ホワイト企業の特徴11・大企業・上場企業|ブラック企業は福利厚生がない

働き方改革

ホワイト企業

皆さんは、「ホワイト企業」という言葉を聞いたことはありますか。この記事は、ホワイト企業の特徴やブラック企業についてのことを、詳しくご紹介していきます。

ホワイト企業という言葉ができたのは、ここ数年のことです。皆さんが現在お勤めされている会社は、果たして「ホワイト企業」と言える会社なのでしょうか。

ぜひ、ご自分が今勤めている会社の状況と照らし合わせて、最後までご覧ください。

ホワイト企業の意味

まずホワイト企業とは、福利厚生がきちんと整っていて転職による離職率が低く、社員に好かれている会社のことです。

どの会社がホワイト企業なのか入社前にはわからないことが多く、ホワイト企業だと思って入社をしたつもりが、勤め始めてみたら実は「ブラック企業」と呼ばれる会社だったというケースもあります。

「ブラック企業」についても後程詳しく説明しておりますので、ご参考になさってください。

大企業・上場企業=ホワイト企業ではない

大企業や上場企業だからといって、必ずしもホワイト企業というわけではありません。

大企業や上場企業でも、離職率が高かったり福利厚生がきちんと成り立っていない場合があります。しかし、実際には企業の離職率や福利厚生のあり方は、入社してみないとわからない場合がほとんどです。

ホワイト企業かどうかを見分けるには、インターネットでの口コミや企業のオフィシャルホームページなどを良く見て、判断する必要があります。

ホワイト企業の特徴11

ここでは、「ホワイト企業」の特徴についてを具体的にお伝えしていきます。

皆さんは、一体どのような企業がホワイト企業だと考えられますか。一般的にホワイト企業だとされている定義や特徴は、1つではありません。

ここでホワイト企業の特徴を知って、自身の転職活動や就職活動に活かしましょう。

ホワイト企業の特徴1:残業が少ない・残業がない

ホワイト企業の特徴1つ目は、「残業が少ない・残業がない」ということです。ホワイト企業では、定時で帰ろうという試みを実行している会社が多いです。「ノー残業デー」という日を設けている会社もあります。

しかしブラック企業では何時間も残業をさせられる場合があり、終電近くにようやく帰宅できるというケースもあります。

ホワイト企業の特徴2:1分単位で残業代が支給される

ホワイト企業の特徴2つ目は、「分単位で残業代が支給される」ということです。現在の一般的な企業は、残業代が1分単位で支給されるように計算される企業がとても増えてきています。

しかしブラック企業では、「サービス残業」と言われて給与が発生しない場合もあるので注意しましょう。

ホワイト企業の特徴3:有給休暇の取得率が高い

ホワイト企業の特徴3つ目は、「有給休暇の取得率が高い」ということです。ホワイト企業は有給や特別休暇の取得率が高いのですが、これらの休みが実際に取れるように会社も進んで協力してくれる傾向にあります。

ホワイト企業では有給休暇や特別休暇を何日もためておくと、専門の部署の方や上司から、休みを取るように言ってもらうことができる場合があります。

その場合はしっかり休んで、また業務に励みましょう。

ホワイト企業の特徴4:給与が高い・ボーナスが支給されている

ホワイト企業の特徴4目は、「給与が高い・ボーナスが支給されている」ということです。給与やボーナスの支給額が、自分の働いている業務内容を見合ったものなのかを確認することは、とても重要なことです。

「自分の仕事内容はとてもハードだけれど、ボーナスは出ないし月収も低い。もしかしたらブラック企業かも」と感じたら、思い切って転職を考えてみましょう。

ホワイト企業の特徴5:福利厚生が充実している

ホワイト企業の特徴5つ目は、「福利厚生が充実している」ということです。やはりホワイト企業の主な見分け方は、充実した福利厚生にあります。

例えば各種保険や特別手当、有給の所得率を調べてみると、その企業がブラックなのかホワイトなのかを判断する材料の1つになります。この調べ方は、企業の口コミやオフィシャルホームページをインターネットで調べると、具体的な数字などが出てくる可能性があります。

ホワイト企業の特徴6:女性も働きやすい・活躍できる

ホワイト企業の特徴6つ目は、「女性も働きやすい・活躍できる」ということです。ホワイト企業は、女性従業員数が3割から4割います。

ブラック企業はきつい仕事であることが多く、残業が多かったり営業職に多かったりするため、もし女性がブラック企業に行ってもあまり活躍は望めません。

その点ホワイト企業は、女性で管理職についている方が多かったり女性従業員が多かったりと、活躍していることが多いです。

ホワイト企業の特徴7:業績が良い・将来性が高い

ホワイト企業の特徴7つ目は、「業績が良い・将来性が高い」ということです。ホワイト企業は従業員の満足度が高く、その会社で働くことを楽しみにしている場合が多いです。

そのため、企業の成績や将来性がとても高くなっています。あまりにも会社の業績が低迷しているという会社は、将来性に欠けるので注意しましょう。

ホワイト企業の特徴8:コンプライアンスが守られている

ホワイト企業の特徴8つ目は、「コンプライアンスが守られている」ということです。コンプライアンスは、今の時代大変重要です。

コンプライアンスは、社会的倫理や社則に背かないようにするための決まりです。ホワイト企業では、コンプライアンスが従業員1人1人の意識によって守られています。

この従業員たちの意識改革も、ホワイト企業では積極的に行っています。

ホワイト企業の特徴9:研修制度が整い、社員教育が充実している

ホワイト企業の特徴9つ目は、「研修制度が整い、社員教育が充実している」ということです。ホワイト企業では、特に新入社員教育に力を入れている会社が多く存在します。

大学を卒業したばかりの新入社員は、初めての就職・仕事に戸惑い、早期の退職を選んでしまうケースがとても多いです。

そのためホワイト企業では、特に大学を卒業したばかりの新入社員に研修や教育を受けさせ、しっかりと社会人に育てるノウハウを持っています。

ホワイト企業の特徴10:柔軟な労働環境がある

ホワイト企業の特徴10個目は、「柔軟な労働環境がある」ということです。柔軟な労働環境とは、それぞれが与えられたマニュアルに縛られるのではなく、各々考えてその場その場で対応できる環境であるということです。

例えば、従業員が立場に関係なくアイディアを発言したり、仕事に必要な勉強時間を与えるなど、ある程度従業員が自分たちで考えて動くことができる環境を持った企業は、ホワイト企業とされています。

ホワイト企業の特徴11:離職率が低い

ホワイト企業の特徴11個目は、「離職率が低い」ということです。離職率が低いということは、「従業員たちの満足度が高く、現在会社に満足している。」という表れです。

離職率が低い会社は、会社のサポート体制が良かったり、福利厚生がしっかりしたものである場合が多いです。転職活動や就職活動をするときには、企業の口コミやオフィシャルホームページを確認して、離職率がどれほどの数字か調べましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ブラック企業は福利厚生がない

ここでは、ブラック企業での福利厚生の実情についてをご紹介いたします。ブラック企業では、福利厚生がほとんど見られません。

もし自分が現在勤めている会社が「ブラック企業なのかも」とお悩みでしたら、以下の項目と照らし合わせて、「自分の会社では何が無くて何がある」と確認をしてみましょう。

また、現在自分が会社でどんな保険に入っているかがわからないという方は、一度詳しく調べてみましょう。

ブラック企業の福利厚生1:雇用保険に加入していない

ブラック企業の福利厚生1つ目は、「雇用保険に加入していない」ということです。雇用保険は一般的な企業での福利厚生ですが、ブラック企業では見られないことが多いです。

雇用保険は「失業保険」とも呼ばれており、従業員が働けなくなったときに一定の期間金銭の付与をしてもらえる保険です。

しかしブラック企業では、福利厚生としてうたっている会社でも、実際には雇用保険に加入させてもらえない場合があります。

ブラック企業の福利厚生2:厚生年金に加入していない

ブラック企業の福利厚生2つ目は、「厚生年金に加入していない」ということです。一般的な企業の福利厚生で有名な厚生年金も、ブラック企業では見られないことが多いです。

厚生年金とは国民年金に上乗せされて給付される年金で、福利厚生が整っている会社では本来、企業が手続きを行ってくれるものなのですが、ブラック企業ではメジャーな福利厚生とは言うことができません。

ブラック企業の福利厚生3:住宅手当・通勤手当がない

ブラック企業の福利厚生3つ目は、「住宅手当・通勤手当がない」ということです。ブラック企業と言われている会社では、ほとんどの場合この福利厚生はありません。

しかし、企業からは「近隣○〇キロメートル以内の居住であること。」などと指定される場合があります。家賃や物価が高い地域に住まなくてはいけないとなった際には、自分の月給に似合った条件なのかを見極めましょう。

ブラック企業の福利厚生4:有給休暇・特別休暇がとりにくい

ブラック企業の福利厚生4つ目は、「有給休暇・特別休暇がとりにくい」ということです。これは、ブラック企業に最も多い特徴です。

ブラック企業では福利厚生が存在していたとしても、ほとんどの場合有給休暇や特別休暇が取りにくい、もしくは取ることができないです。

さらにブラック企業は残業や休日出勤が多く、終電で帰宅し始発で出勤などという無理難題を押し付けられることもありますので、注意が必要です。

ブラック企業の福利厚生5:私物携帯の業務用化

ブラック企業の福利厚生5つ目は、「私物携帯の業務用化」ということです。

ブラック企業に勤めていると、自分がプライベートで契約している携帯電話やスマートフォンに仕事の連絡が頻繁に入ってきたり、仕事関係のデータを取り込まないといけなくなってくることがあります。

ホワイト企業では私物携帯の業務化はまずありません。ホワイト企業の福利厚生で私物携帯の料金補助は出ませんが、社用携帯電話の貸し出しは行われています。

ホワイト企業について理解を深めよう!

ホワイト企業の特徴やブラック企業については、いかがでしたでしょうか。ホワイト企業について理解を深め、自分の転職活動や就職活動などに活かしていきましょう。

この記事を機に、自分の勤めている会社がホワイト企業の特徴と当てはまっているかをチェックしてみましょう。もしブラック企業の特徴に当てはまってしまっていたら、転職を視野に入れてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました