Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!

電子マネーはカードをやスマホをかざすだけで買い物や電車に乗れる便利なサービスです。キャッシュレス化によって電子マネーを所有している人も増えてきました。これから電子マネーを発行する人に役立つおすすめの種類やメリットデメリットについて紹介します。

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!

電子マネーとは?

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
交通機関やスーパーなどで、電子マネーが使えるようになってきました。キャッシュレス化の波が進んでおり、お財布の中に1枚は電子マネーがある人も多いのではないでしょうか。現在発行されている電子マネーは多種多様です。

種類によって決算方法も違い、使えるシステムも異なります。現金が無くても買い物ができる便利な電子マネー、特徴や決済方法を知って使いこなしましょう。

電子マネーの特徴

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
電子マネーは現金と同じように決済ができるシステムです。専用のカードやスマホアプリ、クレジットカードなどと紐づけて支払うことができます。

電子マネーは企業が発行するサービスです。電子マネーによってはポイントが付与されたり、独自のサービスを受ける事ができます。現金を持たなくてもショッピングや交通機関を利用できるので、多くの人達に使われているおすすめサービスです。

キャッシュレス決済の種類

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
電子マネーは2種類の使い方があります。プリペイドタイプの電子マネーは、事前にチャージをする「前払い式」になります。利用前に入金する事で使い過ぎてしまう人も安心して使うことができます。チャージするごとにポイントが付与される電子マネーもありおすすめです。

そして、事前にチャージすることなく使える電子マネーが「後払い式」です。一般的にクレジットカード決済で支払います。引き落としの時にポイント付与されるケースが多いです。

おすすめの電子マネー8選

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
電子マネーは大きく分けて「商業系」と「交通系」に分けられます。商業系の電子マネーは商用利用目的で発行しています。主に流通系サービスが発行するスーパーやコンビニで利用できる電子マネーや、IT企業が発行する幅広い場所で使えるものがあります。

交通系の電子マネーは、鉄道やバスで使用できる電子マネーで、駅の商業施設で使える種類もあります。おすすめの電子マネーにはどのような種類があるのでしょうか。

おすすめの電子マネー1:Suica

交通系の電子マネーで最も発行されています。支払方法は、JRE POINTカードやSuicaなどのカード型、モバイルSuica、クレジットカード一体型の3種類から選ぶことができます。Suicaは切符を買わなくても自動改札をタッチするだけで電車に乗ることができます。

Suica対応の交通手段を利用する人におすすめです。また、Suicaは、大手コンビニやJRの駅ビルで電子マネーを使ってショッピングが楽しめます。

おすすめの電子マネー2:PASMO

首都圏の私鉄や路線バスに使える交通系の電子マネーです。Suicaとの相互利用が行われているので、同じ範囲で使うことができます。PASMOはポイント付与がありません。クレジットカードと連携して使う事でポイントが発生するのでおすすめです。

例えば、東京メトロが発行する「To Me Card」を使うとメトロポイントが貯まったり、「東急カード」を利用するとTOKYUポイントが付与されます。

おすすめの電子マネー3:iD

iDはドコモが発行する電子マネー、現在93万か所以上で対応しているサービスです。iDは前払いと後払い、どちらでも利用できる特徴があります。また、支払時に口座から引き落としができるデビットカードとしても使えます。

ライフスタイルにあわせて支払方法が選べる自由度の高い電子マネーです。また、提携しているクレジットカードで支払いをすれば、ポイントが貯められておすすめです。

おすすめの電子マネー4:QUICPay

JCBが発行する電子マネーです。クイックペイには「QUICPay」と「QUICPay+(クイックペイプラス)」があります。QUICPayはクレジットカードで支払いになり、QUICPay+はクレジットカードとデビットカード、プリベイドカードで支払いができます。

また、QUICPayにはカードタイプとモバイルタイプがあり、ライフスタイルにあわせて選べる便利な電子マネーです

おすすめの電子マネー5:nanaco

nanacoは、セブンイレブンなどのセブン&アイグループの店舗や西武・そごう等の百貨店など60種類以上の店で使える電子マネーです。セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する人におすすめです。

他の電子マネーと比べてポイント還元率が高めで人気がありますが、セブンイレブンでの付与率が下がるなど改悪されています。効率よくポイントを貯めるには「セブンカード・プラス」を使ってチャージするのがおすすめです。

おすすめの電子マネー6:WAON

イオンの関連会社が発行するプリベイト形式電子マネーです。イオンやローソン、大手コンビニでポイント付与されます。通常200円に付1ポイント付与されますが、イオングループでは、毎月5の付く日にはポイント2倍になるキャンペーンをしています。

さらに、イオンカードを使ってチャージすれば、ポイントが二重取りできておすすめです。主婦層から支持されている電子マネーです。

おすすめの電子マネー7:楽天Edy

楽天Edyは加盟店が多いことで知られており、Suicaと並んで全国で使える便利な電子マネーです。楽天Edyを使うと楽天スーパーポイントがたまる仕組みになっており、楽天市場をよく利用する人におすすめです。

ネットショップやコンビニエンスストアなど、全国50万店以上の加盟店で使用できます。支払方法は4種類あり、好みの種類を設定できます。効率よくポイントを貯めるなら、楽天カードで支払うのがおすすめです。

おすすめの電子マネー8:au WALLET

KDDIが発行する電子マネーです。au WALLETは、世界約4700万のマスターカード加盟店とウェブマネー加盟店で利用できます。国内で発行されている電子マネーの中で圧倒的に取扱店舗が多いのが特徴です。広範囲で電子マネーを使いたい人におすすめです。

電子マネー200円利用ごとに1ポイント付与され、貯まったポイントはauの支払いに使用できます。auユーザーにもおすすめの電子マネーです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

電子マネーのメリット3つ

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
日本でもキャッシュレス化が進んでおり、多くの店では電子マネーの支払いを取り入れています。お店によっては現金が使えない所も出てきており、電子マネーはどんどん広がっていくでしょう。2018年の電子マネー決算金額は5.4兆円になり、幅広い世代で使われています。

まだ電子マネーを使っていない人はどのようなメリットがあるか気になります。メリットを良く知って賢く電子マネーを利用しましょう。

電子マネーのメリット1:支払いがスムーズになる

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
電子マネーを使用すると小銭を用意する必要がなくなります。支払いはカード1枚かスマホで対応できます。かざすだけで支払いが終了するので、会計が早く済むメリットがあります。

わずらわしい小銭の受け渡しが無くなることで、スムーズに買い物をすることができお財布の中もすっきりするでしょう。おすすめの電子マネーを活用してショッピングを楽しみましょう。

電子マネーのメリット2:ポイントが貯まる

電子マネーのメリットはポイント還元でしょう。電子マネーを使用する事でポイントが貯められたり、特別な割引を受けられます。電子マネーで支払う事でポイントがた貯まっていき、貯めたポイントで支払いができたり優待サービスが受けられます。

電子マネーと関連性の高いクレジットカードを使うと、より多くのポイント付与が受けられて効率よく貯められるのもメリットです。

電子マネーのメリット3:支出額が把握しやすい

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
電子マネーの支払先を決める事で支出額が把握しやすくなります。レシートで管理する事もできますが、複数枚になると面倒です。家計簿をつけている人は、一目瞭然になり手間が省けるメリットがありおすすめです。

また、後払い形式にすると使い過ぎてしまう人は、先払い形式で利用できる点もメリットでしょう。計画性をもってお金を使うことで無駄使いが減ります。

電子マネーのデメリット3つ

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
電子マネーはとても便利なサービスだとわかりました。しかし、良い点もあれば悪い点も存在します。使い始めてから失敗しないように、電子マネーについてもう少し調べてみましょう。

電子マネーは後払いタイプにすると、うっかり使いする事もあるでしょう。他にも、電子マネーのデメリットはあります。どのようなマイナスポイントがあるのか知って、失敗の無いように使いましょう。

電子マネーのデメリット1:仕組みが複雑で分かりにくいものも

新しいシステムや機械に苦手な人は電子マネーの仕組みを理解するのが面倒だと感じます。チャージするのは決まった場所やシステムになり、現金のような自由さはありません。仕組みを理解するのは難しく、高齢世代でなくても悩む人が多いでしょう。

このようなタイプの人にとってはデメリットになり、電子マネーを発行する事を諦めてしまいます。交通系の電子マネーは比較的シンプルな仕組みですから、初めての人にはおすすめです。

電子マネーのデメリット2:支払い方法を伝える必要がある

買い物をして現金で支払う場合は、無言でお金を支払うことになります。しかし、電子マネーで支払う時は種類を伝える必要があり、無言で支払う事はできません。毎回、買い物のたびに伝えるのが面倒だと感じる人には 電子マネーはおすすめできません。

もう少しキャッシュレス化が進んでくれば状況が変わる事もあるでしょう。もうすでにセルフレジでは電子マネーやクレジットカード支払いに対応している種類もあります。

電子マネーのデメリット3:手数料がかかる

Suicaなどの交通系電子マネーは、定期券としても使うことができます。しかし、紛失してしまうと悪用されるケースもありリスクが伴います。万が一紛失した時の事を考えて、記名式の定期券を発行しておけば改めて発行することができます。

手数料がかかる点はデメリットになりますが、紛失した時に氏名や生年月日を使って再発行できます。高額な定期代になる人ほど、記名式のSuicaにすることをおすすめします。

おすすめの電子マネーを知ろう!

おすすめの電子マネー8選|電子マネーのメリット・デメリットも紹介!
電子マネーの特集はいかがでしたか。現金を持たずに買い物できるシステムはとても便利でした。電子マネーによって特典もあり、上手に使いこなせれば得する使い方ができます。

おすすめの電子マネーにはメリットとデメリットがありましたが、よく理解して使う事ができれば、より買い物を楽しめるでしょう。おすすめの電子マネーを参考にして、最適な種類を発行しましょう。

Related