Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容

最近の企業のビジネス傾向としてはよりスピードが求められ、トップダウンの早さが事業戦略の成功を左右するといわれています。こうした中重要なのが事業戦略を纏め上げ、部下の育成や評価がしっかりできる人材が求められており、ラインマネージャーがそれに相当します。

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容

ラインマネージャーとは

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
最近よく見かけるラインマネージャーという言葉ですが、企業の中でラインマネージャーというのはどんな存在の事を指すのでしょうか。

ラインマネージャーとは企業の組織形態の中で、意思決定権を持っている管理職の事を指し、特に現場での決定権を持つと言う意味では最も重要な役職と言えます。

どんな役職なのか

会社のなかでの組織やプロジェクトなどにおいて、部下を指導し育成しながら現場において指示を出し進捗を進めていくのがラインマネージャーの役割といえます。

ライン組織の中ではラインマネージャーの指示する部門や担当については多岐に渡るため、営業活動の中で的確な指示を与える事ができる人材が望まれます。

そして実際の営業活動の中で部下を育成し、最前線で活躍できる営業マンに育て上げる育成能力も要求される役職です。

ラインマネージャーの6つの仕事内容

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
ラインマネージャーとは主にどのような仕事内容が求められるのか、少々分かりにくい所がありますが、ライン組織のなかで一番上の位置に属する役職といってよいでしょう。

ではラインマネージャーが実際に現場で行なっている仕事の内容とはどのくらい細分化されるのか、6つの事例でご紹介していきましょう。

仕事内容1:新規事業の創出

ラインマネージャーの重要な仕事のひとつに新規事業の創出があり、とても大事な部分を担っています。

ライン組織とは最前線で戦う営業職の集合体を指しますので、そのトップに位置するラインマネージャーは新規事業を創出し、チームで成功させなくてはいけません。

そのため常に得いろいろな箇所にアンテナを張り巡らせ、新規事業をどんなものにするか具体化できる能力がなくてはいけません。

仕事内容2:事業の運営と運用

そして新規事業が確定したら、プロジェクトを成功へ導かなくてはいけませんが、事業の運営と運用を行なうのもラインマネージャーの仕事です。

そして事業がスタートしたら現在の組織の構成をすぐに検討し、現在のスタイルでよいのか、それとも適正な人員配置に変更すべきなのかなどを考え運用しなくてはなりません。

さらに事業の進捗推移をどう管理したらよい方向へ向かうのかを指示を行い、運営していかなくてはいけません。

仕事内容3:各部署への指示命令

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
プロジェクトの進捗にあわせてラインマネージャーは、現在の状況を的確に把握しながら各部署へ指示命令を伝達しなくてはなりません。

この場合、各部署のメンバーに具体的に、何をするかを直接伝えることが重要になってきますので、なるべく明確で分かりやすく伝達する事が求められます。


さらに指示命令とは業績を左右する決断といえるので、プロジェクト全体のリーダーとして本質を見極めた指示命令をする事が必要です。

仕事内容4:部下の育成

ラインマネージャーにとって部下の育成は非常に大きな仕事のひとつで、部署そのものの質を左右する重要な仕事といえます。

部下には個性もあれば適材適所というものも存在しますので、人間的に細やかに接していかないとなりません。

部下の多様性を認めたうえで決して上から目線にならずに、前向きな姿勢を持って根気強く一貫性を持って指導していく事がもっとも大事です。

仕事内容5:事業戦略の執行

事業戦略とは事業の目的を達成させる基本方針であり、マーケティングの実行によって事業機会を見出し、目標を達成させるための戦略を組み立てます。

さらに事業方針を各部署に落とし込み、部下に指示命令を伝達して実際に戦略の実行へ移っていき、市場での絶対的な優位を実現させます。

こういった目標の実現に対して具体的な戦略と行動を、部下に自ら示して実行し目標の達成へ向かっていくのがラインマネージャーの仕事です。

仕事内容6:人事制度の執行

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
人事制度は企業にとって人材の流出を防ぎ、人物の評価を適切に行い、企業の目標達成への意欲を従業員に持たせるために非常に大事な制度です。

人事制度で上司と部下といった社内の上下関係が生まれ、それによって社内の統制が取れ、社員全員の足並みがそろいます。

そして一番大事なのが部下を適切に評価することの重要さが求められ、人物を尊重した上で適正な評価を部下に下す事ができるラインマネージャーが今求められています。

ラインマネージャーの変化

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
ラインマネージャーの仕事は市場の変化や、ビジネス形態の変動に合わせて柔軟に対応しなくてはいけないので、ラインマネージャー自体にも変化が求められます。

時代の変化に合わせて、事業戦略を自在に組み立てていく事が最も必要とされますし、したがって部下への指示命令も変化していきます。

では現在のビジネスモデルで市場や事業戦略の変化に、ラインマネージャーはどうやって対応しているのか3つの事例で紹介しましょう。

成果主義の徹底

今まで企業の人事評価制度では、勤続の年数で評価が決定される年功序列型が主流でしたが、最近は多くの企業がそれから脱却し成果主義へ変化しています。

大きな要因としては近年の経済の悪化で、今までの年功序列式の評価では無駄が生じてしまい、適正に人材を評価する事ができません。

よってラインマネージャーも仕事で成果をきちんと出す事ができる人材を正しく評価し、優遇することが企業にとって望ましい事と考えられます。

企業のスピード経営に対応

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
現在のビジネスは以前と違ってものすごいスピードで動いており、それに対応が速やかにできなければ事業機会を取る事はもはやできないといわれています。

トップダウンが世の中の動きよりも早くなければ、事業戦略は遅れを取ってしまい、経営目標は達成できなくなります。

ラインマネージャーはこのスピード経営にすばやく対応して事業戦略を組み立て、部下に指示命令を出して自ら率先して行動しなくてはなりません。

グローバル目線での事業展開

いまやビジネスチャンスに関しては日本国内だけには留まりませんので、事業戦略を計画するときすでに海外マーケットを視野に入れた事業展開を考える事が必要です。

そのためには経営戦略の落としこみを、グローバル目線で最初から見た状態で立案、法人立ち上げなのか、技術技能移植の状態なのか判断が必要です。

そうして立ち位置を明確にしたうえで人選や赴任前の研修や赴任後のフォローアップに万全を尽くした状態で臨む事です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

プロジェクトマネージャーとの違い

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
ラインマネージャーの企業の中での重要性は非常に大きいものですが、フォローしている業務が多岐に渡るため、他の役職特別が付けにくいのが現状です。

例えばプロジェクトマネージャーとよく間違われる事が多いラインマネージャーですが、大きな違いはどういったところにあるのでしょうか。

組織内での位置付け

ラインマネージャーとプロジェクトマネージャーの違いですが、プロジェクトマネージャーはラインマネージャーの所属組織の中に属するので、指揮系統ではラインマネージャーの下になります。

組織の中でプロジェクトマネージャーの評価をするのはラインマネージャーなので直属の上司と部下といった関係になります。

求められる業務

プロジェクトマネージャーは業務としてプロジェクトをスムーズに進めるために、プロジェクトの品質や予算、そして納期などの管理を行ないます。

一方ラインマネージャーは所属組織一人ひとりのマネージメントケアを行い、部下に指示命令を伝達し進捗の管理運営を行なうのが主な業務です。

権限の範囲

プロジェクトマネージャーは与えられたプロジェクトの中での管理に関して権限を持っており、業務進行や予算管理、納期について権限を持ちます。

ラインマネージャーは逆に組織全体に関しての権限を持っており、人員の評価やプロジェクトそのものに関しての責任と権限を有しています。

業務を円滑にするためには欠かせない存在

ラインマネージャーとは|企業に貢献する6つの仕事内容
ラインマネージャーの存在は組織の指揮系統を担うものとして非常に重要な存在であり、組織そのものを運営するまとめ役として欠かせない存在です。

ラインマネージャーの手腕次第でプロジェクトの成功を左右することになるので、これから企業にとってのラインマネージャーの存在はますます大きなものになっていくでしょう。

Related