Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月18日

債権管理とは?債権管理の手順4つと与信管理のポイント

企業を経営する上で債権管理が重要とされています。今まで疎かにしていた人も、この記事できっちり学んでリスクヘッジしておきましょう。また、与信管理という債権管理の中でも最重要とされている事柄も解説しているので、ぜひご覧ください。

債権管理とは?債権管理の手順4つと与信管理のポイント
バナー

債権とは

経営における債権とは、商品やサービスを提供した対価として人や、組織からお金を得る権利のことです。債権があるからこそ、利益が得られて組織が運営していけると言えるでしょう。

そして、債権には債権管理という方法があり仕事内容も説明しているので、自分の売上を守るためにも、以下の記事を見ておいてください。

債権管理とは

ビジネスにおける債権管理とは、組織として回収できるお金を管理することです。組織としてお金が回収できるからといって、実際にはお金が回収されていない点に注意が必要です。

もしも、債権管理の仕事内容を怠りお金を回収できなかった場合、商品やサービスだけ提供してお金が入らないことになるため、組織の死活問題となってしまうでしょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

債権管理の仕事内容の手順

債権管理の仕事内容の手順を4つに分けてご紹介します。具体的には、与信管理を行う・販売契約の内容の確認をする・経理に計上する・入金と債権の消しこみをするのことです。

そして以下には、債権管理の仕事内容の4つに分けられた手順の具体的な方法が書かれています。債権管理を上手く行っていくためにも、読んでおくことをおすすめします。

1:与信管理を行う

与信管理を行うことは、債権管理の仕事内容において重要です。事業における取引では、取引ごとにお金を払うのではなく後日にまとめて払う与信取引が一般的になっているためです。

そして、与信管理の仕事内容には5つのポイントがあり以下の記事に書かれているため、与信管理をしたことがない人は、特に読んでおきましょう。

与信管理とは

与信管理とは、お互いの信頼関係によりお金をもらわずに取引を行っている状況を管理することです。取引のたびに決済をしないことで、手間やコストを削減することになります。

そして、与信取引は信頼関係に基づいて取引ごとのお金を払ってもらっていません。後日にお金を確実に回収していくためにも、与信取引に値する取引先なのかを見極めることが与信管理の仕事内容の本質と言えます。

2:販売契約の内容の確認をする

債権管理として販売契約の際に、どのような内容なのか確認するのをおすすめします。具体的には、どのような商品・サービスをいくらで販売したかと、いつまでにいくら払ってもらえるかを確認しましょう。

そして、取引先が商品・サービスを販売した額を払う期日から遅れた場合にどうするかも明確にしておくと、より一層確実に債権回収が可能になるでしょう。

3:経理に計上する

自分の組織の経理に記録として計上するのも、債権管理の仕事内容です。どこの組織にどれくらいの額の商品・サービスを提供し、いつまでにどれくらいの額が支払われるかを記録しておけば良いでしょう。

具体的には、自分の組織の側には伝票を書き、取引先の組織には請求書を発行することになります。経理の計上をきっちり行うことで、債権回収の際の混乱を防いでいけるでしょう。

4:入金と債権の消しこみをする

債権管理の仕事内容として最後に、入金と債権の消しこみがあります。入金まで行われてこそ、債権を回収したと言えるためです。そして、消しこみまで完了させて記録上も債権回収を終了させましょう。

また、入金まで行われていると実際の経営状態に響くことがないので、債権の消しこみを怠ってしまうケースがあります。ですが、今後回収できる債権かが分からなくなってしまうため、債権の消しこみも怠らないようにしましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

与信管理の仕事内容のポイント

与信管理の仕事内容の5つのポイントをご紹介します。与信基準の設定をする・顧客ごとの分析をする・営業と連携をする・周期的に枠を見直す・承認ルートの設定をするの5つです。

与信管理を今現在している人は、今回の5つのポイントを確認し自分の与信管理を見直してみましょう。今まで与信管理をしてきていない場合も、与信管理の仕事内容の5つのポイントを押さえると、安心して取り組んでいけるといえます。

1:与信基準の設定をする

与信基準の設定をすることも、与信管理の仕事内容です。なぜなら、信頼できる取引先だからといって大きな金額の与信取引ばかりをしていると、実際にはお金を回収することができないという場合があるからです。

そして、与信基準は取引先の経済状態をできる限り調べて、取引先が確実に返せる額を見定めて決めていきましょう。取引先の与信取引の担当者に、流されないように注意してください。

2:顧客ごとの分析をする

与信管理では、顧客ごとの分析も重要な仕事内容です。やはり、顧客ごとに経済状態が異なるためです。そして、経営状態の良い顧客には与信取引を拡大しても、きっちりお金を払ってくれる可能性が高いと言えます。

また、顧客ごとの分析をすることで取引先の事情がより深く把握できるようになり、与信管理以前の信頼関係が築き易くもなるでしょう。

3:営業と連携をする

与信管理に仕事内容には、営業との連携も含まれています。与信取引は信頼関係でお金を後日に払ってもらうため人や組織であるかの見極めが必要であり、実際に取引先と接している営業の経験が使うべきだからです。

例えば、経営状態が悪い組織でお金が出せないから与信取引を希望しているケースがあるとします。自社の営業の人であれば、関わった経験や長年の現場の感で与信取引希望組織の悪い経営状態を見破れることも多いでしょう。

4:周期的に枠を見直す

与信管理では周期的に枠を見直すことも重要です。やはり、自分の組織だけでなく取引先の組織の経済状態が変化することがあるためです。

そして、自分の組織の経済状態が以前より向上している場合、与信取引を拡大可能になるケースがあるでしょう。また、自社の経済状態が悪くとも取引先の経済状態が良い場合は、与信取引を拡大させることで、自社の経済状態の改善を図れるのではないでしょうか。

5:承認ルートの設定をする

どのような流れで与信取引が可能になるかを設定しておくことも、与信管理の仕事内容です。なぜなら、誰がどのような理由で与信取引を許可していけるかを決めておくとスムーズになるためです。

例えば、毎回毎回異なる人が与信取引ができるかの判断をしていると、違う基準で与信取引の許可が下りてしまい、与信管理全体の混乱を招くことになるのではないでしょうか。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー

債権管理が必要な理由

債権管理が必要な理由が2つあります。収益を確実に上げるためと保険請求のための2つです。

収益を上げてこそ組織が維持できると言えますし、保険を請求してこそ保険に入った意義があると言えます。

収益を確実に上げるため

債権管理により確実な収益アップになります。なぜなら、債権管理がずさんな場合よりも徹底している場合の方が、債権を確実に回収しお金を獲得していけるためです。

また、債権管理に重点を置くことで自分の組織に必要な債権かどうかの見極める眼も養われ、不要な債権を作らないことにもつながるでしょう。

保険請求のため

債権管理をしていなければ保険請求も難しくなります。やはり、自分の組織の債権の全容が明らかになっていなければ、何にどのような保険を請求すべきかが決まらないからです。

それに、保険請求により自社がメリットを受けられることが多いので、債権管理の際は保険請求も頭に入れておきましょう。

債権管理の仕事内容は営業リスクを軽減すること

債権管理の仕事内容を行うことで、営業リスクが軽減されることをご説明してきています。そして、与信管理という信頼関係に基づいた取引の仕事内容も解説してきました。

まずは、債権管理と与信管理の仕事内容を徹底することで、経営状態が確実に上向いていくでしょう。また、債権管理が必要な理由も書かれているため、債権管理の重要性を認識した上で取り組んでいけるでしょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related