Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?

会社にとって最も重要なのが人であり、その人を確保できるかどうかがこれからの未来に大きくかかわってきます。その分野において急速的に広まっているワードが「HRテック」です。今回はこのHRテックとはいったい何なのか、具体的な活用方法も含めて紹介してまいります。

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?

HRテックとは?

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
新しい言葉が常々生まれる現代社会の中に「フィンテック」や「エドテック」といった「○○テック」という言葉があります。その中の一つが「HRテック」で、これは「Human Resources Technology」の略称です。

HRテックを直訳すると「人財テクノロジー」となりますが、これは解析ツールや人工知能やクラウドサービスといった最先端技術を用いて最適な人事関連業務をこなすこととなります。

企業がHRテックを活用する理由10個

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
あらゆる時代においてどのような人物を採用するのか、どのように育成するのか、納得できる評価や配置をどうするのかが課題ですが、この課題を解消するために用いられるのがHRテックとなっています。

より具体的に、HRテックを活用する理由を10個ほど記載していきましょう。会社の人事に携わっている人ならばすべてが納得する理由となっています。

企業がHRテックを活用する理由1:データに基づいた人材戦略・組織運営を行いたい

これから働ける人材が減っていく時代に突入するので、離職率はできる限り避けたいのがどの企業でも本音となるでしょう。

そこで重要になるのが、旧態依然とした日本特有のシステムではなくデータに基づいて最適化された人材戦略と組織運営方法となります。

普段気にしなかった部分もデータ化して分析することでより効率的な配置転換や評価が可能となります。

企業がHRテックを活用する理由2:取得が難しかったデータの取得を可能にしたい

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
HRテックで用いられる高性能な人工知能を搭載したシステムは、機械学習機能などで今までは不可能だった部分もより鮮明にデータ化できるようになりました。

その人の適職は何なのかで頭をいろいろと悩ましていた人事担当者も、その人の特性を理解しやすくなることで理想的な仕事を与えることができるようになります。これもHRテックの恩恵です。

企業がHRテックを活用する理由3:非定型データも分析対象としたい

データ解析において壁となっていたのが動画や画像といった数字として出てきていない非定型データですが、高性能なHRテックではこれらの非定型データからも分析が可能となっています。

このように口では説明しにくくかといって数値化できない部分を分析することになったのも、HRテックが用いられるようになった理由の一つです。

企業がHRテックを活用する理由4:一人一人の社員の能力を発揮させたい

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
企業が円滑に回るための条件はいくつかありますが、その中でも大切なのが人財リソースをできる限り効率的に運用することです。このリソース管理で重要になるのが、そこで働くすべての人が本当の能力を発揮できる仕事を与えることとなります。

HRテックでは仕事の能率もどうなっているのかがはっきりと見えるようになりますので、最適な仕事も見つけやすくなります。

企業がHRテックを活用する理由5:クラウド型サービスの急速な発展

HRテックがここまで求められる声が高まった理由の一つが、急速にクラウド型サービスが発展したことにあります。

今ではデータを管理するために何らかのクラウド型サービスを利用している会社は多く、今までの苦労が幾分と減った恩恵を授かっている人も多いです。

そんな人たちがさらにこれらのデータを有効活用したいと考えた結果、たどり着くのがHRテックという人が増えています。

企業がHRテックを活用する理由6:スマートフォンやタブレットの普及

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
クラウド型サービスが安定的に利用されるようになっても、それが利用できる端末が少ないと意味はありません。

しかし、現代社会では高性能なスマートフォンやタブレット端末を持っている人がほとんどなので、それらのデータをいつでも活用できる状況にあります。

このような状況こそがHRテックが活用できる状況なので、これらの高性能機器の普及は強い追い風です。

企業がHRテックを活用する理由7:単純作業が減る

HRテックの技術の中にはAIや機械学習機能によるものも多く、必要なデータが入力されれば人手を介することなく保険の加入ができるといったツールまで存在します。

データ収集の効率化からこのような作業の効率化および自動化まで行われることで、人事担当者の単純作業が減ることもHRテックの利点となっています。空いた人財リソースも有効活用できるので好循環がうまれます。

企業がHRテックを活用する理由8:ブラックボックスを減らすため

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
会社における人事情報というのは一昔前までは社外秘でありブラックボックス化していることも非常に多かったのですが、それでは人材を幅広く集められなくなってしまうというデメリットがありました。

このデメリットが働き手が減っている日本では致命的なので、ブラックボックスを減らして人事管理を可視化できるようにすることが重要になってきたためです。特に外国人労働者が欲しい企業ではこの動きが激しくなっています。

企業がHRテックを活用する理由9:多様化する勤務体系への対処

働き方改革などで日本の働き方も大きく変わり、勤務体系も多様化しています。この状況で大変になるのが、勤務時間の計測で今までのタイムカードやExcelを使ったチェックでは追い付かなくなっているのが実状です。

そのような状況で活用できるのがHRテックの勤怠管理システムで、タイムカードの不正も防げるようになり、バラバラなシフト時間でも正確な勤務時間を把握できるようになります。

企業がHRテックを活用する理由10:最終的なコストカット

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
HRテックを導入する初期コストはもちろんかかりますが、紙で行っていた人事作業がデータ化し、離職率を抑えられることで最終的には大きなコストカットになります。

今まで多少面倒に感じていた作業を簡易化または自動化することも可能なので、それだけ仕事の効率も大幅にアップするでしょう。最初だけを見るとマイナスに感じてしまいますが、導入してからある程度の月日が経てば大きなプラスとなって返ってきます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

HRテックによってサービス開発が進んでる領域3つ

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
HRテックはいろんな最新機能を用いた人財テクノロジーです。特にHRテックによってサービス開発が進んでいるのが、採用分野・教育分野・労務管理分野となっています。

これらのHRテックの機能が具体的にどのような形で求められているのかを確認していきましょう。

HRテックによってサービス開発が進む領域1:採用ツール・採用管理システム

HRテックによってもたらされたものとして大きいのが、「人」に関するデータの整備が急速に進んでいることです。

特に大きいのが採用に関するシステムやツールの進化で、履歴書のデータ管理もその人たちの選考や合否の状況もリアルタイムで更新されて、リストアップすることも簡易になりつつあります。

一部のHRテックでは求人票を採点するサービスを用いてふるい分けを行う機能すら備わっています。

HRテックによってサービス開発が進む領域2:育成・配置・定着

HRテックではこの人材難の時代を乗り越えることを強く望む声も多く、しっかりとした人材育成と、その人に適した仕事を与える機能を強く求められています。

離職してしまうと今まで教えてきたことが無駄になってしまいますので、定着率を上げることがどの会社でも急務です。退職してしまった人がいても、その人が退職した理由なども管理できるようになっており、離職の要因分析も可能となっています。

HRテックによってサービス開発が進む領域3:労務・給与管理

HRテックには労務管理システムが備わっていることが多く、雇用保険や社会保険、そして給与計算といった各種手続きも簡単に行えるようになる仕組みが好評を博しています。

従業員情報を入力するだけで、社会保険や雇用保険手続きに必要になる書類を自動作成するツールも登場しています。勤務管理や健康管理をクラウドサービス用いて行うHRテックも存在し、効率化や自動化が加速度的に進んでいます。

HRテックを活用して今の時代に合った組織運営を行いましょう

HRテックを活用する理由10個|HRテックでサービスが進む領域とは?
HRテックはスマートフォンやタブレットといった高性能端末の普及と新しい働き手の不足によって日本でも急速に進んでいるテクノロジーです。

急激に発展している分野でもありますのであまり手を出しにくいと思われてしまいがちですが、人材獲得競争が激化している現代日本ではいずれ必須のテクノロジーとなってくるでしょう。

Related