Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説

週休3日制という言葉を聞くと、労働者話のメリットばかりついつい考えてしまいますが、実は企業側にも大きなメリットがあります。そこで、今回は労働者側のメリットを7つ、そして企業側のメリットを3つ紹介します。それ以外にもデメリットもありますので、そちらも解説します。

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説

週休3日制とは?

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
週休3日制とはその名前のとおり、1週間に3日も休める体制のことです。海外の有識者や日本の一部有識者からの指摘で週休3日制が一番人間が働くのにちょうど良いという声がありますが、はたしてこれは実現できるのでしょうか。

この週休3日制にはいろんなメリットも存在していると言われておりますし、問題点も抱えているという代物なので、それらを理解した上で経営者は導入する必要があります。

週休3日制のメリット

週休3日制における最大のメリットは労働者側ならプライベートの時間を確保できるということ、企業側なら生産性向上に繋がる可能性が高いということです。

単純に土日休みといった週休2日制と比べると、週休3日制は1日休みが多いので自由に行動する時間が増えてくれます。このメリットは労働者なら非常に良く理解できるでしょう。

【労働者】週休3日制のメリット7つ

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
それでは具体的に週休3日制における労働者側のメリットを7つほど記載して参りましょう。このメリットがどれだけ魅力的に感じたかで、導入するかどうかを判断する必要があります。

ただし、この週休3日制は日本ではまだまだ受け入れられていないためにデメリットも発生してしまうので、その部分も考慮してください。

【労働者】週休3日制のメリット1: プライベート時間の充実

週休3日制における労働者側の最大のメリットがプライベートの時間を充実させることが可能なことでしょう。休みがシンプルに1日増えるので、やりたいことができる時間が確保しやすくなります。

仮に休日出勤があって休みが1日つぶれたとしても2日も休みが確保できれば行動の自由はある程度確保しやすいでしょう。遊ぶこともできますしキャリアアップのための勉強をすることも可能です。

【労働者】週休3日制のメリット2: 通勤の負担軽減

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
週休3日制になるとシンプルに会社に行く回数が減りますので、その分通勤をする回数も減ります。朝も帰りも満員電車で苦労している方ならば、その苦労が減ると考えると非常に大きなメリットとなるでしょう。

これが車通勤という方でも、片道1時間以上かかるような通勤ならばその移動がなくなるというのが大きなメリットとなります。

【労働者】週休3日制のメリット3: 充分にリフレッシュできる

週休3日制のメリットは休みが1日増えることで自分が使える時間が増え、リフレッシュしやすくなると言うことです。

たとえば土日といった通常どおりのお休みだと、お子さんの休みとあわさることになるのでそちらにばかり手がかかって結果的にリフレッシュすることができないケースもあるでしょう。

ところがお子さんが休みではないけど自分が休める日が1日あれば、しっかりとリフレッシュが可能となります。

【労働者】週休3日制のメリット4:キャリア中断の必要性が減る

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
週休3日制のメリットとして育児や介護に必要な時間を確保できる可能性が上がるということです。

休みが少ない職場で育児や介護まで必要になるとキャリアを中断するしかなくなってしまいますが、最初からある程度の休みが確保できる環境ならばその心配も薄れるでしょう。

現代社会ではキャリアを中断するとなかなか職場に復帰できず退職するというケースがまだありますので、その心配がなくなるのは大きなメリットです。

【労働者】週休3日制のメリット5:平日にこなさないといけないことがこなせる

週休3日制のメリットの一つとして、平日じゃないとできないことが当たり前のようにできるようになるということです。その筆頭がお役所関連の手続きでしょう。

今では休日でもある程度対応してくれるようになりましたが、それでも平日のほうがスムーズに事が運びますので、それらの諸手続が必要な時でも週休3日制ならば問題なく動くことができます。わざわざ有休を使って役所に行かなくて良いのはメリットです。

【労働者】週休3日制のメリット6:働くための気力がわき出る

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
週休3日制のメリットは働くための気力が出やすいということです。実際に現代日本では学生や社会人含めて月曜日が圧倒的に辛く人によっては「月曜日は来ないで欲しい」という気持ちで一杯になることすらあります。

しかし、これが週休3日制となると水曜日などに休みを用意して「2日いけば1日休める」といった精神的余裕を生み出しやすい環境にすることができます。これは大きなメリットです。

【労働者】週休3日制のメリット7:資格を取りやすくなる

週休3日制のメリットは資格を本格的に取りたいという方ならば勉強をする時間が確保しやすくなると言うことです。休みが1日多くなれば、それだけたくさん勉強する時間が用意できるので資格を圧倒的に取りやすくなります。

特に、仕事が肉体的にも精神的にもキツイという人は平日になかなか勉強できないので資格を取るのも大変でしょう。休みが1日多ければこのような状況から脱却しやすくなります。

【企業】週休3日制のメリット3つ

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
週休3日制にすることの労働者側のメリットはこのように色々とありますが、企業側にも大きなメリットがあるので、本格的に導入するかどうかを検討すべきです。

特に、超高齢者社会に向かって重要になる離職防止や企業イメージアップというメリットを見過ごすことはできません。

【企業】週休3日制のメリット1: 離職防止につながる

労働者側のメリットにも記載しましたが、休みが多いと育児や介護と仕事の両立が可能となるので離職防止に繋がってくれます。

実際に導入している日本IBMやヤフーでは育児や介護の両立が可能となっており、このメリットを実現し実感している状態にあります。

【企業】週休3日制のメリット2: 生産性が上がる

働き過ぎの日本人とよく言われていますが、実は生産性が圧倒的に低いのも日本人で、この生産性が向上しやすくなるのも週休3日制のメリットとなります。

限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮するためには、心身共にリフレッシュした状態になっている必要があり、週休3日制ならばこのリフレッシュした状態をキープしやすくなります。

【企業】週休3日制のメリット3: 企業イメージが向上する可能性

日本ではまだまだ週休3日制を採用している企業は少なく、採用することで柔軟な考えを持って働き方改革を実行している企業というイメージを持たれやすくなります。

これは対外的に大きなアピールとなりますので、いろんな方々が興味を持ってくれるでしょう。求職者の増加にも繋がっていきます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

週休3日制のデメリットは?

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
ただし、週休3日制にはデメリットもあります。その最たる物が、日本で導入している企業が少ないため、取引先とのコミュニケーションの不都合が発生しやすいと言うことです。

まだまだ土日休みの週休2日制が当たり前というイメージが定着しているので、それ以外に休んでいる会社とは連絡が取りにくいと思われてしまいます。

週休3日制について知り納得のいく就職や転職をしよう

【労働者】週休3日制のメリット7つ|企業側のメリットやデメリットも解説
週休3日制は労働者側にも企業側にもメリットがありますが、まだまだ導入している企業は少ないです。それでも少しずつ導入している企業が増えてきていますので、興味がある方は導入している企業の求人情報をご覧ください。

日本IBMやヤフーや佐川急便といった大手でも導入しているので、そこの社員の声を聞き、納得のいく転職や就職をしましょう。

Related