Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ

企業にとってコンプライアンス対策は非常に重要となります。これだけコンプライアンス対策が重要視されるようになった理由には、これまでの背景を知ることで把握できます。コンプライアンス対策の重要性を把握するためにも、その背景は知っておく必要があります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ

コンプライアンスとは?

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
企業では1つのリスクを放置することで、そのリスクが発生したとき対応ができずに経営ができない状況に陥ってしまったり、社会的信用を非常に大きく落としてしまう可能性があります。

このようなリスクを回避するために、会社に関わる人はコンプライアンスを遵守する必要があります。コンプライアンスとは直訳すると「法令遵守」という意味で、会社では法令だけでなく、就業規則や企業倫理なども守る必要があります。

コンプライアンス対策は今や必須

企業が不祥事を起こすたびに、ニュースや新聞などではコンプライアンスという文字をよく見かけます。上記で述べた通り、コンプライアンスとは企業として法令や就業規則、企業倫理などを守ることです。

もし、大きな不祥事を起こしてしまうと社会的信用を大きく落としてしまい、経営ができなくなってしまう可能性もあります。なので、安全や信用が重要視される現代ではコンプライアンス対策は非常に重要となります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
現代では企業に対しては安全や信用が重要視されています。これだけコンプライアンスが重要視されるようになった背景には、企業による不祥事が続いたことがあるためです。

そのため、同じようなことを繰り返し、安全や信用を落とさないためにコンプライアンス対策が重要視されるようになりました。また、このようなコンプライアンスが重視されるようになった事件や要素はいくつかあります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景1:粉飾決算などの不正会計

企業が起こす不祥事の中に粉飾決済があります。粉飾決済とは売上の実際よりも多く形状したり、架空の計上をしたりなどの不正会計をすることです。不正会計の目的は法人税や株主への配当を少なくしたり、計上しなかったことで得られた収入を個人的な収入にしてしまうなどがあります。

粉飾決済のような不正会計は違法行為のため、罰せられる可能性があります。また違法行為が発覚したことで社会的信用を大きく落とすことになります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景2:偽装事件

食に関わる企業には信用だけでなく、安全も非常に重要視されます。その食品に対して、産地や賞味期限や消費期限などを偽る食品偽装を行っていた企業がありました。

産地によって値段が大きく変わる商品があったり、消費期限を偽ることで体に害が出てしまう恐れがあるにも関わらず、このような食品偽装を行うと、当然ながら社会的信用は大きく落としてしまうことになります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景3:不正受給

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
助成金や補助金、保険金など、条件を満たすことで大きなお金を受給することができる場合があります。

しかし、これらのお金を得るために、書類を偽造したり、嘘の申告をしたりなどして、不正に受給する企業があります。不正受給も違法行為となるため、社会的信用を大きく落としてしまうことになります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景4:過労死

過労死が起こる原因の1つとして、違法で過酷な労働条件があります。仕事で体と精神を酷使することで過労死に至ってしまいます。また、ストレスに耐えきれずに自殺してしまう過労自殺をする人もいます。これら社会問題にもなっています。

そのため、労働環境や条件の見直しや対策、改善が企業に求められています。ただし、個人によって体力やストレス耐性には個人差があるため、単に労働時間を減らすだけでは解決できません。

企業がコンプライアンス対策を施す背景5:賃金未払い

賃金未払いは当然ながら違法行為のため、社会的信用を落としてしまうことになります。賃金未払いは大きく分けると賃金のすべてが支払われていない場合と、賃金の一部が支払われていない場合があります。

賃金のすべてが支払われていない場合には本人にもわかりますが、深夜残業手当や残業代が固定制になっているなど、理解が難しい部分の賃金が支払われていない場合は、本人が賃金未払いに気がついていない可能性もあります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景6:食品の衛生管理

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
先に述べた通り、食品に関する企業では安全と信用の両方が非常に重要視されます。もし、食品の衛生管理が十分でない場合には、食品が傷んでしまい、その傷んだ食品が消費者の口に入ってしまうことになります。

また、飲食店ではお客さんが食べる食材で遊んだりなどして、その動画がインターネットを通して広まるなどの問題も多発しています。

企業がコンプライアンス対策を施す背景7:個人情報の流出

企業はそんな個人情報を何万件を保有していることがあります。それらの個人情報はデータで管理されていることが多いです。

そのため、個人情報の流出は不正アクセスやデータの持ち出し、持ち出したデータメディアの紛失などによって一気に大量の情報が流れてしまうという特徴があります。

重要な情報の管理方法に不備があり、顧客に被害が出てしまう恐れがあるため、個人情報の流出も社会的信用を大きく落としてしまいます。

企業がコンプライアンス対策を施す背景8:不正競争

商品によっては国が定めた基準を満たしていないと、取り扱うことができない物もあります。しかし、国の基準を満たすために、偽装したデータを申告して不正された商品が出回ったことがありました。

その1つに建物に使われる免震ゴムに偽装データが使われ、性能不足のまま使われるということがありました。この企業は不正競争防止法違反の罪で起訴されました。

企業がコンプライアンス対策を施す背景9:著作権

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
ソフトウェアなどは商品そのものを購入するのではなく、そのソフトを使うライセンスを購入しています。そのライセンスを購入せずにソフトを不正にコピーして使用すると著作権侵害となります。

その不正コピーしたソフトを企業が組織的に使っていたことがありました。著作権侵害をすると著作権の持ち主から損害賠償を請求されてしまうことになります。また、違法行為をしたということで社会的信用も落ちることになります。

企業がコンプライアンス対策を施す背景10:景品表示法違反

商品のパッケージや、テレビCMなどで「業界No.1」や「最高性能」などの文字が使われることがあります。これらは比較対象があり、調査の結果を書かれています。

しかし、これらの内容に根拠がなく、消費者がその内容に誤解を生じる危険性があると消費者庁から景品表示法違反として指摘されることがあります。消費者庁から指摘をされると誤解されないように文言を変えたり、再発防止対策などを行うように措置命令を受けます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

企業がコンプライアンス対策を行う目的3つ

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
企業は常にリスクを保有しながら日々の業務を行っています。もし、コンプライアンス対策ができていない場合はリスクを回避できなかったり、問題が発生してしまったときに、さらに問題が大きくなってしまう可能性があります。

そのため、企業にとってコンプライアンス対策は非常に重要です。

企業がコンプライアンス対策を行う目的1:問題の発生を避ける

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
コンプライアンスは企業として法令や就業規則、企業倫理などを守ることです。そのため、就業規則の内容を整えることや、就業規則や企業倫理、法令を徹底して守ることを社員に教育することがコンプライアンス対策の基本となります。

コンプライアンス対策の基本を守るだけでも、問題の発生リスクを下げることが可能です。

企業がコンプライアンス対策を行う目的2:予防策を打つ

コンプライアンス対策では法令や就業規則や企業倫理、法令を徹底して守ることを社員に教育することがコンプライアンス対策の基本となります。

ただし、企業によって仕事内容は異なるため、発生するリスクはその仕事内容に合わせて変わります。そのため、仕事上で発生する可能性のリスクを把握して、そのリスクに合わせた予防策を立てることがコンプライアンス対策では非常に重要となります。

企業がコンプライアンス対策を行う目的3:初期対応で問題の拡大を防ぐ

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
どれだけコンプライアンス対策をしても、すべてのリスクに対応することは難しく、不測の事態が起こってしまうこともあります。そのようなときは、まずは適切な初期対応をして、問題の拡大を防ぐ必要があります。

初期対応が適切であれば、問題が発生しても被害を最小限に食い止めることができます。ただし、その後はコンプライアンス対策の見直しと改善が必要となります。

コンプライアンス対策が施される背景を一通り把握しましょう

企業がコンプライアンス対策を施す背景10個|対策を行う目的3つ
企業にとってコンプライアンス対策は非常に重要です。なぜ、これだけコンプライアンス対策が重要視されるようになったのかは、これまでの背景を知ることで把握できます。

これまでの背景を知ると、コンプライアンス対策の重要性がよくわかるので、必ず把握しておくようにしましょう。

Related