Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

オフィスのリフレッシュスペース活用法8つと利用のメリット5つ

オフィスのリフレッシュスペース活用法8つと利用のメリット5つをご紹介します。最近では多くの企業がリフレッシュスペースをオフィスに設ける動きがでてきています。リフレッシュスペースを設けることで、社員のモチベーションもアップし働き方改革にもつながります。

オフィスのリフレッシュスペース活用法8つと利用のメリット5つ

オフィスのリフレッシュスペースとは

最近では、働き方改革の一環として、会社にリフレッシュスペースを設ける企業も増えています。リフレッシュスペースとは、その名のとおり、勤務中に休養などを与えるスペースであり、目的としては、社員の勤務内容を向上させるためです。

体調がすぐれないときや、社員のストレスなどをサポートするためにリフレッシュスペースはとても有効です。ではリフレッシュスペースについてご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法8つ

リフレッシュスペースの活用方法はその企業に応じて異なります。基本的には自由にアレンジできるスペースであり、決まりはありません。睡眠不足のときにもリフレッシュスペースは活用できます。

特に、リフレッシュスペースの活用方法として、用いられている内容をご紹介しますので、これから、リフレッシュスペースを作ろうと考えの場合にも、ぜひともご参考にしてください。活用方法のアイデアはたくさんあります。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法1:寝る

仕事に行き詰ったときや、連日残業で疲れているときなどは、リフレッシュスペースを睡眠を取るスペースとして活用ができます。少しの時間でも睡眠を取るだけで頭がすっきりするのでおすすめです。

体を一瞬でも横にすると、体力も回復して仕事がはかどるようになると好評です。リフレッシュスペースに、枕やクッションを備え付けている企業もあるほどです。マイ枕を用意しておくこともおすすめです。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法2:軽く体を動かす

リフレッシュスペースで、体操をしたり、体を動かしてすっきりさせることができます。特に、オフィスワークの場合、長時間座っていると体がだるく感じることがあります。

そんなときにも、リフレッシュスペースを活かして、気分転換すると仕事にも良い影響を与えます。体を動かすことで血の巡りもよくなり、健康面に関してもよいのでおすすめです。すっきりすると好評です。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法3:マッサージをする

オフィスワークであったり、営業の場合なら長時間にわたり車を運転していたりという理由で、体が固まってしまっているときには、リフレッシュスペースでマッサージをしましょう。

リフレッシュスペースにマッサージチェアやグッズを完備している企業もあります。マッサージをして気分も心も軽くすることで、仕事にもよい影響をもたらすこと間違いなしです。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法4:コミュニケーション

リフレッシュスペースは誰でも利用できるスペースなので、普段関わることが少ない他部署の方ともコミュニケーションがはかれます。

同じ社員同士つながりを持つことは、社内の一致団結にもつながり、良い影響を与えることが期待できます。会話をすることで、仕事におっくうになっていても、気分転換になり仕事に戻るときには肩の荷がおりていることも考えられます。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法5:休憩、気分転換

リフレッシュスペースはどうしても気分がすぐれないときや、やる気にかけるときなど気分転換になると好評です。

休憩を取るにも、休憩場所がなくデスクで座っているだけという方もいますが、それでは本当に休息が取れているわけではありません。やはり、1度オフィスやデスクを離れることで、本当の意味での気分転換ができます。

リフレッシュスペースがあるだけで一時避難ができると心のゆとりにもなります。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法6:情報共有

リフレッシュスペースは誰でも利用できるため、社内事情や仕事内容の情報共有にもおすすめです。仕事と関係ない話題とおもっていても、会話の相手にとってはとても有益な情報であることもあります。

社内情報や製品情報などさまざまなことに対して情報共有ができる可能性があります。ランチができるレストラン情報や、仕事に直結しないことでも勤務するにあたって必要な情報です。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法7:カフェ利用

オフィスのリフレッシュスペースでは、一息つくためにカフェとしても利用ができます。コーヒーを飲みながらお菓子でも食べて、仕事の合間にリラックスしてみませんか。

少し甘い物を取ると脳の活性化にもなり、仕事がはかどるといわれています。

オフィスのリフレッシュスペースの活用法8:勉強

リフレッシュスペースは誰でも自由に使用してもよいため、休憩中に勉強ルームとして利用することもできます。勉強をするにも場所がないというときにもぴったりです。リフレッシュスペースには机と椅子があるだけでできます。

さらに、社内にwifiなどもあれば、ノートパソコンなどを使って勉強ができます。最近ではタブレットやスマホのアプリで勉強ができるものもたくさんあります。自己啓発にもなるのでおすすめです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

オフィスにリフレッシュスペースがあるメリット5つ

オフィスにリフレッシュスペースを作るにはスペース確保や、それに対する費用がかかることがあります。それでもリフレッシュスペースを作るメリットがあると、リフレッシュスペースを採用する企業が増加しています。

それでは、オフィスにリフレッシュスペースを作ることで得られるメリットをご紹介します。社員にとっても、会社にとてもメリットが多く、双方がwin winでいいことづくしです。

オフィスにリフレッシュスペースがあるメリット1:リラックスの場を与えることができる

オフィスにリフレッシュスペースを設けることはリラックスすることができ、社員のメンタルを正常に保つために役立ちます。仕事をしているときは気を張っていることが多く、どうしても気疲れや、精神的なストレスを感じやすいです。

社内でいる間でも、疲れたときにはリラックスできる場所を確保することは、社員に長く会社に貢献してもらうためにもとても重要なポイントです。

オフィスにリフレッシュスペースがあるメリット2:コミュニケーションの場になる

オフィスのリフレッシュスペースでは、コミュニケーションを取りやすいというメリットがあります。同僚と仲が悪いわけではなくても、オフィス内であれば私語を慎み、自然とコミュニケーションが減ってしまうことがあります。

しかし、リフレッシュスペースでは、一瞬でも仕事モードから切り替えて、同僚とコミュニケーションをはかり、それが仕事での信頼関係に繋がることもあるのでメリットになります。

オフィスにリフレッシュスペースがあるメリット3:新しいアイディアが浮かぶ

オフィスにリフレッシュスペースを設けることで、仕事のアイデアも出やすくなります。頭が疲れていると柔軟な発想がわきづらいです。

その証拠に、忘れてしまったことを思い出そうと努力しても思い出せなかったのに、ふとした瞬間におもいだす現象と似ています。

このように、リフレッシュスペースを利用することで、頭の切り替えやリラックスすることができ、アイデアを生み出すためにもよい作用が働きます。

オフィスにリフレッシュスペースがあるメリット4:生産性が上がる

オフィスにリフレッシュスペースを作ることで、仕事の生産性があがると言われています。最近では、辛い状態で5時間働くよりも、快適な状態で4時間働く方が、効率的に仕事ができ生産性もよいとされています。

働きづくめで仕事を進めるよりも、リフレッシュスペースで気分転換をした方が、最終的にはよい仕事ができます。労働時間と仕事の効率化や質は比例しないと

オフィスにリフレッシュスペースがあるメリット5:会社のイメージアップに繋がる

リフレッシュスペースがあることで、会社の印象やイメージがアップするというメリットがあります。最近では、働き方改革を考える企業が増えており、これからの企業の課題でもあります。

そのため、より働きやすいオフィス環境を整えることで、よい人材確保にもつながるため、企業のPRにも利用できます。リフレッシュスペースだけでなく、働きやすい環境作りをすることは、最終的には企業の将来のためにもなります。

オフィスのリフレッシュスペースを有効活用しよう

「オフィスのリフレッシュスペース活用法8つと利用のメリット5つ」のご紹介はいかがでしたか。オフィスにリフレッシュスペースを設けることで、社員それぞれの利用の仕方があり、仕事の効率アップにもつながります。

オフィスにリフレッシュスペースがあることで、結果的に会社の業績もアップする可能性があります。お好きな使い方で有効活用して、オフィスでの時間を有意義なものにしましょう。

Related