ダイバーシティとは?ダイバーシティマネジメント導入のメリット各4つ

働き方改革

ダイバーシティとは?

皆さんは「ダイバーシティ」という言葉を聞いたことがありますか。英語で直訳すると「多様性」を意味する言葉ですか多くの企業で導入されている取り組みです。

多様性、つまり性別や人種、国籍、宗教、年齢などの多様な人材を積極的に活用して企業経営を行う取り組みを指します。年齢や人種にとらわれず多様性を生かしたマネジメントによって生産性を高めることができます。現在、日本ではダイバーシティが勧められています。

ダイバーシティマネジメントが注目されている理由

ダイバーシティマネジメントは近年さまざまな企業で取り入れられていますが、それは一体なぜでしょう。ダイバーシティマネジメントが注目されている理由は有能な人材の発掘や斬新なアイデア発想が挙げられます。多様な社会のニーズに対応できるよう求められています。

宗教や国籍に関係なく、さまざまな人の価値観を理解することで生産性を高めることができると考えられています。外国人労働者を積極的に受け入れる企業も増えています。

ダイバーシティマネジメント導入のメリット

続いてはダイバーシティマネジメントを導入するメリットについてご紹介します。主に4つのメリットがあり、企業視点でのメリットと従業員視点でのメリットをそれぞれ紹介していきます。

さまざまな多様性を認識して広い価値観を認めることで生産性を向上させるだけでなくハラスメントのリスクも抑えることができます。

企業視点でのメリット4つ

まずはじめに企業から見たダイバーシティマネジメントのメリットについてお教えします。主なメリットとして、人材確保、企業評価の向上、ビジネスチャンスの拡大、ハラスメント発生リスクの低減が挙げられます。

企業側にとっては多様性のある経営を認めることで、大きくビジネスの幅が広がりますし、生産性も向上させることができます。

企業視点でのメリット1:人材確保

現代社会ではIT化やグローバル化により非常に優秀な人材が求められ、企業側は経営向上に大きく貢献してくれるような高度な知識やスキルを持つ人間を探しています。

近年では優秀な人材の争奪戦が激化しており、企業が生き残っていくためには採用の対象層の拡大しなければなりません。そのためには多様な人材を募集し、さまざまな人材を受け入れることが重要です。ダイバーシティに取り組むことはその第一歩となります。

企業視点でのメリット2:企業評価の向上

2つ目のメリットとして挙げられるのが「企業評価の向上」です。ダイバーシティマネジメントに取り組むことで多様な人材を積極的に認めていることを周りにアピールすることができ、企業評価の向上へとつながります。

また従業員からの評価も得られるので、企業そのものの評価も上がると考えられます。多様な価値観を認めその中から優秀な人材を発掘するために平等に雇用するという姿勢は、現代社会において非常に重要なものです。

企業視点でのメリット3:ビジネスチャンスの拡大

ダイバーシティマネジメントを導入することによる最大のメリットはビジネスチャンスを拡大できる点です。さまざまな人材を雇用することで多様な考えが広まり、お互いに刺激し合うことで創造性・独創性の強化に繋がります。

多様な人材の能力を発揮させることで、さまざまな経済環境に柔軟に対応することができます。つまりビジネスチャンスを広げることができ、さまざまな分野に通用する考えを身に付けることができます。

企業視点でのメリット4:ハラスメント発生リスクの低減

近年会社内でのハラスメントが大きく問題として取り上げられています。ダイバーシティマネジメントの場合、多様な人材と関わることで自分の価値観も広がり差別やいじめが減る傾向にあります。国籍や人種を超えて多くの人間と触れ合えることはとても大切な要素です。

さまざまな考えの受け入れを認めることで自分自身の世界観も広がります。自分の固定観念を押し付けずいろいろな人を受け入れることが必要です。

従業員視点でのメリット4つ

続いては従業員側から見たダイバーシティマネジメントのメリットについて4つご紹介していきます。これまで企業視点でのメリットをいくつかお伝えしましたが、従業員から見たメリットは少し異なります。

ダイバーシティマネジメントは企業だけでなく、企業で働く人々にとっても良いものと言えます。それではさっそくどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

従業員視点でのメリット1:企業との相互理解

従業員視点でのメリット1つ目は「企業との相互理解」です。ダイバーシティマネジメントを導入することで従業員と企業との距離感が縮まり、より密接な経営および雇用を行うことができると考えられています。

距離が開き方な経営側と働く側の距離を縮めることで良い効果を生むでしょう。互いを理解して受け入れることで安心感を持ちながら働くことができます。

従業員視点でのメリット2:活躍の場が広がる

2つ目は活動の場が広がるという点です。ダイバーシティマネジメントは国籍や人種問わず、多様性を重視する方針であるため、決まった枠組みにとらわれずさまざまな場で従業員が活躍できるというメリットがあります。

企業側はビジネスチャンスを拡大でき、従業員は活躍の場を広げることができるため互いにとってメリットがとても大きいです。自分の力を多くの分野で発揮したい人にはおすすめです。

従業員視点でのメリット3:多様な人材の接点

3つ目のメリットは多様な人材と接点を持つことができるという点です。これはさきほどの活躍の場が増えることやビジネスチャンスを拡大できるというメリットと繋がるものとなります。さまざまな場で活躍できるチャンスが増えることで、多様な人材と関わる機会が非常に増えます。

多くの人と接することで新たな考えや価値観が生まれます。またより視野の広い考えを持つことができるようになります。

従業員視点でのメリット4:能力の向上

4つ目のメリットは能力の向上です。ここまでのお話から結果的に自己能力が上がると考えられます。ダイバーシティマネジメントでは、さまざまな場で活躍する機会が増え多くの優秀な人材と出会うこともできます。

多くの人々と出会いながら自分自身も多くのことを吸収できます。また職場環境も改善すると考えられるためより能力を伸ばしやすいといえます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ダイバーシティマネジメントが抱える問題点3つ

ダイバーシティマネジメントが抱える問題点1:コミュニケーション不足

ダイバーシティマネジメントによってコミュニケーション不足になることが問題視されています。多様な優秀な人材を発掘できるようになった一方で、さまざまな人間との関わり合いの中でコミュニケーションをうまく取ることが求められてきます。

なかなか他者と関わるということは難しいですがコミュニケーション不足にならないことが大切です。コミュニケーションがうまくいかなければ対立が起きてしまうこともしばしばあります。

ダイバーシティマネジメントが抱える問題点2:パフォーマンスの低下

多様性を認めるということはざまざな人間と共存するということになります。つまりさまざまな価値観を持った人と関われば関わるほど、対立の発生につながります。ダイバーシティマネジメントの導入は、多様な人材の集まりによって逆にチームとしても生産性やパフォーマンスを低下させてしまうリスクがあります。

個々の能力が高くてもチームとして良い力を発揮できなければなりません。いかにその中で自分の力を伸ばすかが大切です。

ダイバーシティマネジメントが抱える問題点3:不平不満の発生

優秀な人材が集まることによって不平不満が生じることがあります。異質な人々の集団なので、分かり合えない部分や納得いかない点も多々生じます。ダイバーシティマネジメントでは多様性を認めたが故に自分の意見がとおりにくくなるデメリットがあります。

これは問題点として前述したコミュニケーション不足やパフォーマンスの低下にもつながることです。多様な人材を受け入れることで多くの衝突も考えられます。

ダイバーシティのメリットデメリットをしっかり把握しよう

本記事ではダイバーシティマネジメントとは何か、そのメリットや抱える問題点についてご紹介しました。近年多様な価値観が認められる中、多様性を認めることでその分人間同士の衝突や対立と増えてきます。

ダイバーシティが企業や従業員にとってどのように関わってくるのか、良い点や悪い面も知ることが大切です。ダイバーシティマネジメントのメリットやデメリットをしっかり理解しましょう。

タイトルとURLをコピーしました