Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

多様な働き方の実現にむけて|多様な働き方の実現に向けた7つのポイント

ダイバーシティの促進や仕事内容による勤務体系の変化により、現代の社会における働き方は多様化している傾向にあります。多様な働き方を実現するためにはワークバランスなどを考慮しながら周囲と協力することが大切です。今回は多様な働き方の実現について解説します。

多様な働き方の実現にむけて|多様な働き方の実現に向けた7つのポイント

多様な働き方の実現にむけて

現代社会における勤務体系は、社員の環境や状況に合わせながら自由に選べる勤務体系を推奨している企業も少なくありません。女性にとっては産後に時短勤務などで仕事をする場合や仕事の特性上フレックスタイムを取り入れている企業もあります。

時代とともに生活パターンが変化し、現代における働き方の多様化は効率のいい仕事を進める上でも重要な要素の1つです。

多様な働き方の重要性

現代において多様な働き方が重視されるポイントは、人々の生活パターンや環境の変化が考えられます。現代は性別に関係なく仕事をする方が多く、女性の場合は子どもを出産してからも職場に復帰するケースも少なくありません。

人によってさまざまな生活パターンがあるからこそ、どんな人でも自由に仕事に取り組めるように多様な働き方を取り入れることが企業として重要な役割を果たします。

多様な働き方の実現に向けた7つのポイント

企業の始業時間は8時~9時に始まり、17時~18時に終業する勤務パターンが多い傾向にあります。しかし、時短勤務の方は労働時間を短くしたり、深夜の仕事がある方は午後出勤するケースも多い傾向にあります。

従業員の生活パターンに合わせて働き方を多様化させるためには、周囲のメンバーの協力が必要になります。では多様な働き方の実現に向けて重要となるポイントをいくつかご紹介いたしましょう。

多様な働き方の実現に向けたポイント1:サードプレイスをもつ

多様な働き方を実現するために必要になるのが、仕事や家庭と切り離したもう1つの場所を設けることです。働き方を多様化するということは、時間や場所も毎日規則正しい時間ではなくなる可能性が高くなります。

仕事を早く終えた日は、自分をリフレッシュさせるための趣味や何か没頭するものを持っておくといいでしょう。個人個人が自由に時間を使いこなせるようになると、自由な発想で仕事も取り組むことができるようになります。

多様な働き方の実現に向けたポイント2:小さな一歩を踏み出す

多様な働き方を実現するためには、これまでの固定概念を払拭し小さな1歩を踏み出す勇気が必要になります。たとえば、多くの企業では定時にオフィスに行き、オフィス内で仕事を終えて帰宅する勤務体系が一般的です。

しかし、業種によってはオフィス勤務ではなく、オフィス以外の場所で作業を行い、時間になったら終業するという働き方も可能です。これまでの勤務体系にとらわれず柔軟な働き方の改善を行うのが多様化には必要です。

多様な働き方の実現に向けたポイント3:好循環を生み出す

多様な働き方を実現するためには、部署や仕事内容を考慮し、仕事に合った勤務体系を構築することが大切です。たとえば、IT関連の仕事であればパソコン1台あれば、会議も資料の作成も自由に行うことができます。

勤務場所を指定せず自由な場所から仕事を行うことで、終業後の予定や自宅で過ごす時間なども有意義に過ごすことが可能になります。

多様な働き方の実現に向けたポイント4:「ワーク」と「ライフ」を融合して捉える

多様な働き方を実現するためには、従業員一人一人のライフスタイルに合わせて働き方を改善することが重要です。

たとえば、女性は出産後に職場へ復帰をするケースも多い傾向にありますが、仕事と合わせて子育てを行わなければならないため時短勤務をする方が多い傾向にあります。

しかし、働き方の多様化が進めば、出産後の復帰をした場合は在宅勤務で行える業務に従事してもらうなど、ワークバランスを考えることも大切です。

多様な働き方の実現に向けたポイント5:企業の戦略やニーズ等に合わせた制度の施行

多様な働き方を実現するためには、仕事の進め方や企業戦略の構築方法も改めて考え直す必要があります。たとえば、企業としての戦略方針を立てた後、プランを構築し、上司への決裁を行うのが一般的なプロセスです。

多様な働き方を実現するためには仕事のプロセスを簡略化したり、一人一人がしっかりとした分業を行うことで無駄のない業務設計をすることが働き方の多様化には必要です。

多様な働き方の実現に向けたポイント6:職場のお互い様文化を醸成

多様な働き方の実現には、従業員同士がお互いの考え方や生活パターンを理解し合うことが大切です。働き方が多様化すると、一部の従業員だけ自由な勤務体系となり、そのしわ寄せが他の従業員にくるようでは働き方の多様化を実現することはできません。

誰かが長期休暇を取りたい場合ややむを得ない事情がある場合などは、周囲のメンバーが協力して勤務体制を整えることも働き方の多様化には重要なポイントです。

多様な働き方の実現に向けたポイント7:業務のシステム化を図る

多様な働き方を実現させるためには、業務における無駄な作業を省き、効率よく仕事ができる体制を整えることが重要です。たとえば、会社に何かを申請する際、申請用紙を印刷し、上司の決裁印をもらった後に提出するなどのアナログなシステムは削減していく必要があります。

多様な働き方を実現するためには、申請などの業務はシステムしてオンライン上でできるようにするなど、業務の簡素化を促進する必要があります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

多様な働き方を実現するためにおすすめの書籍5選!

多様な働き方を実現させるためには、企業における仕事の改革や従業員一人一人の意識改革が必要です。これまで当たり前と考えていたことを変えていくには時間も労力もかかります。

従業員一人一人の意識を変えていくためには書籍などを参考にしながら仕事に対する考え方を変えていくのもおすすめの方法です。次は多様な働き方を実現するためにおすすめしたい書籍をいくつかご紹介いたしましょう。

働き方

多様な働き方を実現するためにおすすめの書籍の1つが「働き方」という書籍です。「働き方」は、なぜ人間は働くのかという基本的なことから、働くことで生まれる価値や生活の仕方などをくわしく解説しています。

仕事とプライベートを両立することの重要性や仕事で成果を得ることで生まれる価値など、仕事をする方はぜひ読んで欲しい1冊です。

なぜ働くのか、など著者の考え方が自身の体験をふまえ
わかりやすく書かれていて、とても勉強になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/4837923100/R1M1O8G8... |

働き方2.0 VS 4.0

多様な働き方を実現させるためにおすすめの書籍なのが「働き方2.0 VS 4.0」です。

働き方2.0 VS 4.0では、年功序列の古いワークスタイルを1.0とし、仕事におけるフィールドが海外に拡大する中では働き方を多様化しないと世の中にニーズに追いつけないことをくわしく解説しています。

現代における日本は1.0から2.0に移行しようとしている過程なども理解できる興味深い書籍の1つです。

今迄の自分の生き方を肯定してくれて、でも今のままじゃだめだよと諭してくれています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B07PTY45RH/R10L4W6W... |

働き方1.9

多様な働き方を実践している実用書としておすすめなのが「働き方1.9」という書籍です。「働き方1.9」は、かつて人気を集めてたお笑い芸人ヒロシが歩む自由な働き方の実現を記した本です。

かつて芸能界でたくさんのギャラを稼いだ芸能人が、これまでの地位や名誉を捨てユーチューバーとして現在活躍しています。過去の仕事と現在の仕事にいたるまでの過程がかかれた参考になる書籍の1つです。

どんな形でもやらなければ意味がない事が伝わります。
勇気の出る本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/reviews/4065139902/ref=cm_... |

働き方の哲学

多様な働き方を実現するためにおすすめの書籍なのが「働き方の哲学」です。働き方の哲学では、人間はなぜ働くのか、どう働けばいいのかなど、働き方の根本的な考え方から効率よく仕事をするための方法まで、わかりやすい図解とともに解説してくれる書籍です。

若手社員から管理職まで、どんなポジションの方にも参考になるおすすめの1冊です。

その名の通り様々な角度から「働くとは?」という問に答えており、キャリアに関して学ぶことが少ない若年層にこそ読んでほしい1冊だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/4799322389/R1XVT6T4... |

未来の働き方を考えよう

多様化する働き方の将来を考えるためにおすすめなのが「未来の働き方を考えよう」という書籍です。

「未来の働き方を考えよう」という書籍は、少子高齢化が生み出す企業体型やユーチューバーなどにみられる自由な働き方まで、現代の働き方について課題と解決策を定義してくれるおすすめの本です。

働き方を多様化するための人生論や仕事の取り組み方など、今後変化していくであろう働き方を自問自答しています。

何か現状に満足できないが、何から考えれば良いのか分からない。人生について考えるきっかけが欲しいという方にオススメします。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B0171DVCIM/R1RDKXDA... |

多様な働き方を推進していきましょう!

時代の変化とともに人間の仕事の仕方は変化を遂げつつあります。ダイバーシティの促進や定年の切り上げなど、企業においても従来と異なる制度や働き方を導入している企業は多い傾向にあります。

企業において多様な働き方を実現するためには、従業員一人一人の仕事に対する意識改革が必要です。従来の働き方にとらわれず。業務の効率化を図りワークバランスを考えることが多様な働き方につながる糸口となるでしょう。

Related