厚生においても非常に重要な項目になるため、しっかり把握しておくことが大切です。主に「労災保険」や「雇用保険」というのは、転職時や退職時にも必須の手続き書類となるので要注意です。

労災保険というのはその名のとおりに「労働上で起きた災害による負傷への手当」となり、「雇用保険」は退職後から転職までの手当をもらう際に必要な保険となります。

労災保険

まず労災保険ですが、これは一般的に雇用関係にある従業員の場合、そのほとんどの従業員(労働者)に適用される保険になります。ただし適用されない部類もあり、その場合は海外の事業所に所属している海外派遣者は適用されません。

またその当該労働者の代理人にも適用されないため(本人だけです)、その適用範囲を従業員の枠組みだけで判断していると、その正確な認識を間違う可能性が出てきます。

雇用保険

次は雇用保険ですが、これは別名「失業保険」とも言われるもので、雇用保険法に基づいて適用される保険となります。

基本的には、「再就職までの生活を安定させ、就職活動を円滑に行なえるよう支援するための保険」となり、転職時には誰にとっても重要な保険の内容になるでしょう。

この保険手続きをしていなければ、転職時に必須書類として提出すべき書類も作成されないため、十分に把握しておきましょう。

従業員とその他の呼び名の意味の違い5つ

さて、ここからは「従業員とその他の呼び名の意味の違い5つ」と題し、それぞれの別名で呼ばれる労働者の呼称とその意味合いがどのように違うかについてご紹介していきます。

現代の日本においても、会社員、社員、労働者、職員、構成員などと、それぞれの違った呼び方で従業員ないし労働者のことを呼び分けており、それぞれの意味合いが具体的にどのように違うのかについては、ほぼ「同じ意味合い」の認識がなされています。

従業員とその他の呼び名の意味の違い1:会社員

まず「会社員」という呼び名ですが、これは基本的には「従業員」と同じ意味合いを持つ呼び方であり、特定の企業に所属している従業員・労働者のことをそのまま呼ぶ呼称になります。

主に「社員」という呼称によって使われることが多く、その意味合いの違いにおいてもほとんど意味に相異なし、といった認識が持たれています。会社員も社員も同じ意味合いで使われており、1つの会社の組織員として認められる意味合いに認められます。

従業員とその他の呼び名の意味の違い2:社員

次に「社員」ですが、この呼び名の意味合いも先述のように「会社員」と同じ認識でかまわず、「会社員」を省略した形が「社員」になる、といった理解でかまいません。

「社員」という呼び方は、主に日常的に呼ぶ場合の呼称として理解されており(習慣的に使われており)、その意味では「会社員」よりも「社員」のほうが多くの人の認識に含まれる傾向が強いでしょうか。

従業員とその他の呼び名の意味の違い3:労働者

次は「労働者」の意味ですが、これは非常に広範囲な従業員の意味合いをそのまま表現しており、とにかく「特定の仕事・業務に就く人すべてを呼ぶ場合の呼称」として知られています。

そのため、ボランティア活動に勤しむ従業員のことも「労働者」と呼び、また固定給をもらう場合・もらわない場合を問わず、働く人であれば「労働者」と呼ばれます。さらには、人間だけでなく動物に対しても「労働者」という呼称が冠されます。

従業員とその他の呼び名の意味の違い4:職員

次に「職員」ですが、これは基本的には「クラフト業に従事する人」のみを指して言われる呼称として認められ、主に手に職を付けて仕事をする人に当てられる呼称になります。

大工、技士、専門員、教師、技工士、電気技師、介護職員、支援員など、これらの専門職に携わる人に対して使われる呼称ですが、最近ではこの「職員」という言葉も「社員」と同じ意味合いで使われる場面が増えてきています。

従業員とその他の呼び名の意味の違い5:他の「員」

先述の他にもこの「員」という言葉が付く呼称はかなり多くあり、それぞれの言葉の使い方によって、従業員を示す意味合いでも大きく分かれることがあります。

主に「員」という言葉は「構成員」を指す言葉として認められており、特定の組織でチームを組んで仕事をする人だけを対象にした言葉でした。

しかし現代では「社員」の意味にも見られるように、会社で働く人のことを指すようになり、その意味の範囲は広がっています。

行員(こういん)

「行員(こういん)」という言葉の意味は、「1つの仕事に専念している人」のことを基本的には指し、他の仕事はとりわけ行なわない場合に使われることが多いです。

しかし現代では幅広い意味合いで使われており、たとえば「銀行員」なども、銀行関係の仕事だけでなく、事務デスクワーク・交渉・営業などと、多岐に渡る分野の仕事をこなすようになっています。この場合でも「行員」と呼ばれ、その意味に違いはありません。

局員(きょくいん)

次に「局員(きょくいん)」の意味ですが、これは主に「○○局」と「局」が付く役所・仕事場で働く従業員全般に当てて使われる呼称となります。

最も有名なのが「郵便局員」で、この場合も郵便局という「局」が付く職場で働くため、このような呼ばれ方がされます。

そもそも「局」の意味は、「建物を小さく仕切った空間」を指しており、主に「重要な場所」という意味を持ち合わせます。

所員(しょいん)

「所員(しょいん)」という言葉は最近ではあまり使われなくなりましたが、この言葉の意味は研究所や事業所など、主に「○○所」などと「所」が付く場所で働いている従業員に当てられて使われます。

最も多く使われるのが研究所の所員や事務所の所員で、この場合でも最近では「社員」、あるいは「職員」などと呼称されることもあり、その意味合いがあいまいになっている様子も見られます。

署員(しょいん)

次に「署員(しょいん)」の意味ですが、この言葉も「所員」の場合と同じく、「○○署」と「署」が付く場所で働く従業員を指して呼称されます。

有名なのは「警察署」や「消防署」などで、この場合も重要な場所(役所)で働く従業員だけを限定して呼称する場合に使用されます。

「署」という言葉の意味は、そもそも「仕事を割り当てる」という意味を持っており、分担された役所をそのまま指す言葉としてあります。

店員(てんいん)

「店員(てんいん)」という言葉の意味は非常に多くの場面で使われ、一般的にもよく理解されている言葉・呼称となるでしょう。

基本的には「○○店」と「店」が付く場所で働く従業員を指して呼称され、最近では会社に勤めている従業員に対しても、その会社が代理店や商店であれば、「店員」と呼ばれるケースがあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

従業員として転職したい際に活用したいおすすめの転職エージェント5選

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介
さて、先述では「従業員」の使い方やその意味合いについてご紹介してきましたが、ここからは「従業員として転職したい際に活用したいおすすめの転職エージェント5選」と題し、従業員として働く際におすすめの転職エージェントをご紹介します。

従業員というのは先述のように、非常に幅広い社員・店員などを指して呼称する言葉であり、その意味合いを吟味しつつ、少しでも理想的な職場を獲得できるようにしましょう。

従業員として転職したい際に活用したいおすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介
人気上昇中のマイナビエージェントでは、多彩な求人情報をストックしており、転職活動に有力な情報提示をする上で、転職後のアフターフォローへの徹底もかなり配慮された理想的な転職エージェントです。

さまざまな職種分野で活躍する従業員にしても、当転職エージェントを利用することで「自分の適職」をいち早く探すことができるでしょう。

従業員として転職したい際に活用したいおすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介
パソナキャリアの魅力は、従業員個別の能力・スキルをもってPRを工夫してくれる点にあり、個別の状況・能力を適職で求められるニーズに見合わす形での斡旋にとても強いサイトです。

徹底した転職支援がなされ、転職後の生活安定を実践的にサポートしてくれる上、さまざまな職種・業界・専門職への斡旋に定評があります。ぜひ一度活用してみましょう。

従業員として転職したい際に活用したいおすすめの転職エージェント3:doda

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介
非常に満足度の高い求人情報・支援力が魅力で、転職後の生活の安定感・アフターフォローにも十分配慮された斡旋力は大きな土台となり、内定率向上においてもかなり信頼性の高い転職エージェントです。

求職者にとって理想の職種へ転職する場合でも、特に専門的な分野の情報収集には定評があり、確実に定職に就けるよう斡旋を継続してくれます。

従業員として転職したい際に活用したいおすすめの転職エージェント4:JACリクルートメント

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介
JACリクルートメントは「求職者の状況」によって的確な求人情報を提供してくれる上、個別能力を十分に発揮できる円滑な転職活動が約束されます。中途採用からでも安定して活動できるでしょう。

競争率の激しい職種への転職でも、そのための魅力的なPR方法を提示し、マイペースで転職活動を進めるための着実なステップを用意してくれます。

従業員として転職したい際に活用したいおすすめの転職エージェント5:リクルートエージェント

従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介
リクルートエージェントでは、「求職者にとって有力な企業情報」を提示し、企業研究を十分行なうことができる空間・情報の確保を持ち、理想の企業に転職する場合の実践的なプランを提示します。

さまざまな職種・業界へ転職する場合でも、非公開求人情報などの活用をはじめ、必要に応じた転職斡旋を具体的に示してくれます。

従業員の意味を理解しよう

いかがでしたか。今回は「従業員の意味とは?従業員とその他の呼び名の意味の違い5つを紹介」と題して、「従業員の意味・従業員とその他の呼び名の意味の違い」についての詳細をはじめ、さまざまな場面で使われる「従業員」の表現法についてご紹介しました。

「従業員」という言葉・意味は、現代では非常に多くの分野で使われているため、各場面で使われるその言葉の用途を正確に理解しておくことが必須になるでしょう

Related