家族がインフルエンザになったときの出勤は?|予防法5つを紹介

働き方改革

インフルエンザの恐ろしさ

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因で起こり、A型・B型・C型の3種類あります。A型とB型は人間の間で流行し、最悪の場合は出勤停止を余儀なくされます。

インフルエンザウイルスが活動的になる時季は、湿度と気温が低い冬場です。乾燥した冷たい空気は、人間の気道の働きを低下させます。体に入った異物を鼻水や痰などの粘液で、体外へ送り込む機能が低下することで、インフルエンザが流行すると言われています。

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状は風邪と似ており、自己診断は感染の原因や症状悪化につながるため危険です。喉の痛み・くしゃみ・咳・鼻水といった風邪の症状に加えて、38度から40度の高熱・頭痛・筋肉痛・関節痛・全身倦怠感なども伴います。

インフルエンザに感染してから発症するまでに、1日から5日程度の潜伏期間があると言われています。健康な成人の場合、3日から7日程度症状が続き、その後完治に向かっていきます。

インフルエンザの原因

インフルエンザの主な原因は、飛沫感染と接触感染の2つあります。

飛沫感染は、インフルエンザに感染した人のくしゃみや咳などで飛び散ったウイルスを、鼻や口から吸いこむことが原因です。接触感染は、飛沫から水分が蒸発して空気中に浮遊して、手指などにウイルスが触れてしまうことが原因です。

これらの中で、特に大きな流行を見せるのがA型のウイルスと言われ、共に過ごす家族間でも感染しやすいものとされています。

インフルエンザになったときの出勤は?

先ほどのまとめで、インフルエンザは感染力が強く、風邪の症状にプラスして高熱などの重い症状が出ることが分かりました。

インフルエンザに感染した場合は出勤停止になるのでしょうか。それとも出勤を余儀なくされるのでしょうか。

以下に、インフルエンザに感染した場合の休み方をまとめました。基本的にインフルエンザに感染したら、速やかに休息を取ることが先決です。

熱がなくても休む

成人の場合インフルエンザと診断をされても、出勤再開に関する決まりはありません。会社によっては、インフルエンザに感染した場合出勤停止にするところもあります。

インフルエンザは発症から時間が経過し快方に向かっていても、くしゃみや咳などでウイルスを排出している危険性があります。インフルエンザと診断をされたら例え熱がなくても、社内や家族間での感染予防と症状悪化を予防するために、しっかりと休みを取りましょう。

一週間は休む

前述したように、成人の場合はインフルエンザと診断を受けても、出勤再開に関する決まりなどがなく出勤停止になることはあまりないでしょう。ですが社内・家族間の感染予防と症状悪化を防ぐために、休みをとることが鉄則です。会社によっては出勤停止を言い渡されるでしょう。

インフルエンザに感染した場合、発熱が治まってから2日目が外出の目安です。発症した翌日から7日までは外出制限をし、一週間はゆっくりと休みましょう。

診断書を用意しておく

インフルエンザに発症した場合、会社によって出勤停止などの出社に関する規定が異なります。出社規定にはインフルエンザを発症した場合、どのような対策をとるか記載されています。

会社によっては診断書の提出を義務付けしているところもあれば、特別な規定はなく出勤停止に関して本人の判断にゆだねているところもあります。

出社規定や出勤停止の確認が取れない場合、診断を受けた時に診断書を貰っておくと良いでしょう。

出勤停止?家族がインフルエンザになったときのパターン2つ

同居している家族がインフルエンザに感染した場合、家庭内での感染を防ぐことが重要です。家族がインフルエンザに感染した場合、感染予防のために出勤停止になる場合があります。

ですが会社によって規定が異なるために、家族がインフルエンザに感染しても、必ず出勤停止になる訳ではありません。

以下に、出勤停止になる場合とならない場合をまとめたので、参考にしてみてください。

家族がインフルエンザになったとき1:出勤停止になる場合

企業が出勤停止を言い渡す場合、本人が既にインフルエンザに感染していることを懸念していることがあります。家族が感染している場合、勤めている本人に自覚症状はなくとも、既に感染していることを視野に入れなければなりません。

また、会社内でインフルエンザが流行してしまうと、ビジネスに大きな影響を与え損失も出ます。このような事態を想定し避けるために、出勤停止を言い渡すケースがあります。

家族がインフルエンザになったとき2:出勤停止にならない場合

家族がインフルエンザに感染した場合、出勤停止にならない理由として、出勤停止の規定がないことが挙げられます。

ですが、家族の症状や状況・自身の症状や状況に合わせ、自ら出勤停止をするべきか判断をすることは大切です。

自己判断で出勤停止を検討する場合、インフルエンザの症状が出ている・感染した家族と同じ部屋で過ごし、寝食を一緒にしている・感染した家族が重症化の恐れがあるという4つを基本に考えましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

家族で行うインフルエンザの予防法5つ

家族の誰かがインフルエンザに感染してしまうと、家族の中で二次感染になりかねません。インフルエンザを防ぐためには、家族のみんなが徹底的な予防を意識して行うことが大切です。

インフルエンザに感染を防ぐために必要な、予防法を5つまとめたので是非参考にしてみてください。

家族で行うインフルエンザの予防法1:手洗いうがい

手洗いは、手指に付着したインフルエンザウイルスを除去するために有効です。インフルエンザだけに限らず、手洗いには他の感染症を予防する効果があります。

うがいは、一般的な感染症予防のために勧められている予防法です。うがいには殺菌作用があるため、インフルエンザの感染の予防に効果的です。

手洗いとうがいには、物理的にウイルスを洗い流す効果があるため、外出から帰宅したら率先して行うと良いでしょう。

家族で行うインフルエンザの予防法2:予防接種

インフルエンザ対策として、最も有効的なのは予防接種と言われています。インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造がされているため、インフルエンザに感染をしても重症化を防ぐことができます。

インフルエンザワクチンは9割の医師が推奨しています。発症予防はおよそ50%から60%の割合で、インフルエンザにおける重症化を防ぐ割合は80%と言われています。

家族で行うインフルエンザの予防法3:マスクの着用

インフルエンザウイルスが口から入ることを防ぐために、マスクの着用は必須です。ただし、マスクをするだけでは充分な予防にはつながらないため、前述した手洗い・うがい・予防接種などを並行しましょう。

着用したマスクは1日で使い捨て、食事などではずす場合には袋に入れましょう。また、長時間の使用でマスク自体がウイルスに汚染されることが懸念されます。着用の際はこまめに取り換えましょう。

家族で行うインフルエンザの予防法4:加湿器の設置

空気が乾燥することで、喉の防御機能が低下します。喉の防御機能が低下することでインフルエンザに感染しやすくなります。

特に乾燥しやすい冬場は、室内の湿度を50%から60%に保つと、インフルエンザ感染予防につながります。部屋の湿度を保つには加湿器を設置し、こまめに新しい水を入れましょう。

家族で行うインフルエンザの予防法5:分泌物や排泄物の消毒

インフルエンザウイルスの消毒には、煮沸消毒・消毒用エタノール・次亜塩素ナトリウムを使うと効果的です。

くしゃみや咳などを押さえた手・飛沫した部分には消毒用エタノールが効果的です。次亜塩素酸ナトリウムは、飛沫した部分と排泄物の消毒に効果があります。感染した家族が使用した食器などは、煮沸消毒をしましょう。

家族でインフルエンザの予防を徹底しよう

説明したように、家族がインフルエンザに感染してしまうと、会社に勤めている場合は出席停止になり、仕事に支障が出る可能性があります。また、家庭内で感染が広がると、外出ができなくなり食事の調達が日用品の買い出しが不便になります。

このような事態を防ぐためにも、インフルエンザシーズンが到来する前から、家族で徹底的に予防をしていくことが大切です。正しい予防と正しい知識で、インフルエンザ発症を防ぎましょう。

タイトルとURLをコピーしました