Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

シフト勤務時の残業や法定休日について|シフト勤務のメリット5つ

アルバイトなどでよく耳にすることがあるシフト勤務ですが、それはどのようなものなのでしょうか。シフト勤務をする際の残業や法定休日はどのようになるのでしょうか。また、シフト勤務にすることでなにかメリットはあるのでしょうか。シフト勤務について説明します。

シフト勤務時の残業や法定休日について|シフト勤務のメリット5つ

シフト勤務とは?

仕事にはいろいろな種類があります。法定休日によると、労働者は週に1度の休日または月に4日の休日が義づけられています。逆に言うと週1日または月4日の休みがあれば、法定休日の条件をクリアすることができます。

法定休日に反しないように労働日を決める働き方をシフト勤務と言います。つまりシフト勤務の場合、今日出勤したら明日休みで明後日から4連勤というような働き方も可能になります。接客業などに多い働き方です。

労働基準法での位置づけ

シフト勤務時の残業や法定休日について|シフト勤務のメリット5つ
労働基準法によると、労働時間は1日8時間で1週間40時間と決められています。シフト勤務も例外ではありません。ただし、シフト勤務の場合は今日が6時間で明日が8時間など不規則な労働時間になることも多いです。

そのため週に40時間を越えそうな場合などは、法廷休日以外に休日をつけるか残業手当を支給するなどの対応が必要になります。もちろん、1日の労働時間が8時間を越えた場合にはその分の残業手当も発生します。

シフト勤務制の種類

シフト勤務時の残業や法定休日について|シフト勤務のメリット5つ
シフト勤務制の種類としては、接客業やサービス業など時間が不規則な職場に多いです。

一般的な労働は1日8時間で週休が2日というところが多いです。法定休日によれば、週40時間以上の労働は休みにするか残業手当を支給する義務が発生しますので、理にかなっている労働時間です。

一般的な仕事をしている人の休日は土日とは限りませんしシフト勤務で週休2日になるケースもあります。

シフト勤務についての基礎知識3つ

シフト勤務も法定休日の規定にのっとって労働時間や休日が決められます。しかし、シフト勤務の基礎知識を知っておかなければ法定休日もなにもありません。こちらでは、シフト勤務の基礎知識について順番に説明していきます。

シフト勤務についての基礎知識1:残業について

シフト勤務の基礎知識の1つ目は、残業について説明します。法定休日の規定では週1回の休みを必ず入れなければいけません。法定休日以前に労働基準法では1週間の労働時間も決められています。その労働時間をオーバーした時間を残業と言います。

1日8時間を越えた場合も本来は残業が発生します。しかし、会社によっては36協定などを結び週40時間の縛りで1日8時間以上働いても残業として認めない場合もあります。

シフト勤務についての基礎知識2:深夜労働について

シフト勤務についての基礎知識の2つ目は、深夜労働について説明します。深夜労働は午後10時から翌5時まで働く場合、労働時間と別に深夜労働手当を支給しなければいけません。こちらも法定休日にのっとっていますので週に1度の休日が必要になります。

24時間営業をしているシフト勤務の職場の場合、昼間と深夜の労働がある場合もあります。その際は、日をまたぐこともありますので、法定休日の規定に反しない注意が必要です。

シフト勤務についての基礎知識3:法定休日とは

法定休日については、前述で少し説明させていただきましたが、法廷休日と所定休日はどう違うのでしょうか。また、法廷休日を特定していない場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。

シフト勤務の場合、忘れがちになる法定休日ですが、こちらでは改めて法定休日について説明します。

法定休日と所定休日の違い

法定休日以外によく耳にすることがあるのが所定休日です。法定休日と所定休日はどう違うのでしょうか。

法定休日とは、前述でも説明しましたが労働基準法により決められている週に1度または月に4日の休日です。法定休日は必ず取らないと労働基準法違反になります。

所定休日は、労働時間が週40時間をオーバーした際にどこかを休みにする事を言います。所定休日は取れない場合に休日出勤手当などが発する場合があります。

法定休日を特定していない場合

法定休日を特定していない場合、シフト勤務であっても労働基準法違反になります。必ず週に1度または月に4日の休日を入れなければいけません。

シフト勤務の場合、1日3時間で10日間の労働と言う場合もあります。その場合は月4日の休みという法定休日に該当しますので、翌週に2日休みを入れるなどの対応が必要です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない時や社員が個人で管理していて有効活用ができていない時ありませんか。そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう。まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

シフト勤務制のメリット5つ

不規則な時間帯になることが多いシフト勤務ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、シフト勤務にすることで職場にどのようなメリットがあるのかについて説明します。

シフト勤務制のメリット1:顧客への対応の強化

シフト勤務制にすることのメリットの1つ目は、顧客に対する対応の強化ができます。一般的な仕事の場合、土曜日や日祝日が休みのことが多いです。シフト勤務制であれば、普通の人が休日の日に出勤ということも可能です。

また、固定休日が平日という顧客がいた場合、シフト制にしておけばその日にシフト勤務を入れておけば対応することができます。

シフト勤務制のメリット2:労働時間の削減

シフト勤務制のメリットの2つ目は、労働時間の削減をすることができます。基本的にシフト勤務で働く場合、アルバイトやパートと言った雇用形態がほとんどです。そのため法定休日はもとより週40時間以下というスタッフも出てきます。

アルバイトやパートは時間給で働く人が一般的ですので、労働時間が削減されれば人権費も節約できます。そのためアルバイトやパートが時間内でどれくらい労働が可能か把握しておく必要があります。

シフト勤務制のメリット3:割増賃金の抑制

シフト勤務制のメリットの3つ目は、割増賃金の抑制です。

例えば1人のスタッフを週40時間以上労働させた場合、残業手当などを支払う義務が発生します。しかし、2人以上シフト勤務で労働させた場合、同じ40時間を分担しますので残業手当を払う必要がありません。

ただし深夜労働の場合は、シフト勤務に関係なく時間帯で割増賃金が必要になります。労働時間がオーバーした場合は、残業手当も必要になりますので注意しましょう。

シフト勤務制のメリット4:社会保険料の抑制

シフト勤務制のメリットの4つ目は、社会保険料の抑制ができます。社会保険料は、アルバイトやパートなど時間帯が短いスタッフであっても加入することができます。社会保険は、基本的に会社が半分負担し残りが労働者負担となります。

社会保険は3ヶ月間の労働賃金によって決められますので、残業などで給与が増えた場合は負担も大きくなります。シフト制にして残業代などを節約することで、社会保険料を抑制することができます。

シフト勤務制のメリット5:設備等の効率的な使用

シフト勤務の場合、交代制であることが多いです。そのため、1つの設備をその時間帯に入っているスタッフが共有して使用するという事もできます。

シフト勤務制のメリットとして設備を効率的に使用できますが、その設備を長時間使用することになりますので、設備によってはメンテナンス費用などが余計に掛かることもあります。

人によって設備の扱い方が変わりすので、使い方のレクチャーなどの時間も必要になることがあります。

シフト勤務制のデメリット

シフト勤務制のメリットについて説明しましたが、デメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

シフト勤務制の場合、あらかじめ労働時間が決められています。急な休みや体調不良で遅れてしまうなど不測の事態が起こると、その時間の仕事が停滞してしまうことがあります。

また、急に退職してしまったスタッフがいた場合、穴埋めとして他のスタッフの労働時間が長くなり残業代が発生することもあります。

シフト勤務時の法定休日について知っておこう

シフト勤務をしている人の中には、法定休日について理解していない人もいます。少ない時間で何日も働くのがあたり前になっている人もいます。

法廷休日は労働基準法で認められていることですので、働くスタッフはもちろん雇う側の経営者も違反がないようにしっかりと確認しておきましょう。知ることで働きやすくなる職場もありますので、労働者と経営者がお互いのコミュニケーションをとることも重要です。

Related