Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット

ノー残業デーという言葉は有名で、会社員であれば一度は聞いたことがあるでしょう。しかしノー残業デーの目的・メリット・デメリットを知らない人は多いです。本記事では、ノー残業デーの目的およびメリットとデメリットを紹介しています。導入の参考にしてください。

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット

ノー残業デーとは?

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーは企業側の取り組みで、定時退社を促すことを目的としています。一般的に週の1日をノー残業デーに指定するケースが多いです。

指定する日は会社によって異なり、また全体の仕事の進捗具合によっては指定日が変更になることもあります。ノー残業デーは社員に定時退社を促しますが、多くの仕事を抱えている人はノー残業デーでも仕事をします。

ノー残業デーの目的3つ

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーの目的は会社によって異なりますが、以下では一般的な目的を紹介します。一般的な目的を知ることで、納得してノー残業デーに取り組むことができます。

ノー残業デーに取り組むときは具体策を打ち出すことが大切で、決して勢いだけで実施してはいけません。勢いだけでは目標倒れに終わる可能性が高いです。

ノー残業デー実施後もさまざまな問題に直面しますが、その都度方法を見直し継続させましょう。

ノー残業デーの目的1:社員のプライベートを確保

ノー残業デーの目的には社員のプライベートの確保があり、ノー残業デーの日に家族サービスをする社員もいます。

仕事漬けの生活は疲労が蓄積しやすく、酷いケースになると色々な病気にまで発展する可能性があります。病気を発症すれば仕事どころではなく、最悪の場合は退職を余儀なくされる可能性もあります。

仕事漬けの人は休むことを悪と考える傾向にあり、ノー残業デーを設けることは極めて大切です。

ノー残業デーの目的2:業務の効率化

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーの目的には業務の効率化があり、効率化することで会社はさまざまな恩恵を受けます。業務を効率化するメリットは計り知れず、多くの企業は最大の課題としています。

ノー残業デーが業務を効率化する理由には、ほどよいプレッシャーがあります。過度のプレッシャーは人を萎縮させますが、ほどよいプレッシャーは人のやる気に火を付け仕事を加速化します。

ノー残業デーの目的3:時間外労働の削減

ノー残業デーの目的には時間外労働の削減があり、時間外労働を削減することで会社の経営状態は安定します。

時間外労働は割り増し賃金になり、全体の残業時間が増えれば増えるほど会社の経費を圧迫します。多くの会社は時間外労働に対して頭を抱えており、ノー残業デーを設け対策する会社が増えてきました。

ノー残業デーのメリット4つ

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーの目的を果たすことで、労使共にメリットを受けることができます。以下では具体的なメリットを掘り下げて紹介します。

ノー残業デーのメリットは大きく、知れば知るほど目的に対して真剣になれるでしょう。

ノー残業デーのメリット1:経費削減

ノー残業デーの最大の目的は経費削減で、経費削減することで余裕のある経営が実現します。会社にとって支出を抑えることは非常に大切で、支出を抑えるためにさまざまな工夫をしています。

ノー残業デーを実施することで最初に削減できるのは人件費です。具体的な人件費を100人の会社の例で紹介します。1時間あたりの残業代が1,500円と仮定すると、残業1時間あたりの経費は15万円です。

ノー残業デーのメリット2:生産性の向上

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーの目的には業務の効率化があり、効率化することで生産性は向上します。生産性の向上は会社にとって非常に大切で、日夜実現に向けて努力をしています。

企業の生産性とは労働生産性のことで、労働による成果を労働量で割ることによって求めることができます。

労働量は労働時間を意味し、労働による成果は会社の利益を意味します。少ない労働時間で利益を生み出すことで、会社の経営は健全化します。

ノー残業デーのメリット3:従業員の時間管理意識の向上

会社は人件費に頭を悩ましています。人件費を削減する1つの方法には残業時間を減らすことがありますが、実現するのは簡単ではありません。それでもノー残業デーを実施することで実現に近づきます。

ノー残業デーを実施することで従業員の時間管理意識が向上し、時間を有効に使うようになります。時間を有効に使うことで生産性が高くなり、残業時間は自然に減少するでしょう。

ー残業デーのメリット4:スキルアップの時間がとれる

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
会社は従業員にスキルアップしてほしいと願っています。しかし毎日残業があればスキルアップの時間を取ることができません。

それでもノー残業デーが実現すれば、週に1日はスキルアップの時間を作ることができます。残業がなければ18時には退勤でき、何らかの教室に通うことも可能です。

社員のスキルアップを目的にノー残業デーを実施する会社は少ないですが、社員がスキルアップすれば会社の力になります。

ノー残業デーのデメリット3つ

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーの目的は意義のあるもので、目的に異論を挟む人は少ないでしょう。しかし物事には必ずメリットとデメリットがあります。ノー残業デーにもメリットとデメリットがあります。

以下ではノー残業デーのデメリットを紹介しており、ノー残業デー導入の参考になるでしょう。デメリットを把握することは継続の1つのポイントで、決してないがしろにしてはいけません。

ノー残業デーのデメリット1:割り込みタスクに対応できない

ノー残業デーの目的には業務の効率化があり、それ自体は素晴らしいです。しかし過度の業務効率化は従業員の時間の余裕を奪い、割り込みタスクに対応できなくなる可能性があります。

割り込みタスクとは急に入ってくる仕事で、多くの社員は日常的に経験しています。割り込みタスクを翌日に処理できれば問題はありませんが、概して割り込みタスクは急ぎの仕事であることが多いです。

ノー残業デーのデメリット2:仕事が後回しになる

会社によっては強引にノー残業デーを実施し、社員を強制的に退社させます。そのような会社ではノー残業デーに残業することが難しく、溜まっている仕事が後回しになります。

しかし仕事を溜めすぎると心の余裕が失われ、最悪の場合は鬱状態になります。また仕事を溜めすぎるとミスを誘発しやすくなり、周囲に迷惑をかけます。

ノー残業デーのデメリット3:別日の残業時間が増える

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーは残業日を減らすことを目的としていますが、仕事を残せば別の日に片付けなければいけません。別の日の勤務時間内に、残した仕事が片付けば問題はありません。

しかし忙しい会社では勤務時間内に残した仕事を片づけることが難しく、結果的に別の日の残業時間が増えます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ノー残業デーを上手く運用するには?

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーのメリットは大きく実施を躊躇う理由はありません。しかしノー残業デーを上手く運用するにはノウハウが必要で、会社によっては専門家を招いています。

以下ではノー残業デーを上手く運用する方法を紹介しており、実践することで目的の達成率が高くなります。

定期的に意識させる

ノー残業デーの目的を果たすには社員の協力が不可欠で、定期的にノー残業デーの目的を社員に意識させることが大切です。

ノー残業デーの目的を意識させるときは、社員のメリットを伝えるのがポイントです。社員のメリットを伝えることで当事者意識を感じ、真剣にノー残業デーに取り組むようになるでしょう。

管理職が率先して実施する

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーの目的を果たすには管理職が率先して実行することが大切で、部下はそれを見て後に続きます。また管理職は残業が多い社員に、効率的な仕事のやり方を教える必要があります。

管理職が効率的な仕事の方法を教えることで、残業の多い社員はノー残業デーを意識するようになります。仕事の方法を教えるときは精神論ではなく、具体的な方法で教えましょう。

業務ペースをみて実施する

基本的にノー残業デーは決められた日に実施しますが、全体の業務ペースを見て実施日を変更することをおすすめします。

臨機応変にノー残業デーの日を決めることで、ノー残業デーの達成率が高くなります。仕事の忙しさには波があり、管理職は正確に波を読まなければいけません。

ノー残業デーの目的を知って有効に活用しよう

ノー残業デーの3つの目的とは?ノー残業デーのメリット・デメリット
ノー残業デーは労使共にメリットがありますが、漠然とノー残業デーを実施しても上手くいきません。ノー残業デーを上手く実施するには、目的を常に意識することが大切です。

労使共にノー残業デーの目的を常に意識すれば、ノー残業デーの達成率は高くなるでしょう。ノー残業デーは時代の流れになっており、今後はより増えると予想されます。

Related