Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月01日

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介

新入社員を受け入れる際には綿密な準備が必要で、綿密な準備をしておくことで新入社員はスムーズに会社になじんでいくことができます。この記事では新入社員を受け入れる際の準備と注意点、タイプ別新人社員の特徴について詳しくみていきます。

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介

新入社員の受け入れには綿密な準備が必要

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員の中には社会での経験がほとんどない人もいるので、新入社員を受け入れる際には綿密な準備が必要です。

新入社員を受け入れるための準備をしっかりと行っておくと新入社員はスムーズに会社になじめます。会社への信頼度や与えられた業務へのモチベーションが高まっていくでしょう。

新入社員の受け入れ準備項目4つ

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員を受け入れるための準備をはじめようとしても、受け入れ準備をしたことがない人は何からはじめたらいいのか分からないのではないでしょうか。

ここからは新入社員の受け入れ準備項目を4つ紹介します。準備項目を確認しながら準備を進め、次年度以降に役立つ新入社員の受け入れに関するマニュアルを作成すると毎年スムーズに新入社員の受け入れ体制を整えることができるようになります。

新入社員の受け入れ準備項目1:入社手続き

新入社員の受け入れ準備項目の1つ目は入社手続きです。入社手続きについて新入社員はわからないので、会社は必要な手続きを新入社員に説明する必要があります。

採用が決まった社員には労働条件の確認を行い、入社承諾書で入社の意思を確認しましょう。その後は会社は雇用契約書を作成したり、新入社員にマイナンバーや健康診断書などの必要書類を通知する書類を作成したりするなどの本格的な準備に入っていきます。

新入社員の受け入れ準備項目2:行政機関の書類の手続き

新入社員の受け入れ準備項目の2つ目は行政機関の書類の手続きです。新入社員から入社の際に必要な書類を受け取ったら、健康保険や厚生年金、雇用保険など行政機関の書類の手続きが必要になります。

行政機関の手続きに関しては、中途採用かどうかや扶養者がいるかどうかなど新入社員の状況によって違いがあるので、その都度確認が必要です。

新入社員の受け入れ準備項目3:働く環境の整備と準備

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員の受け入れ準備項目の3つ目は働く環境の整備と準備です。採用を通知した人から入社の意思が確認できたら、会社で新入社員が使用する社員証やパソコンなどの備品の発注を行い、入社日までに働く環境を整えておきます。

必要な備品が入社日にそろわないと、新人教育を行う上司も会社での業務がわからない新入社員も困ってしまうので、入社日までに確実な準備が必要です。

新入社員の受け入れ準備項目4:項目新人教育の準備

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員の受け入れ準備項目の4つ目は項目新人教育の準備です。項目新人教育とは新人教育を行う社員が新入社員に仕事の進め方や心構えについての指導をする際に使うマニュアルです。

項目新人教育が用意されていることで新入社員に対して指導者が違っても共通の指導をすることができます。会社の理念やビジョンの共有もしやすくなるので、会社に合った項目新人教育を準備しておくことが大切です。

新入社員を受け入れる際の注意点3つ

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員を受け入れる際には早期の離職など会社の不利益になるような事態を防ぐために注意しなければいけないことが3つあります。

3つの注意点を確認して新入社員がスムーズに会社に溶け込み、業務を行っていける環境を作り上げていきましょう。

新入社員を受け入れる際の注意点1:質問しやすい環境を作る

新入社員を受け入れる際の注意点の1つ目は質問しやすい環境を作ることです。新入社員は業務に対する説明を受け業務を進めていてもわからないことが出てきて、誰かに質問をして問題を解決したいと考える場面が多いです。

質問をしたいと思ったときにすぐ質問ができ、業務に戻ることができる環境を作れると、新入社員は自信をもって業務を行い、モチベーションを高められます。

新入社員を受け入れる際の注意点2:新入社員の意見を定期的に聞く

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員を受け入れる際の注意点の2つ目は新入社員の意見を定期的に聞くことです。新入社員は業務に関すること以外にも職場に関する悩みを抱えることが多く、面談で悩みに早く気づきフォローを行っていく必要があります。

新入社員を受け入れる際の注意点3:コミュニケーションを密にとる

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員を受け入れる際の注意点の3つ目はコミュニケーションを密にとることです。新入社員がすぐに職場に馴染んでいくことは難しく、教育担当の社員以外と関わることなく仕事が終わってしまうときもあります。

新入社員が自分の部署に入ってきたら教育担当以外の社員も積極的に新入社員に話しかけ、仕事仲間として受け入れる体制を作っておくことが大切です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

新入社員のタイプ別特徴3つ

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
ここまでは新入社員の受け入れに関することについて詳しくみてきました。ここからは新入社員の特徴をタイプ別に3つ紹介していきます。新入社員の特徴を理解してそれぞれの新入社員に合った対応をしていきましょう。

新入社員のタイプ別特徴1:指示待ち

新入社員のタイプ別特徴の1つ目は指示待ちです。新入社員は会社での業務がわからず、頼まれた業務が終わっても自分から報告せず、次の指示があるまで待っているという人も多いです。

指示待ちが当たり前になってしまうと生産性は向上しません。任された業務が終わったら自分から積極的に教育担当の社員などに声をかけることができるよう指導していくことが大切です。

新入社員のタイプ別特徴2:電話をとらない

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
新入社員のタイプ別特徴の2つ目は電話をとらないことです。新入社員は自分の部署にかかってきた電話が自分に対しての電話ではないと考えていることが多いです。

電話がかかってきたらすばやい対応が必要であることを伝え、電話対応についても細かく指導をするようにすると新入社員も積極的に電話をとるようになります。

新入社員のタイプ別特徴3:ストレスに極度に弱い

新入社員のタイプ別特徴の3つ目はストレスに極度に弱いことです。わからないことがあったり教育担当の社員から注意を受けたりすると、泣いてしまったり会社に来られなくなってしまう人がいます。

ストレスに極度に弱い新入社員への対応はとても難しいですが、積極的にコミュニケーションをとり成果を褒めるようにするとストレスが軽減されることが多いです。

新入社員のタイプ別特徴4:コミュニケーション力が乏しい

新入社員のタイプ別特徴の4つ目はコミュニケーション力が乏しいことです。コミュニケーション力が乏しい社員は任された業務はできてもいつも指示待ちで、話に対する反応が薄いことが多いです。

コミュニケーション力が乏しい新入社員に対しては意見を聞く場を多めに設けて、どのようなことを考えているのか理解することが大切です。

新入社員の受け入れ準備をしっかりしよう

新入社員の受け入れ準備項目4つ|タイプ別新入社員の特徴を紹介
今回は新入社員の受け入れ準備とタイプ別新入社員の特徴について詳しくみてきました。新入社員を受け入れる際にはしっかりとした準備が必要になります。

しっかりとした準備をした上で新入社員の特徴を把握し、それぞれの新入社員に合った新人教育を行っていくようにしましょう。

Related