Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

女性の職場復帰の現状|女性が職場復帰する際に不安に感じることTOP5

少子高齢化もありワーキングマザーの職場復帰と支援策は重要な課題です。会社に育児支援制度が充実しているケースもありますが、社会や職場の理解を得ることができす、子育てと仕事の両立に不安をかかえているワーキングマザーも多いのが現状です。家族のサポートも重要です。

女性の職場復帰の現状|女性が職場復帰する際に不安に感じることTOP5

女性の職場復帰の現状

出産や育児で社会復帰が遅れていた人が職場復帰するベストタイミングはいつなのかは難しい問題です。出産については個人差がありますし、里帰り出産など家族のケアやサポートがないとできません。

家族の理解がないと幼い子を公的機関に預けて職場復帰するのは困難です。厚生労働省のデータによると、働いている女性の約6割が第一子出産後に離職している数字は20年間変動はありません。

女性の職場復帰が求められる背景

女性の社会復帰が求められる背景として、人生100年時代構想でも話題になりましたが、超高齢化社会の日本経済と社会のシステムの再構築と人材の確保があります。

女性が職場復帰するためには職場や社会の理解と家庭の教育方針とのバランスは不可欠です。出産や育児を機に休職した女性の仕事上のスキルアップとバックアップがなければ現実的ではありません。ワーキングマザーの労働環境を見直す必要があります。

キャリア形成促進助成金の支給が受けれる可能性もある

女性が出産や育児などで休職中に職場復帰を見据えてスキルアップをしたい場合、受けれる制度としてキャリア形成促進助成金があります。

雇用する労働者に対して職業訓練を実施した場合、職業訓練期間中の賃金の一部を事業主に助成する制度です。政策課題対応型訓練に育休中・復帰後能力アップコースがありますのでこの制度を活用するとよいでしょう。

育休後の働き方を変える必要がある場合も多いので、スキルアップをしましょう。

女性が職場復帰する際に不安に感じることTOP5

女性が社会復帰する際にさまざまな不安をかかえながら仕事をする必要があります。育休がとれる会社もありますが、制度が充実している会社は少ないです。

また出産後体調が回復しないケースもありますし、周囲のサポートがないとワーキングマザーの労働環境は改善しません。女性が社会復帰する際に感じる不安を共有し、改善可能なものがあるか一緒に考察しましょう。

女性が職場復帰する際に不安に感じること1:育児との両立ができるか

ワーキングマザーの悩みは育児と仕事の両立は可能かどうかということでしょう。欧米のように男性が育休をとることがあまりない日本ではワーキングマザーにすべての負担がのしかかります。

ワンオペ育児をしているワーキングマザーも多い中、仕事と育児の両立は体力勝負とメンタルの維持がベースにありますのでかなり大変です。社会の仕組みや意識改善をおこなって、女性の負担軽減を提唱すれば、家庭と育児の両立も可能になります。

女性が職場復帰する際に不安に感じること2:子供の病気やけがの時にどうするか

ワーキングマザーが一番困るのは子供の怪我や発熱などハプニングがおきたときの対応でしょう。インフルエンザの流行期は小学校でも学級閉鎖の対応をとるケースも多いですし、場合によっては保育園の休園もあります。

わが子がインフルエンザにかかってしまった場合、自宅待機を余儀なくされますし看病しているうちにうつるケースもあります。親戚地縁が近くにいない場合切実な問題です。病児保育を行っているところは少数です。

女性が職場復帰する際に不安に感じること3:業務をこなせるか

女性が職場復帰する際に不安に感じることとして業務をこなせるかという課題があります。仕事の評価としてどれだけ量がこなせるかという視点で評価する職場が多い中時短勤務を選択することはリスクがあります。

どれだけ量がこなせるかよりも、その量をどの程度の時間でこなせたかという視点で仕事を評価してもらわなければ働く女性の負担は軽減しません。育児だけでなく介護が必要な家庭も多いことも鑑みて働き方改革は必要でしょう。

女性が職場復帰する際に不安に感じること4:職場の人間関係

女性が職場復帰する際に不安に感じることとして職場の人間関係もあります。ライフスタイルの変化もあり保守的な生き方を選択している人ばかりではありません。

シングルでキャリアアップをする人、シングルマザーで仕事をこなす人、不妊治療をうけながら仕事もこなしている人、介護をしながら仕事をこなしている人などさまざまな立場の人が職場にいるなかで、子供の発熱や面談などで早退を申し出るのもなかなか勇気がいります。

女性が職場復帰する際に不安に感じること5:ブランク

女性が職場復帰する際,不安に感じることとしてブランクもあります。休職中に社内の指揮命令系統がかわってしまっているケースもありますし、社内のペーパーレス化でパソコンのシステムも改善されているケースもあります。

職場だけでなく業界や法律の変化などの社会の変化もありますので、休職中も職場の方とコンタクトをとっておくなどの対策をしておかなければ、育休後職場復帰しても仕事ができない人になってしまします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

女性の職場復帰の現状|女性が職場復帰する際に不安に感じることTOP5
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

女性が職場復帰できた5つの理由

女性が職場復帰できたケースの理由はさまざまな理由があります。会社のサポートや制度の問題、家族の協力など職場復帰できるポイントを一緒に考察しましょう。

育休から職場復帰する際、会社と事前にコンタクトをとって働き方や業務内容、年次有給休暇の確認や子の看護休暇制度の活用などお互いに納得したかたちで職場復帰できるようにしましょう。また夫の協力も必要不可欠です。家族間のスケジュールの共有や便利家電も必要です。

女性が職場復帰できた理由1:会社のサポート

女性が職場復帰できた理由として会社のサポートは大きいです。育児支援制度が充実している会社のみ女性が職場復帰できるといっても過言ではありません。

職場復帰してもしばらくは保育園の送迎などもありますから勤務時間の変更ができる制度があるならそれを活用しましょう。所定時間の短縮処置という制度が利用できる場合、1日の所定労働時間を原則として6時間に短縮できます。短縮した給与保証などは会社によって異なります。

女性が職場復帰できた理由2:同僚の理解

女性が職場復帰できた理由として同僚の理解は重要です。たとえば保育園の送迎もあり時短勤務を選択したとしても定時で帰宅できる保障はありません。残業もできないのに仕事がおわらないケースも多々あります。

職場の同僚や上司の協力や理解が得られるよう、Google共有ドライブやクラウドなどを活用してファイルを共有する人もいます。周囲の協力を得るためには仕事量が増えないよう対策は必要です。

女性が職場復帰できた理由3:職場復帰実績がある

女性が職場復帰できた理由に職場復帰実績があることも大きいです。先輩ママさんがいれば相談しやすいですし、どのようなタイミングで制度を活用すればよいかなど具体的にアドバイスしてもらえるので心強い味方です。

カムバック制度が充実している会社は離職者も少ないですし即戦力の確保につながります。復職支援策が充実している会社だと職場復帰もスムーズにできます。

女性が職場復帰できた理由4:会社に託児所がある

女性が職場復帰できた理由として会社に託児所があるケースも多いです。もともとワーキングマザーの多い病院などは院内に託児所を併設しているケースも多いので、子供の急な発熱やトラブルにも対処しやすいです。

また近年では待機児童の問題もあり、預け先を見つけることができないケースも多いのが現状です。そんななか社内保育所がある会社だとブランクが長くなることもなく安心して職場復帰できます。

女性が職場復帰できた理由5:家族の協力

女性が職場復帰できた理由として家族の協力も重要なポイントです。子育ての先輩である両親や義理の両親の存在も大切です。また家庭の事情もあり両親などのサポートをうけることができなくても夫は一番の味方です。

最近は進化した家電も多いですし、家事労働の時短アイテムも多数あります。家族でスケジュールを共有して、保育園の送迎なども出勤前に夫がしてくれるだけで随分助かります。家族のサポートは必要不可欠です。

職場復帰しやすい制度づくりが女性の活躍を推進する鍵

職場復帰しやすい制度づくりが女性の活躍を推進するキーポイントです。女性が働き続けるために必要なことは両立しやすい制度や職場環境、時短などの勤務時間の柔軟性、残業などが少ないことがあげられます。

少子高齢化により労働力の確保は喫緊の課題であり、優秀な社員の流出は企業にとっても損失です。

法律より手厚い制度で子育て社員をサポートする制度作りは事業者にとって、もっとも重要な課題といえます。

Related