Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月12日

働きやすい職場で働くメリット|職場を選ぶとき確認するポイント15

仕事をしていくには働きやすい職場を選んでいく必要があります。働きやすい職場でないとワークライフバランスを考えて仕事ができなくなるので、長く勤めることが難しくなります。また、社員の負担を減らすための福利厚生や待遇を備えているかも重要なポイントとなります。

働きやすい職場で働くメリット|職場を選ぶとき確認するポイント15

働きやすい職場を選ぶ為に必要なこと

働きやすい職場を選ばないと仕事を長く続けていくことができません。働きやすい職場は福利厚生や待遇面が整っており、社員のことを考えて会社経営をしているので働きやすくなっています。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、業務経験を多く積み、資格や免許を取得することで条件の良い会社選びをするようにしましょう。

働きやすい職場で仕事をするメリット

働きやすい職場で仕事をするとメリットを得ることができます。働きやすい職場は社員の負担を軽減するために給料面が安定していたり、休暇や休日が充実しているので多くのメリットを感じることができます。

働きやすい職場でメリットを感じたい人は、福利厚生や待遇面ばかりに注視せず、自身の能力を正当に評価してくれる会社を選ぶようにしましょう。

働きやすい職場とは?職場を選ぶとき確認するポイント15

働きやすい職場を選ぶときに確認しておくポイントがあります。仕事をこなす能力があっても正当に評価されなかったり、休日が取得しずらかったりすると長く勤めることが難しくなるのでワークライフバランスを考えられる職場を選ぶ必要があります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際に仕事内容や勤務時間を確認しておき、十分な研修を受けて業務に就けるのか確認しておくようにしましょう。

働きやすい職場ポイント1:人間関係

働きやすい職場を選ぶポイントに職場の人間関係が挙げられます。職場の人間関係が良好でないと仕事で同僚や上司とうまく連携できなくなり、仕事を長く続けることが難しくなります。そのため、職場の人間関係が良好なのか知っておく必要があります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際に社内の雰囲気を見ておき、働くことが決まったら率先して会話をすることで良好な人間関係を築くようにしましょう。

働きやすい職場ポイント2:職場の雰囲気

働きやすい職場を選ぶポイントに職場の雰囲気を知る必要があります。職場の雰囲気に馴染めなければ、働きにくくなるので長く勤めることが難しくなります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、転職先を選ぶ際、これまでの職業に近い業種や職種を選ぶようにし、自分自身の雰囲気に合った会社を選ぶようにしましょう。

働きやすい職場ポイント3:給与水準

働きやすい職場を選ぶポイントに給料水準があります。職場が自分に合っていて働きやすくても給料面が安定していないと私生活や将来に不安を残すことになり、疑問を持ちながら仕事をしていかなくてはならないのである程度の給料水準を満たした職場を選ぶ必要があります。

給料水準が高い職場で仕事をしたい人は、今までの業務経験が活かせる職場を選ぶようにし、しっかりした業務の評価システムがある企業を選ぶようにしましょう。

働きやすい職場ポイント4:休暇や休日

休暇や休日を取得できるかも働きやすい職場を選ぶポイントです。働きやすい職場は十分に収益を上げることができているので、休日や休暇が取りやすく社員に無理な業務はさせないので働きやすい職場が多くなっています。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際にどのくらい休日や休暇が取れるようになっているか聞くようにし、全体的な労働契約を確認するようにしましょう。

有給休暇の取りやすさ

有給休暇が取りやすいかどうかも働きやすい職場を選ぶポイントです。自身の体や家族のことで仕事を休まなくてはならない場合があるので、有給休暇が取りやすいかどうかも調べておく必要があります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際に1年間に発給される有給や年休の日にちを聞いておき、いざとなったら有給がとりやすい仕事なのか考えて入社を決めましょう。

働きやすい職場ポイント5:残業はどのくらいなのか

残業はどのくらいこなさなければならないのかも働きやすい職場を選ぶためのポイントです。仕事柄、残業が必要になる職業がありますが働きやすい職場の場合、業務に必要な手当を支給することで社員のサポートをしている職場が多いです。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際、1日の残業時間を確認しておき、どのような形態で残業代が支払われるのか確認しておきましょう。

残業賃金

残業をしていく職場の場合、残業賃金について確認しておく必要があります。働きやすい職場でも社員に残業をさせることもありますが、みなし残業ではなく働いた時間に対して残業代を支払うことができているので働きやすくなっています。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際に残業1時間あたり25%の割り増し賃金が支払われるのか聞いておき、週の残業時間を確認するようにしましょう。

働きやすい職場ポイント6:ワークライフバランス

ワークライフバランスを考えて仕事をしていけるかも働きやすい職場を選ぶポイントです。私生活を振り返ることができないと、仕事を充実させることができないので働きやすい職場とは言えなくなってしまいます。

そのため、ワークライフバランスを考えた働き方ができる職場を選んでおく必要があるのです。

入社を検討している会社がある人は、どのような福利厚生や待遇を用意しているのか確認しておき、入社を決めるようにしましょう。

働きやすい職場ポイント7:評価方法

働きやすい職場を選ぶポイントに業務の評価方法があります。努力して業務にあたっていても、正当に評価するシステムがなければ昇給や昇進が難しくなり、働きやすい職場とは言えなくなります。そのため、会社がどのような評価方法を取っているのか知る必要があります。

働きやすい会社で仕事をしたい人は、面接で分かる限りの評価方法を聞いておき、納得できる評価方法であるか確認しておきましょう。

働きやすい職場ポイント8:福利厚生

働きやすい職場を選ぶポイントに福利厚生の充実が挙げられます。働きやすい職場は社員の経済的な負担を減らすため、住宅手当や通勤手当、出産や結婚の際の祝い金などが充実しています。また法外福利厚生を充実させ、優秀な社員を集めようとする企業が多くなっています。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、入社を検討している企業がどのような福利厚生を備えているか調べておき、入社すべきかどうか考えるようにしましょう。

働きやすい職場ポイント9:会社の理念やビジョン

会社の理念やビジョンを知っておくことも働きやすい職場なのか選ぶポイントになります。今までと業種や職種が違う職場で働く場合、企業の理念やビジョンに納得できないこともあるのであらかじめ会社の方針を確かめておく必要があります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際に会社がどのような理念やビジョンを持っているか聞いておき、納得できたら入社を検討しましょう。

働きやすい職場ポイント10:研修や社内教育

研修や社内教育が充実しているかも働きやすい職場を選ぶポイントです。研修や社内教育が充実していないと利益を十分に出せていない会社なので、労働環境が整っていないことがあります。また、研修制度がしっかりしていなければ仕事を覚えることが難しくなります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際に研修の内容や実施される期間を聞いておき、安心できるようならば入社を検討しましょう。

働きやすい職場ポイント11:産休や育休の取りやすさ

働きやすい職場を選ぶポイントに産休や育休の取りやすさが挙げられます。昨今、保育園や幼稚園の入園が難しくなっており、産休や育休が取得できなければ働きやすい職場とは言えなくなっています。また、経営者に子育ての理解があるのか確かめておく必要があります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、面接の際に産休や育休が取得しやすいのか確かめておき、託児所などを完備しているかどうか尋ねるようにしましょう。

働きやすい職場ポイント12:介護への理解

介護への理解があるのかも働きやすい職場を選ぶポイントです。長く仕事をしていけば、両親や家族の介護をしていかなくてはならなくなるので、介護に理解のある職場を選んでおく必要があります。

介護への不安を払拭したい人は、有給や年休が取得しやすい職場を選ぶようにし、面接で経営者の介護への理解度を確かめておき入社を決めるようにしましょう。

働きやすい職場ポイント13:セクハラやパワハラ

セクハラやパワハラがあるのかどうかも働きやすい職場かどうか知るポイントです。社員の負担が多くなるとさまざまなハラスメントが横行してしまうので、労働環境が整っている職場を選ぶ必要があります

会社員として仕事をしていく人は、ハラスメントがあった場合、上司や職場の責任者に報告し、問題解決をするようにしましょう。また、女性特有のハラスメントの場合、勤務経験の長い女性社員に相談しましょう。

働きやすい職場ポイント14:離職率

離職率について知っておくことも働きやすい職場を選ぶポイントです。社員の入れ替わりが激しい職場は労働環境が整っていなく、社員に負担を強いているので働きづらくなっています。そのため、働きやすい職場かどうか知るために離職率を知っておく必要があります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、ネットの口コミで大まかな離職率を調べておき、入社を検討している業種が置かれている状況を把握し最終的な決定をしましょう。

働きやすい職場ポイント15:経営状況

働きやすい職場を選ぶ際に経営状況について知っておくことも大切です。経営状況が悪いと社員に負担を強いるようになるので、残業代や賞与が支払われない場合があります。また、一人あたりの作業量が増え、労働環境が悪くなっていることもあります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、入社を希望している会社のホームページを閲覧して業績を確認したり、会社の福利厚生や待遇面を見て大まかな経営状況をつかむようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

働きやすい職場で働くメリット|職場を選ぶとき確認するポイント15
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができてない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

働きやすい職場が見つかるおすすめ転職エージェント3つ

働きやすい職場が見つかるおすすめの転職エージェントがあります。ハローワークや求人広告でも労働環境の良い仕事を見つけることもできますが、転職エージェントを使うことでより効率的に早く探し当てることができます。

転職エージェントで仕事を探す人は、求職職者に向けたサポートが充実している転職エージェントを選ぶことが大切です。

働きやすい職場が見つかる転職エージェント1:リクルートエージェント

働きやすい職場が見つける転職エージェントにリクルートエージェントがあります。リクルートエージェントは担当者のサポートが受けられ、年代別、性別、業種別に仕事を選べるメリットがあります。また、転職サイトとして長い歴史があり、多くの人の信頼を得ています。

リクルートエージェントを使って仕事を探す人は、多くの求人から自分にふさわしい仕事を選ぶためにも自身でスキルの棚卸しをしておくようにしましょう。

働きやすい職場が見つかる転職エージェント2:doda

働きやすい職場が見つかる転職エージェントにdodaがあります。dodaは求人の多さだけでなく、エージェントのサービスの質が高く、またスピード感を持って転職活動をしていけるメリットがあります。また、非公開求人の質の高さも魅力になっています。

dodaで仕事を探していく人は、職務経歴書専門アドバイザーに職務経歴書のアドバイスをもらったり、面接の際の注意点を聞くことで働きやすい職場を見つけましょう。

働きやすい職場が見つかる転職エージェント3:ハタラクティブ

働きやすい職場が見つかる転職エージェントにハタラクティブというエージェントがあります。ハタラクティブは20代に向けた転職エージェントでフリーターや第二新卒向けの転職エージェントで、実際に面談をして転職活動を進めていくことができます。

ハタラクティブで仕事を見つけたい人は、就活アドバイザーとの面談を重ねることで、自分自身にふさわしい職場を見つけ出すようにしましょう。

働きやすい職場で働こう

長く仕事をしていくには働きやすい職場を選んでいく必要があります。働きづらい職場だと仕事を正当に評価してもらえなかったり、待遇面や給料面が安定していないので私生活や将来を見据えて考えていくことができなくなります。

働きやすい職場で仕事をしたい人は、求人の内容を見抜く力をつけるだけでなく、社会情勢を読み解き必要とされている資格やスキルを積むことで働きやすい職場の仕事を得るようにしましょう。

Related