Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月28日

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ

労働環境を改善すれば社員一人ひとりの仕事に対するモチベーションが上がり、生産性も業績もアップすることでしょう。この記事では労働環境を改善することのメリットに加えて、具体的にどのような点を改善すればよいのかについてもご紹介しています。

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ

労働環境とは?

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
みなさんが勤めている会社の労働環境は良好でしょうか。労働環境とは、労働者が働く職場の環境を意味する言葉です。

労働環境は、オフィスの居心地の良さといった物理的な環境だけではなく、休日や有休の取りやすさや職場の人間関係など、ソフトな環境をも包含します。

残念ながら、日本は先進国の中でも頭抜けて労働環境が悪いことで世界的に有名であり、それゆえ昨今ではその改善の重要性が盛んに叫ばれているほどです。

労働環境改善の必要性

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
労働者がよりよい労働環境を望むのは当然のことですが、では企業側が時間やコストをかけてまで労働環境を改善する必要性はどこにあるのでしょうか。

労働環境を改善して働きやすい職場づくりを行えば、優秀な人材が自発的に企業に入社してくれるようになります。

また、すでにいる社員の仕事に対するモチベーションがアップし、職場全体の生産性も高まるので、労働環境の改善は企業にとっても利益があるものだと言えるでしょう。

快適な労働環境の指針4つ

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
労働環境を改善することで優秀な人材を確保することができるようになりますし、企業の利益も増し、その対外的なイメージも向上するはずです。

しかし、そうは言っても労働環境の改善のために具体的に何から手をつければよいのか分からないという経営陣の方もおられることでしょう。

ここからは労働環境を改善するための指針を4つピックアップしてご紹介していきますので、働き方改革の実現のためにぜひ参考になさってみてください。

快適な労働環境の指針1:作業環境

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
快適な労働環境の指針としてまず挙げられるのが、作業環境を改善するということです。多くのビジネスパーソンは決まった職場で長時間仕事をすることになるため、仕事が捗るようなオフィスづくりを行うことが必要でしょう。

従業員数に対して十分なスペースを確保できているか、オフィスを安全で清潔な状態に維持しているか、空調設備を完備していて快適な温度を保っているのかなどをチェックすれば、作業環境は改善するはずです。

快適な労働環境の指針2:作業方法

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
作業方法を改善するというのも、快適な労働環境のための指針のひとつとして挙げられるでしょう。

職場全体の生産性を上げるためには、仕事をより効率的に行えるような作業方法を用意する必要があります。

具体的には、従業員数に応じてパソコンやプリンターなどを完備することや、非効率的な古いシステムを効率的な新しいシステムに刷新することなどが必要です。

作業方法を改善すれば労働環境が良好なものとなり生産性も上がります。

快適な労働環境の指針3:疲労回復支援施設

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
快適な労働環境のための指針のひとつに、疲労回復施設を用意するということも含まれるでしょう。

長時間デスクで仕事をし続けていると作業能率が下がってしまうので、従業員が仕事の合間に心と体をリフレッシュできるような疲労回復施設を社内に設けてみてはどうでしょうか。

単なる休憩室ではなく、仮眠のための空間を設けたり、あるいはマッサージを受けられるようなサービスを提供するのもよいでしょう。

快適な労働環境の指針4:職場生活支援施設

職場生活支援施設を改善するということも、快適な労働環境の指針のひとつとして挙げられるでしょう。

従業員の仕事に対する意欲を高めるためには、仕事のしやすい環境づくりを行う必要があり、近年では社内にシャワールームや本格的な入浴施設を設けている企業も出始めています。

なお、男女兼用のトイレしかない職場は労働環境の改善という視点から見るととNGでしょう。男女別に清潔なトイレを設ける必要があります。

労働環境を改善するためのアイデア7つ

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
では、具体的にどのようなことに取り組めば、労働環境を改善することができるのでしょうか。

ここからは、労働環境を改善するためのアイディアを7つピックアップしてご紹介していきます。

職場によって、また従業員によって求める労働環境の改善点は多種多様です。経営陣や管理職の方は、ご自身の職場に何が足りていないのか、何を改善すべきかを以下を参考にして考えてみてはいかがでしょうか。

労働環境改善のアイデア1:リフレッシュルームを工夫する

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
労働環境を改善するためのアイデアとしてまずご紹介したいのが、リフレッシュルームを工夫するということです。

ただ単なる休憩室ではなく、文字通り心も体もリフレッシュして仕事に再び取り組めるようなリフレッシュルームを設けることが大切です。

広々とした室内でよい景色が見えること、座り心地のよいソファが複数用意されていること、自由に使えるマッサージ機などのグッズを備えていることなども必要でしょう。

労働環境改善のアイデア2:社食サービスやオフィスコンビニの活用

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
社食サービスやオフィスコンビニを提供するというのも、労働環境の改善のためのアイデアとして挙げられるでしょう。

特にオフィスの近隣にコンビニや定食屋さんがない場合は、従業員が不便な思いをしてしまうので、社食サービスやオフィスコンビニなどの提供を考えてみてはどうでしょうか。

美味しいものを毎日きちんと摂ることでよい気分転換になりますし、それによって仕事へのモチベーションも高まること間違いなしです。

労働環境改善のアイデア3:フレックスタイムや短時間勤務制度

労働環境改善のためのアイデアのひとつに、フレックスタイムや短時間勤務制度を導入することも含まれるでしょう。

育児や介護などでフルタイムの勤務が難しい人も少なくなく、そのような人材の離職を防ぐためにも柔軟な勤務体系を取り入れることをおすすめします。

このような勤務体系を導入すれば、従業員一人ひとりに合った柔軟な働き方が実現できます。仕事と生活の両立ができるようになるため、従業員の幸福度も上がるでしょう。

労働環境改善のアイデア4:社内保育施設の設置

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
社内に保育施設を設置するというのも、労働環境を改善するためのアイデアのひとつとして挙げられます。

仕事に復帰したいのに待機児童問題のせいで保育園に子供を預かってもらうことができず、働きに出られない優秀な女性人材を確保するために、社内に保育施設を設置してみてはどうでしょうか。

社内に保育施設を設ければ優秀な女性社員の離職を防ぐことができますし、企業の対外的なイメージもアップすることでしょう。

労働環境改善のアイデア5:完全分煙

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
労働環境の改善のアイデアのひとつとしてご紹介したいのが、社内で分煙を徹底するということです。

タバコを吸わない人にとって、タバコの臭いや煙はとても気持ち悪く不快に感じるものですし、副流煙によって健康が損なわれてしまいます。

だからと言って完全禁煙にすると喫煙者の不満が出てしまうので、喫煙者・非喫煙者のどちらもストレスなく職場で過ごせるように、喫煙スペースを設け、それ以外の場所では禁煙にしましょう。

労働環境改善のアイデア6:残業をなくす

残業を減らすということも、労働環境を改善するためのアイデアのひとつでしょう。長時間労働や残業は心と体の健康を損ねるだけでなく、仕事のパフォーマンスも低下させてしまいます。

無駄な残業を従業員にさせずにすむように、業務の徹底的な効率化・合理化を行い、業務上の無駄なことを取り除いていきましょう。

また、ノー残業デーを設けたり、あるいは残業を一律的に減らすか禁止するなどして、労働環境を改善してみてください。

労働環境改善のアイデア7:フリーアドレスの導入

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
労働環境の改善のアイデアのひとつとして、フリーアドレスを導入するということも挙げられるでしょう。

従業員のデスクを固定的に決めてしまうのではなく、毎日あるいは定期的にデスクの場所を変えれば、人間関係のストレスが減り働きやすい職場になります。

固定席の場合、隣のデスクの同僚や上司と合わなかったり体臭で嫌な思いをすることもありますが、フリーアドレスならばそのような心配もありません。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!
まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

労働環境改善のメリット5つ

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
そもそも、労働環境を改善することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここからは、労働環境を改善することで得られる利点やメリットを5つ厳選してご紹介していきます。

より働きやすい労働環境を整え、過ごしやすいオフィスづくりを行うことは、従業員だけでなく企業にとっても大きな利益がありますので、ぜひ以下をチェックしてみてください。

労働環境改善のメリット1:社員のモチベーション向上

労働環境を改善することのメリットとしてまず挙げられるのが、社員の仕事に対するモチベーションが向上するということです。

働きやすくストレスの少ない職場ならば、社員一人ひとりの仕事に対するやる気や意欲がアップし、職場全体の生産性が格段にアップすることでしょう。

労働環境を改善するために少しのコストと努力を投資するだけで、社員の生産性を高めることができるので企業にとってはメリットが大きいと言えます。

労働環境改善のメリット2:会社の業績アップ

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
会社の業績がアップするということも労働環境を改善することのメリットとして挙げられるでしょう。

社員のモチベーションが上がればおのずとそれが成果となって表れるため、企業の業績も着実に上向きになっていくはずです。

経営が低迷していたものの、従業員目線で快適な労働環境づくりを行った結果、業績が上向きになったという企業も少なくありません。

利益を重視するのであれば、社員に働きやすい環境を提供することが必要です。

労働環境改善のメリット3:離職率の低減

労働環境改善のメリットのひとつに、離職率が低減するということも含まれるでしょう。社員にとって働きやすい環境が整備されれば、会社に不満を抱いて退職をする社員の割合が格段に減るはずです。

つまり、優秀な人材の流出を防ぐことができると言えるでしょう。企業にとって優秀な人材は宝であり資源そのものであるため、社員が企業に不満を抱かないような快適な労働環境づくりを行うことが必要です。

労働環境改善のメリット4:社員の体調管理

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
社員の体調管理が行えるというのも、労働環境を改善することのメリットです。社員が仕事で100%のパフォーマンスを行うためには、心身ともに健康であることが欠かせません。

社食サービスを設けたりリフレッシュルームで疲労回復ができるようなサービスを提供することで、社員の体調をケアし、それによって社員一人ひとりの作業能率をアップさせましょう。

労働環境改善のメリット5:女性の活躍

労働環境を改善すれば、優秀な女性がもっと活躍できるようになります。労働力不足が叫ばれている昨今、妊娠・出産や子育て、介護で優秀な女性を失ってしまうのは、企業にとって大きな損失です。

女性のライフステージの変化に合わせて柔軟な働き方を提供したり、男尊女卑的な悪しき企業文化をなくし女性も男性も働きやすい労働環境を実現すれば、優秀な女性の人材確保につながります。

労働環境を改善しよう!

労働環境改善のメリットとは?|労働環境を改善するためのアイデア7つ
今回は労働環境の改善について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

企業に利益をもたらし、成長を実現してくれるのは社員一人ひとりであり、社員たちが働きやすい良好な労働環境を提供することこそが、結局は企業の利益につながります。

社員のためにも、そして企業の利益のためにも、労働環境をもっと改善していきましょう。

Related