Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ

組織活性化とは職場で業務を進めるチームの各メンバーが会社の理念やビジョンに共感を持ち、共通認識を持ちながら行動できる状態を指す言葉です。この記事では活性化している組織の特徴と、組織活性化のための取り組みについて詳しくみていきます。

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ

組織活性化とは

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化とは職場で業務を進めていくチームの各メンバーが会社の理念やビジョンに共感を持ち、共通認識を持ちながら行動できる状態を指します。

組織活性化に成功しているチームはコミュニケーションを積極的にとることができるので作業効率がよく、モチベーションも高まっていきます。

また労働者が高いモチベーションを維持できる環境の会社は離職率が低く、やる気のある社員が多いので業績が上がっていきます。

活性化している組織の特徴

組織活性化に成功している組織には、会社にとってプラスになるたくさんの特徴があります。ここからは活性化している組織の特徴について詳しくみていきます。

活性化している組織の特徴を知ると、組織活性化のためにできることについて興味がわいてきます。

経営理念やビジョンが明確に共有され共感を得ている

組織活性化に成功している会社では、会社の経営理念やビジョンが明確に共有され共感を得ていることが多いです。

社員が会社の経営理念やビジョンに意識を向け行動できる会社は、社員が会社で求められている行動を理解しながら自分の業務に取り組むことができるので、会社の掲げる理念やビジョンを実現しやすくなります。

社員が独自に動き成長していく

組織活性化に成功している会社で働く社員はチームのリーダーなどの指示や指導待ちをするのではなく、独自に動き成長することができます。

独自に動き成長することができるのは、職場内にコミュニケーションがとりやすい環境があり、会社は今どのような行動を社員に求めているのかがわかっているからです。

組織が活性化し会社の求めていることを理解した上で独自に動くことができる社員が多い会社はどんどん業績を伸ばしていきます。

コミュニケーションが活発

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化に成功している会社は自然と職場内のコミュニケーションが活発になります。コミュニケーションが活発な職場ではたくさんの意見が出され、出された意見の中からより良いものを選びながら効率よく仕事をすることができます。

またコミュニケーションが活発な組織は業務での疑問点や問題点を共有しやすいので、問題が大きくなる前に組織で対応する危機管理体制が構築されていきます。

育成の仕組みができている

組織活性化に成功している会社は社員の育成の仕組みできていることが多いです。問題を一人で抱え込んでしまいがちな新入社員に対して組織活性化に成功している会社は、一対一で育成をするのではなく、チーム一丸となってフォローし育成する体制が整っています。

モチベーションが高い

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化に成功している会社にはモチベーションが高い社員が多いです。モチベーションの高い社員は、自分が今やらなければいけないことやこれから学んでいかなければいけないことを明確にしながら仕事をしているので能力が高いです。

モチベーションが高く能力のある社員が多く在籍している会社は、会社の業績が上がりやすくなるだけでなく、能力の高い人材が集まりやすくなります。

組織活性化のための取り組み7つ

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化に成功すると会社にも従業員にも大きなメリットがあります。ここからは組織活性化のための取り組みを7つ紹介します。

紹介する取り組みを実際に組織の中に取り入れ習慣化させていくことで、組織活性化に成功しやすくなります。

組織活性化のための取り組み1:社会的使命感を持つ

組織活性化のための取り組みの1つ目は社会的使命感を持つことです。社員に社会的使命感をもって仕事をしてほしいのであれば、まず会社が会社の利益ばかりを考えるのではなく、社会にどのような貢献ができる会社なのかを明確に示すことが大切です。

社会にどのような貢献ができるのかを明確に示し、示された内容が社員にも共感しやすいものであれば社員の社会的使命感も増していき、組織が活性化していきます。

組織活性化のための取り組み2:アチーブミーティングをする

組織活性化のための取り組みの2つ目は、アチーブミーティングをすることです。アチーブミーティングとは会社のビジョンや社員それぞれの目標など、幅広く達成したいことを語り合う場のことです。

アチーブミーティングで会社のビジョンを共有し、各社員の目標を語り合うことで各社員の目標と会社のビジョンとの方向性が一致しやすくなり、各社員が自分の目標を組織の中で達成し成長していこうと考えるようになります。

組織活性化のための取り組み3:上司と定期的に面談

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化のための取り組みの3つ目は上司との定期的な面談です。上司と現在の自分の状況や会社の方針について定期的に話をすると、上司が会社でより能力を活かせる仕事を用意してくれたり、会社の中での自分の存在意義を感じやすくなったりします。

能力に合った仕事で組織の役に立っているという実感が持てる社員が増えると、組織はどんどん活性化していきます。

組織活性化のための取り組み4:仕事の無駄を無くすための会議を実施

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化のための取り組みの4つ目は仕事の無駄をなくすための会議を実施することです。無駄な仕事はチームリーダーだけでは見つけにくいものなのでチーム全体での会議が必要不可欠です。

会議によって仕事の無駄を確認し、より効率的にできる方法を全体で共有することができれば、無駄な仕事によって下がっていたモチベーションが上がり、組織が活性化していきます。

組織活性化のための取り組み5:マルチ担当制の導入

組織活性化のための取り組みの5つ目はマルチ担当制の導入です。マルチ担当制とは1つの業務に複数の担当者を付けることです。

マルチ担当制を導入すると仕事で誰かが休むと分からないことが出てきたり、自分の業務で手一杯になり周りの状況が見えなくなったりすることが減り、全体がコミュニケーションを取りながら効率的に業務を進めていけるようになります。

組織活性化のための取り組み6:ITツールの導入

組織活性化のための取り組みの6つ目はITツールの導入です。情報を共有したり質問をしたりする際に便利なITツールの導入は組織活性化において有効な手段です。

職場によって社員間の連絡方法はさまざまですが、LINEのようなチャットツールを使うと連絡事項はより早く伝わるようになります。

組織活性化のための取り組み7:職場懇親会の実施

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化のための取り組みの7つ目は職場懇親会の実施です。懇親会のような業務と離れた場所で会社のメンバー話をすると相互理解が深まるので、組織に安心できる雰囲気ができてきます。

組織に安心できる雰囲気ができると業務で困ったことがあったときに相談しやすくなり、仕事を効率よく進めていくことができるようになっていくので組織が活性化していきます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

真の組織活性化と単なる盛り上がりの違い

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化に成功すると組織内のコミュニケーションが活発になり職場に活気がでます。組織に活気がある状態を単なる盛り上がりと同じようにとらえてしまう人がいますが、実際は大きく異なります。

ここからは真の組織活性化と単なる盛り上がりの違いについて詳しくみていきます。この2つの違いを知ると、組織が活性化していることにより魅力を感じるようになります。

組織活性化と盛り上がりの違い1:変化に強いか弱いか

組織活性化と盛り上がりとの違いの1つ目は変化に強いか弱いかです。組織が活性化されていれば社内で変化があっても同じビジョンを持ちながら進み続けることができますが、単なる盛り上がりの場合は変化に対応する力はありません。

組織活性化と盛り上がりの違い2:自立性があるか単に環境に依存しているか

組織活性化と盛り上がりの違いの2つ目は自立性があるか環境に依存しているかです。組織が活性化している場合、各社員が自立して業務を行っていても同じビジョンを共有しているので効率よく仕事を行うことができます。

一方、単なる盛り上がりで合った場合には、自分の置かれた環境に依存し仕事をしているだけなので、環境の変化には対応することができません。

組織活性化と盛り上がりの違い3:常勝集団か勝局面に強いだけか

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
組織活性化と盛り上がりの違いの3つ目は常勝集団か勝局面に強いだけかです。組織活性化に成功している組織は社員のモチベーションが高く、コミュニケーション取りながら各社員が自分の業務を効率よく行っていくので常勝集団になりやすいです。

一方、単なる盛り上がりの場合は勝局面に強いだけなので、持続性はなく社員のモチベーションを維持することは難しいです。

組織活性化で業績UPを目指そう

組織活性化で業績UPしよう|組織活性化のために必要な取り組み7つ
今回は組織活性化について詳しくみてきました。組織が活性化すると会社と社員のどちらにも大きなメリットがあります。

組織を活性化するために必要な取り組みを、会社に取り入れ組織を活性化させて業績UPを目指していきましょう。

Related