Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月31日

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ

働き方改革という言葉を耳にすることが増えた現在、2019年4月1日より義務化されるものもあります。労使にとって、より良い環境になるよう、長時間労働の対策についてご紹介します。自社で導入できるものがあれば、参考にしてください。

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ

社員のヘルスケアのためには長時間労働の対策は必須である

長時間労働は社員の健康状態へ大きく影響します。長時間労働を行うことで、帰宅時間が遅くなり、睡眠時間を減らし、疲労が回復できず体調が損なわれやすくなります。

体調が優れないことで、集中力が低下し、業務効率が落ちることにつながるでしょう。このため、社員のヘルスケアには長時間労働対策は必須です。

長時間労働を改善するための対策10個

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
管理監督職の人は長時間労働を改善し、従業員の健康管理につとめるようにしましょう。ここでは、長時間労働を改善するための対策10個を、ご紹介いたします。

改善したいけれどどうしたらいいのかわからない人はぜひ参考にしてみてください。

長時間労働を改善するための対策1:労働時間の適正な把握

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
労働時間の適正把握について、2019年4月1日より全ての従業員の労働時間状況を把握することが義務付けられます。これにより、管理監督職の労働時間も、適正に把握することが求められます。

長時間労働の原因として、マネジメント不足があげられるように、自己に任せていては長時間労働は減らせません。

原則タイムカードやICカード、パソコンの使用など、客観的な方法で適切に把握するようにしましょう。

長時間労働を改善するための対策2:有給休暇の取得を促進する

有給休暇の取得を促進することも、長時間労働を改善する対策として重要です。有給休暇の取得についても、2019年4月1日より義務化されます。

この法律は、年10日以上の有給休暇保有者に対し5日以上の有給休暇を消化させなければなりません。10日以上の有給休暇保有者には、パート、アルバイトなども含まれます。

計画的付与制度などの導入を検討し、必ず取得できるように取り組むと良いでしょう。

長時間労働を改善するための対策3:給与制度の見直し

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
長時間労働を改善するための対策として、給与制度の見直しも重要です。残業代を生活費にあてて生活している人は、長時間労働を削減したことで収入減となり、不満が募りモチベーションが下がります。

このため、残業代の削減で浮いた分を、業績を上げた従業員に還元するなど、給与制度の見直しが必要となります。

長時間労働を改善するための対策4:テレワーク・裁量労働制の導入

長時間労働の改善対策のため、在宅で時間にとらわれないテレワークや、労働時間を実労働時間ではなく、みなし勤務時間で契約を結ぶ、裁量労働制の導入も検討しなくてはなりません。

テレワークや裁量労働制は、労働者が自由に働くことから、長時間労働は発生しません、しかし労働時間の把握を行わなければ、長時間労働となることがあるので注意が必要です。

長時間労働を改善するための対策5:フレックスタイム制の導入

フレックスタイム制とは、労働者自身が勤務開始時間と勤務終了時間を決めrw仕事ができる制度です。

このため、繁忙日や繁忙日以外の日など、自分で勤務時間を決められることから、長時間労働を改善する対策となる可能性があります。

長時間労働を改善するための対策6:個々の業務能力を高める

労働者、個々の業務能力を向上することで、企業全体の生産性を高めることに繋がります。このことで、同じ業務量を時間内で終わらせることができ、長時間労働の改善に繋がります。

また、ローテーションで業務を行い、誰でも業務を行えるように能力を高めることで、他の業務もこなすことができ、業務の標準化にも効果があるでしょう。

長時間労働を改善するための対策7:意識を変えるための研修を行う

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
長い間に根付いた働き方を変えるのは難しいです。まずは従業員の意識を変えることが必要です。また、経営トップも自らの意識を変えることが必要ではないでしょうか。

健康障害になった時のデメリット、業務の効率化を行い生産性向上につなげるなどの研修を行うと良いでしょう。また、管理職には部下のマネジメントについての研修を行い、管理者自らが長時間労働を行わないなどの行動を部下に示しましょう。

長時間労働を改善するための対策8:ノー残業デーの導入

ノー残業デーの設定は、比較的導入しやすいのではないでしょうか。ノー残業デーとは、1週間に1日か2日、曜日を決め残業しないで定時退社する取組です。

ノー残業デーを形だけにしないように工夫が必要です。従業員全体に意識づけのため、アナウンスを行う、定時になったら消灯し強制的にノー残業を行うなど、長時間労働を改善する対策になるでしょう。

長時間労働を改善するための対策9:勤務間インターバル制度の導入

勤務間インターバル制度とは、勤務と勤務の間に一定の休息時間を確保する制度です。例えば11時間の休息時間を設定している場合で、23時まで残業となった場合、通常の始業が9時だったとしても、翌日の始業は10時に変更になります。

この対策は、実質労働時間が減り、健康障害から従業員を守ることができます。また、インターバル制度の導入は、2019年4月1日から事業主の努力義務となっています。

長時間労働を改善するための対策10:ITシステムの導入

ITシステムの導入は、業務効率化になり生産性の向上につながり、長時間労働を改善する対策として期待されます。

例えば、勤怠システムを導入し適正な労働時間の把握や、会計システムを導入し決算書類を作成するなど効率化できる業務があります。ITシステムの導入を検討しましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

長時間労働の対策に役立つ勤怠管理システム5つ

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
長時間労働を改善するための対策10でも紹介しましたが、勤怠管理システムは長時間労働の対策に役立ちます。

これから勤怠システム5つご紹介します。長時間労働を改善する対策の1つとして参考にしてください。

長時間労働の対策に役立つ勤怠管理システム1:jinjer勤怠

jinjer勤怠は、業界初の管理者ソフトがスマホ、タブレットに対応しています。また、国内初のAIが従業員のエンゲージメントを測定する機能も搭載され、モチベーションが下がっている従業員を知らせてくれます。

長時間労働の対策としては、36協定に基づいた異常値検出や、労働時間超過を自動的に知らせてくれる機能もあります。

長時間労働の対策に役立つ勤怠管理システム2:TIME-3X

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
TIME-3Xは、40年の蓄積した豊富な業務知識が、実現する信頼のサービスです。ポータルページが用意され、毎日の勤務状況、休暇の取得状況などが一目で確認できます。

長時間労働の対策については、カードリーダとの連携はもちろん、WEB打込、入退場記録などとの連携が可能になり、客観的の記録をとることができます。また、勤務時間の乖離に対応し、コンプライアンスの取組をサポートをしてくれます。

長時間労働の対策に役立つ勤怠管理システム3:キングオブタイム

キングオブタイムは、充実したサポート体制と、システムの安定性を兼ね備えています。また、お手持ちのPCなどで気軽に始めることが可能です。

長時間労働の対策については、時間外労働の上限値が設定でき、基準に達したタイミングで従業員をピックアップでき管理者は確認ができます。また、有給休暇も5日以上取得できていない従業員がいた場合に警告が表示されるなど、2019年4月からの義務化にも対応しています。

長時間労働の対策に役立つ勤怠管理システム4:AKASHI

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
AKASHIは、スマホやタブレットに対応し、その日のスケジュールでオフィスでも、出先でも打刻を行えます。また、GPS機能を利用することで、位置情報も把握できます。

長時間労働の対策については、ワンクリックで勤怠確認が可能で、従業員は勤務実績や、残業状況を確認できます。管理者側も出勤簿のチェックができます。

長時間労働の対策に役立つ勤怠管理システム5:ジョブカン

ジョブカンは、導入実績30,000社以上で、業界NO.1の勤怠管理システムです。初めてでも、誰でも、簡単に使えるシンプルな操作が特徴です。ICカード打刻、指静脈打刻など、さまざまな職場環境に対応しています。

長時間労働の対策については、1日、1週間、1ヶ月などの時間が労働の集計が見れ、限度を超えた月数も確認できます。また、有給休暇の管理簿が作成できます。

長時間労働を改善する有効な対策を打ち出しましょう

長時間労働を改善するための対策10個|役立つ勤怠管理システム5つ
いかがでしたか、今回は長時間労働の対策について、ご紹介してきました。長時間労働を減らし、従業員の健康管理をし、企業の発展につなげてください。

今回紹介した方法やシステム参考にし、自社に合った対策を打ち出してみることをおすすめします。

Related