名刺管理アプリ「連絡とれるくん」とは?名刺管理を電子化したい人におすすめ!

働き方改革

「連絡とれるくん」で名刺情報をカンタン電子化しよう!

デジタル化が進むなか、まだまだ名刺は紙に印刷されたものを交換するのが一般的です。しかし、紙の名刺はかさばるうえ、管理が大変というデメリットがあります。整理できずに、つい引き出しに入れっぱなしになってしまっている方もいるのではないでしょうか。

また、ファイリングしていたとしても、いざ必要なときにお目当ての名刺を取り出すことも困難です。五十音順に並べていても、次から次へと増える名刺を整理しつづけることは非効率といえます。

そこで、近年は名刺情報を電子化するサービスが多く登場しています。この記事では、そうしたサービスのひとつ、「連絡とれるくん」の内容や特徴をご紹介します。

バラバラの形態の名刺情報・連絡先を一元管理

名刺の他、会社にある連絡先の情報はさまざまです。社員の連絡先の他、社内で使う内線番号、社員が独自に利用しているアプリ内に入っている取引先の連絡先も会社にとって関わりがあります。

連絡とれるくんであれば、名刺情報だけではなく、これらの連絡先をすべてひとまとめにして管理できます

登録は名刺をスマートフォンのカメラで撮影するだけです。なお、一部メーカーの複合機、スキャナーからも読み取りができるのが連絡とれるくんの特徴です。

登録した情報はIDを持つ全員がスマホ・パソコンから検索可能

2つ目の特徴は、登録情報の検索・閲覧についてです。

名刺交換を行なうのは、社内でも取引先と直接やり取りを行なう相手のみです。しかし、その後仕事を行なうのは、名刺交換をした相手だけとは限りません。必要に応じて他の社員が連絡を取ることもあるでしょう。その際、連絡とれるくんであれば、1枚の名刺情報を全社員に共有可能です

IDを持つ社員であれば、誰でも個々のスマートフォン・パソコンから閲覧・検索ができます。リモートワークやフリーアドレススタイルで働いている人も、自分が今いる場所からすぐにアクセスできるため、便利です。

登録情報の公開範囲も設定可能

3つ目の特徴は、登録情報の閲覧範囲についてです。すべての情報をすべての登録者に開示したいわけではないケースもあるでしょう。連絡とれるくんは、公開範囲を全社共有・部署ごと・ユーザごとといったように設定できます

個人情報を守るうえでも便利な機能です。

最低5IDから導入可能。小企業の契約ハードルが低い

連絡とれるくんは、最低5IDから契約可能なサービスです。5人利用者がいれば始められるので、少人数の企業であっても契約へのハードルがさほど高くはないでしょう。

初期費用を支払ったあとにかかるのは、IDあたりの月額料金だけです。必要に応じて人数を増やせます。

連絡とれるくんはこんな悩みを持つ人におすすめ!

連絡とれるくんは、以下のお悩みを持つ人におすすめです。

【連絡とれるくんをおすすめしたい人】
・大量の名刺を一括管理したい人におすすめ
・テレワークやフリーアドレスを導入したい人におすすめ
・社用スマホのセキュリティが気になる人におすすめ

それぞれについて、順にご説明します。

大量の名刺を一括管理したい人におすすめ

まずは、名刺を大量に所持している人です。スマートフォンでパシャパシャ撮影していくだけで登録・管理が可能なため、あっという間に名刺が整理できるでしょう。

なお、あまりにも多くの名刺を溜め込んでしまい、自分で撮影するのが億劫だという人には、有料オプションでオペレーターによる名刺登録代行も頼めます

価格は96,000円で、名刺枚数は1,200枚から対応可能です。手間にかかる時間を買うと思えば、便利なオプションなのではないでしょうか。

テレワークやフリーアドレスを導入したい人におすすめ

テレワークやフリーアドレスといった、近年増えてきている新しい働き方にも、連絡とれるくんはマッチします。場所を選ばず連絡先を共有できるため、取引先への連絡に困ることがないためです

多様な働き方が増える現代において、どこでも仕事ができる環境を整えることは大切なことです。

社用スマホのセキュリティが気になる人におすすめ

連絡とれるくんは、クラウド上で名刺情報を管理するため、セキュリティ対策も安心です。顧客や取引先の情報は、特に漏洩に注意しなければなりません。

社用スマホのセキュリティが気になる人や、万一盗難や紛失が起きた際の情報漏洩が不安だという企業、人に連絡とれるくんはおすすめです

連絡とれるくんの特徴

連絡とれるくんの特徴は、以下の4つです。

【連絡とれるくんの特徴】
特徴1:社内外のWeb電話帳
特徴2:名刺の取り込みサービス
特徴3:着信表示機能
特徴4:ビジネスチャットツールとの連携可能

それぞれの特徴について、順にご説明します。

連絡とれるくんの特徴1: 社内外のWeb電話帳

1つ目の特徴は、社内外のWeb電話帳です。連絡とれるくんは、社内外を問わず、連絡先をクラウド上で一元管理できます。連絡を取りたいときは、社内の人間であれば部署・キーワードから、社外の人間であれば名刺情報から検索し、スムーズに連絡先を調べることが可能です。

連絡とれるくんの特徴2: 名刺の取り込みサービス

2つ目の特徴は、スマートフォンのカメラ機能による名刺の情報の取り込みサービスです。連絡とれるくんは、標準でOCR機能を搭載しています

個々が名刺を交換した後に取り込むクセをつけておけば、常に社内で情報を共有できる体制を整えられるのがメリットです。

連絡とれるくんの特徴3: 着信表示機能

3つ目の特徴は、着信時の表示機能です。個人のスマートフォンの電話帳に連絡先を登録していなくても、連絡とれるくんに登録さえしてあれば、電話がかかってきた際に着信情報が表示されます

いちいち取引先の連絡先をスマホに登録するのは手間なため、ぐんと楽になるでしょう。

連絡とれるくんの特徴4: ビジネスチャットツールとの連携可能

Skype for Business、Cisco Jabberといったビジネスチャットツールと連携できます。より社内コミュニケーションを強化できるでしょう。

連絡とれるくんの評判と口コミ

連絡とれるくんを使っている企業・人の評判や口コミをご紹介します。

口コミ1:セキュリティ面の不安感がなくなった

これまで、お客様の連絡先は名刺交換をした社員個人の管理に委ねていたため、セキュリティ上の不安がありました。また、個人で管理しているがゆえに人脈情報を活用できていないという課題も。連絡とれるくんを導入することで、これらの課題が解決しました。社員がフルで人脈を活用することで、仕事が効率的にできるようになったと感じています。

https://phoneappli.net/product/service/renraku/

口コミ2:外部サービスとの連携で名刺管理がより楽に

もともと他社の名刺管理サービスを利用していました。連絡とれるくんはそのサービスと連携でき、他社サービスで取り込んだ名刺データを自動的に共有できます。その他、Office365など、業務で使うツールとも連携できる点に使い勝手の良さを感じています。

https://phoneappli.net/product/service/renraku/

連絡とれるくんが選ばれる理由とは?

連絡とれるくんが選ばれる理由は、以下の3つです。

【連絡とれるくんが選ばれる理由】
・1ユーザーあたり月額300円で利用できる手頃さ
・1枚の名刺データを全社で共有できる
・紛失による個人情報漏洩が防止できるクラウド上保管

順にご紹介していきます。

1ユーザーあたり月額300円で利用できる手頃さ

連絡とれるくんにかかるコストは、初期費用の50,000円を除くと1ユーザーあたり月額300円です

5ユーザー以上であれば1人単位で追加できるため、必要数だけ無駄なく契約できます。

1枚の名刺データを全社で共有できる

社内の人数が多い会社であればあるほど、顧客の連絡先の共有は困難です。連絡とれるくんであれば、ひとりが交換してきた1枚の名刺データを全社員で共有できます

紛失による個人情報漏洩が防止できるクラウド上保管

連絡とれるくんは、データをすべてクラウド上で管理しています。そのため、万一端末を紛失したときであっても、個人情報が漏れることを防げるため安心です。

連絡とれるくんの運営会社はPhone Appli

連絡とれるくんは、さまざまなビジネス用ツールを展開しているPhone Appliが運営しています。

タイトルとURLをコピーしました