Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

中小企業の課題とは?課題5つととるべき対策法3つを解説

中小企業の課題は人員不足や後継者が育ちにくいことが挙げられます。それらの課題を解決するためには経営者が従業員の立場になり、意見を取り入れて労働環境の改善をする必要があるでしょう。また、中小企業としての課題を解決できれば企業として飛躍できます。

中小企業の課題とは?課題5つととるべき対策法3つを解説
バナー

中小企業の抱える問題とは?

中小企業が抱える問題は大手企業より深刻な問題が多いです。なぜなら、中小企業は大手企業の下請けをしていることが多く、また会社自体の利益が少ないため、従業員を養いながら事業を展開してくのが難しいためです。

中小企業を経営する人は、ISO(国際標準化機構)の取得を検討したり、社員の立場にたった経営をするようにします。

そもそも中小企業とは

中小企業とは会社自体の資本金や従業員が少ない会社です。中小企業の場合、大手企業の下請けをすることになるため、扱うものが大きく利益を上げにくいという課題があります。また、後継者や新入社員が育ちにくいという課題を抱えている中小企業が多いです。

中小企業に勤めている人は、大手企業の社員が真似できない技術を習得して事業を展開するようにします。

財務面

ほとんどの中小企業の資本金は1000万円です。中小企業でも少ない資本金から大きく飛躍する会社も多いですが、人手不足などの問題もあり、人件費を抑えながら利益を上げることを考えなければ経営は厳しくなります。

中小企業の経営をしている人は、営業力を強めて得意先を増やすことを考えるようにします。また、海外との提携に積極的になれるように会社の基盤を作っておくようにします。

従業員数

中小企業の従業員数は5人から30人ほどです。会社の規模が小さいこともあり、多くの従業員を雇うことができないため従業員数が少なくなっています。会社自体の経営を維持しながら、従業員の将来も考えなくてはいけないので中小企業の課題は多いです。

中小企業を経営している人は、雇っている従業員の資格取得のためやスキル向上のための環境作りを行い、大手と渡り合える力をつけるようにします。

日本企業の約99%は中小企業

日本企業の約99%は中小企業です。中小企業の課題をクリアすることは日本経済を良くすることにもつながります。そのため中小企業の課題を解決できなければ、日本経済を豊かにすることは難しくなります。

中小企業で働いている人は、大手企業にないレスポンスの早さやフットワークの軽さで勝負をしましょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

中小企業が抱える課題にはどのようなものがある?

中小企業は従業員や資金が少ないため大手企業に比べ解決する課題が多くなります。中小企業は従業員が少ないため、後継者や新入社員が育ちにくいという課題があるので、コストダウンをしながら利益を上げることを考えるようにします。

自分が働いている会社にはどのような課題があるかを考えて、社員全員で取り組むことが大切です。

課題1:営業力・販売力の強化

中小企業が抱えている課題に営業力と販売力の強化が挙げられます。営業力と販売力を上げなければ他の中小企業には勝てません。

また、営業力や販売力を強化しても商品自体を作る部署が定期的に新商品の開発や納期を守らなければ売り上げにつなげることが難しくなるため、会社全体の連携は重要になります。

自分が所属していない部署の仕事に興味を持ち見分することで、会社全体のことを考える時間を作るようにしましょう。

課題2:人材の確保・育成

中小企業が抱えている課題に人材の確保や新人の育成が挙げられます。課題を解決するためには、会社自体の利益を上げるとともに待遇を良くすることで人材を確保します。

中小企業の経営をする人は、新入社員が育ちやすいように教育プログラムを強化したり、待遇面を良くするために取引先を増やすようにします。

課題3:コストダウン・財務健全化

中小企業が抱えている課題にコストダウンや財務健全化が挙げられます。中小企業は利益が少ないためどれだけコストダウンできるかが重要になります。経営者が無駄な出費をしないことや、社員一人一人がコストダウンの必要性を理解しなければ会社として飛躍できなません。

中小企業の経営をしている人は、社員全体でコストダウンの必要性を学ぶ機会を増やすようにします。

課題4:後継者不足

中小企業が抱えている課題に従業員が少ないことで後継者が育ちにくいということが挙げられます。後継者が育ちやすい労働環境でなければ、会社の規模も大きくなりにくいため企業としての利益も上がらなくなります。したがって、人材確保は重要なことです。

後継者がいなくて困っている場合は、新入社員が育ちやすい労働環境を作り、待遇面が良くなるように事業展開することが必要です。

課題5:AI化社会への対応

AI化が進んできているため中小企業でできる対応を考えることが大切です。AI化を無視すれば、社会全体を考えて事業を展開できなくなるので仕事自体が減ることになります。そうならないためにも取り入れられる技術は使うようにすることが大切になります。

自分の会社でいつAI化を取り入れても良いように社員のITのスキルを上げるとともに、会社自体の利益を上げてAI化を取り入れる準備をしておきましょう。

あなたの会社に仕事の生産性を上げる「働き方改革」を起こしませんか?

「名刺が多すぎて管理ができていない」「社員が個人で管理していて有効活用ができていない」などの悩みは、クラウド型の電話帳「連絡とれるくん」で解決しましょう。まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

中小企業がとるべき課題への対策は?

中小企業は大手企業よりも課題が多くなるため対策を考える必要があります。中小企業の従業員や経営者は課題を乗り越えて仕事をしていかなければ他の企業に打ち勝つことは難しくなります。

自分たちの会社でどのようなことが課題になっているのかを皆で考えて、その課題に取り組むようにします。例えば、社内新聞を発行して意見を集めたり、現場の従業員の意見を聞き、どのような課題があるのかを考えます。

対策1:労働環境の改善

中小企業では労働環境を改善しなければ利益を伸ばすことが難しくなります。労働環境が改善されなくては人手不足となり、後継者が育たなくなるため会社としての力が弱まるからです。そうならないためにも労働環境の改善は大切です。

自分が働く企業でみなし残業をさせられたり、労働時間自体が増えた場合は責任者に労働環境の改善を提案してみましょう。

対策2:積極的なIT投資

現在はIT化が進んでいるためネットの情報は無視できなくなっています。積極的なITの投資をすることで仕事が増えたり、企業として必要な情報も集められるのでできる限りのIT化は必要になります。

中小企業の経営をする人は、社員に情報処理の資格を取らせたり、そのための環境を整えるようにします。

対策3:M&Aを視野に入れた事業継承

M&Aを視野に入れた事業展開ができなければ、企業として生き残るのは難しくなります。他社との合併と買収のことを考えながら、事業展開しなければ企業として大きく成長できないからです。また、社員のモチベーションも上げられます。

自分の会社と普段取引している企業と一緒に仕事をする機会を増やし、会社の規模を大きくすることを考えるようにします。
バナー

中小企業こそ日本企業の屋台骨!

中小企業の課題を解決することは日本企業を大きくすることでもあります。日本経済を支えているのは中小企業なので、会社としての課題をクリアすることができれば大手企業の仲間入りをすることも夢ではなくなります。

中小企業で働いている人は、日本経済を支えている自負と自信を持ち仕事をするようにしましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related