Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

一番使いやすい給与計算ソフトとは?性能比較19選

給与計算に関しても、人の手で作業をすれば、いつか必ずミスは起こってしまうものです。給与計算ソフトは、すべての計算や入力を自動でしてくれるので、人的ミスを完全に無くすことができます。では、数あるソフトの中からどれを選べばいいのかをお伝えしていきます。

一番使いやすい給与計算ソフトとは?性能比較19選
バナー

給与計算ソフトでできることとは

給与計算ソフトでの、主な機能は給与や賞与の計算・管理、社会保険料や労働保険の計算や、年末調整に関しては、申告データを入力するだけで自動計算することができます。マイナンバーでは、登録から廃棄までをまとめて管理することができます。

このような機能なら他のソフトを比較しても、揃っている場合がほとんどです。

エクセルよりも簡単に給与計算ができる

エクセルの計算では、表を作りなどを作り、地道にデータを一つずつ打ち込んでいくしかありませんでした。給与計算では、総支給額を計算するための、基本給から手当金、各種保険料や各種税金、割増賃金や不就労分の控除など、数字を出すまでが非常に長いです。

ですが給与計算ソフトでは、それらを自動で計算してくれるので、いちいち入力する手間を比較しても、時間と人件費の削減が望めます。

計算ミスのリスクを減らせる

人の手による作業を、全て自動化してくれるので、比較的に計算のミスを減らすことができるでしょう。給与計算ソフトでは、データを一つのソフトにまとめることのできるソフトもありますので、社員の規模が大きい会社なら、大幅な計算ミスの削減が望めるでしょう。

勤怠情報から社員の情報などを、常に最新の情報で計算することができ、管理まですることができるので、人的ミスを全てなくすことができます。

支給日までに確実に計算することができる

期日を守らなければ、従業員だけでなく、世間からのブラック企業などと判断されて信頼を無くしてしまうことになります。

ですが、人が行う作業にはどうしても限界があり、期日以内に確実にミスもなく仕事をすることはできません。大規模の会社なら、ミスをなくすのは難しくなってきます。

ですが、給与計算ソフトなら全て自動で行ってくれるので、手作業と比較しても確実に支給日までに計算をすることができます。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

給与計算ソフトの性能比較19選

給与計算ソフトは、基本性能はあまり変わりませんが、比較してみると細かい機能に差があります。その中でも、大きな差があるのが、クラウド型かインストール型かです。

インストール型はパッケージを購入し、インターネットに接続しなくても使えます。クラウド型では全てをウェブで完結できるので、どこにいても、常に最新の情報を確認することができます。大規模な会社であるなら、比較的にクラウド型のソフトがいいでしょう。

1:給与計算ソフトfreee

給与計算はもちろん、それ以外の人事労務に関してもこの給与計算ソフトfreeeがあれば、全てをカバーできます。

有数シェアを誇るソフトであり、入社手続きから勤怠、給与計算、労務管理、人事情報などを全てクラウドでまとめることができ、転記や計算を自動化してくれるので、ミスなく安定した業務をすることができます。

料金を支払えばサポートを入れることができるので、比較的に導入しやすいソフトとも言えます

2:MFクラウド給与

クラウドサービスのメリットを最大限活用できる給与計算ソフトがMFクラウド給与です。他のサービスとの連携が簡単にでき、年末調整の進捗管理から帳票の出力までをウェブ上で完結でき、スマートフォンで給与明細が見れるようになります。

従業員の数により料金が変動しますが、他と比較しても十分な機能が備わっており、ソフト乗り換え時の際のデータ移行を無料で行ってくれるなどもオススメするポイントです。

3:フリーウェイ給与計算

フリーウェイ給与計算は、従業員が5名までなら永久無料で扱えるソフトになります。6名以上になると有料になりますが、他の給与計算ソフトと比較するとコストが低くすむソフトです。

サポート面に関しては他と比較すると、不安が残りますが、ひととおりの解説が載せてあり、基本機能も備わっています。ですので、サポートの必要がなく、コストをなるべく抑えたい事業者にはオススメです。

4:やよいの給与計算

給与計算ソフトを検索で探すと上位に出てくる、やよいの給与計算は、事業規模で従業員20名程度の事業向けの計算ソフトです。低価格で、給与計算から3ステップで発行までできるので、誰でも簡単に比較的に扱えやすいソフトの一つです。

テンプレートも豊富で、初めて扱う人でも、従業員に見栄えのいい明細書を渡しすことができます。毎年の社会保険料の料率も自動で対応してくれ、専門的な設定は不要なので、安心して扱えます。

5:弥生給与

上記と基本機能は同じですが、賞与昇給の算定や労働保険料集計表など、やよいの給与明細では制限されていた機能が使えます。従業員が100名程度の中小規模の事業者向けのソフトになります。

導入費用が少しかかってしまいますが、どのような業種にも多用でき、各種手続きや実務に関するサポートが豊富です。動画やカスタマーセンターへの電話、また実務アドバイザーが解説してくれるので安心して使える給与計算ソフトです。

6:給料王

新元号や法令改正に特化しており、マイナンバー機能も充実して充実している給与計算ソフトです。

質問に答えるだけで簡単に導入することができ、従業員や扶養親族のマイナンバーもしっかり管理できます。また、クラウドでデータをバックアップすることにより、復元もできるので、トラブルが起きても安心して使うことができます。

サポート体制も整っており、コストが比較的に高くつきますが、オススメできるソフトです。

7:スマイルワークス

勤怠情報入力から給与計算業務をトータルでサポートし、マイナンバー制度やファームバンキングにも対応している給与計算ソフトです。

サポートサービスは有料のため、給与計算が不得意であったり不慣れな場合だと、コストが高くつく可能性があります。

ですが勤怠管理から給与計算までを一貫で管理できる面や、マイナンバーやファームバンキングに対応している機能の充実性があるので、すべてをウェブで行いたい方にはオススメです。

8:給与奉行クラウド

給与奉行のキーボード操作主体の使いやすいさをそのままに、入力、計算、明細書や帳票の作成の自動化などの機能が充実している給与計算ソフトが給与奉行クラウドです。

自動バックアップで確実にデータを保護し、サーバーが無くても導入ができるので運用管理の負担もありません。制度の改正にも自動で対応し、セキュリティには世界有数レベルのMicrosoft Azureを採用しているので、比較的に安全なソフトです。

9:かんたん給与

独自の手当金や控除の設定ができ、保険料や税金を従業員ごとに計算してくれます。給与計算の際には項目も自由に追加できるので、会社にあった給与明細を作ることができます。

登録社員数が50名までなので、それを超える場合は事業所を分割することで対応できます。パートから正社員へ勤務形態が変更しても対応できます。他のソフトと比較しても、機能に関しては、十分使えるソフトでしょう。

10:給料らくだプロ

扶養控除や各種控除額などが自動計算ででき、源泉徴収票も作成可能など、年末調整機能が充実しており素早く作業ができます。申告書は国税庁が発行しているレイアウトに近いため、用紙を見ながら正確に入力できます。

メールの送信ができ、事業所ごとに管理ができるので、社労士や税理士にもオススメです。また、給与計算について理解している方なら、比較的に操作しやすく、小規模の会社なら低コストで扱えるソフトです。

11:給与マイスター

安さの追求をした給与計算ソフトが、給与マイスターです。給与計算ソフトでは、サポート契約の金額が重要になる中で、他社と比較しても一番安い価格を実現することができたソフトです。

もちろん、安いからと機能が劣っているわけでもなく、給与計算に必要な機能にこだわっているので、比較的扱いやすいソフトとなっています。源泉納付書や法定調書合計表もできるので、かゆい所に手が届く商品ではないでしょうか。

12:CYBER XEED 給与

給与計算の負担を軽減し、インターネットを利用したサービスで、情報の伝達を効率化することができるソフトです。毎月の給与計算も、専任のオペレーターが担当してくれるので、入力ミスを無くすことができます。

クラウド型のサービスなので、いつでも欲しい時に必要な情報を取り出すことができるので、業務もスムーズに進めることができて、作業効率も導入前より比較的よくなるでしょう。

13:給与大臣NX

大きくてシンプルな画面表示が特徴の給与計算ソフトで、データ入力部分を極限まで簡単に使いやすくしてあります。初めての方にも扱いやすく、扱い慣れている方にも快適に使えるシステムを実現しています。

制度の改正にも素早く対応し、定期的にセミナーなども開催しています。計算式をあらかじめ登録するだけで給与計算ができるようになり、勤怠項目を入力するだけで支給控除項目を自動計算してくれるなど機能も充実しています。

14:PCA給与DX

複雑な給与体系にも、柔軟に対応ができるのが特徴の給与計算ソフトです。異なる給与体系を割り当てることができ、今まで設定できなかった、勤怠時間項目や勤怠数値項目、合計項目が設定できるようになっています。

また、PCAではマイナンバーの管理にを入れており、ユーザーのサポートはもちろん、セミナーを全国で開催しており、より安全に管理するためにさまざまなサービスを行なっています。

15:GrowOne Cube 給与SX

従業員の情報のみを抽出できるので、転居や人事異動、婚姻などの扶養家族の変更など比較的効率よく作業ができる給与計算ソフトです。個人情報を条件として利用できるため、複雑な条件を付け加えた手当も自動で計算できます。

金額を自動チェックし、違いがあれば変更した数字の部分を色分けして表示するので、チェック作業の時間を減らすことができます。法人コードを利用できるので、複数の法人の給与計算もすることができます。

16:給与計算DX

一般流通がされていない、比較的シンプルな給与計算に特化したソフトです。給与・賞与計算、年末調整から法定調書、源泉徴収票の作成までの機能があります。

初めての方でも、簡単にやさしく、迷わないように作られており、サポートに関しては、料金を取らずに、無料メールサポートを無制限に受けることができます。バージョンアップなども無料なので、比較的に値段も安く、コストを抑えたい方にはオススメです。

17:Cells給与

社労士とその顧問先で使うことを想定して、作られた給与計算ソフトです。細かな機能が充実しており、給与計算する際には使いやすさと小回りさを実感できるでしょう。

そして、ソフトの体験が無償でできるリモートコントロールサービスというものがあります。遠隔操作でひととおりの機能を体験することができるので、給与計算ソフトの導入を考えているのなら、考えてみましょう。

18:Sociaクラウド

すべての雇用形態に対応しており、従業員が情報を直接入力するので、入社手続きや雇用契約の際にもハンコや紙がいらなくなります。常に最新の従業員情報をまとめて管理することができ、外部の連携やさまざまな手続きに対応できる給与計算ソフトです。

セキュリティでは、機密情報は暗号化して保管することができ、二段階認証の設定もできます。重要な操作の履歴を残すこともできるので、情報の流失は抑えられます。

19:円薄給与

無料で給与計算から年末調整まででき、毎月の給料を自動計算して従業員の給与明細を発行してくれます。インストールやアップデートの必要がなく、機能アップに伴う課金や機能制限がなく、全機能がずっと無料で使えます。

銀行データの自動記帳がないですが、日常的な給与計算の機能は全て揃っており、固定金額や各種保険料が細かく設定できます。個人情報の入力などもなしで計算できるので、個人事業主の方にオススメです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

給与計算ソフトを比較する時に見るべき点3つ

基本的な機能や性能はどれも同じですが、細い性能や料金体制、サポート機能など違いがあります。その中で、給与計算ソフトでは、比較するときに押さえる3つのポイントがあります。

それは、価格、素早さ、正確さです。社員の規模によって価格は変わってきますし、法令の改正のサポート機能によって、業務の効率に違いが出ます。自社の雇用形態に対応しているかや既存のシステムと連携できるかによっても、正確さが変わってきます。

1:価格

給与計算ソフトを導入すれば、人件費の大幅な削減が望めますが、他のソフトと比較してもさまざまな価格のソフトがあります。社員数の数で料金が変動するものや、サポート契約の際やアップデートなどで料金がかかるものから、すべての機能が無料のものまであります。

無料のものに関しては、基本的な機能も備わっていますが、社員数によって使えない機能の制限がつくので、会社の規模を考えて選ぶことをおすすめします。

2:素早さ

人事労務の業務大幅に削減できるなど、大きな効果を望めるのが給与計算ソフトです。中でもクラウド型の給与計算ソフトでは、ウェブですべて完結できるので紙に記入するなどの作業がなくなり、紙に対するコストの削減にも繋がります。

また、給与計算ソフトでは法令などの制度の改正に迅速に対応することができますので、頻繁に改正される労働関連の法令などを把握していなくても、自動で修正プログラムをアップデートしてくれます。

3:正確さ

人の手で入力や記入をするとどうしても、ミスなどは出てきます。人に依存する業務減らすのが給与計算ソフトの利点ですので、比較的にミスなく正確な情報を得ることができるでしょう。

ソフトによっては、出勤や退勤の勤怠管理ができるソフトなどもあり、すべてを一つのソフトで管理することによって、より正確に作業をすることができます。他のソフトと比較して、自社にあったソフトを選びましょう。
バナー

給与計算ソフトを比較して自分に一番合うソフトを見つけよう

給与計算のソフトには、上記のようにさまざまな機能の違いがあります。どのソフトを比較しても基本性能に関しては問題なく使えるものなので、まずは自社が何を必要としているのかを、会社の従業員の規模から見直しましょう。

無料で体験できる給与計算ソフトも数多くあるので、まずは体験をして、資料請求、比較をして検討をしてみましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related