Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ

会社から資格取得を促されて「面倒くさい」と思っていませんか。業種によっては資格取得が必要な会社もあるでしょう。一方、資格取得を促すことで、従業員の自己啓発や人材開発につなげている企業もあります。会社が資格取得を促す真意を知り、自分の成長につなげていきましょう。

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ

会社は社内に資格取得者が多いほどメリットも大きい

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
なぜ、資格取得者が多ければ会社のメリットが大きくなるのでしょうか。実は、会社の発展や利益につながるからです。

会社が発展し続けるためには優秀な人材が必要です。会社では、優秀な人材を育てるための計画を立て、さまざまな研修を行っています。資格取得の促進もそうした人材育成のひとつと言えるでしょう。資格取得を促すことで優秀な人材を育て会社の発展につなげています。

会社が従業員に資格取得を促す理由10個

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
会社にとって、仕事を支える人材を育成することは大切です。人材育成のためのひとつとして資格取得の奨励があります。会社が従業員に資格取得を促す理由を10個ご紹介します。

10個とは、勉強開始の動機付け、自分の成長、職場での信頼、関心を広げる、会社自体の評価UP、社内でのアピール、新たな適性の発見、業務効率の向上、離職防止、成長し合う社内風土の以上になります。以下に、それぞれの理由を解説します。

会社が従業員に資格取得を促す理由1:勉強を始める動機付けをしたい

新しい知識やスキルを早く身に付けるために、資格試験の挑戦は効果的です。本やテキストを読んだり、研修を受けたりするだけではなかなか身に付きません。

資格試験に合格するため、一生懸命勉強をするので、モチベーションも続きます。さらに、資格を取得できた後、ある一定の知識とスキルを持っていることを客観的に証明することも可能です。資格取得を目指すことは、勉強を始める動機付けにつながります。

会社が従業員に資格取得を促す理由2:自身の成長を感じてほしい

資格取得を目指すことで、自分の知識や技術の成長を実感できるでしょう。漫然と仕事をこなしているだけでは、自分の成長を感じることは極めて難しくなります。

しかし、資格取得のための勉強を始めることで、今まで理解できていなかった知識や技術を明確に把握できるようになります。資格を取得できた後、自分の成長をより強く感じることでしょう。また、成長の実感だけではなく、仕事に対する自信にもつながります。

会社が従業員に資格取得を促す理由3:職場での信頼を得てほしい

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
資格とは、その人の知識や技術がある一定の基準を満たしていることの証明になります。したがって、資格を持っている従業員は、該当分野に関して社内から信頼される可能性が高くなります。資格を持っていることで「仕事熱心で頼りになる人」という高評価が得られるでしょう。

会社が従業員に資格取得を促す理由4:関心を持つ対象を広げてほしい

会社は、従業員が資格取得に取り組むことで、関心を持つ対象を広げてほしいと考えています。従業員は働きながら知識や技術を身に付けていきます。経験を長く積むことで、従業員の知識や技術は向上していきますが、担当以外の仕事に関しては余り関心がない場合があります。

資格取得のための勉強は、新しい知識や技術を学ぶ経験でもあります。そのような経験をとおして、仕事の幅や視野を広げてくれることを期待しています。

会社が従業員に資格取得を促す理由5:会社自体の評価が上がる

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
社内に資格取得者が多ければ、人材育成に積極的な会社と認識され、会社自体の評価が上がる可能性があります。例えば、就職活動中の人にとって人材育成に熱心な会社は魅力的です。

優秀な人材を採用したいと考えている会社にとって、資格取得者数はアピールポイントになり、会社のブランドイメージアップにもつながるでしょう。

会社が従業員に資格取得を促す理由6:社内アピールにつなげてほしい

従業員にとって資格取得は希望職種や適性のアピールにもつながります。会社という組織の中では、希望の仕事を任せてもらう機会は余りありません。しかし、資格を取得することで知識・技術レベルの証明だけではなく熱意も示せます。

例えば、経理の仕事を希望している従業員が経理関連の資格を取得すれば、知識レベルの証明と熱意のアピールにもつながります。経理の仕事を任せてもらう可能性が高まるのではないでしょうか。

会社が従業員に資格取得を促す理由7:新たな適性を発見してほしい

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
資格取得を目指すことで、新たな適性を発見することがあります。新たな適性を見いだし、仕事の幅を増やしましょう。例えば、営業職の人が経理関連の資格を取得したことで、経営に関する数値を理解できるようになる可能性があります。

自分の仕事に関連した資格だけではなく、未知のジャンルを学ぶために資格を取得することもあるでしょう。資格取得を通じて新たな適性を発見することを会社は期待しています。

会社が従業員に資格取得を促す理由8:業務効率の向上につながる

会社が利益を上げるためには、従業員の業務効率を向上することも大切です。従業員が自分の仕事に関連した資格を取得することで、仕事自体の知識と技術を学び直せます。結果として、仕事の知識と技術が深まり、自信を持って働くことができるでしょう。

従業員が知識と技術をより深く身に付けることで業務効率の向上につながります。

会社が従業員に資格取得を促す理由9:会社で働き続けてほしい

会社は、資格取得を支援することで従業員の離職防止につなげたいと考えています。

働きながら資格を取得することは大変です。学習時間の確保だけではなく、金銭的な負担も必要になります。そのため、会社から資格取得の支援があれば、従業員は会社に対して感謝の気持ちを持つのではないでしょうか。

多くの企業にとって従業員は会社を支える大切な財産のひとつです。従業員に働き続けてもらい、貢献してほしいと会社は願っています。

会社が従業員に資格取得を促す理由10:成長し合う社内風土を作りたい

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
会社という組織が成長し続けるためには、スタッフ同士が向上し合う社内風土も必要です。スタッフ同士が良いライバル関係になり、切磋琢磨(せっさたくま)することで会社の成長につなげられます。

あるスタッフが資格を取得したことで、ほかのスタッフが影響を受け、資格取得の勉強を始める可能性があります。資格取得をきっかけにスタッフ同士が成長し合う社内風土を作りましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…、社員が個人で管理していて有効活用ができていない…、そんのような悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!。まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

会社が資格取得を命じる際の注意点3つ

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
従業員に資格取得を命じるときの注意点を3つご紹介しましょう。1つ目は、受験に掛かる費用負担を明確にすることです。2つ目は、学習時間を労働時間として扱いましょう。3つ目は、学校に通学するかどうかは本人に判断を委ねてください。

ここからは、それぞれの注意点について説明します。

会社が資格取得を命じる際の注意点1:受験に掛かる費用負担を明確にする

資格を取得するとき、受験料やテキスト代、問題集などの費用が発生します。会社によっては、ある程度の費用を負担する資格取得支援制度を設けているところもあります。ここでは、資格取得支援制度の内容、従業員退職後の取扱い方について説明します。

資格取得費用を負担してくれる会社が増えている

会社に資格取得支援制度を設けているかどうかは、社内の担当者あるいは社内規定で確認しましょう。資格取得支援制度とは、会社が奨励する資格および免許を社員が取得したとき経済的に支援する制度です。多くは勤続年数1年以上の社員が対象になります。

経済的に支援する範囲は、受験料、受験のための交通費などが挙げられます。補助は全額あるいは半額になります。会社によっては上限額を設定している場合もあります。

取得後に退職されても取得費用を返還することは非推奨

通常、資格取得後に退職した場合、取得費用を会社に返還する必要はありません。資格取得が業務命令の場合、会社側が取得費用を負担しています。そのような場合、会社から従業員に返還を求めることができません。

また「資格取得後、一定期間内に退職したときには取得費用の返還を義務付ける」という方法は、労働基準法に抵触することになるため注意が必要です。

会社が資格取得を命じる際の注意点2:学習時間は労働時間として扱う

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
資格取得のための学習時間を労働時間として扱うかどうかは、会社に確認する必要があります。

例えば、会社が推奨している資格の受験日が所定勤務日だった場合、出張扱いにできるケースがあります。あるいは、会社が推奨する講習日についても同じように出張扱いにして良いとされています。会社の担当者あるいは社内規定で確認しておきましょう。

会社が資格取得を命じる際の注意点3:学校に通うかどうかは本人の判断に委ねる

会社が、従業員に資格取得を命じるとき、学校に通学するかどうかは本人の判断に任せましょう。資格によっては、自力で学習が可能なタイプもあれば、通信教育や講習を受けるタイプもあります。

いずれにしても、資格取得を目指している本人が、どのように学習を進める予定なのかを聴き取り、最終的には本人に判断を委ねましょう。

会社が従業員に資格取得を促す理由を把握しましょう

会社が従業員に資格取得を促す理由10個|資格取得を命じる際の注意点3つ
会社が従業員に資格取得を促す理由について解説しました。なぜ、会社が従業員に資格取得を促すのか、真意を理解できたでしょうか。

会社に貢献しながら働き続けるためには、自己啓発や自己研鑽(じこけんさん)も必要です。もし、会社が資格取得を推奨しているならば、制度を利用してチャレンジしてみましょう。

Related