Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

長期休暇のメリット8つとは?|長期休暇取得前に確認すること3つ

長期休暇を取ることでさまざまなメリットが得られます。現状を変えるためだったり、ストレスの解消であったり、人によりメリットは違ってきます。長期休暇を取る場合は就業規則を確認しておき、職場の仲間に迷惑がかからないようにすることもビジネスマンとしてのマナーです。

長期休暇のメリット8つとは?|長期休暇取得前に確認すること3つ
バナー

長期休暇とは

長期休暇とは一定の期間、連続して勤務した従業員が取得することができる休暇です。経済産業省が人材力の強化ために欧米の休暇システムを日本に導入しました。

長期休暇の目的は1ヶ月以上程度の長い休暇を取ることで、ワークライフバランスを整えたり、仕事への意欲を高める効果が期待されています。

長期休暇を取る人は、職場の仲間への影響を考えながら、長期休暇の取得をするべきか検討しましょう。

休暇と休日の違い

休暇と休日の違いがあります。休暇は事業主が労働者の労働義務を一時的に免除することで、年休や産休、介護休暇などがこれにあたります。また休日は、法定休日と呼ばれている休みになり、勤務をした場合発生する休日として労働基準法で定められています。

会社を経営する人は、労働契約書にどのような休暇があるのか記載しておき、勤務時間に対して休める休日を明確にしておくようにしましょう。

リフレッシュ休暇

リフレッシュ休暇とは勤務した年数や年齢に応じて、支給される長期休暇となります。リフレッシュ休暇自体は法律では定められていない法定外休暇となりますが、文字通り社員の気分をリフレッシュするための休暇として使われることが多くなってます。

リフレッシュ休暇を取る人は、仕事が滞らないように業務の引き継ぎを行い、リフレッシュ休暇を取って、メンタルと身体を休めるようにしましょう。

アニバーサリー休暇

アニバーサリー休暇とは、家族や子供の記念日に合わせて休暇を取ることです。日本では休暇を取ることに躊躇してしまう社員が多いため、家族の記念日に合わせて休暇を取りやすくしています。また、休暇を取ることで家族との時間を持つことができるメリットもあります。

アニバーサリー休暇を取る人は、休暇を利用して家族と向き合うことで、充実した時間を過ごし、仕事の向き合い方や必要性を考え直すようにしましょう。

サバティカル休暇

サバティカル休暇とは、企業が定めた長期休暇のことです。サバティカル休暇を取ることで、ワークライフバランスを考えた働き方ができるので、生産性や作業効率を上げることができます。

会社を経営する人は、サバティカル休暇を導入することで生産性を上げたり、従業員の定着率を高めることで多くのメリットを得られるようにしましょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

完全リフレッシュ!長期休暇のメリット8つ

長期休暇の導入することで得られるメリットがあります。長期休暇を取ることで気分をリフレッシュすることができるので、仕事へ向き合う気持ちを高めたり、生産性やモチベーションを上げることができます。

経営者で長期休暇のメリットを感じたい人は、社員のモチベーションを高めるためにも、ワークライフバランスを重視したリフレッシュ休暇やアニバーサリー休暇の導入を検討しましょう。

長期休暇のメリット1:リフレッシュできる

リフレッシュができることも長期休暇のメリットです。長期休暇の場合、長い休暇を取ることが可能なので普段行けない場所へ赴いたり、時間をかけて好きなことをできるので気分をリフレッシュをすることができます。

長期休暇のメリットを活かしたい人は、長期休暇を取って海外旅行に行ったり、普段できないスポーツや今まで挑戦したかったことにチャレンジして気分をリフレッシュさせましょう。

長期休暇のメリット2:心の回復

長期休暇のメリットに心の回復があります。ストレスで心が疲れてしまった場合、心身のバランスを整えて仕事に向き合う必要があるため、長期休暇を取り心の回復を図る必要があります。

仕事に疲れてしまった人は、就業規則に従いながら長期休暇を取り、穏やかなペースで生活するように心掛けて、心身の回復を図るようにしましょう。

長期休暇のメリット3:家族の時間を確保できる

長期休暇のメリットに家族との時間を確保できることが挙げられます。長期休暇を取ることができれば、家族と過ごす時間が確保できるので旅行などを楽しむことができます。また、家族と過ごすことができれば仕事への意欲を高めることにつながります。

長期休暇のメリットを感じたい人は、長期休暇を取って家族との時間を作ることで普段できない話しをしたり、旅行をすることで気分をリフレッシュさせるようにしましょう。

長期休暇のメリット4:癒しになる

長期休暇のメリットに心の癒しになることが挙げられます。長期休暇を利用することで、長い時間好きなことができるので、心を癒すことが可能です。また、心をリフレッシュさせることができれば、仕事のアイデアを思いついたり、モチベーションを高めるメリットもあります。

長期休暇のメリットを感じたい人は、普段から癒しになることを見つけておき、長期休暇を利用して楽しむようにしましょう。

長期休暇のメリット5:気分がリセットされる

長期休暇のメリットに気分がリセットされることが挙げられます。長期休暇を取ることで、非現実に帰ることができるので気持ちをリセットすることができます。

気分をリセットしたい人は、職場に戻っても迷惑にならない程度の日数で長期休暇を取り、気分をリフレッシュさせましょう。

長期休暇のメリット6:社員同士のコミュニケーションツールになる

長期休暇のメリットに社員同士のコミュニケーションツールになることが挙げられます。社員同士で長期休暇を取って旅行を楽しむこともできるので、お互いのコミュニケーションを図るためのツールとしても役に立ちます。

会社員として仕事をしている人は、社員同士で長期休暇を利用して海外旅行を楽しみながら、旅行先で新しい仕事のインスピレーションを得るようにしましょう。

長期休暇のメリット7:モチベーションの向上

長期休暇のメリットにモチベーションの向上があります。長期休暇を取ることで、長く体を休めることができるので、気分がリフレッシュされ仕事への意欲やモチベーションを高めることができます。

会社員として仕事をする人は、長い休暇を取って心身を休ませることで、仕事への向き合う力を養いモチベーションを高めるようにしましょう。また、長期休暇を取る際は業務進捗状況などを考慮しておくことも大切です。

長期休暇のメリット8:生産性や業績アップにつながる

生産性の向上や業績アップさせるのも長期休暇を取る際のメリットになります。長期休暇を取り、気分転換をすることでモチベーションや仕事への意欲を高められるので生産性の向上させたり、業績を上げることも可能です。

経営者で生産性や業績を上げたい人は、リフレッシュ休暇やアニバーサリー休暇の導入を検討して、従業員のワークライフバランスを充実させることで生産性や業績のアップにつなげましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

長期休暇のメリット8つとは?|長期休暇取得前に確認すること3つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

長期休暇取得前に確認すること3つ

長期休暇取得前に確認することが3つあります。会社によっては長期休暇自体を導入していなかったり、休暇の日数も企業によって違うこともあるので就業規則を確認しておく必要があります。

長期休暇の取得を考えている人は、仕事の進捗状況や引き継ぎの際の時間などを考慮しながら、長期の休暇の取得を目指しましょう。

長期休暇取得前に確認すること1:就業規則の確認

長期休暇取得前に確かめておくことに就業規則の確認があります。長期での休暇を取る場合、長い期間会社を休むことになるので、会社の就業規則を確認して長期休暇取得の際の注意点を知っておく必要があります。

長期休暇を希望する人は、就業規則や労働契約書を確認して、長期休暇取得の際に必要な条件を満たしておき、長期の休暇の許可を得るようにしましょう。

長期休暇取得前に確認すること2:休暇が取得できる日数

休暇が取得できる日数を知っておくことも長期休暇取得前に知っておかなくてはならないことです。会社によって長期休暇で取得できる日数が決まっているので、休暇の予定を立てるためにも取得可能な日にちを確認しておく必要があります。

長期休暇を希望している人は、休暇が多く取れることになっても仕事の進捗状況を考慮したり、職場に迷惑がかからない日数で休暇を取ることが大切です。

長期休暇取得前に確認すること3:仕事の進捗状況

長期休暇取得するためには、仕事の進捗状況を考慮することが必要になります。繁忙期や仕事が立て込んでいる際に長期休暇を取るのは好ましくないので、職場の余裕がある時期に長期での休暇を取るようにしましょう。

長期休暇を希望している人は、自分が関わっているプロジェクトや同じ部署の仕事の進捗状況を確認しながら、職場仲間に長期休暇の取得を考えていることを伝えてみましょう。
バナー

長期休暇を取得するメリットを知ろう

長期休暇を取得する際のメリットを知るようにしましょう。仕事を長く休むことになるので、デメリットの面が目立ちますが長い目で見た場合、長期休暇を取って現状を変えることも必要になります。

仕事自体に疑問を持っている人は、同じ職場に長く勤めるためにも長期での休暇を取り、心身をリフレッシュさせることを検討してみましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related