Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット

ダイバーシティマネジメントとは、何でしょうか。会社にダイバーシティマネジメントを導入することにより、どのようなメリットがあるのでしょうか。この記事では、ダイバーシティマネジメントの有用性や導入のメリットを紹介しています。

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット

ダイバーシティマネジメントとは

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
ダイバーシティマネジメントとは、多様な属性やバックグラウンドを持つ人を組織に受け入れることで、組織全体の生産性の向上を図ることを言います。

組織に多様な人材を集めることにより、組織の活性化や新たなアイディアの創出が期待できます。少子高齢化やグローバル化がさらに進んでいく今後の日本に必須の流れと考えられます。

ダイバーシティマネジメントで組織に新たな風を取り入れ、組織の発展に繋げることができるでしょう。

ダイバーシティマネジメントにおける人材

ダイバーシティマネジメントにおける人材とは、多様な属性やバックグラウンドを持つ人々を言います。

ダイバーシティは、多様性を意味します。ここでいう多様性は、年齢や性別、人種や国籍だけではなく、宗教や身体的障害の有無、生き方や価値観、趣味嗜好などの違いを広く含む言葉です。

一つの組織の中に多様な人材を受け入れることにより、お互いの交流から良い刺激が生まれ、新たな発想やアイディアの創出が期待できるでしょう。

ダイバーシティマネジメントの必要性

ダイバーシティマネジメントは、労働力確保と多様なニーズに応えるために必要といえるでしょう。

少子高齢化により労働人口は減少の一途をたどり、企業は働き手不足に直面しています。労働力確保のために、多様な人材を受け入れる必要があると言えます。

また、経済のグローバル化により、多様な人種、国籍、宗教を持つ人々のニーズに応える必要が生じています。多様なニーズに応えるために、組織内に多様性を備えることが有用です。

ダイバーシティマネジメントと社会的背景

ダイバーシティマネジメントの促進は、現代の社会的背景にもマッチしています。

少子高齢化に伴う労働人口の減少により、時短勤務や在宅勤務など多様な働き方を受け入れる動きが加速しています。また、CSR(企業の社会的責任)の推進により、女性活躍推進や障害者雇用も一般的になってきています。

さらに、経済全体のグローバル化に伴い、多様な人種や国籍のニーズに応えるため、外国人労働者を受け入れる動きも進んでいます。

ダイバーシティマネジメントによる企業の変化5つ

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
ダイバーシティマネジメントを導入することにより、企業にはどのような変化が起こるのでしょうか。

ここでは、ダイバーシティマネジメントの導入による企業の変化を5つご紹介いたします。ダイバーシティマネジメント導入による企業の変化について、考えていきましょう。

ダイバーシティマネジメントでの変化1:勤務体系の柔軟化

ダイバーシティマネジメントの導入による企業の変化の1つめは、勤務体系が柔軟になることです。

ダイバーシティマネジメントを導入すると、色々なバックグラウンドや事情を持つ人々が一緒に働くことになります。その働き方は、人によりさまざまです。勤務形態や勤務時間、勤務場所、キャリアプランなども、各々の事情により異なります。

企業は勤務体系につき、全員一律に考えるのではなく、人により柔軟に対応することが必要です。

ダイバーシティマネジメントでの変化2:女性の活躍が増える

ダイバーシティマネジメントの導入による企業の変化の2つめは、女性の活躍が増えることです。

ダイバーシティマネジメントは、女性の活躍の場を増やすことを狙いの一つとしています。女性の活躍が増えると、職場の雰囲気が和やかに穏やかになります。また、女性求職者からの企業評価が高まり、良い人材の採用定着にも役立つでしょう。

ダイバーシティマネジメントでの変化3:先進的な雇用制度に

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
ダイバーシティマネジメントの導入による企業の変化の3つめは、先進的な雇用制度の導入に繋がることです。

ダイバーシティマネジメントの導入により、従業員の働き方はそれぞれのライフスタイルに合わせた多様なものになります。雇用形態も人により異なるため、雇用制度自体も先進的なものに変更する必要があります。

ダイバーシティマネジメントでの変化4:企業のグローバル化

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
ダイバーシティマネジメントの導入による企業の変化の4つめは、企業のグローバル化が進むことです。

ダイバーシティマネジメントの導入により、外国人労働者の受入れ強化が考えられます。社内の多人種多国籍化も進みますし、取引先や仕入先として海外企業を選択することも考えられます。

ダイバーシティマネジメントの導入により企業のグローバル化が確実に進むでしょう。

ダイバーシティマネジメントでの変化5:雇用者の意識変化

ダイバーシティマネジメントの導入による企業の変化の5つめは、雇用者の意識の変化です。

ダイバーシティマネジメントの導入により、企業は従業員のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を推奨します。従業員の中にも先進的で働きやすいというイメージが生まれるため、仕事に対するモチベーションが上がり、会社への愛着や貢献度も増すことが考えられます。

ダイバーシティマネジメント推進に必要なことは?

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
会社にいい影響をもたらすことが期待できるダイバーシティマネジメントですが、実際に推進していくにあたって必要なことは何なのでしょうか。ここでは、ダイバーシティマネジメントの推進に必要なことについて、見ていきましょう。

ワークライフバランスの充実

ダイバーシティマネジメントの推進に必要なことの1つめは、ワークライフバランスの充実を図ることです。

ダイバーシティマネジメントの導入により、多様なライフスタイルを持つ人々が一緒に働くことになります。

各々のライフスタイルの充実を会社が応援するために、残業をなくすための制度づくりや休日休暇を取りやすい雰囲気づくりなど、会社が主体的にワークライフバランスの充実を推奨することが必要となるでしょう。

研修プログラムの整備

ダイバーシティマネジメントの推進に必要なことの2つめは、研修プログラムの整備です。

社内に多様な働き方を取り入れることで、社風や社内制度に変化が出てきます。社員がスムーズに対応できるようにするためには、研修プログラムを整備し、社員の意識改革や知識向上に努めることが重要です。

多様性により相互理解の必要性も増します。コミュニケーションを始めとした研修プログラムの充実は必須の課題と言えるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリット4つ

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
ダイバーシティマネジメントを会社に取り入れるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、ダイバーシティマネジメント導入の4つのメリットをご紹介いたします。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリット1:人材確保

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリットの1つめは、人材確保に繋がることです。

ダイバーシティマネジメントを導入すると、それまで雇っていなかった人材にも広く門戸を広げることになり、人材確保に繋がります。例えば、外国人労働者の受け入れは、少子高齢化に伴う日本人の労働人口の減少に対して、心強い切り札となるでしょう。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリット2:企業評価の向上

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリットの2つめは、企業評価の向上に繋がることです。

ダイバーシティマネジメントの導入は、多様性を受け入れ社員全員が働きやすい場を目指す先進的な企業であるとの評価に繋がります。企業評価の向上は、取引先や新規開拓客、求職者への良いアピールになります。

ダイバーシティマネジメントの導入は、企業評価の向上ひいてはビジネスチャンス拡大や優秀な人材の確保にも繋がるでしょう。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリット3:ビジネスのアイデアが広がる

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリットの3つめは、ビジネスのアイディアが広がることです。

ダイバーシティマネジメント導入により、職場に多様な人材が集まると、新たな視点が加わり、新しいアイディアが生まれやすいです。色々なバックグラウンドや特徴を持つ人々が意見交換することで、相乗効果により、どんどんアイディアが広がっていくでしょう。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリット4:ハラスメント発生率の減少

ダイバーシティマネジメントを取り入れるメリットの4つめは、ハラスメント発生率の減少に繋がることです。

ダイバーシティマネジメントは、多様な人材を受け入れ皆が働きやすい会社を目指します。会社が制度の整備とともに、研修プログラムを通して社員全員の意識改革も行っていくため、ハラスメント発生率の減少が期待できるでしょう。

ダイバーシティマネジメントについて理解して取り入れましょう

ダイバーシティマネジメント導入で変わったこと5つ|取り入れるメリット
記事ではダイバーシティマネジメントを導入するメリットと、推進するときのポイントを紹介しました。

ダイバーシティマネジメントは多様性が特徴で、上手に推進することで多くの知恵を生み出すことができます。多くの知恵は困難に直面したときに役立つでしょう。

ダイバーシティマネジメントについてしっかり理解して、ぜひご自分の会社にも取り入れてみましょう。

Related