Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

仕事の生産性が高い企業の特徴9つとは?|生産性が高い人の特徴6つ

仕事の生産性を上げるためにはどうすればよいのでしょうか。この記事では仕事の生産性が高い企業に共通するとっておきの秘密をご紹介しています。また併せて、生産性が高い人の特徴についても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

仕事の生産性が高い企業の特徴9つとは?|生産性が高い人の特徴6つ

仕事の生産性の向上に関する課題とは?

ご自身の職場の生産性は高いと胸を張って言えるでしょうか。社員にとって働きやすい職場環境を整備しているかどうか、また仕事が効率的に行えるシステム作りを行っているかどうかによって、職場の生産性の高さは大きく変わってきます。

ちょっとの工夫をこらすだけで、今の状態から格段に生産性をアップさせることも不可能ではありません。

まずは、仕事の生産性の向上を阻害する課題についてチェックしていきましょう。

無駄な仕事が多い

仕事の生産性の向上を阻む課題としてまず挙げられるのが、無駄な仕事が多いということです。

本来ならば外注できるような作業であるにもかかわらず、ちょっとのコストをけちって社員に作業を押し付けてしまうと、社員は本来すべき仕事に取り掛かることができなくなるため、生産性が低下してしまうことでしょう。

無駄な仕事は徹底的に効率化を行うか、外注するなどして社員が仕事に集中できる環境を整備する必要があります。

雑務に時間が取られる

雑務に時間が取られるというのも、仕事の生産性の向上を阻害する要因のひとつとして挙げられるでしょう。

雑務が多い職場はたとえ優秀な人材を多く集めていたとしても仕事の生産性が低くなるものですし、またそのことに社員が不満を感じ、仕事へのモチベーションも低下してしまいます。

雑務によって社員に無駄なストレスを与えると、仕事への意欲も能率も失われてしまうため、生産性を上げることはできません。

仕事以外の心配事が多い

仕事以外の心配事が多いというのも、仕事の生産性の向上を阻む要因のひとつに含まれるでしょう。

職場環境が悪かったり、人間関係のトラブルなどが多い企業では、社員は雑念に囚われてしまうため仕事に集中することができなくなってしまいます。

社員一人ひとりの生産性を高めるためには、仕事以外で余計な心配をしないで済むような良好かつ健全な職場環境を企業が積極的に整備する必要があると言えるでしょう。

仕事の生産性が高い企業の特徴9つ

以上では、仕事の生産性を高めるために解決せねばならない主な課題を3つ取り上げてきました。

では、このような課題を解決すると同時に、どのようなポジティブな取り組みを行えばよいのでしょうか。

ここからは、仕事の生産性が高い企業に共通してみられる特徴を9つピックアップしてご紹介していきます。

今いる社員の生産性をフルに高めるためにも、以下でご紹介するような企業を参考になさってみてください。

仕事の生産性が高い企業の特徴1:達成できる見通しのある課題に取り組んでいる

仕事の生産性が高い企業の特徴としてまずご紹介したいのが、達成可能な課題に取り組んでいるということです。

社員一人の能力に合わせて適切な仕事を振り分けているからこそ、達成できる見通しのある課題に取り組むことができるため、それによって仕事のモチベーションを十二分に高めることができるでしょう。

「頑張れば達成できる」という絶妙なラインで課題を適切に設定することこそが、生産性向上には欠かせません。

仕事の生産性が高い企業の特徴2:仕事以外の心配事が少ない

仕事以外の心配事が少ないというのも、仕事の生産性が高い企業に共通する特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

人間関係のトラブルや職場の清掃など、仕事に集中することを妨げる心配事や要素が少なく、目の前にある仕事に専念できるような良好な職場環境が整備されている企業は、他企業に比べて格段に生産性が高い傾向にあります。

仕事への集中を妨げる心配事を把握し、それらを一つずつ解消していくことが不可欠です。

仕事の生産性が高い企業の特徴3:作業に明確な目標がある

仕事の生産性が高い企業の特徴のひとつとして、作業に明確な目標があるということも挙げられます。

与えられた作業にどのような目標や意義があるのかを社員一人ひとりが認識することができていれば、社員は自分の仕事にやりがいや楽しさを感じることができるため、仕事に対するモチベーションも生産性もアップすることでしょう。

たとえ単純作業であっても、きちんとそこに目標や意味づけを行うことが必要です。

仕事の生産性が高い企業の特徴4:直接のフィードバックがある

直接のフィードバックを実施しているというのも、仕事の生産性が高い企業ならではの特徴でしょう。

生産性の高い企業は、社員に仕事をただ与えっぱなしにはせず、社員が行った仕事に対して定期的に、かつ適切にフィードバックを行っています。

自分の仕事や働きぶりに関してきちんとフィードバックがもらえるならば、社員の仕事に対するモチベーションはアップし、それによっておのずと生産性も上がることでしょう。

仕事の生産性が高い企業の特徴5:社員の業務内容や時間を把握している

仕事の生産性が高い企業の特徴のひとつに、社員の業務内容や時間をきちんと把握し、問題があれば改善を行っているということも数えられるでしょう。

たとえ社員の人数が多かったとしても、社員一人ひとりの仕事への取組みがわかるようなツールを導入しているならば、社員の長時間労働や残業数を把握すると同時に、それを防ぎ短時間で仕事が効率的に行えるような改善策を見つけることができます。

仕事の生産性が高い企業の特徴6:仕事を面白いと感じている社員が多い

仕事を面白いと感じている社員が多いというのも、仕事の生産性が高い企業ならではの特徴のひとつです。

与えられた仕事に楽しさややりがいを感じる社員が多ければ多いほど、能動的かつ意欲的に仕事に取り組むようになるため、職場全体の生産性は格段にアップすることでしょう。

また、そのようなやる気のある社員が多い職場は雰囲気が非常によく、お互いによい刺激を与えあうことができるという効果もあります。

仕事の生産性が高い企業の特徴7:息抜きができる環境がある

仕事の生産性が高い企業の特徴のひとつとして挙げられるのが、息抜きできる環境があるということです。

朝から晩まで息抜きもせず仕事に集中するのは無理な話ですし、適切な休憩を取らなければ集中力も生産性も低下してしまいます。

生産性の高い企業は、社員がリラックスして過ごせる休憩室などの設備を充実させており、それを利用することで社員はストレスなく仕事に集中して取り組めるような環境が出来上がっています。

仕事の生産性が高い企業の特徴8:会社の目標が定期的に定まっている

会社の目標が定期的に定まっているというのも、仕事の生産性が高い企業の特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

経営状態や業績に応じて定期的に目標を変更し、ひとつの目標を達成されるごとに新しい目標を適切に設定することができている企業では、今取り組むべき課題や問題点と次に目指すべき目標が明白であるため、無駄のない経営が可能になります。

経営方針が明確ならば、社員の生産性も上がることでしょう。

仕事の生産性が高い企業の特徴9:優秀なリーダーがいる

仕事の生産性が高い企業の特徴のひとつとして、優秀なリーダーがいるということも含まれるでしょう。

仕事面においても人柄においても優秀で見習うべき点が多くあり、他の社員のお手本となるようなリーダーがいるならば、その職場のチームワークや団結力がアップし、結果として職場全体の生産性も向上します。

リーダーシップに加えて人間力やコミュニケーション能力があるということも、優秀なリーダーに必要な要素でしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

仕事の生産性が高い人の特徴6つ

以上では、仕事の生産性が高い企業の秘訣についてご紹介してきました。仕事の生産性が高い企業は適切な採用人事を行うことができているため、生産性の高い優秀な人材を集めています。

では、そのような人材にはどのような共通点が見て取れるのでしょうか。ここからは仕事の生産性が高い人ならではの特徴を6つご紹介していきますので、ご自身の生産性を高めるためにもぜひ参考になさってみてください。

仕事の生産性が高い人の特徴1:集中力がある

仕事の生産性が高い人の特徴としてまず挙げられるのが、集中力が高いということです。

仕事をだらだら行うことは決してせず、やるべき仕事を目の前にするならばそれにきちんと集中して取り組み、短時間で効率的に仕事を終わらせる人こそ仕事の生産性が高い人物だと言えるでしょう。

このような人物は自分の感情をコントロールするのが上手く、「気が乗らない」「やる気が出ない」と自分に言い訳をして仕事から逃げることはしません。

仕事の生産性が高い人の特徴2:タスクごとのゴールが明確

タスクごとのゴールが明確であるというのも、仕事の生産性が高い人ならではの特徴です。

自分がやるべきタスクをリストアップし、それら各々のゴールをきちんと明確にすることができているからこそ、無駄なく集中して仕事に取り組めるのでしょう。

つまり、仕事の生産性が高い人は自分のやるべきことをきちんと把握する能力に長けており、それゆえ無駄のない仕事ができると言えます。

仕事の生産性が高い人の特徴3:計画性がある

仕事の生産性が高い人の特徴のひとつとして、計画性があるということも挙げられるでしょう。

計画性があるビジネスパーソンは、仕事のデッドラインを本来よりも早めに設定し、そのデッドラインに間に合うようにやるべきことを計画的に決めることができるため、人よりも仕事を早めに終わらせては次の新しい仕事に取り掛かることができます。

締切ギリギリに慌てて仕事に取り掛かったり、作業を先送りすることはありません。

仕事の生産性が高い人の特徴4:全力ではない

全力で仕事に取り掛からないというのも、仕事の生産性が高い人の特徴のひとつでしょう。

常に全力で仕事に取り組むと短期間で心と体のエネルギーが尽きてしまうので、結果として長期的に仕事を効率的に行うことができなくなってしまいます。

仕事の生産性が高い人は、常に7~8割程度のパワーで仕事に取り組んでいるため、疲れきったりストレスをためることなく仕事に順調に取り組むことができます。

仕事の生産性が高い人の特徴5:はっきり言う

仕事の生産性が高い人ならではの特徴のひとつとして挙げられるのが、物事をはっきりと言うということです。

はっきりとモノを言う人は「変に思われたらどうしよう」「相手のことを傷つけてしまうのでは」とあれこれ余計なことを考えたり無駄な心配事を抱えることがないからこそ、雑念に囚われず仕事に専念することができるのでしょう。

仕事の生産性が高い人の特徴6:仕事を人にふる

仕事を人にふるというのも、仕事の生産性が高い人の特徴のひとつです。自分だけで仕事を抱え込まず、適切な分担作業を行える人物は、仕事を効率的に終わらせることができるでしょう。

生産性の高い企業や人の特徴を参考にしよう

今回は仕事の生産性が高い企業や人物の特徴についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ちょっとした工夫や努力をするだけで、今よりもずっと仕事の生産性を上げることが可能です。

この記事でご紹介した企業や人物の取り組みを参考にしながら、仕事の生産性をアップさせましょう。

Related