Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月03日

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介

組織マネジメントを担うマネージャーは、その組織が効果的・機能的に活動できるかを左右します。組織各層にわたるマネージャーの種類と役割やマネージャーに必要なビジネススキルを取り上げ、マネージャーに求められる能力とは何かについて考えます。

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介

マネージャーとは

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
「マネージャー」とは、経営組織においてその円滑な運営を図るため、組織に負託された経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報など)を効率的・計画的にマネジメントする役職にある人を言います。

マネージャーは、従来の日本企業の役職で比較すると、一般的に現場の係長・課長級の階層にある管理者を呼称していましたが、現在ではその種類は会社の業種や規模などにより異なり、その役割も会社の組織構造により千差万別です。

マネージャーの種類4つ

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
企業でのマネージャーは単一の種類ではなく、役職の地位が高い「ゼネラルマネージャー」や現場係長級の職位の「プレーイングマネージャー」など役割が異なる複数種類のマネージャーが存在します。

そのビジネススキルも、低階層のマネージャーには実務知識・専門知識に関する技術スキルが必要であり、高階層のマネージャーには大局観や対人関係を円滑に処理する対人関係処理能力が必要となります。

マネージャーの種類1:ゼネラルマネージャー

「ゼネラルマネージャー」は、経営組織のマネジメントを担当し、会社のビジネスワークが効果的に機能して最大限の企業利益を生み出すようにプロジェクトを管理します。

そのビジネススキルは、物事を大局的見地から総合的に判断する概念的思考能力(戦略的思考、創造力など)と社内外の折衝など対人関係を円滑に処理できる対人関係処理能力(交渉力、リーダーシップなど)の2種類のスキルが主に求められます。

マネージャーの種類2:プロジェクトマネージャー

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
「プロジェクトマネージャー」は、特定のプロジェクトの計画から実行・完了に至るまでの全責任と権限を担い、明確で達成可能な目標を設定し、成功裏にプロジェクトを完成させなければいけません。

そのビジネススキルは、実務知識・専門知識に関する業務執行能力とプロジェクトメンバーの指導や良好な人間関係の保持など対人関係を管理できる対人関係処理能力の2種類が大切な要素となります。

マネージャーの種類3:プレイングマネージャー

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
「プレイングマネージャー」は、業務の最小単位の「係」の責任者として、部下とともに仕事を行うとともに、ときには部下の仕事をフォローするなどして係に与えられた目標を達成することが求められます。

そのビジネススキルは、係の中で一定の職務を遂行するために必要とされる業務執行能力と係における部下の指導・育成など対人関係を円滑の処理するための対人関係処理能力の2種類のスキルが求められます。

マネージャーの種類4:エリアマネージャー

「エリアマネージャー」は、担当エリアの店舗を対象に「ゼネラルマネージャー」と同種類のマネジメントを行います。各店舗のすべての運営面をマネジメントしその売り上げ実績を伸ばして、ビジネス上の優位性を確保します。

そのビジネススキルは、ストアマネージャーの指導や良好な人間関係の保持など対人関係を管理できる対人関係処理能力と目標・方針の認識や企画力などの概念的思考能力の2種類が大切な要素となります。

マネージャーの仕事と役割8つ

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
マネージャーはメンバーを介して仕事をやり遂げることが求められ、組織のゴールを実現するためには、メンバーのニーズを把握しその能力を育てて活用するマネジメント力が必要です。

マネージャーは与えられた役割を理解し、メンバーとの効果的なコミュニケーションにより生産的でインセンティブの高い職場環境をつくることが大切です。与えられる役割は各階層のマネージャーの種類によりプライオリティーに若干の差異があります。

マネージャーの仕事と役割1:適材適所の判断

マネージャーは、ビジネス環境の変化に伴い、メンバーが変化に対応できるよう支援をするとともに、新規採用やアウトソーシングなどにより必要な人材を必要な部署に確保します。

新規採用では、企業文化との相性やメンバーとの親和性など組織との適合性を判断します。このような人材マネジメントスキルは、ゼネラルマネージャーやプロジェクトマネージャーに類する種類のマネージャーに必須のスキルです。

マネージャーの仕事と役割2:部下のモチベーション管理

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
マネージャーがメンバーのモチベーションを高める効果的方法は、自発性を引き出すことにあります。自発性を引き出すための動機づけ要因として、達成感と責任感の2種類が自然なモチベーションを引き出すもとになります。

マネージャーは、メンバーにある程度の意思決定や問題解決を行う権限を与えて仕事の達成感や責任感を醸成させ、目的達成には適正な評価を与えるなどしてメンバーのモチベーション管理を行うことが大切です。

マネージャーの仕事と役割3:数値管理

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
マネージャーの数値管理は、業績管理と目標管理の2種類に区分されます。業績管理は、組織の経営状態や業績を検証・軌道修正し組織目標達成を図り、目標管理はメンバーの数値目標や成績内容を把握し、個人と組織の目標を合一化させて組織目標達成に導きます。

マネージャーの種類により、数値管理の内容が経営分析や結果指標(売上高、生産高)に基づく目標管理などに別れ、それぞれの数値管理の対象や目的が異なってきます。

マネージャーの仕事と役割4:チームの方向性の決定

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
プロジェクトでは、期限・予算・規模が制約条件として課せられるため、プロジェクトマネージャーにとり、これら制約要素のバランスをとりながら、最小コストで最終ゴールに到達するためのチームの方向性の決定が大切なマネジメントになります。

プロジェクトマネージャーは、上記の3種類の制約条件に加えて、リスク・リソース・品質の要素も考慮して、各要素が相互に及ぼす影響を分析しながらプロジェクトを進めます。

マネージャーの仕事と役割5:人材育成

人材マネジメントにあたるマネージャーは、メンバーがもつ技術力・各種取得資格・経歴・経験の内容、求める給与水準や手当など、部下の仕事の適性を判断する上で大切な各種類のデータを有効に活用し、人材育成にあたります。

このような基本データを活用した人材マネジメントにより、部下の適性や能力にあった仕事の配置や部下の能力に見合った動機づけを行うことができ、部下のモチベーションを高めることができます。

マネージャーの仕事と役割6:部下の能力を引き出す

マネージャーはタイトなビジネス環境の中で、より少ないリソース(人的資源)でより多くの業績を挙げなければいけません。そのためには、メンバーの能力を最大限に引き出し、より自発的な働きを促す支援行動(コーチング)が大切になります。

コーチングでは、メンバーがやるべきことを指示命令するのでなく、メンバーの自発的な問題解決のプロセスを手伝うスタイルで、メンバーの動機づけを行っていきます。

マネージャーの仕事と役割7:フィードバック

「フィードバック」は、プロジェクトや各種現場で、メンバーと協働して組織的課題解決のために優先的に補正しなければいけない手段・方法などを検討し、その結果を次のアクションに資するためのマネジメントスキルを言います。

組織各層のマネージャーの種類にかかわらず、フィードバックはメンバーとのコミュニケーション・ツールとしても極めて有効で、メンバーのモチベーションをたかめ、そのパフォーマンスを向上させます。

マネージャーの仕事と役割8:評価

「評価」は、マネージャーがメンバーの給与や昇進を決定するだけの単なる基準ではありません。マネージャーのメンバーの仕事に対する適正な評価は、メンバーのプライドをたかめ、仕事に対する自信を深めます。

このような評価の種類としては、単なる数値目標の達成だけでなく、達成までのプロセスにおける創意工夫・努力などの要素も含めて、その成果の内容を複合的に分析して評価を与えることが大切です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

マネージャーに求められる能力4つ

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
マネージャーに求められる能力は、ロバート・カッツ(ハーバード大学教授)が定式化したビジネススキル3種類(テクニカルスキル=業務執行能力、ヒューマンスキル=対人関係処理能力、コンセプチュアルスキル=概念的思考能力)に分別することができます。

マネージャーに求められる能力としての認知度の高い「意思決定力」「コミュニケーション力」「論理的思考」「客観的視点」の4種類について、詳しく見ていきます。

マネージャーに求められる能力1:意思決定力

「意思決定力」は、概念的思考能力に分別され、物事を大局的な見地から総合的に判断し概念化する能力を言います。

考え方の展開として、「問題の把握」「問題の分析」「解決策の考察」で構成され、その矛盾のない論理構成と価値判断の正当性が合理的な意思決定を導きます。

意思決定力は、トップマネジメント層のマネージャーに必須の能力と言えます。

マネージャーに求められる能力2:コミュニケーション能力

「コミュニケーション能力」は、対人関係処理能力に分別され、メンバーの指導・育成や社内外での折衝など対人関係を円滑に処理できる能力を言います。

効果的なコミュニケーションを行うためには、言葉づかい、話し方、ボディーランゲージに配意して相手の理解度をアップするとともに、話の目的を明瞭に示し誤解されないよう努めます。

マネージャーに求められる能力3:論理的思考

「論理的思考」は、概念的思考能力に分別され、生成惹起する各種事象について分析・統合・比較・関連づけなどの概念的思考全般を行う能力を言い、ある事柄を主張するときに、理由、根拠、証拠など主張を支えるものを同時に提示する論理性が求められます。

ビジネス・シーンにおける論理的思考の種類として「MECE」「ロジックツリー」「ピラミッドストラクチャー」「システム思考」「フレームワーク」などがあります。

マネージャーに求められる能力4:客観的視点

「客観的視点」は、概念的思考能力に分別され、ある組織を組織外から第三者的目線で見たり、自分の主観に基づかないものの見方を意味し、過去の成功体験などの固定観念を捨象して物事を見る能力を言います。

客観的視点で組織の構造やプロセスに変革をもたらすことにより、組織の成長・発展が可能な新ステージの展望が開けます。

マネージャーの種類を理解しよう!

マネージャーの種類4つ|マネージャー求められる能力4つを紹介
組織マネジメントを担うマネージャーの存在は、その組織が効果的・機能的に活動できるかを左右するキー・ファクターとなります。組織の各層に存在するマネージャーは、その種類ごとに異なる立場・役割を持ちます。

組織におけるマネージャーの種類とマネージャーに必要なビジネススキル3種類(業務執行能力、対人関係処理能力、概念的思考能力)の特徴をよく理解して、組織マネジメントに有効に活用しましょう。

Related