Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ

徹夜勤務は深夜から朝にかけて仕事をすることです。徹夜での勤務は昼間の時間帯の仕事とは違うので、さまざまなことに注意しながら仕事をしていくことが大切です。また、健康診断があれば受診して医師のアドバイスを受けておくようにします。

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ

徹夜勤務が発生する状況とは?

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
職場での働き方や、顧客へのサービスが変わってきているので徹夜勤務が発生しています。例えば、昼間の時間に仕事が終わらなかったり、さまざまなライフスタイルに合わせたサービスをしなくてはいけないという理由で徹夜勤務をしなければならないからです。

会社を経営している人は、従業員の生活と健康のためにも昼間の時間内で終わる勤務をさせていくことが大切です。

徹夜で勤務をする際知っておくべきこと9個

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
徹夜勤務をするにあたって知っておくべきことが9つほどあります。徹夜勤務は過酷な労働なので、会社との労働契約や就業規則を確認して、健康に留意して仕事をする必要があります。

徹夜勤務をする人は、昼間の勤務とは違うことを認識して、健康に留意しながら仕事をしていくことが求められます。

徹夜勤務で知っておくべきこと1:翌日の仕事のことを考える

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
徹夜勤務で知っておくべきことに翌日の仕事にことを考えて勤務をすることが挙げられます。徹夜勤務は人間が寝る時間の勤務となり、体に与える負担が大きくなるので体調を気遣い勤務をする必要があるからです。

徹夜勤務をしている人は、昼間の勤務をバランスよくこなして、徹夜勤務をしなくて済むように考えて仕事をすることが必要です。

徹夜勤務で知っておくべきこと2:徹夜勤務が体にもたらす影響

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
徹夜の勤務をすることで体にもたらす影響があることを知っておかなくてはいけません。深夜の勤務をすることで睡眠や食事のバランスが不規則になり、体に悪い影響を及ぼすことになります。

徹夜勤務をする人は、勤務がない日は体を動かすようにして、食事も野菜を摂るようにします。また、ストレスがあっても喫煙や飲酒以外のことで発散することが大切です。

徹夜勤務で知っておくべきこと3:徹夜勤務に効果的な仮眠の取り方

効果的な仮眠を取ることも徹夜勤務をするために必要なことです。徹夜勤務中に効果的な仮眠が取れなければ、業務に集中することができないので質の良い睡眠を取ることが求められます。

徹夜勤務をする人は、徹夜勤務中に質の良い睡眠をとることは難しいので、音楽を聴かないで静かな環境を作り、体を動かしておいて睡眠を取りやすくします。

徹夜勤務で知っておくべきこと4:徹夜勤務に関する就業規則を明確にする

徹夜勤務に関する就業規則を明確にしておくことも徹夜の勤務をするために必要なことです。その会社が定める就業規則が労働基準法に違反していないかを確かめたり、勤務が終わった際の休日の取得を確認しておく必要があるからです。

自分が徹夜勤務をする会社の就業規則で不明な点があれば、責任者や管理者へ直接聞いて明確にしましょう。

徹夜勤務で知っておくべきこと5:徹夜勤務で済ませる仕事を把握する

徹夜勤務をするには勤務中に済ませておくべき仕事を把握して仕事をすることが大切です。仮眠を取りながらの仕事になると、昼間の勤務のようなペースで作業することが難しくなるので徹夜勤務で済ませる仕事を把握する必要があります。

自分で徹夜勤務前に仕事の整理をして、優先順位を定めて仕事をするようにしましょう。また、トラブルが起きた際の連絡方法なども確認しておきます。

徹夜勤務で知っておくべきこと6:深夜帯の仕事になるので責任感を持って仕事をする

深夜帯の仕事になるので、責任を持って仕事をすることを忘れないことも大切です。徹夜勤務は少ない人数で長い時間の勤務になるので備品や鍵の管理などが必要になり、責任感を持って仕事をする必要があります。

徹夜勤務をする人は、深夜勤務の警備員と連携を忘れないで、昼間の勤務とは違うことを自覚して仕事をしましょう。

徹夜勤務で知っておくべきこと7:勤務は徹夜勤務と通常勤務と休日をバランスよく組むようにする

通常勤務と休日のバランスを考えて徹夜勤務をすることも大切なことです。休日や通常勤務よりも徹夜勤務が増えることになれば、体に与える負担が増えて仕事を続けていくのが難しくなるからです。そのため、バランスよくシフトを組むことが必要になります。

徹夜勤務をしている人は、昼間の勤務のうちに作業を済ませることを目標に仕事をしていきましょう。

徹夜勤務で知っておくべきこと8:徹夜勤務をすることで健康診断の回数が増えることを覚えておく

徹夜勤務で知っておくべきことに健康診断の回数が増えることが挙げられます。深夜帯の警備員や深夜勤務を中心に働いている人は体に与える影響が大きいため、定期的に健康診断をする必要があるからです。

健康診断を受けた人は、医師からの指示があれば素直に従うようにして、食事の管理や運動をする時間を増やすようにします。また、医師の受診が必要な場合は通院をするようにしましょう。

徹夜勤務で知っておくべきこと9:会社の社員や建物が昼間の勤務と違うことを覚えておく

会社全体が昼間の勤務と違うことも徹夜勤務をするために知っておくべきことです。建物の灯りが少なかったり、社員が少ないので不便な点を克服して仕事をしていく必要があるからです。また、取り引きの会社との連絡が取れないことも把握しておきましょう。

徹夜勤務をする人は、徹夜の勤務中に困らないように昼間の時間の社員に仕事をするために必要なことを聞いておき、深夜勤務がスムーズに進む工夫をするようにします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用できていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

徹夜勤務の勤怠管理に関する注意点3つ

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
徹夜勤務の勤怠管理に関することで注意しておくことがあります。会社が社員に徹夜勤務をさせるためには、タイムカードなどで就業状況を管理して、労働基準法に違反しないように勤務させることが求められるからです。

会社を経営する人は、タイムカードやICカードなどで社員の徹夜勤務を管理して、労働基準法を守り、社員が仕事をしやすい労働環境を作ることが大切です。

徹夜勤務の勤怠管理に関する注意点1:徹夜勤務の割増賃金は?

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
徹夜勤務の勤怠管理に関する注意点で割増賃金について知っておくことが挙げられます。徹夜での勤務は所定時間以外の時間で仕事をしていくので、午後10時から午前4時までの勤務に関しては、25%の割増賃金が発生することになっています。

徹夜勤務をする人は、徹夜勤務をした分の割増賃金を事業主から給料としてもらうようにします。また、自分で計算をしておき、割増賃金が支払われない場合は労基などに報告するようにします。

徹夜勤務の勤怠管理に関する注意点2:徹夜勤務明けに休日は必要か?

徹夜明けに休日が必要かどうかも徹夜勤務の勤怠管理する上で注意する点です。労働基準法では1日の労働時間が8時間で、週の労働時間が40時間と定められているので徹夜勤務に関係なく労働時間が8時間を超えていれば、次の日に休日を取る必要があります。

徹夜勤務をしている人は、仕事のない日に用事を済ませたり、体調を整えて、次の勤務に備えておくことが大切になります。

徹夜勤務の勤怠管理に関する注意点3:徹夜勤務明けの休日は有給になる?

徹夜勤務明けの休日が有給になるかも勤怠管理をする上で知っておくべことです。徹夜勤務明けの休日は有給にはなりません。しかし、本人が前日に有給の取得をしていれば有給として休むことはできます。

徹夜明けの有給を取りたい人は、早めの有給の申請をしておき、他の社員に迷惑をかけないように休むようにしましょう。

徹夜勤務について理解しましょう

徹夜で勤務する際に知っておくべきこと10個|勤怠管理に関する注意点3つ
徹夜での勤務をしていくには、徹夜勤務について知っておくことが大切です。徹夜勤務は所定時間以外の時間に仕事をするので、割増賃金が発生したり、体調を留意することも求められるからです。

徹夜勤務をする人は、体に与える影響を考えながら、働く会社の就業規則を把握して不明な点をなくして働いていくことが大切です。

Related