Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

社員に意識付けをさせる方法8選|意識付けがうまくいかない理由とは?

社員に意識付けをさせるにもさまざまな方法があります。会社の組織や理念の歴史を説明したり、社員に考えさせる機会を与えることで意識付けをすることができます。職種や業種によって意識付けの方向性も違ってくるので、仕事に合わせて意識付けの方法を考えましょう。

社員に意識付けをさせる方法8選|意識付けがうまくいかない理由とは?

意識付けとは何か?

意識付けとは、仕事に高い意識を社員に持たせることです。

仕事への意識付けをすることで、日常の作業に責任を感じることだけでなく、無理をしないで生産性やモチベーションを維持することができます。

会社を経営する人は、職種や社員の能力に合わせて意識付けの方法を選び、無理なく仕事への意識を高めさせていくことが大切です。

意識付けをさせる意義とは

社員に意識付けをさせることには、「自分の仕事を価値のある物に変えることができる」という意義があります。一人一人が良い仕事をするためにも、仕事に対する意識を高めていくことが重要です。

社員に良い仕事をさせたいと考えている経営者は、それぞれの社員が仕事に責任感や高い意識を持って取り組むことができるよう、良い労働環境や労働条件を揃えておく必要があります。

社員に意識付けをさせる方法8選

社員に意識付けをさせる8つの方法を見て行きましょう。

役職者や上司が意識付けをするための方法を施さなければ、社員は仕事に高い意識を持つことができません。そのためには、自分たちが置かれている現状や会社の歴史を教えることで意識付けをすることができます。

良い意識付けの方法を探している人は、社員の力を信じて作業をさせながら、仕事について深く考える機会を設けることで、意識を高めさせるようにしましょう。

社員に意識付けをさせる方法1:組織文化を変える

組織文化を変えることも、社員に意識付けをさせる方法になります。

社内にある既存の組織文化を変えることで、社員は置かれている現状の厳しさを知ったり、一人一人の力を結集させることの大切さを学び、意識付けをさせることができます。

社員の意識付けの方法を探している人は、会社が置かれている現状を社員に知ってもらい危機感を持ってもらうようにしましょう。

社員に意識付けをさせる方法2:組織の理念やビジョンを教える

組織の理念やビジョンを教えることも社員に意識付けをさせる方法になります。

会社の歴史や、どのような経緯で会社が現在のような仕事をするようになったのかを伝え、そのために必要な理念やビジョンはどのようなことかを教えることで、意識付けをすることができます。

社員の意識付けの方法を探している人は、自社のヒット商品が生まれた経緯などを話し、当時の先輩社員の熱意や行動を伝え、社員の意識付けを行いましょう。

社員に意識付けをさせる方法3:社員に考えてもらえるように質問する

社員に意識付けをさせるとして、社員自身に考えてもらうように質問する方法が挙げられます。

上司がただ質問を投げかけるのではなく、自身で考えさせる質問をすることでどのようなことが仕事に求められているかを知ることができ、良い仕事につなげられるきっかけになります。

上司として仕事をする人は、社員に一歩踏み込んだ質問をすることで、仕事に必要な心掛けや意識を高めさせましょう。

社員に意識付けをさせる方法4:社員にフィードバックを行うようにする

社員にフィードバックを行わせることも、意識付けをさせる方法になります。

会社が定めた勤務の評価ではなく、社員が自分自身の仕事をフィードバックすることは、自己分析も兼ねるので仕事への意識付けをすることができます。

社員にフィードバックさせる方法を選んだ人は、会社での社員評価を上げるためには、自身で行うフィードバックが必要になることを教え、そのためのシステムを構築して意識付けをさせましょう。

社員に意識付けをさせる方法5:習慣化させる

仕事を習慣化させることも、社員に意識付けをさせる方法になります。

会社側がきちんとした作業プログラムを組み立てて仕事を習慣化させ、仕事に関する意識を高めるための機会を定期的に設けることで、意識付けをさせることができます。

社員に意識付けをさせたい人は、作業しやすい労働環境を整えて、仕事に向き合う意識を高めさせながら、定期的に仕事への意識付けをさせる場を設けるようにしましょう

社員に意識付けをさせる方法6:社員の安心安全を確保する

社員に意識付けをさせるためには、社員の安心・安全を確保することも求められます。

会社が社員の身を考えた作業をさせることで、安全や安心への意識を高めることが可能になるため、仕事に高い意識や意欲を持って取り組むことができるようになります。

会社を経営する人は、事故などの悲惨さを教えながら、安全や安心を確保することの大切さを知ってもらい、仕事への意識を高めさせるようにしましょう。

社員に意識付けをさせる方法7:正しい現状把握を行う

正しい現状把握を行うことも、社員に意識付けをさせる方法になります。

会社や社員が置かれている現状を正しく知ることで、今後どのようなことをして行かなくてはならないかを考えることができるので、能動的に動くことができます。

会社員として仕事をする人は、余裕を持って仕事をすることに慣れておき、時間や気持ちにゆとりを持つことで今置かれている現状を知るようにしましょう。

社員に意識付けをさせる方法8:顧客や取引先を考慮した仕事をさせる

社員に意識付けをさせる方法として、顧客や取引先を考慮した仕事をさせることが挙げられます。

顧客や取引先への配慮を第一に考えることができれば、商品やサービスを利用する立場になって仕事をしていくことができるので、仕事への意識を高めることにつながります。

仕事への意識が低い社員に困っている人は、顧客や取引先を意識した仕事をさせながら、仕事自体に必要なことを考えさせるようにしましょう。

あなたの会社の仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

社員に意識付けをさせる方法8選|意識付けがうまくいかない理由とは?
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください

意識付けがうまくいかない理由3点

ここまで意識付けをしようと努力をしてきても、社員への意識付けがうまくいかない場合もあるでしょう。たとえば、会社自体が儲け主義になってしまっていたり、末端労働者の意見が吸い上げられない職場などです。

会社を経営する人は、顧客はもちろん、自社の社員が働きやすい職場を作り、意見を通しやすくすることで会社の理念やビジョンを伝えやすいようにしましょう。

以下に、意識付けがうまく行かない理由を3点挙げて行きます。

意識付けがうまくいかない理由1:現場に浸透しない

意識付けがうまく行かない理由に、現場に意識付けが浸透しないことが挙げられます。

会社側が意識付けをしたいと考えていても、現場の意見を取り入れるシステムがなければ、意識付けの必要性を伝えることができません。

現場に浸透しなくて困っている人は、役職者や上役が現場や職場を見学する機会を持つようにし、実際に従業員の意見を聞くことで意識付けの方法を考えるようにします。

意識付けがうまくいかない理由2:縦社会による浸透の薄さ

意識付けがうまく行かない理由に、縦社会による浸透の薄さがあります。

縦社会を重視した会社組織の場合、部下や社員が考えていることが捉えにくいことがあるので、具体的な意識付けの方法を見つけ出すことができません。

社員に意識付けをさせたい人は、横社会のつながりを重視した、社員同士でできる意識付けの方法を考えるようにしましょう。

意識付けがうまくいかない理由3:利己主義による浸透の阻害

意識付けがうまくいかない理由に、利己主義による浸透の阻害があります。

会社が利己主義に走ることで、社員は数字や売り上げにこだわった仕事をするようになり、仕事に対する意識付け自体を考えなくなります。

会社を経営する人は、大きな利益を上げることよりも、社員が活き活きと明日につながる仕事をすることが会社の利益に変わることを認識するようにしましょう。

様々な方法を用いてうまく社員の意識付けを実現させよう

さまざまな方法を用いてうまく社員の意識付けを実現させましょう。意識付けを実現させることができれば、社員のモチベーションや仕事への意欲を高く持たせることができるので、生産性を上げることが可能になります。

会社を経営している人は、社員に無理のない仕事をさせることで作業を習慣化させたり、現状を把握する余裕を持たせて、社員自身に意識付けの必要性を考えさせるようにしましょう。

Related