Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ

皆さんこんにちは、今回は「財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ」と題して、「財務分析の観点5つ」についての詳細情報をピックアップする上で、実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つについてご紹介します。

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ

財務分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
財務分析というのは一般的に「貸借対照表、損益計算書等の財務諸表に表された数値に基づき、会社の収益性・安全性・生産性・成長性を分析した上で、自社が事業展開する業界内や競合他社と比較するための分析」を指します。

つまり、特定の企業で賄う財務・資本を念頭に置く上で、その資本という土台をもってさらに事業規模を拡大していくためのファイナンシャルプランナーによる規定・今後の事業内容の充実などを指します。

財務分析:実数分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
次に「実数分析」についてですが、財務諸表に表記された実際の数字(利益によって獲得した金額)を使って企業内容そのものの分析・将来ビジョンを図る上で必要な財務分析をすることを指します。

基本的には「売上や利益増減分析」、「原価差異分析」、「経常収支分析」、「キャッシュフロー分析」などが含まれ、それぞれの分野で(見た目で)わかる範囲の企業分析を行ない、それによって得た分析結果をビジネスノルマに活用します。

財務分析:比率分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
比率分析というのは、その企業で賄う財務諸表のそれぞれの数値(利益によって獲得した金額)の比率を求めて行なう分析方法を指します。

基本的には「売上高営業利益率分析」、「ROE(株主資本利益率)分析」、「ROA(総資本利益率)分析」などがあげられ、実数分析では把握できない「質」の分析をメインにした上で、それぞれの事業分野を相対的に比較することによりビジネスノルマを図ります。

財務分析の観点5つ

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
さて、ここからは「財務分析の観点5つ」と題し、企業内でなされるさまざまな財務分析・比率に関する初歩的な知識をはじめ、それらの分析比率を相対的に俯瞰した上でのビジネスノルマの割り出し方法などについてご紹介していきます。

この財務分析・比率の出し方においては、収益性分析、安全性分析、活動性分析、生産性分析、成長性分析などがあり、それぞれの分析・比率の割り出しによって確認できます。

財務分析の観点1:収益性分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
まず収益性分析ですが、これは主に「特定の企業が一企業として、年間・月間にどれだけの利益を獲得しているかを分析する方法」となり、それぞれの事業プラン・分野において相対比率を換算しておき、その結果に基づいて将来ビジョンに生かす形になります。

どの企業でもこの収益性分析によって現状を確認し、その後の事業プランに必要なプラスマイナスに際する起業を確認し、その後のビジネス展開を試作していくことになります。

収益性分析(取引収益性):売上高総利益率

売上高総利益率というのは「一般の損益計算書上において出された利益の額を売上高で割った数値・利益比率」のことを指しており、これは収益性分析比率を確認する場合には必ず計上される項目になります。

この数値が大きければ大きいほど「企業利益率(収益性)が高い」とされ、どの企業においてもまずこの比率を伸ばす上で、それに必要な企業プラン・研修成果の活性、また事業理念・方針の見直しなどを図ります。

収益性分析(取引収益性):売上高営業利益率

売上高営業利益率というのは「営業利益÷売上高」で割り出される利益理比津のことを指しており、この数値の確認をもって、その企業の現在の収益比率を具体的に確認します。

一般的には、売上総利益から販売費・一般管理費を差し引いた比率、営業利益を元に算定される上で、企業が提供する商品(あるいはサービス)の内容と販売組織や本社運営の成果を合せ、それにより確認される本業の収益力の指標が示されます。

収益性分析(取引収益性):売上高経常利益率

売上高経常利益率というのは「経常利益÷売上高」という計算方式で割り出される比率であり、具体的に売上高経常利益率というのは、営業利益から営業外収益を加えて営業外費用を差し引いた金額・比率となります。

一般にこの比率は経常利益を基準にして算定され、本業と財務活動・財テクを合わせた会社全体の収益力を示す指標として企業発展に用いられることになります。この比率の算出によってプランの見直しも図られます。

収益性分析(取引収益性):売上高当期純利益率

次に売上高当期純利益率ですが、これは主に「税引前利益÷売上高」という計算方式で割り出される比率になります。

これによって「現在におけるその企業の生産比率・売上比率に関する純利益比率」が割り出されることになるため、今後の企業プランの再編を図る上でも大いに役立つ指標になります。

収益性分析(取引収益性):売上高販管費率

売上高販管費率というのは、主に「企業売上高において販売費、または一般管理費が占める割合のことを総合的に表す指標」を指すもので、一般には企業でなされる事業分析・利益分析においては欠かせない比率の割り出しになります。

主に販管費と売上に際する費用比率を基準に採用し、販売手数料、荷造費、運搬費、広告宣伝費、見本費、保管費、納入試験費などに関する企業分析に必須となる比率の算出になります。

収益性分析(資本収益性):総資本経常利益率(ROA)

次は「総資本経常利益率(ROA)」ですが、これは「総資本に対する経常利益の割合を示す指標」のことを主に指しています。これは企業の利益促進に直結する比率の算出になります。

上記を踏まえた上で、その相対比率の役割においては「特定企業の経常的活動による業績状態を明確に示し、企業発展のために投下した資本に対してどの程度の利益を生み出したのか」について具体的に把握するための比率の算出になります。

収益性分析(資本収益性):自己資本当期利益率(ROE)

自己資本当期利益率(ROE)というのは「Return On Equity」の省略であり、「株主持分となる企業の自己資本に対し、一定期間内でどれだけのリターン(当期純利益)が産出されているかを示す相対的な指標」のことを表します。

つまり「自己資本による利益率」をそのまま集計するための比率換算となり、一定期間においてその企業が「どれくらいのビジネス展開をなしたか」を随時に確認するための比率となります。

財務分析の観点2:安全性分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
次に「安全性分析」ですが、これは「その企業における財務上の支払能力を測定するための分析(比率換算)のこと」を指しており、その企業が将来的に事業活動・展開をなしていくために必要な支払いプランを、その現状から具体的に比率として表記する内容です。

企業というのは「現状において認められる利益率」を踏まえた上で、それを今後のビジネス展開の土台に据えておく必要があります。その比率を数値により割り出した形です。

安全性分析(ストック分析):流動比率

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
企業の決算分析表・利益(収支)比率の表記においてよく見られるこの「流動比率」です。この比率は「特定企業が一定期間(1年以内)で換算した収支倍率をまず割り出しておき、そのデータ・数値を基準にして、安全性分析に使われる基礎データ」となります。

一般に「流動比率で割り出す流動資産」というのは、1年間で現金化できる資産のことを指しており、それに付随して返済が課される負債のことを指しています。

安全性分析(ストック分析):当座比率

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
当座比率というのは「流動比率の場合よりもさらに短期において現金化できる資産を評価する指標」のことを指しており、これも安全性分析においては必須の換算分析・比率の割り出しになります。

これによって企業の利益促進を図るための短期目標を随時に設定することができ、当面の企業理念・方針の改編・再編を図るための土台を作ることができるようになります。

安全性分析(ストック分析):固定比率

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
次に「固定比率」ですが、この固定比率というのはすべての企業にとっての財源のことを指しており、一般には「企業が固定資産を確保するための資金調達源を、一定期間、あるいは半永久的に安定して確保できる比率」を指しています。

この固定比率の安定した確保によって、どの企業も長期的なビジネス展開が約束され、それぞれの事業展開・規模拡大に必要な資金を調達でき、それを自己資本に置き換えることができます。

安全性分析(ストック分析):自己資本比率

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
自己資本比率というのは「企業における総資本に対する自己資本」そのものを指しており、この自己資本の内訳では、株主資本と評価に換算差額などの足したものを、一定期間における純利益比率で割った数値が記載される形となります。

一般には、貸借対照表の「資産の部」の合計額が総資産と言われており、企業発展の現状における財産(土地・機械類を含む)の状況を数値・比率化して表している形になります。

安全性分析(フロー分析):営業キャッシュフロー

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
営業キャッシュフローというのは基本的に、「企業が事業発展に必要となる商品の販売や仕入れ、またそれに伴う経費・人件費の支払いなど、その企業独自の営業活動から生まれるキャッシュの変動を表示する項目」を指しており、すべての企業がこのフローを算出します。

営業フローに見られる面での「キャッシュ(現金)を扱った企業経過」となりますが、この比率を算出することで、その企業の現在の純利益率・収支の割合がわかります。

安全性分析(フロー分析):投資キャッシュフロー

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
次に「投資キャッシュフロー」ですが、これは先述の「営業キャッシュフロー」に密接に関わる分野となり、主に「企業でなされる事業展開の維持とその成長(将来のビジネスプラン)において、その企業が投資した資金を現金収支によって計算した比率」となります。

投資開拓を担う多くの企業にとってはこの「投資キャッシュフロー」の比率を安定させていくことが当座の目標となり、新規設備・事業開拓のための土台づくりを担います。

安全性分析(フロー分析):財務キャッシュフロー

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
財務キャッシュフローというのは、一般的に「企業活動・営業活動を維持するために必要な投資・資金の調達を指し、またその事業展開に課される返済(債務)などを財務活動において賄うためのキャッシュ変動を具体的に表示する比率」を指します。

この場合でもすべての企業にとって「ビジネス展開・事業拡大を担う際には必須の比率換算」となるため、将来ビジョンを築くための礎となるフロー比率の割り出しとなります。

財務分析の観点3:活動性分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
さて、ここからは財務分析の主軸を担う「活動性分析」についてご紹介していきます。活動性分析というのは、その企業において扱われる企業資本・個別に扱える純資産などをはじめ、それらを一定期間においてどれだけ活動させたか・連動させたかを示す分析比率です。

「活動」とされている点から想定できるように、「その企業が一定期間においてどれだけ事業発展できたか」を具体的に示す(変動)比率のことを指しています。

活動性分析:総資本回転率

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
まず総資本回転率ですが、これは活動性分析を割り出す際に最も主軸となる分析比率で、主に「その1年間での売上によって総資本が何度入れ替わったか」を具体的に表す指標・比率となります。

これによって、その企業が業界(企業分野)でどれほどの経済市場を持っているかをまず確認でき、その上で純資産を経済利益率から見てどれくらい引き出せているかが確認できます。

活動性分析:固定資産回転率

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
次に固定資産回転率についてです。これは主に「企業内で賄う固定資産と売上高の比率」であり、固定資産をどれだけ売上高につなげられたか、またその固定資産に不要な資産費が含まれないかを割り出し、固定資産の有効活用性を現状をもって判断する比率になります。

この比率換算によって、その企業が現在においてどれだけ効率よくビジネス展開できているかがわかり、その後のビジネスプランにおいての目標設定が可能になります。

活動性分析:棚卸資産回転率(在庫回転率)

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
棚卸資産回転率(在庫回転率)というのは、一般に「企業が真中宇棚卸資産について、どの程度の基準まで効率的に減少させることができているかを示す(現状把握の)比率」を指しており、現在においてどれだけ純利益を効率よく確保できているかを示す比率になります。

これも企業にとっては「純利益を伸ばすこと」において必須の比率換算であるため、将来ビジョンを設計するためにも必ず指標に組まれる編率・比率となります。

活動性分析:売上債権回転率

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
次に売上債権回転率ですが、これは「通常の営業取引によって生まれた債権が、ある期間を設けた上で、どの程度滞留しているかを図るための現状把握を示す指標・比率」となります。

これも純利益・総資産から固定資産を割り出すための比率換算・分析として用いられ、特に企業にとって円滑な将来ビジョンを設計・分析するための必須の土台となるので重要です。

活動性分析:買入債務回転率・買入債務回転期間

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
買入債務回転率・買入債務回転期間というのは、一般的に「その企業内において買入を行なった時に必要となる取引収支に関する比率分析」となり、この場合の「買入債務回転率」というのは主に「買入債務が年にどれくらい課されたかを具体的に知るための比率」です。

そして買入債務回転期間というのは、次回の買入債務の支払いまでに「何日掛かるか」ということを具体的に分析し表しています

活動性分析:商品回転率・商品回転期間

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
次に「商品回転率・商品回転期間」についてですが、これはその名のとおりに「その企業から生産される商品・製品が、一定期間においてどれだけ販売されたか・売れたか」を見るための分析比率となります。

これはどの企業でも必須の換算表となる上で、主にマーケティング戦略に長じた企業においては、今後のビジネスプランを図るための主軸となる分析比率となるでしょう。非常に重要なパートとなります。

財務分析の観点4:生産性分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
一般に「生産性分析」で割り出される内容は、「その企業から生産された製品・商品の付加価値」を示す分析内容となり、一定期間においてどれだけその商品の価値が顧客ニーズを満たし、その上で企業利益に直結させることができたか、という点が割り出されます。

これも主にマーケティング戦略を念頭に置く企業にとっては非常に重要な項目となり、これは基本的に短期・長期目標にそれぞれ分けた上での分析がなされる場合が多いです。

生産性分析:売上高付加価値率

次に「売上高付加価値率」ですが、これは「売上高に含まれる付加価値の基準・割合を図るための分析比率・指標」を指しており、その企業によって加工した技術・アイデア・オリジナル性の高さなどが具体的に割り出されることになります。

その特定企業においてどれだけ「その商品に付加価値を植え付けることができたか」を示す絶好の分析比率となり、これも企業分析・財務分析の際には重要な項目となります。

生産性分析:労働分配率

労働分配率というのは「企業の利益促進を図るための土台」となる分析・比率の割り出しで、主に「1つの事業展開を約束する際に分配される労働力の割り当て・株式の発想によって得られる労働分配率の促進」に役立てられることになります。

これは主に企業内でなされるすべての事業において必須の分析比率として扱われ、「どの仕事にどれだけの労働力が分配されたか」を一目でわかる分析比率となります。

生産性分析:労働生産性

次に「労働生産性」ですが、これは先述の労働分配率によって割り出される分析比率となり、「特定の事業展開によって(一定期間において)どれだけの生産を果たすことができたか・利益を伸ばすことができたか」を具体的に図るための指標になります。

企業でなされる事業展開・ビジネス規模の拡大・拡充というのは、すべてこの「利益拡大・促進」に役立てられなければならず、そのための土台となる分析比率になります。

財務分析の観点5:成長性分析

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
さて、ここからは「成長性分析」についてご紹介していきます。成長性分析というのは「その企業の現状から将来ビジョンを図るための基準となる分析比率」をそのまま打ち出すことになるため、この場合も企業拡大・経営維持のための土台となる分析になります。

この成長性分析を比率として割り出すことによって、現状においては何をいつすれば良いかがわかり、将来における発展のためのプラン設計が具体的に可能になります。

成長性分析:売上高伸び率(売上高成長率)

売上高伸び率(売上高成長率)というのは、「特定企業における現状(当期)の売上高が前期に比べ、どのくらい伸びたか・促進されたかを具体的示す財務指標・分析比率」となります。

この指標・分析比率をもって将来のビジョンを図るための設計が具体的になされていき、現状から今後に向けての利益拡大が約束されることになります。

成長性分析:経常利益伸び率

次に「経常利益伸び率」についてですが、これは「前期から当期にかけての経常利益の促進・増加の割合を算出するための分析比率」となり、企業でなされる事業に関して総合的な利益促進・成長性を図るための指標になります。

この経常利益伸び率を算出することによって、今後の利益促進性も分析によって割り出されることになり、将来のビジネスプランの設計・見直しに関わる重要なテーマを構築することができます。

成長性分析:当期純利益伸び率

当期純利益伸び率というのは「当期における純利益がどれくらい伸びたか・促進されたか」を示す一定期間(短期)における純利益の分析比率となり、これをもって前期からその後のビジネスプラン設計に大いに役立てるための指標を作り出します。

この場合はあらかじめ法人税・住民税・事業税を差し引いておき(控除しておき)、法人税など調整額を加減(差し引き)した上でその分析比率を求める形になります。

成長性分析:売上高研究開発費率

売上高研究開発費率というのは、具体的に今後の資本の確保の仕方や売上促進の方法をあらかじめ分析しておき、その後のビジネスプラン・将来ビジョン設計のために必要な分析比率を割り出すことを指します。

「研究開発」の言葉でもわかるように主に「研究活動」の分野に含まれる形となり、一般に言われる経営コンサル系の事業分析・企業における利益促進のための方法が割り出されます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

比率分析の限界と注意点4つ

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
さてここからは「比率分析の限界と注意点4つ」と題し、分析比率を割り出す際に(企業として)注意・留意すべき点を項目ごとにご紹介していきます。

企業研究・分析比率の割り出しというのは、すべての経済活動を担う企業にとって必須の項目となるため、そのための知識・情報をストックしておき、具体的な企業目標を立てるための土台にすることが大切です。

比率分析の限界と注意点1:会計方針の違い

会計方針というのは、原則的に「毎期同じ内容の会計方針を採用する」という方針の土台があるため、その企業においては「継続型の分析比率の割り出し方」が採用されることになり、主に一企業においてのみ採用される会計の割り出し・方針になります。

しかし財務分析を行なう際には、競合する企業同士の会計方針の差異をあらかじめ含めておく必要があるため、その将来的な経営促進のための判断基準を抜本的に変える必要があります。

比率分析の限界と注意点2:簿価と時価の違い

簿価(ぼか)というのは「その企業で必要とした資産、また課された負債について適正な会計処理が施され、その結果に得られる(帳簿に記入すべき)数値の純額」を指します。

しかし企業の随時に変転していく事業展開においては「総資産額も変動する」という事実があるため、その純額とは大きく異なる場合が出てきます。それぞれの事業展開におけるフェーズを踏まえ、その差異(差額)を埋めるための努力が必要になります。

比率分析の限界と注意点3:目に見えない資産の違い

この場合の「目に見えない資産」というのは主に「企業ブランド」や「その企業が持つスキル・技術力・労働量」などのことを指しています。

つまり、純利益・総合資産額を検討する際にはその「企業が独自に保有するブランド力によって得られる利益」も含まれてくるため、今後のビジネスプランを設計する際のコンサルにおいては、企業独自の実力(会社力)も視野に含める必要が出てきます。

比率分析の限界と注意点4:業界の違い

これは文字どおりの注意点・留意点になりますが、A社とB社があった場合、同じようなビジネスプランを立てた上で事業展開をしていく際でも、そのA社・B社が従来所属するビジネス分野がまったく違った場合には、独自の企業プランを立てることになります。

このように、企業ごとに違うビジネスプランを将来的に立てる場合には、その企業が本来所属している企業分野に見合ったプランが設計されるため、分析比率の内容も変わります。

財務分析の実数分析と比率分析について理解を深めよう!

財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ
いかがでしたか。今回は「財務分析の観点5つ|実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つ」と題して、「財務分析の観点5つ」についての詳細情報をピックアップする上で、実数分析と比率分析・比率分析の限界と注意点4つについてご紹介しました。

財務分析というのは主にコンサル系支援が重要となり、各企業の経営改善・利益促進に向けて総合的なサポートがなされます。的確な財務分析の方法を学びましょう。

Related