社員の健康を守る福利厚生例10個|健康支援の福利厚生で重要な要素5つ

働き方改革

福利厚生の現状

今までは従業員の健康管理は自己責任とされることが多かったです。しかし、近年では仕事に対する意識や時代、環境などの変化によって、従業員の健康管理は企業も行うものと言う傾向が強くなってきています。

企業が従業員の健康管理を行う方法の1つとして、福利厚生を充実させるという方法があります。福利厚生で従業員の健康をケアする企業は増えてきているため、健康関係に特化した福利厚生が多い企業も増えてきています。

社員の健康を守ることに特化した福利厚生が増えている

上記で述べた通り、健康管理は従業員である本人だけで行うものではなく、企業も従業員の管理を行うようになってきています。また、就職や転職先の企業選びの際に、健康面の福利厚生を重視するという人もいて、求人に影響を与えてしまうこともあります。

さらに、中小企業では従業員の高齢化が進んでいる企業もあり、従業員の健康を守るためにも福利厚生を充実させないといけない状況となっている場合もあります。

社員の健康を守る福利厚生例10個

従業員の健康は本人だけでなく、企業も管理しなければなりません。企業が従業員の健康を守るための方法として、健康面の福利厚生を充実させるという方法があります。また、従業員の健康面を守るための福利厚生にもいろいろな方法があります。

そのため、従業員の健康を守るための福利厚生は、その企業での仕事内容に合ったものである必要があるため、企業は適した福利厚生を把握して導入する必要があります。

社員の健康を守る福利厚生例1:お昼寝専用休憩所

食後などの眠気が強くなる時間帯に、その眠気を我慢して仕事を続けると体に負担がかかってしまったり、仕事に集中できなくなったり、車を運転する場合には居眠り運転などのリスクがあります。

そのため、従業員の健康を守るために、福利厚生として、休憩時間とは別に20分から30分のお昼寝をする時間を設ける企業もあります。お昼寝の時間があるため、仮眠を取りやすいようにお昼寝用のスペースまで準備する企業もあります。

社員の健康を守る福利厚生例2:自転車通勤制度

仕事をしていると、なかなか運動する機会がなく、運動不足となってしまうという人もいます。なので、通勤方法を自転車にして、運動不足を解消してもらうために、福利厚生として自転車で通勤をすると手当を付けるという企業もあります。

また、自転車で通勤することで運動不足が解消できるだけなく、手当が増えることで会社の近くに引っ越しができ、睡眠時間を増やすことができたという人もいます。

社員の健康を守る福利厚生例3:無料マッサージ

仕事をしていると、いくら休日でしっかり休んでも、体に疲労が蓄積してしまうこともあります。その溜まった体の疲労をマッサージで癒しているという人は多いです。

なので、福利厚生として、会社に施術師を招いての訪問マッサージや、会社が契約している店舗や施設でマッサージを受けることで安く施術してもらえるようにしている企業もあります。マッサージ関連の福利厚生は人気が高く、利用者が多いです。

社員の健康を守る福利厚生例4:野菜支給制度

食生活の乱れも健康に影響を及ぼしてしまいます。そのため、食生活の面からも健康を守ってもらうために、福利厚生として野菜を支給する企業があります。野菜をセットにして、目的に支給してもらうことで食生活を改善する目的があります。

また、足りない栄養を補ってもらうために、オフィスにサプリメントや健康食品、果物などを常に食べられるように常備してくれる企業もあります。

社員の健康を守る福利厚生例5:皆勤賞手当

月や年単位で遅刻や欠勤がなければ皆勤賞の手当を付くという企業もあります。皆勤賞は従業員の健康面に関係ないように思われます。

しかし、皆勤賞で手当があることで、欠勤しないよう体調管理に注意するようになったり、遅刻しないように睡眠時間をしっかりと確保するように意識したりなどするようになります。

ただし、遅刻や欠勤をしてしまった場合は、その後の仕事に対するモチベーションが下がってしまうということもあります。

社員の健康を守る福利厚生例6:健康診断・人間ドック

健康面の福利厚生として、健康診断を会社で行ったり、健康診断や人間ドックの費用を会社で負担するという企業は多いです。大きな病気を早期発見できるため、本人にとっても非常にメリットがあり、企業側も長く従業員に働いてもらえるというメリットがります。

また、これらは条件を満たせば企業は助成金をもらうことができるので、少ないコストで従業員の健康を守ることができます。

社員の健康を守る福利厚生例7:高級オフィスチェア支給

エンジニアなどのように長時間座っての作業が続く職業の人は、体に大きな負担がかかっています。そのため、仕事を続けることで、腰や首、肩などが不調になってしまうということが多くあります。

なので、毎日のように長時間座る椅子をできるだけ体の負担を軽減してくれるように、高級オフィスチェアを支給するという企業もあります。些細なことであっても、毎日のことなので大きく健康に影響します。

社員の健康を守る福利厚生例8:朝食の無料提供制度

朝食を食べないという人は多いです。しかし、朝食を食べないことは体調を崩す原因になってしまったり、午前中の脳の働きを鈍らせてしまったりなどします。なので、朝食を無料で提供をして従業員の健康を守るという企業もあります。

朝食の提供方法はオフィスに自由に食べれるように準備されていたり、社員食堂が解放されていたり、朝活を兼ねて近くのお店で食べるなど、企業によって異なります。

社員の健康を守る福利厚生例9:生命保険への加入

企業は1人でも従業員がいれば社会保険に加入する必要があります。しかし、さらに手厚い保証を行うために、法人保険にも加入していることもあります。

いくら病気やケガに注意をしていても、完全にリスクをゼロにすることはできません。そのため、法人保険はその万が一のための対処になります。法人保険で従業員の健康を手厚く守っていることは社外からも良い印象を持ってもらうこともできます。

社員の健康を守る福利厚生例10:スモ休制度

喫煙者が勤務時間中にタバコを吸いに行ってしまうということができる会社もあります。そのような環境では、喫煙者と非喫煙者で休憩時間に不公平が生じてしまいます。

この不公平をなくすために、非喫煙者には年間で数日分の有給を与えるというスモ休制度を福利厚生として導入している企業があります。

また、スモ休制度は休憩時間の不公平をなくすためだけでなく、有給獲得を目的にタバコをやめる流れを作る目的もあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

健康経営とは?

従業員の健康管理は福利厚生などで企業も管理する必要があります。もし、従業員の健康が管理できずに病気やケガ、体力面での負担などがあると、本人も辛く、仕事効率も下がってしまいます。

そのため、従業員の健康管理は企業にとって経営課題となります。従業員の健康管理を経営課題として捉えることで、福利厚生の充実や、従業員の健康維持などを行い、社内の仕事効率を上げることができます。

健康を支援する福利厚生で重要な要素5つ

先に述べた通り、従業員の健康を維持したり、管理したりなどするために、いろいろな福利厚生があります。ですが、従業員の健康を維持したり、管理したりなどするために福利厚生を導入する際には、仕事内容に合わせた福利厚生を準備する必要があります。

仕事内容に合わせた福利厚生を導入するためには、健康を支援するためにどのような要素に重点を置くかが重要となってきます。

健康を支援する福利厚生で重要な要素1:心身の健康管理

休日にしっかり休みをとっても、仕事をしていれば体に疲労が溜まっていくこともあります。体に疲労が蓄積されてしまうと、仕事のミスの原因となってしまったり、事故の原因などになってしまう可能性があります。

なので、従業員の心身の疲労を溜めすぎないように、お昼寝休憩の時間を設けたり、マッサージを受けやすい環境を整えるなどするようにしましょう。特に、長時間のオフィス作業をする人にとって重要な対処となります。

健康を支援する福利厚生で重要な要素2:食生活の改善

いくら休日に運動をしても、十分な睡眠をとったとしても、飲酒や変食などで食生活が乱れていると、体の内側から体調を壊してしまう可能性があります。

なので、食生活を整えてもらうために、栄養食品をオフィスでいつでも食べられるようにしたり、朝食を食べない人のために朝食を提供したりなどしましょう。健康に無関心な従業員が多い職場ではこのような対応が必要となります。

健康を支援する福利厚生で重要な要素3:運動習慣の定着

運動不足は体を不調にしてしまう原因となってしまうことがあります。運動は日常的に行わないといけないため、運動するということを習慣づける必要があります。

なので、自転車通勤制度などを導入して、運動を日常的に行えるような環境を作ることが重要です。また、スポーツ施設と契約をして、従業員であれば安く利用できるようにしておくという方法もあります。

健康を支援する福利厚生で重要な要素4:社員の傷病に対する援助

どれだけ注意をしていてもケガや病気をしてしまうことはあります。その際に仕事を休まなくてはいけなくなることもあります。そのとき、傷病手当や傷病休暇、休業補償などの援助がなければ、仕事ができない間の収入が大きく減ってしまうことになります。

仕事ができない期間の援助をすることで、従業員に収入を確保してもらうことができるだけでなく、治療や休養に安心して専念できる環境を整えることもできます。

健康を支援する福利厚生で重要な要素5:生活習慣病の改善指導

生活習慣病には糖尿病、高血圧症、肥満、心臓病、脳卒中などがあります。これらの原因は飲酒や変食などによる食生活の乱れや運動不足、喫煙などの生活習慣が原因となります。

先に述べてきた通り、食生活の乱れや運動不足、喫煙などは企業が従業員の健康管理をするために改善していくべき要素です。なので、これらの生活習慣病に繋がる生活習慣に関しては、改善が必要ということを、まずは知ってもらうことが必要となります。

福利厚生で社員の健康を守ろう

今まで健康管理は従業員である本人が行うものとされてきました。しかし、近年では企業も従業員の健康管理を行うべきという考えになっています。

従業員の健康を守るためには、福利厚生を充実させることで対応をすることができます。ただし、仕事内容によって、必要な福利厚生が変わってきます。

なので、従業員にどのような福利厚生が必要となるかを判断して、適した福利厚生を導入するよにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました