Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

オフィス環境を改善する方法8つ|オフィス環境を改善するメリット

オフィス改善を実現すれば、従業員の満足度が高まり、結果として職場全体の生産性が向上します。この記事では、多くのメリットをもたらすオフィス改善をテーマに、その具体的な方法について徹底解説しているので、ぜひご覧になってみてください。

オフィス環境を改善する方法8つ|オフィス環境を改善するメリット

オフィス環境とは

みなさんの働くオフィスは、働きやすい環境でしょうか。オフィス環境とは、従業員が働くオフィスの労働環境を意味する言葉です。

オフィス環境がよければ従業員の満足度が上がり、それに伴って一人ひとりの生産性もアップするため、結果としては従業員にも企業にもメリットがあると言えるでしょう。

この記事ではオフィス改善をテーマに、その具体的な方法やメリットについて徹底解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

オフィス環境改善はなぜ必要か

そもそも、オフィス改善はなぜ必要なのでしょうか。実際のところ、オフィス改善に着手すると時間も労力もコストもかかります。

企業の利益を生むのは社員であり、企業に貢献してくれている社員の離職を防ぎ、また優秀な人材を集めるためには働きやすい理想的なオフィス環境を整備することが不可欠です。

このように、企業側はコストや労力をかけてでもオフィス環境を改善する必要があると言えるでしょう。

オフィス環境を改善する方法8つ

オフィス環境の改善を行うことは、従業員と企業の両方にメリットがあることだと言えます。

しかしそうは言っても、具体的に何をどのようにすればオフィス環境の改善につながるのかわからないという経営者・管理職の方もおられるはずです。

ここからはオフィス環境を改善するための具体的な方法を8つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

オフィス環境を改善する方法1:休憩室の設置

オフィス環境を改善する方法としてまずご紹介したいのが、休憩室を設置するということです。

長時間労働は従業員の生産性とモチベーションを低下させてしまうので、質の良い仕事をしてもらうためには休憩室を設置し、疲れ切ってしまう前にリフレッシュをすることが必要でしょう。

社員各々が気兼ねなくリラックスできるように、広いスペースを取って居心地の良い休憩室を設置してみてください。

オフィス環境を改善する方法2:作業スペースの拡大

作業スペースを拡大するというのも、オフィス環境を改善するために実践したい方法のひとつとして挙げられるでしょう。

机や椅子の配置を見直したり、オフィスを移転・拡張するなどして作業スペースを広く取り、社員一人ひとりが伸び伸びと快適に仕事ができる作業空間を確保してあげましょう。

窮屈な作業スペースだとストレスがたまって、仕事の効率も下がってしまうからです。

オフィス環境を改善する方法3:音楽を流す

オフィス環境を改善する方法のひとつとして、音楽をかけるというのも効果的でしょう。

クラシックやリラックスできるヒーリング・ミュージックなどをオフィスに流すことで、仕事によるストレスを軽減し、リラックスしながら快適に仕事ができる状態を作ることができます。

音楽を流すときは音量にも配慮が必要です。大きすぎ小さすぎ、適切なボリュームに調整しょう。

オフィス環境を改善する方法4:清潔感を出す

清潔感を出すというのも、オフィス環境を改善するための方法のひとつとしておすすめです。

オフィスが汚れていて不潔だとそれだけで従業員のモチベーションは無意識のうちに下がってしまうため、清掃業者に掃除を依頼するなどして、オフィスを常に清潔に保つことが必要でしょう。

なお、オフィス環境を改善しようとして従業員に清掃の負担をかけてしまうと、かえって仕事の効率が下がってしまうので要注意です。

オフィス環境を改善する方法5:デスクや椅子などの備品設備を整える

オフィス環境を改善するための方法のひとつとして、デスクや椅子などの備品設備を整えるということも挙げられるでしょう。

備品設備にはけちらず、従業員が快適に仕事が行えるように質の良いデスク・椅子を購入するのがおすすめです。

また、色やデザインを統一すればオフィスがよりおしゃれで清潔感のある雰囲気になることでしょう。

オフィス環境を改善する方法6:コミュニケーション導線の確立

コミュニケーション導線を確立するというのも、オフィス環境を改善するための方法のひとつです。

社員の間でコミュニケーションが活性かするように、デスクや椅子の配置などを工夫することでコミュニケーション導線を生み出し、会話が生まれやすい物理的な状態を創り出してみましょう。

コミュニケーションが活性化すれば職場の団結力や生産性がアップするはずです。

オフィス環境を改善する方法7:室内の温度を適切に保つ

室内の温度を快適に保つというのも、オフィス環境を改善するための方法のひとつに数えられるでしょう。

女性と男性によって快適と感じる室内の温度は異なるので、暑がりな男性はエアコンの風が直接当たりやすい場所にデスクを配置し、寒がりな女性はエアコンの風があたらない場所に配置するなどの配慮も必要です。

オフィス環境を改善する方法8:トイレは男女別に設置する

トイレは男女別に設置するというのも、オフィス環境を改善するために絶対に必要なポイントでしょう。

トイレを男女共用にすると衛生面でも防犯面でも問題がありますし、特に女性はトイレに行くことに抵抗感を抱いてトイレを我慢しなければならなくなってしまいます。

従業員が快適に職場で過ごせるようにトイレは絶対に男女別に設置し、常に清潔な状態に整備しておきましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

オフィス環境を改善するメリットとは

以上では、さまざまな視点からオフィス環境を改善するための具体的な方策について取り上げてきました。

お金や時間をかけずにできるものもあれば、コストがかかるものもあるでしょう。では、わざわざお金や労力をかけてまでなぜオフィス環境を改善しなければならないのでしょうか。

ここからはオフィス環境を改善することのメリットをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

従業員の満足度が上がる

オフィス環境を改善することのメリットとしてまず挙げられるのが、従業員の満足度が上がるということです。

従業員の満足度が上がるということは職場への不満が軽減されるということであり、企業に利益をもたらしてくれる優秀な社員の離職を防ぐことができるでしょう。

生産性が上がる

生産性が上がるというのも、オフィス環境を改善するメリットのひとつです。社員にとって働きやすいオフィス環境が整備されれば、おのずと仕事に対するモチベーションも上がり、職場全体で生産性がアップすることでしょう。

業績が上がる

オフィス環境の改善を実現して社員の仕事に対するモチベーションが上がれば、最終的には企業の業績アップにつながります。

オフィス環境の改善という、わずかなお金と労力を投資するだけで社員の作業効率やモチベーションがアップし企業の業績が向上するため、企業にとっては非常に利点が多いと言えるでしょう。

より良いオフィス環境で気持ちよく働こう

今回はオフィス環境を改善するための方法やそのメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

企業の利益を生み出しているのは社員であるということを忘れてはいけません。社員にとってより働きやすいオフィス環境が整備されれば、社員が快適に過ごせるようになるだけでなく、企業にとっても金銭的なメリットを得ることができるでしょう。

Related